ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953060 全員に公開 沢登り中国山地西部

岩井谷(加下川)

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー yasiyasi
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道488号線から熊ヶ杉橋を渡り、右手に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
4分
合計
4時間24分
S熊ヶ杉橋07:5508:05岩井谷出合08:40ゴルジュ08:55岩井谷大龍頭09:06岩井谷大龍頭落ち口09:53樋状滝09:5710:40林道へ脱渓11:06林道終点(林道終点)11:18尾根818m11:26林道終点(林道終点)12:19国道48812:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湯来滝巡り「岩井谷の大龍頭」
http://www.cf.city.hiroshima.jp/yukinishi-k/takimeguri/yuki_taki21.jpg
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 時計 カメラ ロープ30m ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング ロープスリング ハンマーバイル ナイフブレード アングルハーケン 渓流シューズ トポ ルート図

写真

熊ヶ杉橋から入渓。
2016年09月03日 07:57撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊ヶ杉橋から入渓。
1
岩井谷出合い。
2016年09月03日 08:05撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩井谷出合い。
岩井谷の様子。
2016年09月03日 08:09撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩井谷の様子。
左岸側のみ門のようなゴルジュ。
左岸が簡単にへつれる。
2016年09月03日 08:22撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸側のみ門のようなゴルジュ。
左岸が簡単にへつれる。
1
淵。
淵は、かってそこに存在したはずの滝の滝壺の名残と考えられている。
「滝が跡形もなく削り取られたにも関わらず滝壺だけが残る」というのは不思議に思わないこともないが、とりあえず納得。
2016年09月03日 08:36撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淵。
淵は、かってそこに存在したはずの滝の滝壺の名残と考えられている。
「滝が跡形もなく削り取られたにも関わらず滝壺だけが残る」というのは不思議に思わないこともないが、とりあえず納得。
1
大龍頭20m
公式には20mとされているが、おそらく15m程
2016年09月03日 08:41撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大龍頭20m
公式には20mとされているが、おそらく15m程
大龍頭左岸の急斜面に巻き道の踏み跡有り。
灌木や岩角がホールドになるが、岩が抜けやすい。
2016年09月03日 08:42撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大龍頭左岸の急斜面に巻き道の踏み跡有り。
灌木や岩角がホールドになるが、岩が抜けやすい。
1
落ち口
左手の岩の隙間を通過してくる。
2016年09月03日 09:07撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口
左手の岩の隙間を通過してくる。
1
大龍頭の上にあるV字滝
2016年09月03日 09:07撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大龍頭の上にあるV字滝
1
左手の水流を登った気がする
2016年09月03日 09:51撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の水流を登った気がする
1
樋状滝3〜4m
2016年09月03日 09:53撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樋状滝3〜4m
中間部より振り返る。
フリクションの効く花崗岩。突っ張って登る。
2016年09月03日 09:56撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間部より振り返る。
フリクションの効く花崗岩。突っ張って登る。
1
上流は滑床が続くが、右岸側の風化した花崗岩の影響か、砂利で埋まっているところもある。
2016年09月03日 10:25撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流は滑床が続くが、右岸側の風化した花崗岩の影響か、砂利で埋まっているところもある。
谷を縫うように現れた林道に上がる。
2016年09月03日 10:40撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷を縫うように現れた林道に上がる。
林道分岐を右、左と辿って林道終点。
右手の尾根に上がる。
青笹山に向かう。
2016年09月03日 11:06撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道分岐を右、左と辿って林道終点。
右手の尾根に上がる。
青笹山に向かう。
が、途中から蕀の藪と化し柚比を切る、意気消沈。引き返す。
2016年09月03日 11:18撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、途中から蕀の藪と化し柚比を切る、意気消沈。引き返す。
林道終点まで戻ってきた。
2016年09月03日 11:26撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点まで戻ってきた。
林道分岐。
右は先ほど登ってきた岩井谷、左へ向かう。
2016年09月03日 11:31撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道分岐。
右は先ほど登ってきた岩井谷、左へ向かう。
国道に合流。
2016年09月03日 12:19撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道に合流。
対岸に駐車地が見えてきた。
2016年09月03日 12:30撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に駐車地が見えてきた。
熊ヶ杉橋の銘柄。
2016年09月03日 12:35撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊ヶ杉橋の銘柄。
1

感想/記録

旧湯来町から旧吉和村へ向かう国道488号線沿いに流れる加下川。その支流にあたる岩井谷へ行ってきました。

見所は、入渓後暫くで現れる片側の門のようなゴルジュ、そして核心部の岩井谷大龍頭(20m)です。
大龍頭は下調べとおりに左岸側から慎重に巻く。
早々と核心部を通過すると、その後は滝らしい滝と言えば樋状滝のみ。
林道へ抜けたあとは、青笹山と呼ばれるピークへ登る予定だったのですが、蕀のやぶにより敗退。
岩井谷の北側を大きく高巻くように付けられている林道を辿り、下山。


訪問者数:141人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ