ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 951299 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

暑さにバテバテ市房山(熊本側林道終点から山頂往復)

日程 2016年08月28日(日) [日帰り]
メンバー occhanyama
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鹿児島空港からレンタカー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
33分
合計
5時間54分
Sスタート地点07:5108:10市房山神宮08:1511:07市房山11:3313:23市房山神宮13:2513:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登りは昭文社の地図でコースタイム2時間15分ほどのところ、3時間以上かかってしまった。きつい登りである。
コース状況/
危険箇所等
市房神社から六合目の少し上まで急坂が続く。基本的に土壌が砂質であるため、コースを手入れした階段が崩れかけている場所も複数個所あり、コース取りが難しい。神社から六合目までの登りは難儀であったし、時間もかかった。
その他周辺情報この日は山頂で宮崎側からの登山者3名と、下山時に熊本側から一人の登山者に出合ったのみ。天候が悪かったせいもあるが、比較的静かな山みたいである。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

初日は人吉に宿泊。夜は豪華な食事でした。
2016年08月27日 17:14撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日は人吉に宿泊。夜は豪華な食事でした。
1
朝6時前に宿を出て、登山口へ。
2016年08月28日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝6時前に宿を出て、登山口へ。
林道終点に停めました。普通の登山口に見えますが、1台も停まっていないのは違和感あり。
2016年08月28日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点に停めました。普通の登山口に見えますが、1台も停まっていないのは違和感あり。
沢を何本か渡ると、キャンプ場からの道を併せます。
2016年08月28日 07:53撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を何本か渡ると、キャンプ場からの道を併せます。
ヤマジノホトトギス(多分)が咲いている。
2016年08月28日 07:59撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマジノホトトギス(多分)が咲いている。
マツカゼソウ
2016年08月28日 08:00撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツカゼソウ
市房神社への登りが始まる。岩を組み上げた階段で登り易そうだが、一段一段の段差が結構高くて、何段か一息に登ると息が切れる。
2016年08月28日 08:02撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市房神社への登りが始まる。岩を組み上げた階段で登り易そうだが、一段一段の段差が結構高くて、何段か一息に登ると息が切れる。
大きな杉の木が沢山あり、鬱蒼としている。さすがこれならあのチョウがいるはずだ。
2016年08月28日 08:05撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな杉の木が沢山あり、鬱蒼としている。さすがこれならあのチョウがいるはずだ。
神社に到着。ここは無人だが、大きな社殿である。ここは4合目となっている。
2016年08月28日 08:11撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社に到着。ここは無人だが、大きな社殿である。ここは4合目となっている。
神社の説明
2016年08月28日 08:17撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の説明
大きなサルノコシカケ。直径が30cm以上ありそうだ。(帰りに撮影)
2016年08月28日 12:36撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなサルノコシカケ。直径が30cm以上ありそうだ。(帰りに撮影)
五合目にある表示。この辺りは1合1合で休まないときついところである。
2016年08月28日 08:47撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目にある表示。この辺りは1合1合で休まないときついところである。
ようやく六合目に到着。
2016年08月28日 09:15撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく六合目に到着。
六合目付近の登山道。砂地が雨で流されて、登り辛い。(帰りに撮影)
2016年08月28日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目付近の登山道。砂地が雨で流されて、登り辛い。(帰りに撮影)
大きくえぐられた砂地の登山道(帰りに撮影)
2016年08月28日 12:26撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きくえぐられた砂地の登山道(帰りに撮影)
2
階段も崩れそうなものもある(帰りに撮影)
2016年08月28日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段も崩れそうなものもある(帰りに撮影)
1
この辺りでもまだ鬱蒼としている
2016年08月28日 09:28撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでもまだ鬱蒼としている
ようやく急坂が終わり、なだらかになった。バイケイソウが咲き終わって実になっているようだ。
2016年08月28日 10:20撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく急坂が終わり、なだらかになった。バイケイソウが咲き終わって実になっているようだ。
この辺りになると倒木が多くなる。昨年の台風だろうか?
2016年08月28日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りになると倒木が多くなる。昨年の台風だろうか?
八合目。ここからはダラダラした登りが続く。
2016年08月28日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目。ここからはダラダラした登りが続く。
樹木の高さも低くなってきた
2016年08月28日 10:39撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木の高さも低くなってきた
ママコナの群落
2016年08月28日 10:42撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ママコナの群落
朝露に濡れた登山道わきの草。ズボンが冷たい。
2016年08月28日 10:47撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝露に濡れた登山道わきの草。ズボンが冷たい。
やはり雲海であった。しかし、その上にも厚そうな雲があるので、降らなければ良いが。
2016年08月28日 10:52撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり雲海であった。しかし、その上にも厚そうな雲があるので、降らなければ良いが。
山頂が近い
2016年08月28日 10:53撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近い
もう一息
2016年08月28日 10:59撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一息
ようやく山頂
2016年08月28日 11:23撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂
山頂には宮崎側から登ったらしい3人組がいた。
2016年08月28日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には宮崎側から登ったらしい3人組がいた。
ちょっと失礼して・・・
2016年08月28日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと失礼して・・・
と飲んでいると、どこからともなく1匹のお犬様。
2016年08月28日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と飲んでいると、どこからともなく1匹のお犬様。
1
30分ほど山頂にいて降りはじめたら、今度は鹿が現れた
2016年08月28日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほど山頂にいて降りはじめたら、今度は鹿が現れた
1
アザミが咲いていた。フジアザミほど大きくはないが、結構大きな花である。調べると、メラモリアザミと思われる。
2016年08月28日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アザミが咲いていた。フジアザミほど大きくはないが、結構大きな花である。調べると、メラモリアザミと思われる。
ハンミョウがいた。
2016年08月28日 12:01撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンミョウがいた。
下山。登山口にあるゴイシツバメシジミの説明看板。
2016年08月28日 14:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。登山口にあるゴイシツバメシジミの説明看板。

感想/記録

先々週の北アに続いて、鹿児島まで久しぶりの遠征である。この山はゴイシツバメシジミという小さな蝶の発見された場所として有名なのであるが、その生活史と私の九州の山に対する印象とのギャップが昔からあり、一度訪れてみたかった山であった。そして、その結果十分に納得がいったのである。
私の九州の山に対する印象は、ツキノワグマの絶滅に象徴されるように、人間の深山への進出が進んでしまって、いわゆる深山幽谷が無くなっているというものである。そして、この蝶の食草であるシシンランという花そのものが、深山幽谷でないと存立しえない生育環境にしか適応できないと容易に想像できるのである。
今回その環境を目の当たりにして、あの小さな蝶であり、シシンランであるからこのような狭い範囲での生育環境で存在を続けることができたことを理解できた。縄文弥生の時代から加持祈祷の地が相良氏へと受け継がれた故に生き延びることができたのではないかと想像されたのである。
訪問者数:255人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ