ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952865 全員に公開 沢登り蔵王・面白山・船形山

北蔵王。小屋の沢本流

日程 2016年09月02日(金) [日帰り]
メンバー mikiosam
天候晴れ後曇り、上部ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車地点 ブドウ沢登山道入り口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間29分
休憩
46分
合計
13時間15分
Sスタート地点ブドウ沢登山口06:0006:51入渓地点07:0207:23ガッカラ沢出合い09:09魚止滝12:16大滝13:091000m二俣13:2515:10雁戸山側登山道15:14名号峰15:3317:13八方平避難小屋19:15ゴール地点、ブドウ沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース状況 沢は台風の影響か他の記録写真と比べても水量が多かった。名号峰から雁戸山にかけての登山道は最近刈り払いされたようで良好。
危険箇所等 小屋の沢林道の入り口で熊の親子を見かけた、春には名号峰から峩峩温泉の稜線でも真近で見ている、この辺りは本当に熊が多いので注意。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

駐車地点から林道を歩き薮が濃くなって来たあたりで入渓
2016年09月02日 06:51撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地点から林道を歩き薮が濃くなって来たあたりで入渓
ガッカラ沢出合いから小屋の沢に進むと魚止橋が見えた
2016年09月02日 07:25撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガッカラ沢出合いから小屋の沢に進むと魚止橋が見えた
1
釜を持った滝
2016年09月02日 07:29撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜を持った滝
3
渕になる
2016年09月02日 07:38撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渕になる
小滝が続く
2016年09月02日 08:21撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝が続く
美しい釜
2016年09月02日 08:34撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい釜
5
沢が屈折した奥にある滝
2016年09月02日 08:47撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が屈折した奥にある滝
支流から落ちる滝
2016年09月02日 08:47撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支流から落ちる滝
1
右が本流魚止滝。左の枝沢を利用して高巻く
2016年09月02日 09:09撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が本流魚止滝。左の枝沢を利用して高巻く
3
左岸が崩壊している
2016年09月02日 09:37撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸が崩壊している
高巻いた滝を上から見る
2016年09月02日 09:44撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻いた滝を上から見る
1
滑滝
2016年09月02日 10:17撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑滝
1
滝上部に日が射す
2016年09月02日 10:32撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上部に日が射す
1
豪快な樋状の滝
2016年09月02日 10:50撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪快な樋状の滝
1
右から高巻く
2016年09月02日 11:01撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から高巻く
1
50m,40m,30m色々な説が有る大滝。右の小沢を利用して登る
2016年09月02日 12:16撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50m,40m,30m色々な説が有る大滝。右の小沢を利用して登る
2
大滝の中間部
2016年09月02日 12:23撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝の中間部
2
1000m付近の二俣を右俣に入ると有る
2016年09月02日 13:25撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000m付近の二俣を右俣に入ると有る
1
最上部の滝、この滝は登らず右俣の流水を辿る
2016年09月02日 14:18撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最上部の滝、この滝は登らず右俣の流水を辿る
1
流れが無くなる
2016年09月02日 14:45撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れが無くなる
雁戸山側の登山道に出た後名号峰に登頂
2016年09月02日 15:14撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山側の登山道に出た後名号峰に登頂
2
八方平付近にて
2016年09月02日 16:35撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方平付近にて
2
葡萄沢への下りにて
2016年09月02日 17:34撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葡萄沢への下りにて
1
最後はヘッドランプを使用して駐車地点に到着
2016年09月02日 19:17撮影 by COOLPIX S3600, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はヘッドランプを使用して駐車地点に到着
2
撮影機材:

感想/記録

 北蔵王名号峰に突き上げる小屋の沢本流を登る。
 ブドウ沢登山道入り口から林道が薮に消えるあたりで入渓、ガッカラ沢出合いから小屋の沢本流に入るすぐに釜を持った滝、続いて滝や渕、ゴルジュが連続する。魚止滝は手前の枝沢を利用して右岸を大きく高巻く。その後も滝が連続し大滝(30m,40m,50m諸説有る)は左岸の枝沢から落ち口に出る。上部の二俣は右俣に入る、更に小滝が続き流水が無くなった所から10分程薮を漕ぐと雁戸山側の登山道に出た、4分で名号峰に到着。一休み後ガス涌く稜線を八方平に向う、避難小屋には寄らず時間を気にしながら登山道をブドウ沢に下る。傾斜が緩くなった所でヘッドランプを出す、途中沢を二回越すがロープが張ってあり助かる、二回目の沢を越した所で道を見失うがよく見るとピンクのテープが木に巻き付けて有るのを発見し事無きを得る。ヘッドランプの灯りをたよりに道を進み無事ブドウ沢登山道入り口に到着する。
 台風の影響か水量が多く滝の迫力は凄かった。上部で滝を高巻き終わり次の滝に取り付こうしたら足が滑る、左のフェルト製のわらじ(モンベルサワーサンダル)が無い、慌てて高巻きした滝を戻ると取り付きで発見、紐が切れていたので応急措置をして遡行を続けたが修理の仕様も無いので今後もこのまま使う事にする。
 帰りに小屋の沢林道の出口付近で車の中から熊の親子が道路を横切るのを見かけた、とにかくこの辺りは熊が多いので注意。
訪問者数:164人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ