ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 951613 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

伊吹山

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー nemunekoyuki, その他メンバー1人
天候8号目まで晴れ、山頂ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車は民家へ 500円
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
1時間33分
合計
6時間38分
S登山口08:5011:57山頂13:3015:28登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマレコインストール前なので、大体で…
コース状況/
危険箇所等
3号目以下はサウナ状態。上部が軽い岩場のため、山登り未経験の場合は注意が必要。
その他周辺情報山頂にご飯が食べられる山小屋多数。3号目にトイレ。5号目に自販機あり。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック
備考 虫除けスプレー

写真

入り口、どんな山なのか毎回ドキドキします。
2016年08月12日 08:50撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り口、どんな山なのか毎回ドキドキします。
1合目までは鬱蒼とした雰囲気。まるまる太ったハエが大量に(汗)
2016年08月12日 08:54撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合目までは鬱蒼とした雰囲気。まるまる太ったハエが大量に(汗)
1合目、スキー場の名残です。突然開けます。
2016年08月12日 09:18撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合目、スキー場の名残です。突然開けます。
この高度ですでに景色は奇麗です。体力に不安があってもここまでなら来れるかも。
2016年08月12日 09:29撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この高度ですでに景色は奇麗です。体力に不安があってもここまでなら来れるかも。
ずっとスキー場跡地を抜けていきます。暑い!
2016年08月12日 09:36撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとスキー場跡地を抜けていきます。暑い!
2合目標識を超えた当たりから岩が出始めます。
2016年08月12日 09:45撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2合目標識を超えた当たりから岩が出始めます。
木々に囲まれた道と、吹き抜けの道と、交互に現れます。
2016年08月12日 09:59撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々に囲まれた道と、吹き抜けの道と、交互に現れます。
伊吹高原ホテル跡地。
2016年08月12日 10:09撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹高原ホテル跡地。
ということで3合目。距離としては半分、しんどさはここからのほうが上。
2016年08月12日 10:11撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで3合目。距離としては半分、しんどさはここからのほうが上。
5合目にちょっと贅沢な自販機あり。水補給ができるのはありがたい。
2016年08月12日 10:38撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目にちょっと贅沢な自販機あり。水補給ができるのはありがたい。
パノラマ。琵琶湖はちょこっとだけみえる感じです。
2016年08月12日 10:46撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ。琵琶湖はちょこっとだけみえる感じです。
避難小屋。
2016年08月12日 10:55撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋。
6合目到着。ハイライトはここから。
2016年08月12日 11:00撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目到着。ハイライトはここから。
岩に目印ありますが、基本的に道迷いはあり得ないので安心して登れます。
2016年08月12日 11:05撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に目印ありますが、基本的に道迷いはあり得ないので安心して登れます。
7合目到着。
2016年08月12日 11:15撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目到着。
この辺りからちょっと急坂、軽い岩場ゾーンです。心構えなしに来ると面食らいますので、装備はしっかりしたほうが良いと思います。
2016年08月12日 11:30撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからちょっと急坂、軽い岩場ゾーンです。心構えなしに来ると面食らいますので、装備はしっかりしたほうが良いと思います。
山頂、8合目あたりからばっちり雲の中に。1時間くらい滞在しましたが景色は拝めず。
2016年08月12日 12:16撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂、8合目あたりからばっちり雲の中に。1時間くらい滞在しましたが景色は拝めず。
伊吹そばを食す。うまし。
2016年08月12日 12:29撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹そばを食す。うまし。
一瞬雲が切れますが、下は見えず。。。
2016年08月12日 12:45撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬雲が切れますが、下は見えず。。。
パノラマ。まだ霞んでます。
2016年08月12日 13:10撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ。まだ霞んでます。
7合目当たりから山頂を望む。一瞬だけ晴れたタイミングです。
2016年08月12日 13:49撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目当たりから山頂を望む。一瞬だけ晴れたタイミングです。
3合目まで戻ってきました。
2016年08月12日 14:17撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3合目まで戻ってきました。
登山口到着。この手前でハチに威嚇され、早足で歩いた為に右足の痛み発生。ずっと耐えてきたのに、ハチ・・・
2016年08月12日 15:28撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口到着。この手前でハチに威嚇され、早足で歩いた為に右足の痛み発生。ずっと耐えてきたのに、ハチ・・・
撮影機材:

感想/記録

お盆に祖母の家に帰るついでに、少し足を延ばして伊吹山に。前日に友人の予定が取れたので、2人での山行。

朝登山口近くのおばちゃんに導かれ、500円で民家に駐車。

友人に渡そうと思い、前日にユニクロのEX DRYパーカーを買っていたのだが、なぜか家に忘れてきた為、友人にパーカーを、自分はいざという時はライトシェルを着ることに。

登山届けを出し、スタート。ここしばらく膝の不調、右足の不調に悩まされているので、歩き方の調整も兼ねての登山。1合目までは鬱蒼とした林を抜ける。うーん、既に暑い。そしてハエがふとましい。その他ハチ類、アブ類が多め。今回はザトウムシには会えず。

1合目に到着、突然視界が開ける。景色はとても奇麗だが、日光直撃のため更に暑い。登るときは水分を十分に確保してください。

2合目から5合目くらいまでは岩まじりで、林と吹き抜けの道が交互に現れる。とても気分はいいものの、右足の不調を感じ始めたので、左右のパワーバランスを調整しながら登る。

3合目に伊吹高原ホテルの廃墟あり。下山時に近づいてみたがちょっと荒れ気味。廃墟マニアにはたまらないのだろうか。

5合目の自販機で誘惑に負け、コーラを購入。水分と糖分のコラボレーション。

6合目以降はひたすら急坂を登り続ける。あいかわらず景色は奇麗だけど、ゴールが見えている分まだあんなに!という感じにはなるかも。

8合目からちょっと岩場。友人には前日コースの話はしていたものの、登山自体はあまりしたことがないとのことで、ちょっとびっくり(興奮?)した様子。(普段からランニングしている人なので体力的には問題ないとみて連れてきました)

8合目を越えたあたりから急速にもやる。山頂でおそばをたべて時間をつぶすがもやは取れず。諦めて下山。

右足保護のため下りはサポータを装着。&ポールを常備し、ゆーっくり降りる。友人にはペースキープのため、先に行ってもらう。

途中まで痛みは出ず順調に降りたものの、1合目過ぎたあたりでハチに威嚇され、ちょっとビビって早足で下りたところ、痛み発生。ハチきっかけとは。。。

全体通して、初心者向けの山と言われているものの体力的にはかなり準備が必要な山という印象。思いつきで登り始めたりすると途中でバテると思われる。そのかわり道迷いなどはいっさい心配はなく、特殊技術も必要なし。

夏は3合目以下はサウナなので、お水の確保を十分に。熱中症に気をつけてください。
訪問者数:25人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ