ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 952866 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

穂高岳 岳沢より前穂高岳、奥穂高岳、パノラマ新道を下山

日程 2016年09月02日(金) 〜 2016年09月03日(土)
メンバー YamaOnsen
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡駐車場上高地シャトルバス 往復2050円
市営岩見平駐車場 一泊二日 1200円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間43分
休憩
1時間12分
合計
8時間55分
S上高地バスターミナル06:2406:29無料トイレ06:34日本山岳会上高地山岳研究所06:41岳沢湿原・岳沢登山口07:087番標識07:1008:23岳沢小屋08:2410:51紀美子平11:1611:41前穂高岳11:5512:21紀美子平12:3013:53南稜の頭14:10穂高岳14:3115:19穂高岳山荘
2日目
山行
6時間32分
休憩
23分
合計
6時間55分
穂高岳山荘05:4306:14涸沢岳06:1606:32穂高岳山荘07:11ザイテングラート07:1207:26パノラマ分岐07:41涸沢小屋07:4207:45涸沢07:4607:51涸沢ヒュッテ07:5607:58涸沢08:03涸沢ヒュッテ09:03屏風のコル09:1210:28中畠新道分岐11:02新村橋(パノラマ分岐)11:13徳澤園11:1611:52徳本口(徳本峠分岐)11:56明神館12:32河童橋12:3312:37上高地バスターミナル12:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは上高地のバスターミナルにあります。
上高地から岳沢登山口までは遊歩道です。
岳沢登山口から岳沢小屋までは樹林帯の登りです。
重太郎新道は、半分は樹林帯の急登で森林限界を抜けると展望が開けます。梯子が何ヶ所かありましたが、しっかり整備されています。
前穂高岳の往復は途中につるつるの岩がありました。
吊り尾根は片側は崖なので危険ですが、道幅はそれなりにあります。岩場は手掛かり足掛かりがあり難しくありませんでした。
奥穂高岳山頂からの下りは穂高岳山荘直上の鎖がやや高度感があります。
ザイテングラードもしっかり整備されて普通の登山道ですが、落石には注意が必要と思います。
涸沢からの下山ルートは涸沢ヒュッテの中を通過してから横尾とパノラマ分岐があります。
パノラマ新道は、思いの外アップダウンがあります。崩れている所が多く落石に注意が必要です。
その他周辺情報宿泊 : 穂高岳山荘 2食付き 9800円
 布団もシーツが付いて綺麗な小屋でした。
 食事もおいしかったです。
 水は天水で1リットル200円です。
バッジ : 岳沢小屋、前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、涸沢小屋、涸沢ヒュッテ
温泉 : さわんど温泉 木漏れ日の湯 600円
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

槍ヶ岳以来、三年振りの上高地です。登山届けを出して出発。
2016年09月02日 06:25撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳以来、三年振りの上高地です。登山届けを出して出発。
稜線が見えています。
2016年09月02日 06:27撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見えています。
河童橋を渡ります。
2016年09月02日 06:30撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋を渡ります。
焼岳です。
2016年09月02日 06:30撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳です。
2
一部だけ木道を歩きます。
2016年09月02日 06:39撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部だけ木道を歩きます。
岳沢の登山口に到着。
2016年09月02日 06:41撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢の登山口に到着。
風穴があります。
2016年09月02日 07:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴があります。
ミヤマトリカブトです。
2016年09月02日 07:49撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマトリカブトです。
綺麗に積まれた石階段です。
2016年09月02日 07:52撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に積まれた石階段です。
岳沢小屋が見えてきました。
2016年09月02日 08:15撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋が見えてきました。
乗鞍岳です。
2016年09月02日 08:17撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳です。
岳沢小屋に到着です。バッジを二つ購入。
2016年09月02日 08:22撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋に到着です。バッジを二つ購入。
霞沢岳です。
2016年09月02日 08:29撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳です。
2
シナノオトギリでしょうか。
2016年09月02日 08:44撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノオトギリでしょうか。
ハクサンフウロです。
2016年09月02日 08:45撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロです。
岩場がでてきました。
2016年09月02日 09:05撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場がでてきました。
梯子も現れました。
2016年09月02日 09:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子も現れました。
間ノ岳、西穂高岳と屏風のようです。凄い光景です。
2016年09月02日 09:27撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳、西穂高岳と屏風のようです。凄い光景です。
1
カモシカの立場で一休み。
2016年09月02日 09:28撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカの立場で一休み。
イワギキョウです。
2016年09月02日 10:02撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウです。
岩場にはイワツメクサが咲いています。
2016年09月02日 10:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場にはイワツメクサが咲いています。
見上げた前穂高岳です。
2016年09月02日 10:07撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げた前穂高岳です。
ハイマツ帯に変わりました。
2016年09月02日 10:09撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯に変わりました。
1
すぐそこに見えているのに、なかなか到着しません。
2016年09月02日 10:15撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐそこに見えているのに、なかなか到着しません。
1
紀美子平に到着です。ザックをデポして前穂に向かいます。
2016年09月02日 11:03撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平に到着です。ザックをデポして前穂に向かいます。
左手に奥穂高岳、右手に槍ヶ岳です。
2016年09月02日 11:47撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に奥穂高岳、右手に槍ヶ岳です。
常念岳が見えます。
2016年09月02日 11:47撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳が見えます。
1
前穂高岳山頂です。一等三角点があります。
2016年09月02日 11:49撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳山頂です。一等三角点があります。
2
大天井岳から東鎌尾根、槍ヶ岳です。
2016年09月02日 11:50撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳から東鎌尾根、槍ヶ岳です。
1
蝶ヶ岳から常念岳へ。
2016年09月02日 11:55撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳から常念岳へ。
前穂高への登り。
2016年09月02日 12:29撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高への登り。
吊り尾根へ向かいます。
2016年09月02日 12:29撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り尾根へ向かいます。
3
なんとなく歩くコースがわかります。
2016年09月02日 12:31撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとなく歩くコースがわかります。
涸沢カールが見えました。
2016年09月02日 13:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢カールが見えました。
1
長い岩場をガシガシ登ります。
2016年09月02日 13:41撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い岩場をガシガシ登ります。
1
北穂高岳です。
2016年09月02日 13:55撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高岳です。
南稜の頭です。
2016年09月02日 13:56撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜の頭です。
奥穂高岳手前で雷鳥軍団が表れた。
2016年09月02日 13:57撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳手前で雷鳥軍団が表れた。
こちらは親の雷鳥です。
2016年09月02日 13:57撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは親の雷鳥です。
4
ひな軍団です。親ともう体の大きさはさほど変わりません。
2016年09月02日 13:58撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひな軍団です。親ともう体の大きさはさほど変わりません。
2
皆さん揃って何を見ているんでしょうか。
2016年09月02日 13:59撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん揃って何を見ているんでしょうか。
2
左手の二つの尖りが奥穂高岳の山頂です。
2016年09月02日 14:04撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の二つの尖りが奥穂高岳の山頂です。
奥穂高岳山頂です。
2016年09月02日 14:14撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂です。
3
1メートル以上盛ってませんか?
2016年09月02日 14:19撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1メートル以上盛ってませんか?
2
西穂高方面です。飛騨側に雲が湧いています。
2016年09月02日 14:29撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高方面です。飛騨側に雲が湧いています。
山頂から穂高岳山荘方面へのルートです。
2016年09月02日 14:36撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から穂高岳山荘方面へのルートです。
涸沢カールの底が覗けます。
2016年09月02日 14:43撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢カールの底が覗けます。
穂高岳山荘直上が一番高度感がありました。
2016年09月02日 14:59撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘直上が一番高度感がありました。
1
穂高岳山荘に到着です。ここで泊ります。
2016年09月02日 15:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘に到着です。ここで泊ります。
穂高岳山荘の夕食です。
2016年09月02日 17:39撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘の夕食です。
2
日の出前の笠ヶ岳です。穂高岳からだと低く見えます。
2016年09月03日 05:09撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前の笠ヶ岳です。穂高岳からだと低く見えます。
穂高岳山荘の朝食です。朴葉味噌もあります。
2016年09月03日 05:13撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘の朝食です。朴葉味噌もあります。
1
奥穂高岳にジャンダルム。
2016年09月03日 06:03撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳にジャンダルム。
2
中央に槍ヶ岳。奥に裏銀座の稜線も見えます。
2016年09月03日 06:07撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に槍ヶ岳。奥に裏銀座の稜線も見えます。
2
涸沢岳の山頂です。
2016年09月03日 06:07撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳の山頂です。
1
笠ヶ岳に移る影奥穂高岳です。
2016年09月03日 06:09撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳に移る影奥穂高岳です。
1
涸沢岳の三角点です。
2016年09月03日 06:15撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳の三角点です。
1
裏から涸沢岳です。
2016年09月03日 06:15撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏から涸沢岳です。
涸沢岳から北穂高岳への下り。今回はここまで。
2016年09月03日 06:15撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳から北穂高岳への下り。今回はここまで。
涸沢ヒュッテはかなり下にあります。
2016年09月03日 06:30撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテはかなり下にあります。
ザレ場トラバース。
2016年09月03日 07:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ場トラバース。
奥穂高と涸沢岳の間にザイテングラード。
2016年09月03日 07:25撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高と涸沢岳の間にザイテングラード。
涸沢小屋です。バッジを二つ購入。
2016年09月03日 07:38撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢小屋です。バッジを二つ購入。
涸沢のテント場です。
2016年09月03日 07:44撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢のテント場です。
このパノラマの矢印に釣られてしまいました。
2016年09月03日 07:47撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このパノラマの矢印に釣られてしまいました。
パノラマ新道の分岐は涸沢ヒュッテの中を通り過ぎたこちら。
2016年09月03日 08:03撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ新道の分岐は涸沢ヒュッテの中を通り過ぎたこちら。
パノラマ新道から涸沢岳と北穂高岳です。
2016年09月03日 08:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ新道から涸沢岳と北穂高岳です。
1
初めはこんな所があります。
2016年09月03日 08:10撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めはこんな所があります。
涸沢の谷です。
2016年09月03日 08:11撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢の谷です。
ザレの上に乗っかっている岩が落ちそうで怖い。
2016年09月03日 08:31撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレの上に乗っかっている岩が落ちそうで怖い。
1
稜線に出ました。屏風の頭まではパス。
2016年09月03日 08:53撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。屏風の頭まではパス。
パノラマです。北穂高岳から槍ヶ岳まで見えます。
2016年09月03日 08:59撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマです。北穂高岳から槍ヶ岳まで見えます。
1
下ってくるとノコンギクがたくさんです。
2016年09月03日 10:25撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってくるとノコンギクがたくさんです。
1
奥又白池方面は破線ルートですね。
2016年09月03日 10:27撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥又白池方面は破線ルートですね。
シオガマです。
2016年09月03日 10:42撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シオガマです。
1
林道を少し歩きます。
2016年09月03日 10:53撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を少し歩きます。
新村橋の分岐です。
2016年09月03日 10:59撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新村橋の分岐です。
新村橋を渡ると遊歩道になります。
2016年09月03日 11:00撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新村橋を渡ると遊歩道になります。
下山後、さわんど温泉の木漏れ日の湯で汗を流しました。
2016年09月03日 13:16撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、さわんど温泉の木漏れ日の湯で汗を流しました。
1

感想/記録

金土曜日の天気が良さそうだったため、穂高岳を登りに行こうと、木曜日に急遽、金曜日の休暇を取って上高地へと向かいました。
7月に計画した穂高岳へのルートは岳沢小屋、穂高岳山荘に2泊でゆったりと回るつもりでしたが、今回は金曜日の天気が良さそうだったので一気に岳沢から穂高岳山荘まで小屋泊りで行く計画にしました。
平日は沢渡駐車場5時40分発が始発のほぼ満員のシャトルバスで上高地へ向かいました。
上高地から岳沢小屋までは緩やかに登るかと思っていたら思いのほか普通に登っていたのは予定外でした。
重太郎新道は思ったより整備された登山道でしたが、段差が多いので足に疲労がたまりました。
前穂高岳の登りは、それまでの登りの疲れもあってなかなかたいへんでした。
奥穂高岳の手前で雷鳥の親子に出会いました。
久々に小屋泊まりですが、岳沢小屋は満員で北穂高小屋も定員の二倍との事でしたが、穂高岳山荘は一人一枚で余裕のはずが、隣りの寝相が強烈。クルクル回って乗っかってきたり、寝ぼけて奇声をあげたりでなかなかぐっすり眠れませんでした。
調子が良ければ北穂を回って帰ろうかと思いましたが、軽い高山病なのか、調子が今ひとつだったので涸沢岳で引き返しパノラマ新道を通って帰りました。(びびった?)
パノラマ新道へ向かおうと涸沢ヒュッテの手前にあるパノラマコースの案内に釣られて少し迷ってしまいました。
パノラマ新道は思いの外、登りが多くバテてしまいましたが、なかなかのパノラマでした。
徳沢園から上高地までは長かった〜。
上高地のバスターミナルへ到着すると丁度、バスがタイミング良く出発して、さわんど温泉で汗を流し帰路につきました。
訪問者数:258人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/10
投稿数: 217
2016/9/6 0:05
 奥穂は九月中に登る予定です
今度の三連休で上高地から槍までガンバリ1泊目。
2日目に奥穂山荘まで行き3日目に前穂から下山予定。
もし天気が悪く2日なら同じコースを回る予定です。
どっち周りにするか? 重太郎新道を登るか下るか?
それぞれの難易度も分かりやすくて助かりました。

山小屋の食事情報も美味しそうで良かったです。
後はお天気だけ・・・ 晴れて欲しいです。

このルートのヘルメット装着率はどうでしたか?
登録日: 2015/3/12
投稿数: 68
2016/9/6 7:31
 Re: 奥穂は九月中に登る予定です
長く緩やかに登る上高地〜槍ヶ岳とは全く違った短距離で一気に登る重太郎新道でした。
重太郎新道は、かなり高いヘルメット装着率でしたよ。どこに落ちても岩場なので、少しで生存率を上げるために岳沢小屋から装着して行きました。
連休は南ア縦走予定なので、自分も晴れ大希望!です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ