ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 951916 全員に公開 ハイキング甲信越

五頭山(スキー場〜三ノ峰)〜五頭五峰巡礼〜

日程 2016年08月31日(水) [日帰り]
メンバー k-kantaro
天候晴れ、台風一過
アクセス
利用交通機関
車・バイク
Google Mapsでは「どんぐりの森キャンプ場」で検索出来ます。
(Google Mapsのどんぐりの森キャンプ場の位置はあてになりません)
検索後、航空写真に切り替えると、駐車場がたくさん確認できますが、
県道をさらに東に進んだ、一番奥の駐車スペースが、
登山口に一番近いです。ストリートビューでも確認できます。
ピンを打って、ルート検索で案内してくれます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
1時間4分
合計
5時間7分
Sスタート地点09:5011:46五ノ峰11:5912:09三ノ峰12:1412:30一ノ峰12:3512:40前一ノ峰13:2013:25一ノ峰13:38三ノ峰13:3914:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
五頭山は久しぶりですネ。
・・・昨年は行っていないんだ。
コース状況/
危険箇所等
危険でないところも危険!(hamburg教訓)
気付いていない、油断と慢心が、一番の危険‼(kantaro 経験談)
ただいまと、出かけた姿そのままに、帰って来るのが自己責任‼。
自信満々にウソを書く。間違いが有ったら、是非、ご指摘ください。

阿賀野市観光協会のHP
http://www.agano-spot.com/gozusan/gozusan01/
五頭連峰山岳観光マップの案内
http://gozu.jp/gozusanmap.html
その他周辺情報古くからの湯治場です。
温泉関連施設は何でもあります。
温泉旅館、足湯・・・共同浴場。
月岡温泉も近いです。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

土手は展望台です。右が五頭連峰、左が二王子岳、中央に雲がかかっているのが飯豊連峰です。新潟平野は真っ平らですので、土手に上がるだけで、よく見えます。
2016年08月31日 08:29撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土手は展望台です。右が五頭連峰、左が二王子岳、中央に雲がかかっているのが飯豊連峰です。新潟平野は真っ平らですので、土手に上がるだけで、よく見えます。
3
真ん中、少し左の五つの峰が、今日の遊び場、五頭山です。右のピークは菱ヶ岳ですネ。・・・もう、稲刈りが始まっています。
2016年08月31日 09:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中、少し左の五つの峰が、今日の遊び場、五頭山です。右のピークは菱ヶ岳ですネ。・・・もう、稲刈りが始まっています。
3
今日の出発前のオヤツは、55歳の亀田製菓の「サラダホープ」。新潟限定商品です。・・・柿の種が有名だけど、柿の種は浪花屋、亀田はサラダホープが定番。
2016年08月31日 09:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の出発前のオヤツは、55歳の亀田製菓の「サラダホープ」。新潟限定商品です。・・・柿の種が有名だけど、柿の種は浪花屋、亀田はサラダホープが定番。
5
スキー場コースを登ります。名前の通り、旧スキー場の跡地を登ります。今は植生復元に力を入れています。・・・遅くなってしまった。
2016年08月31日 09:51撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場コースを登ります。名前の通り、旧スキー場の跡地を登ります。今は植生復元に力を入れています。・・・遅くなってしまった。
この辺りはゲレンデの端っこ。天気がイイですネ。暑いけど、ときおり吹く風が気持ちいい‼。
2016年08月31日 10:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはゲレンデの端っこ。天気がイイですネ。暑いけど、ときおり吹く風が気持ちいい‼。
青空だけじゃ寂しいので・・・。真ん中上部の、白い点は何でしょう?。
2016年08月31日 10:27撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空だけじゃ寂しいので・・・。真ん中上部の、白い点は何でしょう?。
3
ゲレンデ中央に出ると下界が見えます。弥彦・角田と、新津丘陵。・・・いつもお世話になっています。
2016年08月31日 10:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ中央に出ると下界が見えます。弥彦・角田と、新津丘陵。・・・いつもお世話になっています。
1
桜かナ。この枝だけ、気が早かった。・・・青空だけど、「抜ける様な」とまでは、いきませんネ。
2016年08月31日 10:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜かナ。この枝だけ、気が早かった。・・・青空だけど、「抜ける様な」とまでは、いきませんネ。
3
五合目。どこから数えて五合目なのかナ?。五ノ峰が十合目のはずですけど・・・。まだ先は長いです。
2016年08月31日 10:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目。どこから数えて五合目なのかナ?。五ノ峰が十合目のはずですけど・・・。まだ先は長いです。
六合目、扇山分岐です。出湯コースとの合流地点。
2016年08月31日 10:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目、扇山分岐です。出湯コースとの合流地点。
掘れてますネ〜。特に出湯コースは深く掘れています。この辺りは、2m以上、V字渓谷のミニチュアみたいです。
2016年08月31日 11:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掘れてますネ〜。特に出湯コースは深く掘れています。この辺りは、2m以上、V字渓谷のミニチュアみたいです。
1
掘れて段差が大きくなると、上に新しい道を付けます。そして、そこがまた惚れてきます。
2016年08月31日 11:19撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掘れて段差が大きくなると、上に新しい道を付けます。そして、そこがまた惚れてきます。
1
五頭の登山道は縦に掘れて、角田の登山道は横に広がります。・・・山が可哀想。・・・それだけ人気が有ると言う事か。
2016年08月31日 11:22撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五頭の登山道は縦に掘れて、角田の登山道は横に広がります。・・・山が可哀想。・・・それだけ人気が有ると言う事か。
1
八合目、赤安山分岐です。赤安コースとの合流地点。・・・もうすぐですネ。
2016年08月31日 11:24撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目、赤安山分岐です。赤安コースとの合流地点。・・・もうすぐですネ。
アキノキリンソウ(秋の麒麟草)ですけど、酷い写真ですネ(笑)。
2016年08月31日 11:29撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ(秋の麒麟草)ですけど、酷い写真ですネ(笑)。
2
酷い写真、其之二。タマバシロヨメナ(玉葉白嫁菜)。花も少ないけど、花に気持ちが少しも向いていない(笑)。・・・笑って誤魔化す。・・・(笑)。
2016年08月31日 11:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酷い写真、其之二。タマバシロヨメナ(玉葉白嫁菜)。花も少ないけど、花に気持ちが少しも向いていない(笑)。・・・笑って誤魔化す。・・・(笑)。
3
五ノ峰手前の親子地蔵。この上が五ノ峰です。
2016年08月31日 11:43撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ峰手前の親子地蔵。この上が五ノ峰です。
五ノ峰「地蔵菩薩」。
2016年08月31日 11:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ峰「地蔵菩薩」。
6
五ノ峰はビューポイントです。新潟はひろいナ〜。真っ平らだナ〜。・・・今日はよく見えます。
2016年08月31日 11:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ峰はビューポイントです。新潟はひろいナ〜。真っ平らだナ〜。・・・今日はよく見えます。
4
弥彦・角田、新津丘陵、そして悠久の大河、阿賀野川。
2016年08月31日 11:50撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦・角田、新津丘陵、そして悠久の大河、阿賀野川。
7
今日のビッグスワン。そして、日本海、小佐渡、大佐渡。・・・金北山まで見えます。・・・小さな声で、がんばれアルビ。
2016年08月31日 11:50撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のビッグスワン。そして、日本海、小佐渡、大佐渡。・・・金北山まで見えます。・・・小さな声で、がんばれアルビ。
3
四ノ峰「毘沙門天」。
2016年08月31日 12:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ノ峰「毘沙門天」。
3
三ノ峰避難小屋の寒暖計。21℃・・・ホント?、もっと熱く感じますネ。
2016年08月31日 12:09撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ峰避難小屋の寒暖計。21℃・・・ホント?、もっと熱く感じますネ。
2
三ノ峰「不動明王」は三ノ峰コースを少し下った所にあります。
2016年08月31日 12:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ峰「不動明王」は三ノ峰コースを少し下った所にあります。
3
二ノ峰「薬師如来」。
2016年08月31日 12:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ峰「薬師如来」。
5
一ノ峰「観世音菩薩」。先へ進みます。
2016年08月31日 12:30撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ峰「観世音菩薩」。先へ進みます。
4
藪を抜けると、通称?前一ノ峰、ここからは山がよく見えます。・・・飯豊はイイデ〜。右から大日岳、飯豊本山、烏帽子岳、そして北股岳のトンガリ頭。
2016年08月31日 12:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪を抜けると、通称?前一ノ峰、ここからは山がよく見えます。・・・飯豊はイイデ〜。右から大日岳、飯豊本山、烏帽子岳、そして北股岳のトンガリ頭。
5
休憩中の先客に教えてもらいました。今日は燧ケ岳も見えてます。
2016年08月31日 12:45撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩中の先客に教えてもらいました。今日は燧ケ岳も見えてます。
5
御神楽岳のテッペンは雲の中。
2016年08月31日 12:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神楽岳のテッペンは雲の中。
2
二王子岳、左の嫋やかなピークが山頂です。拡大すると小屋も見えます。
2016年08月31日 12:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二王子岳、左の嫋やかなピークが山頂です。拡大すると小屋も見えます。
3
菱ヶ岳へ続く尾根。
2016年08月31日 12:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳へ続く尾根。
2
今日のランチ、コレで800kcal弱あります。牛乳は300mlです。今日は出足が遅かったので、五頭本山(三角点)は次の機会にします。
2016年08月31日 13:05撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のランチ、コレで800kcal弱あります。牛乳は300mlです。今日は出足が遅かったので、五頭本山(三角点)は次の機会にします。
5
そろそろ帰りましょう。再び飯豊連峰。右手前は蒜場山です。
2016年08月31日 13:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ帰りましょう。再び飯豊連峰。右手前は蒜場山です。
4
左側は蒜場山、中央右が棒掛山、中央奥の雲の下が磐梯山です。
2016年08月31日 13:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側は蒜場山、中央右が棒掛山、中央奥の雲の下が磐梯山です。
3
中央奥が燧ケ岳だけど、見えないネ。御神楽岳はズット雲の中でした。・・・帰りましょう。
2016年08月31日 13:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥が燧ケ岳だけど、見えないネ。御神楽岳はズット雲の中でした。・・・帰りましょう。
3
再び三ノ峰。下山は三ノ峰コースを使います。一番歩きやすいコースです。
2016年08月31日 13:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び三ノ峰。下山は三ノ峰コースを使います。一番歩きやすいコースです。
1
ホツツジ(穂躑躅)を見つけました。・・・今日は花に興味が向きません。
2016年08月31日 13:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホツツジ(穂躑躅)を見つけました。・・・今日は花に興味が向きません。
4
七合目、ベンチが有ります。休憩ポイント。
2016年08月31日 14:05撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目、ベンチが有ります。休憩ポイント。
1
長介清水は未確認です。
2016年08月31日 14:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長介清水は未確認です。
六合目の寒暖計。気温より暑く感じます。昨日までの雨で、湿度が高いせいでしょうか?。
2016年08月31日 14:19撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目の寒暖計。気温より暑く感じます。昨日までの雨で、湿度が高いせいでしょうか?。
この辺りから、より整備された道になります。・・・ウッドチップが無くなっていますネ。
2016年08月31日 14:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから、より整備された道になります。・・・ウッドチップが無くなっていますネ。
1
階段脇の植生が失われると、土が流れ出してしまいます。歩き難くても、階段を歩きましょう。
2016年08月31日 14:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段脇の植生が失われると、土が流れ出してしまいます。歩き難くても、階段を歩きましょう。
3
お疲れ様でした。後は車までアスファルトの上です。お疲れ様でした。今回も読んでいただいて、有難うございます。
2016年08月31日 14:50撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。後は車までアスファルトの上です。お疲れ様でした。今回も読んでいただいて、有難うございます。
4
撮影機材:

感想/記録

久し振りに、五頭五峰巡りをやって来ました。
イロイロ有って、家を出るのが遅くなってしまって、
駐車場に戻った時は、ブービー賞でした(笑)。
今日は飯豊に会えたので80点です。
訪問者数:207人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ