ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953234 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳(18きっぷ日帰り・吊尾根途中でで時間切れ懸念で撤退)

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー oyaikasakasa
天候午前中は晴れ
午後からたまにガス
アクセス
利用交通機関
電車バス
ムーンライト信州で松本駅→新島々→上高地バスターミナル
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
乾燥して歩きやすいコンディションでした。吊尾根は、水平の部分は恐怖感もなく歩けますが、岩にしがみついて昇り降り好する場面では緊張します。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

ムーンライト信州で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムーンライト信州で。
バスの中から大正池。反射がくっきりです。目が覚めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの中から大正池。反射がくっきりです。目が覚めます。
1
上高地バスターミナル到着。17:25のバスの整理券をゲットしました。4番でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナル到着。17:25のバスの整理券をゲットしました。4番でした。
森を抜けて河童橋に上がると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森を抜けて河童橋に上がると、
穂高連邦。この時は雲の中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連邦。この時は雲の中でした。
振り返って焼岳はくっきり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って焼岳はくっきり。
1
岳沢登山口までは15分ほど遊歩道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢登山口までは15分ほど遊歩道を進みます。
松の香りが心地よい樹林帯です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の香りが心地よい樹林帯です。
上高地方面を振り返り、乗鞍岳はまだ雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地方面を振り返り、乗鞍岳はまだ雲の中。
沢(岩場)を渡ります。目印はくっきりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢(岩場)を渡ります。目印はくっきりです。
前穂高岳、奥穂高岳から焼岳へ繋がる稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳、奥穂高岳から焼岳へ繋がる稜線。
乗鞍岳が見えるようになりました。手前左が二百名山の霞沢岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳が見えるようになりました。手前左が二百名山の霞沢岳。
1
再び沢を横切ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び沢を横切ります。
分岐点です。右へ進むと前穂から吊尾根経由で奥穂へ。左へ進むとジャンダルムを経て奥穂へ。距離は同じくらいですが、ジャンダルム経由は登り返しが大変そうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点です。右へ進むと前穂から吊尾根経由で奥穂へ。左へ進むとジャンダルムを経て奥穂へ。距離は同じくらいですが、ジャンダルム経由は登り返しが大変そうです。
岳沢小屋を通り過ぎたところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋を通り過ぎたところ。
小屋を越えると、鎖場の急登が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋を越えると、鎖場の急登が始まります。
奥穂はまだまだ遠いです。とりあえず行けるところまで行こうと決めていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂はまだまだ遠いです。とりあえず行けるところまで行こうと決めていました。
1
長い階段。最後に更に斜度が増します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い階段。最後に更に斜度が増します。
乗鞍岳とその右手前に焼岳。焼岳の存在感は独特です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳とその右手前に焼岳。焼岳の存在感は独特です。
吊尾根を見上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根を見上げる。
1
鎖が続きます。緊張で意外と疲れを感じません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖が続きます。緊張で意外と疲れを感じません。
紀美子平に近づく頃には、焼岳は眼下に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平に近づく頃には、焼岳は眼下に。
岩をよじ登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩をよじ登ります。
奥穂とは反対の、明神岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂とは反対の、明神岳方面。
紀美子平から前穂高岳はすぐです。寄らずに奥穂高岳を目指しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平から前穂高岳はすぐです。寄らずに奥穂高岳を目指しました。
吊尾根から奥穂高岳。ここからは歩くスピードが遅くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根から奥穂高岳。ここからは歩くスピードが遅くなります。
当然ですが道は細いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当然ですが道は細いです。
なかなか近づきません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか近づきません。
あと30分くらい?の所で、撤退を決定。最終バスに余裕を持って間に合わせる自信がありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと30分くらい?の所で、撤退を決定。最終バスに余裕を持って間に合わせる自信がありませんでした。
水平の道は、普通に歩けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水平の道は、普通に歩けます。
上高地から見える穂高連邦の尾根の反対側が涸沢です。槍ヶ岳は雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地から見える穂高連邦の尾根の反対側が涸沢です。槍ヶ岳は雲の中。
標高を下げるのってもったいない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を下げるのってもったいない…
岩場の下りはより緊張します。岳沢小屋が見えるとほっとします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の下りはより緊張します。岳沢小屋が見えるとほっとします。
下を見なければ怖くないのですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見なければ怖くないのですが…
もう少しで山頂
した…しかし自分の体力を知る良い機会でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂
した…しかし自分の体力を知る良い機会でした。
樹林帯に戻ると、西日から逃げられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に戻ると、西日から逃げられます。
それにしても美しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても美しいです。
登山口までは戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口までは戻りました。
まあでもこれをほぼ登ったんだ、と自分を慰める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあでもこれをほぼ登ったんだ、と自分を慰める。
1
バスターミナルでおやきを購入。登山後は塩辛いものが美味しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスターミナルでおやきを購入。登山後は塩辛いものが美味しいです。

感想/記録

ムーンライト信州が動いている間に日帰り百名山をやりたくて、奥穂高岳を目指しました。
標高差と距離は北岳日帰りと大体同じながら、吊尾根の存在がどうか。いろいろと調べましたが、やってみないと分からないと思い、撤退する勇気と共に出かけました。
結論としては、(自分の体力では)前穂高岳は可能て、奥穂高岳は、時間的には可能でしたが、急ぎの下山での危険も織り込むと厳しかったです。
山頂は目の前だったので無念ですが、いい勉強でした。
訪問者数:191人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ