ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952778 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

二年越しの想い 立山と剱岳 〜信念だけであゆむ道〜

日程 2016年09月01日(木) 〜 2016年09月02日(金)
メンバー beloved_sky
天候day1
 AM:晴れ、PM:ガス、夕刻以降:快晴。
day2
 早朝:快晴、AM:晴れ、PM:ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
安曇野IC→扇沢P
※安曇野ICから扇沢に抜ける方は県道306が早いです。
直線で信号もほとんど無し。国道147は遅い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間1分
休憩
1時間50分
合計
5時間51分
Sスタート地点10:2911:04一の越山荘11:0611:42雄山12:0912:22立山12:26大汝休憩所12:2812:40富士ノ折立13:07真砂岳13:57別山南峰13:5814:04別山北峰14:0614:14別山南峰14:1514:51剱沢キャンプ場15:5616:03剱澤小屋16:1316:20剱沢キャンプ場
2日目
山行
6時間49分
休憩
3時間10分
合計
9時間59分
剱沢キャンプ場04:1704:21剱澤小屋04:36剣山荘04:4004:59一服剱05:0505:45前剱05:5106:03前劔の門06:21平蔵の頭06:3206:41カニの縦バイ06:4607:05剱岳07:2307:30カニのハサミ07:3307:55平蔵の頭07:5708:17前劔の門08:27前剱08:2809:08一服剱09:30剣山荘09:5510:11剱澤小屋10:16剱沢キャンプ場11:2812:14剱御前小舎12:2013:09浄土橋13:1413:15雷鳥沢キャンプ場13:21雷鳥沢ヒュッテ13:2213:28雷鳥荘13:40みくりが池温泉14:0514:11みくりが池14:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
MEMO
剱沢⇔剱岳は平均かやや遅いペース。
(っていうか周りがプロ集団ばかり。)
それ以外は平均的なペースだと思います。

剱沢BC発で剱を目指し同日室堂に向かう人はテントを背負って剱山荘まで行き、剱山荘にザックをデポ。
剱岳から戻ったら剱山荘でザックを回収、剣御前の中腹を伝って乗越まで直行している人もいる。
(剱沢BC→剱山荘はたいした道ではないので多分その方が楽だし時間も早い。)

剱沢を4時15分発で、すでにスタートしていた人は30人くらい。
7時時点で山頂には21人。混雑感は少ない。
同時間帯に剱アタックしていた人は200〜250人くらい。
ほとんどの人が剱沢エリアでもう一泊するらしく、スタートは遅めの模様。
コース状況/
危険箇所等
重要!)
行って感じたこと。
剱アタックした人でヤマレコにアップしている人はせいぜい1%程度で、そのほとんどがコアな実力のある登山者(私を除く)だと思います。
ヤマレコだけ見ていると皆さん、「長かった、疲れた、怖かった」と言いながらも登頂記録ばかり出てきますが、それが全員ではありません。
ここは全国のアマチュア登山家のトップ陣も多く集まってくるような山域です。
実際にはチェーンがつかめない…、腕力が足りずに体が上がらない…、怖くて取り付けない…、昨日の筋肉痛が…、力尽きた…などの理由で断念している人も普通に見かけます。

かなり危険な場所も多々あり、手も使って全身で登ります。
全身で登る→酸素も薄く酸欠になる→上半身を起こした時に立ちくらみ→少しよろける→滑落死
という可能性がある場所も多々あります。
時間を掛ければ誰でも登れるという類の山ではありません。

十分に装備と体調を整えて怪我をしないよう、細心の注意を払って登りましょう。

ちなみに剱山荘から剱岳へのルートのヘルメット装着率はほぼ100%です。
剱山荘の前で小屋の方?ガイドさん?がヘルメット装着を強く呼びかけていました。
持っていない人は剱山荘で貸してくれるそうです。
(ハーネス装着は女性に多く、女性の30%くらい?)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

九月最初の木曜日朝の有料駐車場。ガラガラ。
下の無料駐車場は満車でさらに空き待ち列が出来ていた。
2016年09月01日 08:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九月最初の木曜日朝の有料駐車場。ガラガラ。
下の無料駐車場は満車でさらに空き待ち列が出来ていた。
でもアルペンルートは終始ガラガラ。
2016年09月01日 08:23撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもアルペンルートは終始ガラガラ。
室堂着。
最近来たばっかりような気もするが・・・
まぁいいや。出発だ。
2016年09月01日 10:29撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂着。
最近来たばっかりような気もするが・・・
まぁいいや。出発だ。
1
本日進む稜線はこちらになります。
2016年09月01日 10:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日進む稜線はこちらになります。
2
小学生高学年?中学生?の団体さんがたくさん。元気がイイ!
トリセツ(西野カナさん)を大合唱してた。
若くていいなぁ!
2016年09月01日 10:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小学生高学年?中学生?の団体さんがたくさん。元気がイイ!
トリセツ(西野カナさん)を大合唱してた。
若くていいなぁ!
1
前回は雷鳥沢テント場発でここから出てきたが、室堂から来た方がはるかに楽。雷鳥沢からの直登コースは整備もいまいちで時間もかかりかなりキツかった。
雷鳥沢から一の越を目指すなら一度室堂に出てから来た方が楽だし、時間も早いかも。
2016年09月01日 11:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は雷鳥沢テント場発でここから出てきたが、室堂から来た方がはるかに楽。雷鳥沢からの直登コースは整備もいまいちで時間もかかりかなりキツかった。
雷鳥沢から一の越を目指すなら一度室堂に出てから来た方が楽だし、時間も早いかも。
一の越着。特に用は無いので素通りします。
2016年09月01日 11:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の越着。特に用は無いので素通りします。
雄山を目指して進む。
ガスが沸いてきた。予想より3時間くらい早い沸き出しだ。
2016年09月01日 11:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山を目指して進む。
ガスが沸いてきた。予想より3時間くらい早い沸き出しだ。
随分上がってきた。
2016年09月01日 11:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随分上がってきた。
先日登った浄土。
2016年09月01日 11:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先日登った浄土。
雄山神社着。
前回よりだいぶ空いている。
大半が参拝者なので登ってきた人の8割がここで引き返す。
2016年09月01日 11:43撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山神社着。
前回よりだいぶ空いている。
大半が参拝者なので登ってきた人の8割がここで引き返す。
2
大汝山(立山連峰の主峰の立山の最高峰)でここまで来るのは雄山に来た人の1割程度。
さらにこの先に行くのは完全な登山者だけでグッと減る。
2016年09月01日 12:25撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山(立山連峰の主峰の立山の最高峰)でここまで来るのは雄山に来た人の1割程度。
さらにこの先に行くのは完全な登山者だけでグッと減る。
一気に人が減って普通の登山道らしくなった。
2016年09月01日 12:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に人が減って普通の登山道らしくなった。
真砂岳へ進む。
2016年09月01日 12:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂岳へ進む。
画像左側の一本道が登ってきた道。
2016年09月01日 12:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画像左側の一本道が登ってきた道。
2年前にキャンプした雷鳥沢のテント場が見える。
2016年09月01日 13:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年前にキャンプした雷鳥沢のテント場が見える。
真砂岳登頂!
って感じではない、なだらかな山頂。
2016年09月01日 13:10撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂岳登頂!
って感じではない、なだらかな山頂。
1
別山へ向かう。
ここから先は前回通っていないのでガスが切れてほしいと願うが・・・
2016年09月01日 13:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山へ向かう。
ここから先は前回通っていないのでガスが切れてほしいと願うが・・・
ガスったまま別山山頂。
何も見えない。視程50m。
2016年09月01日 13:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスったまま別山山頂。
何も見えない。視程50m。
北峰というのがあったので行ってみたけど、、、
何もない。誰もいない。っていうより何も見えない。
2016年09月01日 14:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰というのがあったので行ってみたけど、、、
何もない。誰もいない。っていうより何も見えない。
GPSで池が表示されていたので期待して行ってみたら、キタナイ・・・
ここにライチョウが居たがカメラを出している間にハイマツに隠れてしまった。
2016年09月01日 14:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSで池が表示されていたので期待して行ってみたら、キタナイ・・・
ここにライチョウが居たがカメラを出している間にハイマツに隠れてしまった。
別山から剱沢へ直下するルートを取ってみたが、結構ひどい道。下りでは使いにくい。
2016年09月01日 14:25撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山から剱沢へ直下するルートを取ってみたが、結構ひどい道。下りでは使いにくい。
剱沢のキャンプ場へ到着。
2016年09月01日 14:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢のキャンプ場へ到着。
4
ガスの流れの中から剱岳が顔を出すが、一瞬すぎて写真に収められず。
だが一瞬だからこそ、その姿に感動する。
凄まじいまでの存在感。圧倒的なスケール感。たまらん!!
(この画像のピークは前剱。前剱はずっと出ていた。)
2016年09月01日 15:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの流れの中から剱岳が顔を出すが、一瞬すぎて写真に収められず。
だが一瞬だからこそ、その姿に感動する。
凄まじいまでの存在感。圧倒的なスケール感。たまらん!!
(この画像のピークは前剱。前剱はずっと出ていた。)
3
前剱アップ。前剱岳でもカッコいい!!
2016年09月01日 15:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱アップ。前剱岳でもカッコいい!!
2
剱沢小屋から。カッコいいなぁ。
2016年09月01日 16:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢小屋から。カッコいいなぁ。
4
前剱を眺めながら一本空けます。
2016年09月01日 16:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱を眺めながら一本空けます。
2
テント場は空いている。
幸いにも今シーズンで一番空いているらしい。
金土や土日、日月だとかなり混雑するらしい。
2016年09月01日 18:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場は空いている。
幸いにも今シーズンで一番空いているらしい。
金土や土日、日月だとかなり混雑するらしい。
1
ダメカメラで懲りずにまたも夜空の撮影にチャレンジ。
やっぱりほとんど星は映らない。
2016年09月02日 02:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダメカメラで懲りずにまたも夜空の撮影にチャレンジ。
やっぱりほとんど星は映らない。
1
翌4時過ぎ。
剱岳アタック開始。
剱沢から剱山荘への道は暗いとよくわからないので注意。
(迷っても遭難する可能性はほぼ無いですが。)
2016年09月02日 04:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌4時過ぎ。
剱岳アタック開始。
剱沢から剱山荘への道は暗いとよくわからないので注意。
(迷っても遭難する可能性はほぼ無いですが。)
剱山荘到着。
小屋の前で熱心にメットの装着を呼び掛けている方がいる。
2016年09月02日 04:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱山荘到着。
小屋の前で熱心にメットの装着を呼び掛けている方がいる。
5時前。徐々に明けてくる。
鹿島槍あたりから出てきそうな予感。
2016年09月02日 04:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時前。徐々に明けてくる。
鹿島槍あたりから出てきそうな予感。
3
間もなくして日の出。
前剱の陰になってしまい日の出の瞬間は見えなかったが一服剱の方で歓声が上がっている。
2016年09月02日 05:33撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなくして日の出。
前剱の陰になってしまい日の出の瞬間は見えなかったが一服剱の方で歓声が上がっている。
3
朝陽に照らされる別山尾根。美しい。
2016年09月02日 05:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽に照らされる別山尾根。美しい。
1
前剱登頂!ここまでは普通の岩山だった。
特に難易度は高くない。
2016年09月02日 05:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱登頂!ここまでは普通の岩山だった。
特に難易度は高くない。
剱に向けて歩を進める。
2016年09月02日 05:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱に向けて歩を進める。
やっと太陽が見えた!
天候は予定通り最高だ!
2016年09月02日 05:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと太陽が見えた!
天候は予定通り最高だ!
見難いけど画像下の方に鎖場。
取り付いてみるとそれほど難易度の高いものではないが、引き返しているおばさま達がいた。
2016年09月02日 05:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見難いけど画像下の方に鎖場。
取り付いてみるとそれほど難易度の高いものではないが、引き返しているおばさま達がいた。
岩場の間にガレ場が点在する。
ガレ場になるとホッとする。
こんなこと感じる山は初めてだ。
ここで体力の限界を迎え下山を決しているご夫婦がいらっしゃいました。
2016年09月02日 06:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の間にガレ場が点在する。
ガレ場になるとホッとする。
こんなこと感じる山は初めてだ。
ここで体力の限界を迎え下山を決しているご夫婦がいらっしゃいました。
1
ここ、登ります。
チェーンあります。
驚きながら進んだけど、本当の難所は始まってさえいなかった。
2016年09月02日 06:20撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ、登ります。
チェーンあります。
驚きながら進んだけど、本当の難所は始まってさえいなかった。
画面中央がカニタテ。
2016年09月02日 06:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画面中央がカニタテ。
日陰に入ると風が気持ちよすぎる!
2016年09月02日 06:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰に入ると風が気持ちよすぎる!
あれ?行き止まりになってしまった・・・。
と思ったらここがルート。登ります。
チェーンはないけど何とかなるもんです。
※こういう場所が随所にあり、脚力だけでは登れません。
腕力と握力が必ず必要になります。
2016年09月02日 06:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ?行き止まりになってしまった・・・。
と思ったらここがルート。登ります。
チェーンはないけど何とかなるもんです。
※こういう場所が随所にあり、脚力だけでは登れません。
腕力と握力が必ず必要になります。
剱の稜線に出た。
もう少しだ!
2016年09月02日 06:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱の稜線に出た。
もう少しだ!
てっぺんが見えた!
2016年09月02日 06:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てっぺんが見えた!
てっぺんに立つ!
ピークハンターではない自分でさえこの頂は感動した。
湿度も低くそよ風が心地よい!
2016年09月02日 07:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てっぺんに立つ!
ピークハンターではない自分でさえこの頂は感動した。
湿度も低くそよ風が心地よい!
3
五竜、鹿島槍、爺。
2016年09月02日 07:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜、鹿島槍、爺。
2
北アルプスも快晴!
2016年09月02日 07:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスも快晴!
2
白馬、唐松、不帰。
2016年09月02日 07:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬、唐松、不帰。
2
朝霧の先に富山湾。
2016年09月02日 07:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝霧の先に富山湾。
3
薬師。次はここかな。あるいは白山か。
2016年09月02日 07:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師。次はここかな。あるいは白山か。
2
昨日縦走した雄山、大汝山、富士ノ折立、真砂岳、別山の稜線。よく晴れている。
2016年09月02日 07:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日縦走した雄山、大汝山、富士ノ折立、真砂岳、別山の稜線。よく晴れている。
2
八ヶ岳と南アルプスの間に富士山も!
日本海から太平洋まで見えちゃう勢いだ!
視程250劼らいありそう。
まぁこれを期待して空気が入れ替わる台風一過を選んだのだ。
2016年09月02日 07:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と南アルプスの間に富士山も!
日本海から太平洋まで見えちゃう勢いだ!
視程250劼らいありそう。
まぁこれを期待して空気が入れ替わる台風一過を選んだのだ。
3
湿度が低くて気持ちいい〜!!
2016年09月02日 07:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿度が低くて気持ちいい〜!!
1
剱沢が見える。
2016年09月02日 07:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢が見える。
室堂ターミナルも見える。
2016年09月02日 07:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂ターミナルも見える。
そうなると考えたくなるのが今日この後の予定。
まず別山尾根で黄色〇部まで下りてテント撤営。
そして剱沢を登って別山乗越を超え、雷鳥沢を経由して赤色〇部まで行く。
タイムリミットは今から8時間。
それを過ぎると今日は帰宅できない。
2016年09月02日 07:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうなると考えたくなるのが今日この後の予定。
まず別山尾根で黄色〇部まで下りてテント撤営。
そして剱沢を登って別山乗越を超え、雷鳥沢を経由して赤色〇部まで行く。
タイムリミットは今から8時間。
それを過ぎると今日は帰宅できない。
3
時間に追われているので下山開始。
2016年09月02日 07:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間に追われているので下山開始。
カニのヨコバイ。
2本目のチェーン乗り継ぎ部。
手だけ突き出して撮影。
落ちると死にます。
2016年09月02日 07:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのヨコバイ。
2本目のチェーン乗り継ぎ部。
手だけ突き出して撮影。
落ちると死にます。
1
長い梯子も下ります。
落ちると死にます。
2016年09月02日 07:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い梯子も下ります。
落ちると死にます。
1
「ワンミス=死」のヤバい場所が連発。
気が抜けない。
落ちると死にます。
2016年09月02日 07:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ワンミス=死」のヤバい場所が連発。
気が抜けない。
落ちると死にます。
タテバイの取りつきで渋滞発生中。さっきはこんなにいなかったのに。
2016年09月02日 07:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテバイの取りつきで渋滞発生中。さっきはこんなにいなかったのに。
1
下山道ではここ登ります。
きっと斜度は60度くらいなんだろうけど、見上げると絶壁に見える。チェーンはあります。
落ちると死にます。
2016年09月02日 08:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道ではここ登ります。
きっと斜度は60度くらいなんだろうけど、見上げると絶壁に見える。チェーンはあります。
落ちると死にます。
2
前の写真で人が3人横並びの部分。
何があるんだろう?と登ってみたらここだけ斜度が緩くなっておりトラバースだった。
チェーン無いけど・・・雨の日はどうするんだろう?
落ちると死にます。
2016年09月02日 08:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真で人が3人横並びの部分。
何があるんだろう?と登ってみたらここだけ斜度が緩くなっておりトラバースだった。
チェーン無いけど・・・雨の日はどうするんだろう?
落ちると死にます。
1
やっと緊張感が解れる通常レベルの岩場になった。
2016年09月02日 09:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと緊張感が解れる通常レベルの岩場になった。
2
よくあんなところ登ってきたと我ながら思う。
2016年09月02日 09:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よくあんなところ登ってきたと我ながら思う。
3
剱山荘着。
鹿島槍を眺めながら一本いっときま〜す!
2016年09月02日 09:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱山荘着。
鹿島槍を眺めながら一本いっときま〜す!
3
剱山荘は凄くきれいだった。びっくり。
2016年09月02日 09:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱山荘は凄くきれいだった。びっくり。
今朝は暗くて見えなかったけど、剱沢から剱山荘まではこんな道だった。
2016年09月02日 10:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝は暗くて見えなかったけど、剱沢から剱山荘まではこんな道だった。
剱沢へ帰還!
いや、、、「生還!」って気分・・・
2016年09月02日 10:11撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢へ帰還!
いや、、、「生還!」って気分・・・
1
テントを撤営し、室堂を目指す。
2016年09月02日 11:34撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを撤営し、室堂を目指す。
さらば剱沢!
2016年09月02日 11:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば剱沢!
1
別山乗越が見えた。
あと20分ってとこか。
2016年09月02日 11:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山乗越が見えた。
あと20分ってとこか。
乗越から剱、別山に別れを告げる。
2016年09月02日 12:15撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越から剱、別山に別れを告げる。
1
さらば剱よ!
受け入れてくれて、そして登らせてくれてありがとう!
2016年09月02日 12:20撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば剱よ!
受け入れてくれて、そして登らせてくれてありがとう!
2
ここから雷鳥沢を通って雷鳥沢テント場へ600mを永遠と降りる。
2016年09月02日 12:17撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから雷鳥沢を通って雷鳥沢テント場へ600mを永遠と降りる。
雷鳥沢ルート。
大走りもこんな感じの地面だったなぁ。
2016年09月02日 12:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢ルート。
大走りもこんな感じの地面だったなぁ。
その大走りがこれ。
画像中央部を永遠と降りている道。
2016年09月02日 12:36撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その大走りがこれ。
画像中央部を永遠と降りている道。
雷鳥沢着!特に立ち寄る必要は無いので素通りします。
2016年09月02日 13:17撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢着!特に立ち寄る必要は無いので素通りします。
2年前に来た時に工事していた場所はきれいな階段になっていた。登りやすい。
2016年09月02日 13:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年前に来た時に工事していた場所はきれいな階段になっていた。登りやすい。
立山、真砂、別山は完全にガスった。
昨日の同じ時間もやっぱりこんな感じだったのかな。
2016年09月02日 13:31撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山、真砂、別山は完全にガスった。
昨日の同じ時間もやっぱりこんな感じだったのかな。
地獄谷は今日も元気!
2016年09月02日 13:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷は今日も元気!
ガスってなければ室堂にザックデポって浄土ピストンを考えていたが止めたのでみくりが池で少しのんびりする。
みくりが池温泉で糖分補充!
っていうほど甘くはない。コーヒーがこぼれた・・・
視界はほぼないし少し肌寒い。
2016年09月02日 13:53撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってなければ室堂にザックデポって浄土ピストンを考えていたが止めたのでみくりが池で少しのんびりする。
みくりが池温泉で糖分補充!
っていうほど甘くはない。コーヒーがこぼれた・・・
視界はほぼないし少し肌寒い。
1
みくりが池。曇りの日はただの水たまりだね。
2016年09月02日 14:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池。曇りの日はただの水たまりだね。
室堂着。結構時間に余裕あった。
2016年09月02日 14:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂着。結構時間に余裕あった。
1
信州側に行く便は5分前に出てしまった。
30分待ちだ。
昨日の朝食と同じ立山そばを食べて時間をつぶす。
2016年09月02日 14:23撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信州側に行く便は5分前に出てしまった。
30分待ちだ。
昨日の朝食と同じ立山そばを食べて時間をつぶす。
扇沢P。
料金表を見ないで駐車したけど、山の中に1日半止めただけでこれって結構高くない?
思わず写真撮ってしまった。
こりゃ数日滞在者は並んででも無料駐車場に停めたくなるわけだ。
ここに停めたのは4回目だけど、以前もこんなに高かったかなぁ?
2016年09月02日 16:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢P。
料金表を見ないで駐車したけど、山の中に1日半止めただけでこれって結構高くない?
思わず写真撮ってしまった。
こりゃ数日滞在者は並んででも無料駐車場に停めたくなるわけだ。
ここに停めたのは4回目だけど、以前もこんなに高かったかなぁ?

感想/記録

雷鳥沢から立山周遊して帰るという序章で終わっていた立山計画。
本当のプランを2年越しに発動。

次の台風が過ぎて翌々日が平日ならそこで行こう!そう決意して待つ。
金曜が一番好天なのは分かっていたので、木→金にするか金→土にするか迷ったが、金土だとキャンプ場が混む、トイレが混む、剱が混んで1泊では厳しいとか情報があったので土を予備日にして木金で決断。
キャンプ場は空いており、特に渋滞というのには当たらずに終始快適な山行だった。

今回は水や食料の確保が難しいため、多めに持つ。
その他メットやら季節的な寒さへの備えが前回より多くザック重量は12圓鯆兇─1泊でこの行程を進めるか不安があった。
なんの根拠も確信も無いが「いける!」とだけ信じていくつもの小ピークを越え、足跡に影を落としながら進んだ。

結局前回の常念山脈が辛すぎたためか、覚悟していたよりもずいぶん楽に感じた。
不思議なことに今回疲れというのはそれほど感じず以外と元気なままに室堂まで帰れた。

台風12号で空気が一気に秋に入れ替わった感じがする。
山の上の空気は一足早く秋に変わっていた。
いい季節になってきたね。

今シーズンもう一発いけるかな?
訪問者数:266人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ