ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953411 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳 - 阿弥陀南稜から中央稜の周回@舟山十字路

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー Hassie2999(記録), yamaKJnoriaka
天候9/3:晴れ時々霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆自家用車
舟山十字路(約15台−無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
38分
合計
7時間38分
S舟山十字路06:5607:27南稜広河原取付09:12立場岳09:1309:27青ナギ09:2809:50無名峰09:5110:59阿弥陀岳11:3311:45西ノ肩11:4613:43中央稜取付14:11南稜広河原取付14:34舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩行距離:10.9km
累積標高差(登り):1226m
累積標高差(下り):1224m
コース状況/
危険箇所等
◆阿弥陀南稜 (無雪期バリエーション入門)
舟山十字路のゲートを過ぎ広河原橋を渡る
御小屋尾根入口の分岐を見送り、そのまま林道を進んで行く
やがて右手に河原へ下る分岐が見えてくる
広河原沢を渡渉し、稜線へ続く急坂の踏み跡を登高する
稜線上は全体的に明瞭な踏み跡が続く
立場岳までは財産区境界標識が幾つも立てられている
P1、P2は基部を左へ巻く
P3の直登ルートはクライミング3級程度の岩峰登り
巻き道ルートは阿弥陀奥壁へ一旦トラバースし
ガリー状の岩場を登攀する(水が染み出て滑りやすい)
P4基部をトラバースし、ザレた岩場を登り切れば阿弥陀岳山頂に着く

◆阿弥陀中央稜 (無雪期バリエーション入門)
中央稜・御小屋尾根の道標を見送ると間もなく
ハイマツ帯に中央稜の踏み跡が続いている
ロープ付きのザレは御小屋尾根の下りとなるため注意
ハイマツ帯を過ぎるとザレた急坂が続く、下りはスリップ注意
一度稜線から外れ、御小屋尾根方面に樹林を下っていく
標高2550m地点の左へ折れる屈曲点を見落とさない事
そのまま直進すると切れ落ちた岩稜帯に出てしまう
大岩基部を右手に見ながら樹林帯を下っていく
しばらく厳しい急坂が続くが、地面は柔らかくクッションが良い
さらに進むと小さなケルンの屈曲点を右へ折れる
この先広い尾根道に入るが、赤テープに導かれながら踏み跡を忠実に辿る
財産区境界標識が見えてくると次第に緩やかになり広河原沢本谷出合に着く
このあたりは財産区有林を巡回する作業道が交錯している
広河原沢の渡渉を繰り返し、やがて林道を歩く
阿弥陀南稜との分岐を通過し舟山十字路へ帰着する
その他周辺情報◆日帰り入浴施設
もみの湯(料金500円/17時以降300円)
http://www.lcv.ne.jp/~mominoki/mominoyu.html
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

舟山十字路(標高:1613m)
ほぼ満車状態でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟山十字路(標高:1613m)
ほぼ満車状態でした
2
林道ゲートを通過します
※旭小屋を通らないルート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲートを通過します
※旭小屋を通らないルート
2
御小屋尾根分岐
道標に従い林道を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋尾根分岐
道標に従い林道を歩きます
2
阿弥陀南稜入口には
プレートと赤テープあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀南稜入口には
プレートと赤テープあり
2
稜線を目指して
樹林帯を登っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を目指して
樹林帯を登っていきます
1
緩やかな稜線歩き
四区と書かれた目印が
たくさんあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな稜線歩き
四区と書かれた目印が
たくさんあります
2
財産区境界標識が
至る所に立てられています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
財産区境界標識が
至る所に立てられています
2
見張りテント
きのこ山のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見張りテント
きのこ山のようです
1
立場岳までは
まるで北八ヶ岳の様相
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立場岳までは
まるで北八ヶ岳の様相
1
立場岳(標高:2370m)
展望は殆どありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立場岳(標高:2370m)
展望は殆どありません
2
青ナギを通過します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ナギを通過します
3
振り返れば編笠山
あちら側からも
青ナギの砂礫帯が
はっきりと確認できます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば編笠山
あちら側からも
青ナギの砂礫帯が
はっきりと確認できます
2
ここから一度下って
阿弥陀南稜に取り付きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一度下って
阿弥陀南稜に取り付きます
3
P1が見えてきました
先行パーティの方々が
たくさん歩いておられます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1が見えてきました
先行パーティの方々が
たくさん歩いておられます
1
P1
基部を左へ巻きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1
基部を左へ巻きます
2
P2
巻き道を登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2
巻き道を登ります
3
草付きのトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付きのトラバース
2
P3基部のプレート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3基部のプレート
1
P3
岩峰の直登ルートです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3
岩峰の直登ルートです
2
P3は直登せずに
巻き道のガリーを登攀します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3は直登せずに
巻き道のガリーを登攀します
2
岩肌が濡れているので
滑りやすい箇所がありますが
ホールドは豊富でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩肌が濡れているので
滑りやすい箇所がありますが
ホールドは豊富でした
2
草付きを登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付きを登ります
2
草付きに入ると
浮き石が多くなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付きに入ると
浮き石が多くなります
2
ガリーを振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガリーを振り返る
2
P4と阿弥陀岳山頂
ガスっており
良く確認できません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P4と阿弥陀岳山頂
ガスっており
良く確認できません
1
P4基部のトラバース
ホールドが良いので
危険度は高くありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P4基部のトラバース
ホールドが良いので
危険度は高くありません
3
草付きを登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付きを登ります
2
ガレた岩場の登り
山頂が見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレた岩場の登り
山頂が見えています
3
阿弥陀岳(標高:2805m)
ひょっこり山頂に出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳(標高:2805m)
ひょっこり山頂に出ます
3
行者岩の梯子
ここが一番高度感あります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者岩の梯子
ここが一番高度感あります
2
御小屋尾根のザレた急坂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋尾根のザレた急坂
1
中央稜へ続く踏み跡を
下って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜へ続く踏み跡を
下って行きます
1
ハイマツ帯を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯を下ります
1
中央稜の下りは
一気に高度を下げます
右手に御小屋尾根と
美濃戸南沢ルートを確認
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜の下りは
一気に高度を下げます
右手に御小屋尾根と
美濃戸南沢ルートを確認
1
尾根から外れ
樹林帯に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から外れ
樹林帯に入ります
1
屈曲点(標高:2550m)
タオルが目印です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屈曲点(標高:2550m)
タオルが目印です
2
テープに従い
左へ下っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープに従い
左へ下っていきます
2
大岩の基部をトラバース
屈曲点を直進すると
岩稜帯に出てしまいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の基部をトラバース
屈曲点を直進すると
岩稜帯に出てしまいます
2
岳樺の樹林帯を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳樺の樹林帯を下ります
1
広い尾根道は
赤テープに従います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根道は
赤テープに従います
1
財産区境界標識が出てくると
緩やかに下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
財産区境界標識が出てくると
緩やかに下ります
2
広河原沢本谷右岸を歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原沢本谷右岸を歩く
1
広河原沢本谷出合
左岸へ渡渉します
水は枯れていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原沢本谷出合
左岸へ渡渉します
水は枯れていました
2
阿弥陀岳を振り返る
阿弥陀奥壁が圧巻です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳を振り返る
阿弥陀奥壁が圧巻です
2
林道を進めば
南稜分岐を通過し
舟山十字路ゲートに着きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を進めば
南稜分岐を通過し
舟山十字路ゲートに着きます
2
富士見高原
南八ヶ岳連峰を望む
午後から好天でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見高原
南八ヶ岳連峰を望む
午後から好天でした
2
八ヶ岳PAで〆カレー
香ばしいココナッツバター♪
下山後は温泉→カレーが
最近のトレンドになりました
/^m^\
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳PAで〆カレー
香ばしいココナッツバター♪
下山後は温泉→カレーが
最近のトレンドになりました
/^m^\
1

感想/記録

◆阿弥陀南稜と中央稜
阿弥陀岳の阿弥陀南稜、中央稜の周回ルートを歩いてきました。
どちらのルートも近年は登山者が増えており、全体的に明瞭です。
無雪期の阿弥陀南稜は、岩登り等の経験を十分に積まれた方であれば
特に難しさを感じる箇所はないように感じました。
(一般登山道ではないため、鎖の整備は一切ありません)
前日の天候によってはP3のガリーで水が染み出ている箇所があるので
滑りやすく注意深くなりました。

中央稜上部はザレた急坂、その後は樹林帯の急坂です。
一気に高度差を詰めていくので
御小屋尾根より早いコースタイムになるかと思います。
屈曲点(2箇所)を見落とさない事と
財産区境界を巡視(?)する踏み跡に入ってしまわないように注意しました。


今回は2パーティの先行者がいらっしゃいました。
翌日の小同心登攀に向けて、ロープワークを再確認されていました。
どんなに慣れた山行きであっても、基本を忠実に反復練習を繰り返すこと。
…良いお手本にさせて戴きました。

財産区に入ると、登山者ではない方を何名か確認しました。
ルートから外れた箇所を歩かれていたので巡視されているのでしょうか。
きのこ山でもあるため、秋になるとピリピリしたムードが漂いそうです(^^ゞ
そういった方々もクルマでお越しになられていたので、
舟山十字路の駐車スペースが確保しにくくなると感じました。
訪問者数:337人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/15
投稿数: 23
2016/9/3 21:34
 天気が…
お疲れっさんでした〜
岩登り楽しめるかと思ってたけど少し拍子抜け
また行きましょ
登録日: 2011/7/10
投稿数: 83
2016/9/4 14:15
 Re: 天気が…
お疲れ様でした。
これから涼しくなるので、
西上州に行くと藪岩を楽しめそう♪
スパイスのきいたハイグレードハイキングはやっぱり楽しいね
次回の計画、立てておきます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ