ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953415 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

立山、浄土山、そして弥陀ヶ原へ

日程 2016年09月02日(金) 〜 2016年09月03日(土)
メンバー pomjun
天候1日目:晴れのちガス
2日目:快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間41分
休憩
41分
合計
5時間22分
S室堂10:3311:15一の越山荘11:1711:52雄山12:1512:29立山12:3112:46富士ノ折立12:5214:08一の越山荘14:1015:09浄土橋15:41みくりが池15:4715:55立山室堂山荘
2日目
山行
4時間34分
休憩
15分
合計
4時間49分
立山室堂山荘04:4605:40室堂山展望台05:4306:15浄土山06:24浄土山南峰06:2906:48一の越山荘06:5107:26みくりが池07:59天狗平山荘08:59一ノ谷09:0109:30弥陀ヶ原ホテル09:3209:35弥陀ヶ原バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

満員の立山ケーブルカー、そして高原バスを乗り継いで・・・
2016年09月02日 09:17撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満員の立山ケーブルカー、そして高原バスを乗り継いで・・・
立山室堂へ
2016年09月02日 10:36撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山室堂へ
目標の立山
下の建物は、本日宿泊する立山室堂山荘
2016年09月02日 10:40撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目標の立山
下の建物は、本日宿泊する立山室堂山荘
一ノ越に到着
槍ヶ岳をはじめ、北アルプス南部の山々
2016年09月02日 11:14撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越に到着
槍ヶ岳をはじめ、北アルプス南部の山々
雄山への登山路
2016年09月02日 11:15撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山への登山路
雄山に登頂!
2016年09月02日 11:56撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山に登頂!
この神主さんに、御祈祷していただきました
2016年09月02日 11:57撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この神主さんに、御祈祷していただきました
少し雲がかかっていましたが、後立山連峰・針ノ木岳
2016年09月02日 11:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雲がかかっていましたが、後立山連峰・針ノ木岳
1
五竜岳(かな?)
2016年09月02日 11:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳(かな?)
大汝山への稜線
2016年09月02日 12:01撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山への稜線
最高点・大汝山
2016年09月02日 12:29撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点・大汝山
1
ついでに富士ノ折立へも行きました
2016年09月02日 12:41撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに富士ノ折立へも行きました
眼下に黒四ダムと黒部湖
2016年09月02日 12:54撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に黒四ダムと黒部湖
一ノ越まで戻り、雷鳥沢に向かいます
2016年09月02日 14:33撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越まで戻り、雷鳥沢に向かいます
雷鳥沢キャンプ場が見えてきました
2016年09月02日 14:57撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場が見えてきました
浄土橋
2016年09月02日 15:08撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土橋
地獄谷
2016年09月02日 15:21撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷
立山室堂山荘の夕食
ビールを飲みすぎました!
2016年09月02日 18:09撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山室堂山荘の夕食
ビールを飲みすぎました!
1
翌朝、薄暗い中、浄土山に向かいました
剣岳・別山の山頂に朝日が当たりだしました
2016年09月03日 05:33撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、薄暗い中、浄土山に向かいました
剣岳・別山の山頂に朝日が当たりだしました
1
大日岳も
ルート・時間設定を誤って、ご来光は望めませんでした
2016年09月03日 05:57撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳も
ルート・時間設定を誤って、ご来光は望めませんでした
浄土山への登山道
上部は、岩の上を伝って登ります
2016年09月03日 06:01撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土山への登山道
上部は、岩の上を伝って登ります
1
山頂域に到着
太陽はすでに立山の上に輝いていました
2016年09月03日 06:05撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂域に到着
太陽はすでに立山の上に輝いていました
浄土山
2016年09月03日 06:09撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土山
剣岳・別山
2016年09月03日 06:10撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣岳・別山
大日岳
その向こうにはうっすらと富山平野
2016年09月03日 06:27撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳
その向こうにはうっすらと富山平野
北アルプス南部の山々
2016年09月03日 06:25撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス南部の山々
1
薬師岳〜笠ヶ岳(中央は黒部五郎岳でしょうか?)
赤い屋根の五色ヶ原山荘・・・行ってみたい!
2016年09月03日 06:17撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳〜笠ヶ岳(中央は黒部五郎岳でしょうか?)
赤い屋根の五色ヶ原山荘・・・行ってみたい!
1
左に槍穂連峰
右は水晶岳でしょうか?
2016年09月03日 06:17撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に槍穂連峰
右は水晶岳でしょうか?
1
一ノ越まで下ってきました
振り返って浄土山への登山道
2016年09月03日 06:46撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越まで下ってきました
振り返って浄土山への登山道
室堂と大日岳・奥大日岳
2016年09月03日 06:50撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂と大日岳・奥大日岳
1
みくりが池
2016年09月03日 07:23撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池
弥陀ヶ原へ向かいます
剣岳がかっこいい
2016年09月03日 07:49撮影 by SHV31, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原へ向かいます
剣岳がかっこいい
1
立山が徐々に遠ざかります
2016年09月03日 07:54撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山が徐々に遠ざかります
そして、大日連峰が近づいてきます
2016年09月03日 07:54撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、大日連峰が近づいてきます
途中、池塘がたくさんあります
2016年09月03日 08:13撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、池塘がたくさんあります
弥陀ヶ原が見えてきました
もうすぐと思いましたが・・・
2016年09月03日 08:40撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原が見えてきました
もうすぐと思いましたが・・・
称名川支流・一ノ谷を越えるために谷に下ります
今回歩いた中で最危険個所でした
鎖場が連続しています
ここは1高さ10m程の急坂
2016年09月03日 08:50撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
称名川支流・一ノ谷を越えるために谷に下ります
今回歩いた中で最危険個所でした
鎖場が連続しています
ここは1高さ10m程の急坂
1
2度渡渉します
2016年09月03日 08:53撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度渡渉します
こちらには橋が架かっています
2016年09月03日 08:59撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらには橋が架かっています
越えてきた一ノ谷
2016年09月03日 09:06撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えてきた一ノ谷
木道を歩いて弥陀ヶ原ホテルに向かいます
2016年09月03日 09:18撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道を歩いて弥陀ヶ原ホテルに向かいます
弥陀ヶ原バス停に到着
2016年09月03日 09:30撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原バス停に到着
(おまけ)
たまたま帰りに乗った富山地方鉄道は、アルプスエクスプレス号でした
特徴ある展望車、そしてビール等の車内販売もあります
2016年09月03日 11:02撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(おまけ)
たまたま帰りに乗った富山地方鉄道は、アルプスエクスプレス号でした
特徴ある展望車、そしてビール等の車内販売もあります
1
違う号車もリクライニングできる特急列車並みの座椅子
これがすべて普通乗車券で利用できました
2016年09月03日 11:05撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
違う号車もリクライニングできる特急列車並みの座椅子
これがすべて普通乗車券で利用できました
2

感想/記録
by pomjun

富山に用事があり、ついでに立山に寄りました。
あまり大きな荷物を持っていけなかったので、装備は十分とは言えません。
特に靴は、登山靴ではなく、平地のトレッキング用靴。

なので、当初立山まで登るのは無理かなと思っていたのですが、そこそこ足をホールドしてくれるし、岩でも滑らない。
一ノ越から雄山までは、たったの1時間。
これから登る方もたくさんいたので、わたしも登ってしまいました。
ついでに、最高点・大汝山、そして富士ノ折立にも。

ここまで来ると真砂岳方向に下りたいとの希望が出てきて、いったん下りかけましたが、地図に急坂・足元悪しと書いてあったので、思い直して一ノ越に戻りました。

まだ時間があったので、そこから雷鳥沢まで下って、みくりが池まで登り返して、本日の宿泊先・立山室堂山荘に向かいました。


二日目

薄暗い中、宿で作ってくれた朝ごはんの弁当を持って浄土山へ
どこかいいところで弁当を食べながらご来光をと思ったのですが、中途半端な時間、中途半端な場所になってしまい、ご来光を望むことはできませんでした。
とはいえ、周囲の山々に朝日が徐々に当たって輝くさまは、素晴らしいでした。
快晴の空の下、浄土山山頂からの景色も素晴らしかったです。

7時半ごろに室堂に戻ってきたので、前日車窓から眺めて歩いてみたいと思った弥陀ヶ原への遊歩道を下ることにしました。
なだらかに下りが続き、周りの山々の展望が素晴らしく、ルンルン気分で歩いていたのですが・・・そこに大きな落とし穴。
一ノ谷を越えるために、鎖場が連続する急坂を下る必要があります。
岩は濡れていて、とても滑りやすい。
遊歩道というのは、とんでもない思い違いでした。

山と高原地図にも危険マークが突いているではないか。
でも、旧道との分岐となる天狗ヶ原には何も書いてなかったと思います。
登山初心者が歩くのは、避けたほうがよいでしょう。

最後ちょっと怖い思いをしましたが、9時半には弥陀ヶ原ホテルに到着し、バスにて帰路に着きました。

二日間、期待以上の素晴らしい登山となりました。

なお、帰路に気づいたのですが、立山ケーブルカー駅に登山グッズのレンタルショップがありました。
これを往きに知っていれば、少なくとも登山靴を借りて、もう少し安全な登山ができたでしょう。



訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ