ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952824 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳 北鎌尾根

日程 2016年09月01日(木) 〜 2016年09月02日(金)
メンバー sugar_ngy
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
8/31 22:30に到着で深山荘前の無料駐車場は満車、またしても鍋平にPでした
他の登山者の話では20:30ですでに満車で鍋平へ誘導されたとのこと(゜д゜)!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間50分
休憩
59分
合計
9時間49分
S鍋平駐車場05:2805:52新穂高登山指導センター05:5505:57中崎山荘 奥飛騨の湯06:13小鍋谷ゲート06:35穂高平小屋06:3607:11白出小屋07:1208:07滝谷避難小屋08:0808:11藤木レリーフ08:1909:00槍平小屋09:0210:14飛騨沢千丈乗越分岐10:1810:36千丈乗越10:3711:22槍ヶ岳山荘11:43槍ヶ岳11:4512:09槍ヶ岳山荘12:1012:37ヒュッテ大槍13:1014:06水俣乗越14:0815:17ヒュッテ大槍
2日目
山行
11時間14分
休憩
17分
合計
11時間31分
ヒュッテ大槍04:1004:56水俣乗越04:5706:03北鎌沢出合07:29北鎌のコル08:58北鎌独標10:55槍ヶ岳11:0711:50千丈乗越11:5112:06飛騨沢千丈乗越分岐12:0812:56槍平小屋13:31藤木レリーフ13:35滝谷避難小屋14:25白出小屋14:55穂高平小屋14:5615:21小鍋谷ゲート15:34新穂高温泉駅15:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

いつ見てもカッコイイ
2016年09月01日 11:26撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ見てもカッコイイ
3
歩いてる人が2人ばかり見えました
2016年09月01日 13:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてる人が2人ばかり見えました
2
すでに下降してる人もいます
2016年09月01日 13:15撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでに下降してる人もいます
1
立派な下降路がついてます
2016年09月01日 14:08撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な下降路がついてます
北鎌沢出会
2016年09月02日 06:03撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌沢出会
九州からの先行パーティ
独標は直登するとのこと
2016年09月02日 07:34撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九州からの先行パーティ
独標は直登するとのこと
天狗の腰掛から独標
2016年09月02日 08:09撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の腰掛から独標
いよいよ独標 残置ロープが見えます
2016年09月02日 08:33撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ独標 残置ロープが見えます
独標から
2016年09月02日 08:57撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標から
3
P15手前のコルから振り返って
2016年09月02日 09:52撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P15手前のコルから振り返って
P15へ ここからは尾根通しに行きます
2016年09月02日 09:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P15へ ここからは尾根通しに行きます
アップで
2016年09月02日 09:52撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで
P15から槍
プレートと懸垂支点?の残置があります
2016年09月02日 10:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P15から槍
プレートと懸垂支点?の残置があります
1
P15のプレート
2016年09月02日 10:08撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P15のプレート
北鎌平先のプレート
2016年09月02日 10:21撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌平先のプレート
大槍基部から見えたプレート目がけて登ったつもりが行き過ぎてこんなものに辿り着きました
2016年09月02日 10:49撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大槍基部から見えたプレート目がけて登ったつもりが行き過ぎてこんなものに辿り着きました
上のチムニー
右のフェースを快適に登れます
2016年09月02日 10:53撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上のチムニー
右のフェースを快適に登れます
登頂!
2016年09月02日 10:57撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂!
1
日差しがきつかったのでヘルメットはザックの中のまま
2016年09月02日 10:58撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しがきつかったのでヘルメットはザックの中のまま
3
上のチムニーを抜けると左手にこの木杭があり そこから山頂の人々が見えお互いちょっと驚きます
2016年09月02日 11:00撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上のチムニーを抜けると左手にこの木杭があり そこから山頂の人々が見えお互いちょっと驚きます
1
そこからこの祠の横へあがれます
2016年09月02日 11:03撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからこの祠の横へあがれます
穂高方面
2016年09月02日 11:02撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高方面
1
ヒュッテ大槍から山頂まで
2016年09月02日 11:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍から山頂まで
さよならヒュッテ大槍
2016年09月02日 11:20撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよならヒュッテ大槍
1
コルでお会いした方を他の方のレコで発見(^^)
こんな風にいつまでも元気で登りたい!
2016年09月02日 17:10撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルでお会いした方を他の方のレコで発見(^^)
こんな風にいつまでも元気で登りたい!

感想/記録

1日目
夏休み後の平日なのにまた鍋平駐車となり気落ちしてスタートです
西鎌経由で槍に登りヒュッテ大槍に着いて明日の天気予報を聞くと
「曇り一時雨のち晴れ」…orz
しかしここまで来たので明日まで様子を見ることにして時間に余裕があったので翌日の下見に水俣乗越まで行きます
ところが前の山行時と同様に行動食のゼリー飲料を食べたら胃が不快になり小屋の布団に横たわる事態に 評判の高い食事も満足に食べれず残念 明日の行動にも不安が残ります 体に合わないのかな〜
ちなみにヒュッテ大槍はコンセントで充電できます 充電器をお持ちください

2日目
3:30に目覚めると充分休養したせいか胃の調子は回復し星空が広がっています
行くしかない! ヘッドランプで行動開始です

下見のおかげで水俣乗越にもスムーズに到着し天上沢へ下降開始しますがまるでウォータースライダーみたいな急斜面
右手草付きに踏み跡が見えたのでそちらに移動しますが一回草の下が無くて滑落しかけ反対側の膝を付いて持ちこたえました(´д`)
谷底に着いたら左岸にしばらく踏み跡らしきものがあり利用
なんとかほぼ予定通り北鎌沢出会に到着し天気も持ちそうなので登り始めます
水は涸れてる部分の方が少ないぐらいでした
右俣分岐はすぐ分かりました 間違える人は左側を歩いたからかな
クライマーズホイホイも巻道みたいな2か所に木で通せんぼしてありわかりやすかったです 沢筋から離れる巻道はおかしいと思えば大丈夫かな
その他の分岐はあることさえ気づきませんでした
ただ最後の赤茶けた崩壊斜面を避けて右の斜面に移動したら先行パーティが「そちらは違うよ」と教えてくれました
この方々は九州から遠征で2週間前は雨でコルから撤退したそうです 雨の中北鎌沢を下降して天上沢を遡行するのはかなり難度が高そう
「ここまでが核心だよ あとは踏跡あるから 巻道は登るところ間違えないでね」
本当ですか

とりあえず独標は巻道を行きます
途中追い越したパーティによると逆コの字手前の残置スリングで直登可能らしいです
巻き道最終の残置スリングからの登高は独標の次のコルのようなところに出ました

後は直登したり巻き道辿ったり
でも行き先が見える巻き道以外はやめた方がよさそうです
ザレザレで2回ほど途中の壁を直登する羽目になりました

P15からは直登 快適に登下行できます

大槍基部からはカニのはさみやプレートや残置スリングが見えますのでそのあたりを目指して登れば大丈夫です

下のチムニーは右に巻けますがあえて突入 少し手こずりました
上のチムニーは右のフェースを登れば問題なし これってルール違反かな?
抜けると左に木杭が見えそこから頂上の人達が見えます
あとは階段上りで祠の横に出ます

自分でも驚く程早く着いたので16:00の鍋平行き最終ロープウェイに間に合うように新穂高まで駆け下りました 体力的にも精神的にもこれが一番堪えましたw
これならヒュッテ大槍の朝食べてのんびり行けばよかった

このコースを目指す方に僭越ながらアドバイス
岩に慣れてるのは当然として沢登りの経験もあるといいかも
そして戦略を立てて臨んでください
必ず好天時に行く 撤退ポイント(何時までに北鎌沢出会い到着で稜線が見える好天等)を決めておく
私も天気予報で1回中止しましたし、今回も最初は半分下見のつもりで行きました 槍の頂上で話した先行された方も前回悪天で撤退し2度目のトライだそうです
テントか小屋か 自分はスピードはあるけど体力ないので小屋泊まりで軽量化(6kgくらい?)を図りました ビバーク装備は必携です
岩場は巻道を除き予想よりしっかりしてました

岩場だけでなく沢遡行やルートファインディングも楽しめる(?)本当に充実したコースだと思います

思い出したら加除訂正していきます
訪問者数:689人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/28
投稿数: 4
2016/9/5 17:44
 北鎌スバラシイですね〜
はじめまして。m-saloと申します。
私も一週間前に上がりました。
ヘロヘロになりながら。
当日は私と二人組のみでしたが私の方が遅れて登頂しました。
独標下のチンネで赤のスリングを忘れてしまったのが心残り。
お疲れさまでした。
登録日: 2013/7/28
投稿数: 17
2016/9/5 19:58
 Re: 北鎌スバラシイですね〜
ありがとうございます
この有名なコースが皆様のレコで小屋泊で可能なことを知り、昨秋から計画を練っていましたので嬉しさとともにホッとしています。偉大な先人達に感謝!

そして、もっとゆっくり写真撮りまくって、全て直登で行って行き詰まったら巻いて、あーしたらよかった、こーしたらよかったと反芻しています。
私のレベルでは諸々の好条件が重なってくれないと無理なので、また行けるかわかりませんがこの達成感を再び味わえるよう狙っていたいです。

m-salo様もレコあげて皆様に情報提供してくださいね!
登録日: 2016/1/28
投稿数: 4
2016/9/18 22:12
 Re[2]: 北鎌スバラシイですね〜
ありがとうございます。
やっと時間が出来たのでレコアップしました。
来年も行きたく計画立てます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ