ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 951249 全員に公開 沢登り大雪山

ポンカウンナイ川〜小化雲岳〜夏道

日程 2016年08月06日(土) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー fukumoto_2013, その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間50分
休憩
1時間0分
合計
10時間50分
Sカウンナイ出合駐車場05:0009:30大滝の下10:3013:30大滝の上15:50Co1485二股
2日目
山行
4時間10分
休憩
20分
合計
4時間30分
Co1485二股05:3007:10小化雲岳07:3010:00天人峡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目 晴れ
廃林道を歩いて入渓。M1名腹痛になる。先行パーティーの足跡が残っている。しばらく何もない河原を歩く。右岸は柱状節理の崖が続いている。Co860からCo1000までが核心。Co860二股手前の2段の滝は1段目簡単なチムニー、2段目は右岸側壁をトップのLのみザックつり上げで登る。A0×2。Co860二股は支沢が滝になって合流している。Co890の2段の滝は右岸の側壁バンド状から取り付き1段目落ち口までトラバースし、あとは流木使って上まで。トラバース手前の核心部で軟鉄打ち込みランナー取った。トップはL。後続にはホールドスタンス指示したりして抜けさせた。ここで後続のパーティーが左岸を一瞬で捲いて抜き去っていった。Co1000ナメ滝15mを登り、大滝の下に出る。さっきのパーティーが落石しながら登るのを1h待った後、ALトップでザイル出し右岸を捲いていく。前衛の3mの滝手前のルンゼから取り付き右上してリッジに移る。リッジに移るところが浮石ひどくいやらしい。4ピッチもザイル出したので時間かかったが、実際必要だったのは2ピッチくらい。おそらくもう少し手前から捲くとよかった。大滝過ぎると岩盤状となり快適。途中10m前後の滝が3つあったがどれも問題ない。Co1300の滑床でテン場着時刻の15:00となるが、入山時に天気読んでいたことと、あと1h程度で予定テン場まで着きそうだったことから、そのまま進むことにする。ナメ床は結構続く。Co1420から簡単なナメ滝がいくつか連続し、最後に門のような3mの滝を左岸から登ると源頭らしくなる。Co1485右股先の広く平らなお花畑でC1。ALが熱燗を作ろうとするも失敗し、アルコールの抜けた酒風味の液体が出来上がった。夜は凍えてみんな眠れなかった。星が美しい夜だった。
2日目 晴れ
起きると寝不足のせいか気分悪く、食事がのどを通らない。C1から源頭を詰めてハイマツ漕ぎつつ踏み跡たどりコルまで。カウンナイやトムラウシが見えて景色いい。コルに昨日のパーティーの方が泊まっていた。確かにテントを持っていれば素晴らしいテン場かもしれない。稜上は藪ない。あとはドロドロのだるい夏道を天人峡まで。やはり夏道歩きは苦行である。途中でバイト中のK君に出会った。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

感想/記録

滝の登りが適度な難易度でとても楽しめました。出会い系の沢で、この日は全部で3パーティー入っていたようでした。
訪問者数:33人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ