ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952818 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

【ときめき百名山】鹿島槍ヶ岳・五竜岳 八峰キレット縦走(大谷原登山口〜鹿島槍〜八峰キレット〜五竜岳〜アルプス平)

日程 2016年09月01日(木) 〜 2016年09月02日(金)
メンバー yamayama2013
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
大谷原登山口にバリバリマシンを停める。
帰りはテレキャビン@とおみ駅からタクシー(6000円)
テレキャビン アルプス平駅〜とおみ駅(1000円)
-----------------------------
(往路)
奥多摩経由国道411号〜中央・甲府昭和IC〜長野道・松本IC 2170円
(復路)
長野道・塩尻北IC〜中央・甲府昭和IC 2000円
〜奥多摩経由国道411号
ガソリン代 2112円

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間16分
休憩
48分
合計
11時間4分
S大谷原 登山口05:4906:50西俣出合07:0009:11高千穂平09:1211:02冷乗越11:0811:29冷池山荘11:3011:39冷池山荘テント場12:55布引山14:08鹿島槍ヶ岳14:2515:12鹿島槍ヶ岳北峰15:2516:36八峰キレット16:53八峰キレット小屋
2日目
山行
10時間36分
休憩
53分
合計
11時間29分
八峰キレット小屋05:4706:56口ノ沢のコル07:0607:36北尾根の頭07:4010:18五竜岳10:3011:20五竜山荘11:3010:04遠見尾根分岐10:0910:10白岳10:1112:55西遠見山12:5913:22大遠見山14:05中遠見山15:27地蔵の頭15:3015:46白馬五竜アルプス平15:5015:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目はGPSのログは取得できなかったので手動です。
--------------------
GPSログ
1日目=10.6km
2日目=10.8km(推定)
コース状況/
危険箇所等
★八峰キレット小屋
一泊二食付 9800円。
----------------
■赤岩尾根
大谷原登山道から1時間以上の林道歩きがある。
鹿島槍の登るルートとしてはマイナーなルートだと思っていたが、登山道は意外と整備されている。鉄製の階段や手書きの道標が充実していた。
冷池山荘のスタッフが登り下りに使っている?
帰りのタクシーの運さんは「結構行きますよ☆」と話してました。
■後立山縦走路
鹿島槍の南峰までは危険と思うところはない。
南峰のすぐ下軽い岩下り。
キレット小屋までは険しい。キレット小屋からはアップダウンの繰り返し。
核心部はキレット小屋の少し手前の八峰キレットだが、そのほかにも気が抜けないところは多数ある。ハシゴ、鎖場、ザレ場、ガレ場、岩稜のオンパレード。
五竜岳のすぐ下は急登り。
岩に付いている印を見落とさなければ大丈夫だと思います。70くらいのじいさんも歩いてます。
■遠見尾根
長い尾根です。中盤から終盤にかけてアップダウンが多い。下山しているはずなのに登るところも多いので長く感じる。肉体的精神的にきつい。
その他周辺情報大町温泉郷の薬師の湯に入った。
大人700円
露天風呂が超広い。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(1) ザックカバー(1) コッヘル&バーナー(1) カセットガス(1) ライター(1) 割り箸(1) ヘッデン(1) 予備懐中電灯(1) 地図(1) コンパス(1) GPS(1) 筆記用具(1) テープ(1) タオル(1) 帽子(1) スパッツ(1) 合羽(1) 折りたたみ傘(1) 手袋(1) 飴玉(1) 行動食(1) おやつ(1) 非常食(1) トイレットペーパー(1) ごみ袋(3) ストック(2) 予備充電器(1) サブバッグ(1) 水(1) お昼ごはん(1) デジカメ(1) 熊鈴(1) 笛(1) 腕時計(1)

写真

オハヨー(゜∀゜)ノ
信濃大町に来ました。あれが鹿島槍ヶ岳だね。双耳でキャラが立っているからすぐ判る(*゜▽゜)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オハヨー(゜∀゜)ノ
信濃大町に来ました。あれが鹿島槍ヶ岳だね。双耳でキャラが立っているからすぐ判る(*゜▽゜)。
3
バリバリマシンを大谷原登山口に停めました。右に見えるのはトイレです。車は5台くらい停まってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリバリマシンを大谷原登山口に停めました。右に見えるのはトイレです。車は5台くらい停まってました。
2
登山口には登山ポストもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口には登山ポストもあります。
あれが主稜線かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが主稜線かな?
1
冷池山荘まで6時間だそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷池山荘まで6時間だそうだ。
1
序盤1時間くらいは林道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤1時間くらいは林道歩き。
天気がよくてよかった。(*゜▽゜)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気がよくてよかった。(*゜▽゜)
1
林道歩きが長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道歩きが長い。
1
ブナ林が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林が美しい。
1
防砂ダムの下のトンネルをくぐる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防砂ダムの下のトンネルをくぐる。
3
ここからが本格的な登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが本格的な登山道です。
1
意外と歩きやすい道だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と歩きやすい道だった。
オヤマリンドウ。今日一番よく見たお花かも知れない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ。今日一番よく見たお花かも知れない。
1
鉄の階段が所々にある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄の階段が所々にある。
2
ひたすら樹木帯を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら樹木帯を歩く。
日が当たる所からは主稜線が覗けるところがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が当たる所からは主稜線が覗けるところがある。
1
ベンチで休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチで休憩。
気持ちのいい空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい空。
4
汗がだらだら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汗がだらだら。
1
カノコソウかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カノコソウかな?
1
急登りが終わって少しずつ歩きやすくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登りが終わって少しずつ歩きやすくなってきた。
1
高千穂平。2049m
知らないうちに2000mを越えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高千穂平。2049m
知らないうちに2000mを越えていた。
2
遠くに信濃大町の街並みが見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに信濃大町の街並みが見える。
1
高千穂平からは鹿島槍ヶ岳がよく見える(゜∀゜)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高千穂平からは鹿島槍ヶ岳がよく見える(゜∀゜)。
3
ズーム。
立派な双耳峰だ(゜∀゜)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズーム。
立派な双耳峰だ(゜∀゜)
9
咲いているオヤマリンドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲いているオヤマリンドウ。
4
気持ちのいい道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい道。
オヤマリンドウが群生してる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウが群生してる。
あれ、少し雲が出てきたかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、少し雲が出てきたかな。
1
だんだんアルプスらしい道になってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんアルプスらしい道になってきた。
1
右に小さく見えるのは冷池山荘だね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に小さく見えるのは冷池山荘だね。
1
ところどころ片側が切れているところがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ片側が切れているところがある。
1
もう少しで主稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで主稜線。
鹿島槍は完全に隠れてしまった。(*_*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍は完全に隠れてしまった。(*_*)
冷乗越。後立山の縦走路にぶつかりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷乗越。後立山の縦走路にぶつかりました。
1
剱岳がよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳がよく見える。
5
あれは立山だね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは立山だね。
2
この先、ガスで隠れてしまうかも知れないから今のうちに鹿島槍の写真を撮っておく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、ガスで隠れてしまうかも知れないから今のうちに鹿島槍の写真を撮っておく。
1
水は1L150円。まだあったので補給しなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は1L150円。まだあったので補給しなかった。
鹿島槍ヶ岳南峰まで二時間半。
八峰キレットまで四時間。
まだまだ長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳南峰まで二時間半。
八峰キレットまで四時間。
まだまだ長い。
1
振り返って、あれが爺が岳かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、あれが爺が岳かな?
食えそうだけど我慢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食えそうだけど我慢。
2
気持ちのいい稜線歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線歩き。
1
ハイマツ帯を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯を歩く。
1
ガスってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきた。
細かいアップダウンがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細かいアップダウンがある。
トウヤクリンドウ。上の方ではよく見た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ。上の方ではよく見た。
2
だんだんとがれてきて歩きににくくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんとがれてきて歩きににくくなってきた。
1
見えるんだけどなかなか着かない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えるんだけどなかなか着かない。
鹿島槍ヶ岳南峰。山頂。2888m
ネコ耳の手前の方。
誰もいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳南峰。山頂。2888m
ネコ耳の手前の方。
誰もいない。
7
いったん南峰から下りて北峰に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん南峰から下りて北峰に向かう。
南峰からは急下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰からは急下り。
雲の中を歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の中を歩く。
だんだん疲れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん疲れてきた。
吊尾根の道標。ここからすれ違う人がなくなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根の道標。ここからすれ違う人がなくなった。
3
北峰に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰に向かいます。
鹿島槍ヶ岳北峰。2842m。
ネコ耳の奥の方です。北峰のほうが低い。
ここでも独りじめ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳北峰。2842m。
ネコ耳の奥の方です。北峰のほうが低い。
ここでも独りじめ。
8
吊尾根の道標のところまで戻り、キレット小屋を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根の道標のところまで戻り、キレット小屋を目指す。
あれが南峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが南峰。
2
ここからは気の抜けない道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは気の抜けない道。
2
ダイナミックな景色だが、おっかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイナミックな景色だが、おっかない。
3
右がすぱっと切れ落ちている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右がすぱっと切れ落ちている。
1
下から風が吹いていて半袖のTシャツ1枚だと寒い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から風が吹いていて半袖のTシャツ1枚だと寒い。
1
一番奥が五竜岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥が五竜岳。
4
ここからが八峰キレットの核心部かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが八峰キレットの核心部かな。
1
またハシゴ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またハシゴ。
1
下からすごい風がふいてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下からすごい風がふいてくる。
1
おっかないトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっかないトラバース。
5
取っ掛かりが多いから難しくないけど、手と足を同時に離したら崖下に真っ逆さまだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取っ掛かりが多いから難しくないけど、手と足を同時に離したら崖下に真っ逆さまだ。
1
今日泊まるキレット小屋。両端が崖になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日泊まるキレット小屋。両端が崖になっている。
4
空いていてよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空いていてよかった。
5
夕飯。質素だが、ヘリで荷揚げしているのだから文句は言わない。
翌日の朝食は写真撮るのを忘れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕飯。質素だが、ヘリで荷揚げしているのだから文句は言わない。
翌日の朝食は写真撮るのを忘れた。
7
夕焼け。左は剱岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼け。左は剱岳。
3
オハヨー(゜∀゜)ノ
剱岳が朝日に照らされて美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オハヨー(゜∀゜)ノ
剱岳が朝日に照らされて美しい。
2
キレット小屋を後にする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋を後にする。
1
奥が五竜岳。今日は五竜岳まで歩いてそのあと下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥が五竜岳。今日は五竜岳まで歩いてそのあと下ります。
3
アップダウンが多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンが多い。
1
剱岳や立山が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳や立山が美しい。
3
五竜まではアップダウンが多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜まではアップダウンが多い。
3
ここまで鎖も多い。口ノ沢のコル。2416m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで鎖も多い。口ノ沢のコル。2416m
1
北尾根の頭。2550m。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根の頭。2550m。
まだ7時台なのに少しガスってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ7時台なのに少しガスってきた。
アップダウンが多くて疲れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンが多くて疲れる。
1
後ろを振り返る。昨日登った鹿島槍が姿が超美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返る。昨日登った鹿島槍が姿が超美しい。
2
あーきつい。険しい道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あーきつい。険しい道が続く。
最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り。
歩いてきた道を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返る。
4
あれが五竜岳の山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが五竜岳の山頂。
1
中央より少し右の黒っぽいのが白馬岳。その手前の白っぽいのが白馬鑓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央より少し右の黒っぽいのが白馬岳。その手前の白っぽいのが白馬鑓。
4
昨日歩いた鹿島槍もよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日歩いた鹿島槍もよく見える。
1
こうしてみると双耳峰の山って独特な山容で美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうしてみると双耳峰の山って独特な山容で美しい。
3
左が立山で右が剱岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が立山で右が剱岳。
1
槍ヶ岳もよく見える。今年は槍には行けるかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳もよく見える。今年は槍には行けるかな?
2
美しい景色だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい景色だ。
さて、下りよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下りよう。
五竜山荘。モントベルのマークが描かれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘。モントベルのマークが描かれている。
2
なんていいTシャツなんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんていいTシャツなんだ。
4
コーラを飲む。ぷはー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーラを飲む。ぷはー。
2
最後に五竜岳を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に五竜岳を眺める。
テレキャビンのアルプス平までまだまだ長い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレキャビンのアルプス平までまだまだ長い。
1
遠見尾根はアップダウンが多くてすごく長く感じた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠見尾根はアップダウンが多くてすごく長く感じた。
1
このおっさん。キレット小屋から抜いたり抜かれたりの繰り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このおっさん。キレット小屋から抜いたり抜かれたりの繰り返し。
ここから白馬岳が見えるらしいが、雲に隠れて見えなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから白馬岳が見えるらしいが、雲に隠れて見えなかった。
マツムシソウかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツムシソウかな?
2
ようやく、テレキャビンのアルプス平駅。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、テレキャビンのアルプス平駅。
1
あー疲れた。2日間よく歩いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あー疲れた。2日間よく歩いた。
1
バリバリマシンを停めた大谷原登山口に戻ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリバリマシンを停めた大谷原登山口に戻ってきた。
1
薬師の湯で二日分の汗を流す。ぷはー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師の湯で二日分の汗を流す。ぷはー。
1

感想/記録

鹿島槍ヶ岳と五竜岳に登ってきました。

8月の山の日前後に剱岳に登った後は8月の後半は台風や雨ばっかりで天気がすぐれなくて、夏山シーズンなのに山に行けなくて悶々としていた。
台風10号が去った後は天気がよくなると思い、平日に山行の計画を立てた。

鹿島槍ヶ岳と五竜岳を同時に攻められるコースを計画した。
前回の山行から少し空いてテン泊装備だと体がきつそうだから、9月に入って平日で山小屋が比較的すいてそうなキレット小屋に予約を入れた。
キレット小屋は9月に入ったこともあり、空いていて快適だった。平日を選んで大正解だった。

鹿島槍ヶ岳と五竜岳を同時に登るコースはヘタレの自分の足では1泊2日でぎりぎり。帰りのテレキャビンに乗り遅れたら大変だ。同時にこの2座登るならだいたい2泊の人が多いらしい。
このコースを選ぶなら難所の八峰キレットを避けられない。
八峰キレット自体は鎖やハシゴが整備されているのでそんなに難しくはないと思ったが、その他の気の抜けない箇所が多くて大変だった。
立山や剱岳などの展望がすばらしかった。前方には五竜岳。後ろを見ると鬼の耳のような鹿島槍ヶ岳を望める。これがこのコース一番醍醐味かも知れない。

鹿島槍は自分が登った時はガスってしまったので残念だったが、縦走路や五竜の山頂からは愛らしいというか、獣の耳のような美しい形の山容が楽しめた。
鹿島槍は深田爺のお気に入りでもあったようだ。
百名山の中では燧ケ岳や谷川岳なども双耳峰だが、ここも強烈な個性があってぼくも気に入りました。
訪問者数:698人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ