ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952435 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍穂高縦走(西穂高・奥穂高・北穂高・大キレット・槍ヶ岳)

日程 2016年09月02日(金) 〜 2016年09月04日(日)
メンバー sumisumi
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1日目
ロープウェイ西穂高口 13:05 - 13:40 西穂山荘

2日目
西穂山荘 4:15 - 5:30 西穂山頂 - 8:35 奥穂山頂 - 11:00 北穂山頂 - 13:00 南岳小屋

3日目
南岳小屋 5:30 - 7:00 槍ヶ岳山荘・槍ヶ岳山頂 8:00 - 11:30 新穂高温泉
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

西穂山荘のテント場。最終的に20張程度となった。なかなかの混雑。
2016年09月02日 13:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘のテント場。最終的に20張程度となった。なかなかの混雑。
2日目は暗いうちから歩き出す。西穂独標に向けて。
2016年09月03日 04:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は暗いうちから歩き出す。西穂独標に向けて。
ピラミッドピーク。
2016年09月03日 05:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク。
1
同地点の昨年末の写真。雪があった時を思い出しながら歩く。
2015年12月28日 08:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同地点の昨年末の写真。雪があった時を思い出しながら歩く。
ギザギザの西穂の稜線。一番奥が独標。その次がピラミッドピーク(8峰)。それから、7・6・5峰か。もうよくわからん。
2016年09月03日 05:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギザギザの西穂の稜線。一番奥が独標。その次がピラミッドピーク(8峰)。それから、7・6・5峰か。もうよくわからん。
今回の縦走は、ずーっと笠ヶ岳を眺めながら歩く。
2016年09月03日 05:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の縦走は、ずーっと笠ヶ岳を眺めながら歩く。
西穂山頂。ここまでほぼ休憩なし。
2016年09月03日 05:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山頂。ここまでほぼ休憩なし。
奥穂に向けた縦走路に入る。ガスり出す。
2016年09月03日 05:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂に向けた縦走路に入る。ガスり出す。
赤石岳手前の長い鎖。
2016年09月03日 05:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳手前の長い鎖。
赤石岳と間ノ岳の間のコル(間ノ岳側から振り返って撮る)。ツルっとした2か所の下りがいやらしい。
2016年09月03日 06:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳と間ノ岳の間のコル(間ノ岳側から振り返って撮る)。ツルっとした2か所の下りがいやらしい。
間ノ岳の先の垂直の鎖。鎖の長さが短い(笑)
2016年09月03日 06:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳の先の垂直の鎖。鎖の長さが短い(笑)
間天のコル。テント2張可?
2016年09月03日 06:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間天のコル。テント2張可?
天狗岳に向けて。
2016年09月03日 06:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳に向けて。
噂の逆層スラブ。
2016年09月03日 06:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の逆層スラブ。
2
逆層スラブ。トレランシューズのフリクション性能が試されたが、まあまあ効いた。
2016年09月03日 06:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆層スラブ。トレランシューズのフリクション性能が試されたが、まあまあ効いた。
振り返って撮影。どこがどのピークかもう分からなくなったが、たぶん、手前が間ノ岳。一番奥のピークが西穂山頂。
2016年09月03日 06:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って撮影。どこがどのピークかもう分からなくなったが、たぶん、手前が間ノ岳。一番奥のピークが西穂山頂。
1
もう少し角度上から。手前が間ノ岳で、一番奥のピークが西穂山頂?
2016年09月03日 06:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し角度上から。手前が間ノ岳で、一番奥のピークが西穂山頂?
天狗岳山頂。広い山頂。久々の道標。
2016年09月03日 06:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳山頂。広い山頂。久々の道標。
1
天狗のコル。
2016年09月03日 06:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコル。
天狗のコル。岳沢への道標あり。
2016年09月03日 06:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコル。岳沢への道標あり。
天狗のコルから岳沢への下り道。晴れてればヒュッテが目視できるので、迷いはしなそう。
2016年09月03日 06:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルから岳沢への下り道。晴れてればヒュッテが目視できるので、迷いはしなそう。
2
天狗のコルの避難小屋跡。
2016年09月03日 06:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルの避難小屋跡。
振り返って撮影。どこを通ってきたかよく分からない。
2016年09月03日 07:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って撮影。どこを通ってきたかよく分からない。
ブロッケン現象が発生。
2016年09月03日 07:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケン現象が発生。
2
ジャンダルム。裏側(?)から見ると、わりとのっぺりしている。
2016年09月03日 07:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム。裏側(?)から見ると、わりとのっぺりしている。
ジャンダルム登頂。2度目。
2016年09月03日 07:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム登頂。2度目。
3
ジャンダルム。この角度から見ると、スッと見える。
2016年09月03日 08:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム。この角度から見ると、スッと見える。
3
ジャンダルム〜ロバの耳。西穂〜奥穂の中でも、この辺が一番難所。
2016年09月03日 08:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム〜ロバの耳。西穂〜奥穂の中でも、この辺が一番難所。
5
ジャンダルム〜ロバの耳。西穂〜奥穂の中でも、この辺が一番高度感がある。
2016年09月03日 08:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム〜ロバの耳。西穂〜奥穂の中でも、この辺が一番高度感がある。
3
馬ノ背。先行者が取ついているので、待つ。
2016年09月03日 08:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背。先行者が取ついているので、待つ。
1
馬ノ背。登りだとあまり恐くない。
2016年09月03日 08:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背。登りだとあまり恐くない。
1
馬ノ背。5年前に初めてここに来たときは、この幅10cmぐらいの足場にビビッて引き返した記憶がある。
2016年09月03日 08:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背。5年前に初めてここに来たときは、この幅10cmぐらいの足場にビビッて引き返した記憶がある。
2
奥穂山頂。4度目。
2016年09月03日 08:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂山頂。4度目。
1
槍への縦走路。この時点で今回は槍まで行くつもりはなかった。
2016年09月03日 08:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍への縦走路。この時点で今回は槍まで行くつもりはなかった。
1
歩いてきた西穂〜奥穂の稜線。
2016年09月03日 09:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた西穂〜奥穂の稜線。
涸沢岳山頂。
2016年09月03日 09:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳山頂。
1
涸沢岳山頂から、北穂への稜線と大キレット。
2016年09月03日 09:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳山頂から、北穂への稜線と大キレット。
2
北穂〜奥穂の難所。梯子を下りた後は、右の鎖の方へ回るのが正解だが、誤って左側のザレの方を降りかける。
2016年09月03日 09:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂〜奥穂の難所。梯子を下りた後は、右の鎖の方へ回るのが正解だが、誤って左側のザレの方を降りかける。
2
北穂〜奥穂の難所を引きで。
2016年09月03日 10:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂〜奥穂の難所を引きで。
1
前穂北尾根と吊尾根。穂高イチの絶景ポイント。
2016年09月03日 10:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂北尾根と吊尾根。穂高イチの絶景ポイント。
3
北穂高小屋の賑わい。まだまだ時間があるので、南岳まで向かうこととする。
2016年09月03日 11:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高小屋の賑わい。まだまだ時間があるので、南岳まで向かうこととする。
北穂〜大キレットの急降。ここを登るのはしんどいんだよな…。前回の逆方向の大キレットの記憶がよみがえる。
2016年09月03日 11:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂〜大キレットの急降。ここを登るのはしんどいんだよな…。前回の逆方向の大キレットの記憶がよみがえる。
大キレット名物の三角足場。
2016年09月03日 11:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレット名物の三角足場。
2
ここでしか見たことないけど、コレの安定感ったらない。
2016年09月03日 11:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでしか見たことないけど、コレの安定感ったらない。
1
飛騨泣き。降りだと、足場が見づらく、ちょっと怖い。
2016年09月03日 11:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨泣き。降りだと、足場が見づらく、ちょっと怖い。
1
A沢コルと長谷川ピーク。
2016年09月03日 11:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A沢コルと長谷川ピーク。
長谷川ピーク。
2016年09月03日 11:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷川ピーク。
2
大キレットから見上げる南岳(の獅子鼻)。ジャンじゃないよ!コースタイム16時間超の縦走のラストにふさわしい、中々のいでたち。
2016年09月03日 12:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレットから見上げる南岳(の獅子鼻)。ジャンじゃないよ!コースタイム16時間超の縦走のラストにふさわしい、中々のいでたち。
1
南岳小屋に到着。
2016年09月03日 12:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋に到着。
3日目。晴れでスタート。今日も笠ヶ岳がキレイだ。
2016年09月04日 05:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目。晴れでスタート。今日も笠ヶ岳がキレイだ。
常念平で朝日を待つ。
2016年09月04日 05:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念平で朝日を待つ。
1
常念平からの日の出。
2016年09月04日 05:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念平からの日の出。
1
常念の山頂から日が昇る。
2016年09月04日 05:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念の山頂から日が昇る。
2
朝焼けの槍ヶ岳。
2016年09月04日 05:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの槍ヶ岳。
1
南岳小屋と穂高連峰。
2016年09月04日 05:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋と穂高連峰。
2
南岳山頂。
2016年09月04日 05:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳山頂。
1
槍への縦走路。
2016年09月04日 05:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍への縦走路。
2
ブロッケン現象。写真にはうまく映らなかったが、一応自分の影も中に見えた。
2016年09月04日 05:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケン現象。写真にはうまく映らなかったが、一応自分の影も中に見えた。
2
中岳〜大喰岳〜槍ヶ岳。
2016年09月04日 05:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳〜大喰岳〜槍ヶ岳。
1
雲海の中に常念山脈と表銀座が浮かぶ。
2016年09月04日 06:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の中に常念山脈と表銀座が浮かぶ。
西鎌尾根に雲海が迫る。
2016年09月04日 06:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西鎌尾根に雲海が迫る。
大喰岳から。まるで天守閣と城下町ですなぁ…。
2016年09月04日 06:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大喰岳から。まるで天守閣と城下町ですなぁ…。
1
槍ヶ岳山頂。4度目。
2016年09月04日 07:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山頂。4度目。
1
北鎌尾根を覗く。いつか…。
2016年09月04日 07:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌尾根を覗く。いつか…。
飛騨沢。来年のGWには、ここから槍へ登る予定。
2016年09月04日 08:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢。来年のGWには、ここから槍へ登る予定。
飛騨沢。
2016年09月04日 08:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢。
新穂高ロープウェイの窓から。縦走路から。南岳のテント場から。飛騨沢の下りで真正面に。笠ヶ岳を眺めっぱなしの3日間だった。
2016年09月04日 06:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高ロープウェイの窓から。縦走路から。南岳のテント場から。飛騨沢の下りで真正面に。笠ヶ岳を眺めっぱなしの3日間だった。

感想/記録

 当初想定していた行程は次のとおりで、主に目的が4つあった。\省罅善穂に挑戦しつつ、一度泊まってみたかった北穂のテント場で穂高の絶景を楽しみ、J發い燭海箸里覆ぅ襦璽函陛袈蘆咾抜邵鄂憩察砲鯆戮掘↓っ翹鴫浩瑤覇浴して帰るというもの。

 1日目:新保高温泉〜西穂山荘テント場
 2日目:〜西穂〜奥穂〜北穂テント場
 3日目:〜大キレット〜南岳〜天狗池(槍は経由しない)〜大天井岳テント場
 4日目:〜燕岳〜中房温泉

 いざ歩き出してみると、まず、\省罅善穂があまりにサクッと終わってしまった。それなら大キレットも同じ日に終わらせた方が、1日の出来高としてより良いものになるんじゃないかと思い(コースタイムで16.5時間分というのは、たぶん自己ベスト)、2泊目を先に延ばして南岳小屋テント場に変更。
 △遼綿罐謄鵐半譴鬟好襦爾垢襪里論砲靴ったが、この日の午後以降は天気が悪そうだったので、今回は諦めることとした。(実際は、次の日の朝は絶好の天気だったので、惜しいことをした…。)
 そして、当初は槍ヶ岳はスルーするつもりだったが、急きょ行くことにした。既に夏秋に3回登っているので、今回は槍は別にいいかな〜と思い、地図上の赤線を増やすという地味な目的でE袈蘆啖侏海離襦璽箸鯏初は考えていたが、いざ、3日目になってみると、どうしても槍に行きたくなった。思いかえしてみると、槍→南岳は2回歩いたことがあったが、どちらも曇り気味だったし、南岳→槍は初めてだったこともあって、くっきり稜線が見渡せる中を槍まで歩くことに魅力を感じた。
 槍を登頂後、予定どおり表銀座を行き大天井か燕あたりで3泊目、あるいは、今回の影の主役の笠ヶ岳まで西鎌経由で回って3泊目というプランもあったが、この日のうちに温泉を目指して新穂高に下山。今回頑張りすぎると、9月下旬に予定している長期縦走にモチベーションが残らなそうな気がしたので、今回はこの辺で〜という気分になった。今回の山行は、2泊3日でも十分な内容だった。
訪問者数:512人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ