ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952657 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川馬蹄形時計回り

日程 2016年09月01日(木) [日帰り]
メンバー saako
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白毛門登山口駐車場に止めました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西黒尾根の岩は滑りやすい。
茂倉から武能は草が生い茂って登山道が見えないので木の根や石に気をつけて。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 お湯500ml、水500ml、スポーツドリンク500ml、凍らせた炭酸ジュース400ml持って行ったがスポーツドリンクも炭酸も最初は良いけど最後は甘く感じて飲めなくなる。塩を舐めて水、が一番だったかな。

写真

登山指導センター内にトイレ、登山ポストあり。
2016年09月01日 04:09撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山指導センター内にトイレ、登山ポストあり。
西黒尾根登山口
2016年09月01日 04:15撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根登山口
やっと明るくなってヘッデンを消します。
2016年09月01日 04:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと明るくなってヘッデンを消します。
朝日が登ってきました。
2016年09月01日 05:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が登ってきました。
2
こんな鎖場が続きます。
2016年09月01日 05:35撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな鎖場が続きます。
谷川岳が凛々しい。
2016年09月01日 05:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳が凛々しい。
3
ラクダの背からあと少し。
2016年09月01日 05:49撮影 by DSC-WX500, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダの背からあと少し。
3
あまり覚えていないけど、あったんでしょうね。
2016年09月01日 06:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり覚えていないけど、あったんでしょうね。
肩の小屋
2016年09月01日 06:54撮影 by DSC-WX500, OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋
3
トマの耳
2016年09月01日 06:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳
オキの耳
2016年09月01日 07:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳
前回ガスで覗けなかった「ノゾキ」一の倉沢クラクラ。
2016年09月01日 07:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回ガスで覗けなかった「ノゾキ」一の倉沢クラクラ。
1
オキの耳を振り返る
2016年09月01日 07:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳を振り返る
2
一ノ倉岳への登り
2016年09月01日 07:41撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳への登り
1
一ノ倉岳
2016年09月01日 07:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳
茂倉岳
2016年09月01日 08:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳
前回一番イヤだった茂倉を振り返る。
2016年09月01日 09:20撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回一番イヤだった茂倉を振り返る。
3
武能岳
2016年09月01日 09:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武能岳
七つ小屋山への縦走路。蓬ヒュッテが見えます。
2016年09月01日 09:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ小屋山への縦走路。蓬ヒュッテが見えます。
3
こんな藪なので足元に気をつけて。
2016年09月01日 09:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな藪なので足元に気をつけて。
1
トイレは500円です。
2016年09月01日 10:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレは500円です。
2
ウメバチソウ
2016年09月01日 10:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ
2
七つ小屋山。なんで谷川連峰のここだけ山頂杭がこんなん?
2016年09月01日 10:55撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ小屋山。なんで谷川連峰のここだけ山頂杭がこんなん?
2
谷川から七つ小屋山までの稜線
2016年09月01日 10:55撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川から七つ小屋山までの稜線
5
清水峠と朝日岳
2016年09月01日 11:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水峠と朝日岳
4
清水峠と七つ小屋山
2016年09月01日 11:48撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水峠と七つ小屋山
3
朝日岳、
2016年09月01日 13:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳、
2
笠ヶ岳
2016年09月01日 14:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳
笠ヶ岳から白毛門、力尽きそう〜。
2016年09月01日 14:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳から白毛門、力尽きそう〜。
2
笠ヶ岳、キツイ下りでした。
2016年09月01日 14:59撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳、キツイ下りでした。
3
それでも何とか白毛門到着。
2016年09月01日 15:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも何とか白毛門到着。
2
ジジ岩とババ岩。
2016年09月01日 15:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジジ岩とババ岩。
1

感想/記録
by saako

昨年反時計まわりをした時笠ヶ岳を過ぎた辺りで石につまずき足が攣り同行者にとても迷惑を掛け、何とか回ったけどガスで何も見えず雨もパラついて来ロープウエイで下山してしまいました。
その時同行者に「武能も茂倉も何にも見えなかったね。一ノ倉沢も覗けなかったしもう一度来ないとだめだね」「いや、もう来ないよ!」と言ったけど1年経ったら忘れるものですね(^^;
今回は逃げ道を無くし自分を追い込むため時計回りにしました。

とりあえずロープウエイに逃げた西黒尾根。
登山指導センターで登山届けを書いた時「石黒尾根」って書いたくらい石、岩だらけの登山道。
鎖や滑り台のような大きな岩があったり下りで使うのはとても怖いです。

谷川過ぎて念願の「ノゾキ」はクリア。
茂倉まであまりアップダウンの記憶がなかったけど一ノ倉岳へは結構登ります。
一ノ倉から茂倉へはなだらかです。

茂倉から武能・・・昨年武能から茂倉への登りで泣いた。
二度と登りたくなかったから逆コースにしたけど下りも長い。
武能岳辺りの縦走路は草が生い茂って地面が見えません。
木の根と石に躓いて2度転んでしまいました。

ここを下れば蓬峠〜七ツ小屋山まで緩やかな笹の縦走路。
ここから大好きな清水峠に下りますがその後ろにそびえる朝日岳。
昨年は長い下りが助かったけど今回の長い登りはバテた。

朝日岳から見た笠ヶ岳と白毛門・・・あんなに遠かった〜?
ヘッデン下山を覚悟しましたが白毛門には15:30に着き楽勝と安堵。
でも白毛門の下山道が石と岩と木の根で出来たような道。
吐き気がおさまらず休み休み2時間半もかかってしまいました。

昨年はガスで見えなかったから歩けたのかも・・・見えすぎるのも良し悪し(^^;
訪問者数:438人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ