ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953322 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念岳〜蝶ヶ岳

日程 2016年09月01日(木) 〜 2016年09月03日(土)
メンバー shirajikbo
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間4分
休憩
1時間3分
合計
7時間7分
S一ノ沢登山口10:5111:02山ノ神11:0312:18王滝ベンチ12:54烏帽子沢13:0813:57笠原沢13:5815:45最終水場16:3217:58常念小屋
2日目
山行
9時間9分
休憩
42分
合計
9時間51分
宿泊地07:0709:43常念岳10:2215:41蝶槍15:4315:53蝶ヶ岳三角点15:5416:05蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)16:58蝶ヶ岳ヒュッテ
3日目
山行
5時間39分
休憩
51分
合計
6時間30分
蝶ヶ岳ヒュッテ07:2707:36蝶ヶ岳07:3707:48蝶ヶ池07:54妖精の池07:5508:19カモシカの池08:2008:29長塀山08:3210:24チューダイ広場10:2611:34徳澤園12:1512:59徳本口(徳本峠分岐)13:0013:05明神館13:0613:44小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)13:53河童橋13:57上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一ノ沢登山口〜常念乗越 増水時沢の渡渉に注意、胸突八丁は急傾斜地な高巻きで木組みの階段と桟道が続く為踏み外しに注意。
常念岳〜蝶ヶ岳 山頂が狭いのと足場が悪いため、記念写真を撮るのは細心の注意が必要。また、山頂からの下山路は両側に切れ落ちた岩場の為、滑落に注意。
蝶ヶ岳〜徳沢 概ね良好。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

一ノ沢登山口
2016年09月01日 10:51撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢登山口
一ノ沢登山口(新)
2016年09月01日 10:51撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢登山口(新)
山の神
ここでお賽銭を奮発したので無事に下山できたのかも(笑)。
※あくまでも個人の感想です。
2016年09月01日 11:04撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神
ここでお賽銭を奮発したので無事に下山できたのかも(笑)。
※あくまでも個人の感想です。
大滝
2016年09月01日 12:18撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝
笠原沢出合
2016年09月01日 13:57撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠原沢出合
笠原沢
2016年09月01日 13:58撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠原沢
胸突八丁
沢筋から離れ高巻く為、急斜面に階段と桟道が続く。
2016年09月01日 15:16撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突八丁
沢筋から離れ高巻く為、急斜面に階段と桟道が続く。
最終水場
ここで汲むか小屋で買うかそれが問題だ!
2016年09月01日 16:19撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場
ここで汲むか小屋で買うかそれが問題だ!
第1ベンチ
ありがたく休ませてもらいました(笑)。
2016年09月01日 16:41撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1ベンチ
ありがたく休ませてもらいました(笑)。
第2ベンチ
もう少し早めにあると助かります(笑)。
2016年09月01日 17:14撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2ベンチ
もう少し早めにあると助かります(笑)。
第3ベンチ
あと300mは近いのか遠いのか微妙な距離です。
2016年09月01日 17:29撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3ベンチ
あと300mは近いのか遠いのか微妙な距離です。
常念乗越が見えてきました。
2016年09月01日 17:49撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念乗越が見えてきました。
槍の穂先が出迎えてくれました。
2016年09月01日 18:03撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍の穂先が出迎えてくれました。
1
先ずは、テン場の受け付けへ。
2016年09月01日 18:05撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは、テン場の受け付けへ。
2日目の朝です。
一番左が僕のテントです。
2016年09月02日 05:23撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝です。
一番左が僕のテントです。
1
いよいよ、常念岳に取り付きます!
2016年09月02日 07:28撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、常念岳に取り付きます!
常念小屋から山頂を2:30のコースワースト記録樹立しました(汗)。
2016年09月02日 09:46撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋から山頂を2:30のコースワースト記録樹立しました(汗)。
常念岳山頂から蝶ヶ岳へと続く縦走路。安曇野側は雲海です。
2016年09月02日 09:58撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳山頂から蝶ヶ岳へと続く縦走路。安曇野側は雲海です。
1
常念岳山頂からの槍ヶ岳から大キレット
槍ヶ岳の形が一番綺麗に見える場所です。
2016年09月02日 09:59撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳山頂からの槍ヶ岳から大キレット
槍ヶ岳の形が一番綺麗に見える場所です。
2
下降途中からの縦走路。
2016年09月02日 10:17撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降途中からの縦走路。
2
常念岳の急斜面越しの槍ヶ岳
2016年09月02日 10:40撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳の急斜面越しの槍ヶ岳
下降してきた岩塊斜面を振り仰ぐ
2016年09月02日 10:58撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降してきた岩塊斜面を振り仰ぐ
漸く、雲の向こうに、今日の目的地蝶ヶ岳が見えてきた。
2016年09月02日 11:03撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く、雲の向こうに、今日の目的地蝶ヶ岳が見えてきた。
振り返ると岩塊の稜線が青空に続いている。
2016年09月02日 11:35撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると岩塊の稜線が青空に続いている。
1
奇岩越しの槍ヶ岳
2016年09月02日 11:52撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇岩越しの槍ヶ岳
一旦、森林限界が終わり、樹林帯のアップダウンの終わりに現れた新しい蝶ヶ岳の山名板。
2016年09月02日 14:08撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、森林限界が終わり、樹林帯のアップダウンの終わりに現れた新しい蝶ヶ岳の山名板。
再び、森林限界にでて、蝶槍を越えた。
2016年09月02日 15:49撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、森林限界にでて、蝶槍を越えた。
あと少しで蝶ヶ岳ヒュッテに着くのだが、足取り重く前に進めなくなる。
さぁ!小屋でビールが待ってるぞと最後の力を振り絞る(笑)。
2016年09月02日 15:56撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しで蝶ヶ岳ヒュッテに着くのだが、足取り重く前に進めなくなる。
さぁ!小屋でビールが待ってるぞと最後の力を振り絞る(笑)。
で、ヒュッテに着いたら荷物を放り出し、冷えた生ビールを購入!

見知らぬお姉さまが乾杯してくれる。
うまぁーい!!
2016年09月02日 17:05撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、ヒュッテに着いたら荷物を放り出し、冷えた生ビールを購入!

見知らぬお姉さまが乾杯してくれる。
うまぁーい!!
3日目の朝。
ご来光を待つ登山者たち
2016年09月03日 04:55撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目の朝。
ご来光を待つ登山者たち
生憎のコンディション。
2016年09月03日 05:25撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生憎のコンディション。
蝶ヶ岳ヒュッテともお別れの時となり…。
2016年09月03日 07:26撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテともお別れの時となり…。
蝶ヶ岳旧山頂を経由して
2016年09月03日 07:34撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳旧山頂を経由して
徳沢への下山ルート長塀尾根に入る標識。
2016年09月03日 07:39撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢への下山ルート長塀尾根に入る標識。
1
蝶ヶ岳ヒュッテ方向を振り返る。
2016年09月03日 07:44撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテ方向を振り返る。
長塀尾根方向、明神岳前穂の上部は雲の中、中央奥に焼岳、左は霞沢岳。
2016年09月03日 07:45撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長塀尾根方向、明神岳前穂の上部は雲の中、中央奥に焼岳、左は霞沢岳。
標高2600mにある妖精の池
2016年09月03日 07:53撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2600mにある妖精の池
長塀尾根はこんな感じ
2016年09月03日 08:05撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長塀尾根はこんな感じ
長塀山三角点
2016年09月03日 08:30撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長塀山三角点
徳沢に着いた。
2016年09月03日 11:34撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢に着いた。
徳本峠への分岐
2016年09月03日 13:00撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳本峠への分岐
明神
2016年09月03日 13:05撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神
河童橋
2016年09月03日 13:52撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋
上高地バスターミナル
2016年09月03日 13:57撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナル
訪問者数:240人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ