ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953559 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

【バリエーション/リベンジ】海沢園地〜大岳山井戸沢尾根

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー Shindai1987
天候10:00曇りのち12:00晴れ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
海沢林道は狭く陥没もあるのでスピード、対向車に注意。(待避所は比較的あり) 園地ではキャニオニング客を乗せたショップのワゴン車3台とマイカー数台、途中の入渓点でもマイカー数台が駐車してました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間3分
休憩
0分
合計
2時間3分
S海沢園地10:0112:04海沢園地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
園地→堰堤→旧ハイキング路→尾根末端→尾根取付き、以降は岩尾根でコースポイントが設定し難い地形です。
コース状況/
危険箇所等
バリエーションルートです。本年4/9に下りルートで選定したものの後半に迷走、落葉詰まったルンゼを尻セードし、何とか尾根に復帰でき帰還しました。
あらためて下降点から逆に正規ルートを検証しようと試みましたが、途中740mの尾根迄で撤退。
.董璽彭がほぼなし、踏み跡は途中で消失、H根線に谷筋が複雑に絡んだ地形、ぅ競豕ぬの急斜面に疎林、ハ任錣気譴覲ぢ瑤梁音という悪条件なので、登降路とも自粛したほうがよしと判断しました。
GPS必携です。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 下降の安全確保のため ロープ ハーネス メット ガチャを装備しました。

写真

海沢園地。
2016年09月03日 09:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海沢園地。
伐採地の立入禁止案内。
2016年09月03日 09:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採地の立入禁止案内。
園地手前の路上駐車。
2016年09月03日 09:53撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
園地手前の路上駐車。
簡易トイレ2基と東屋。
2016年09月03日 09:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡易トイレ2基と東屋。
堰堤を越し海沢探勝路へ。
2016年09月03日 09:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を越し海沢探勝路へ。
すぐの木橋を渡ります。
2016年09月03日 09:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐの木橋を渡ります。
道標の後ろを渡渉します。
2016年09月03日 09:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標の後ろを渡渉します。
滝へ向かう旧いコース。奥多摩VCのHPにある「海沢三滝コース」にはしっかり記載されています。
2016年09月03日 09:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝へ向かう旧いコース。奥多摩VCのHPにある「海沢三滝コース」にはしっかり記載されています。
よく見ると石段が。
2016年09月03日 09:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見ると石段が。
続きます。
2016年09月03日 09:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続きます。
踏み跡は明瞭です。
2016年09月03日 10:00撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は明瞭です。
一枚岩に要注意。
2016年09月03日 10:04撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一枚岩に要注意。
つるつるなので上部に巻きます。(振り返ったところ)
2016年09月03日 10:05撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つるつるなので上部に巻きます。(振り返ったところ)
行き過ぎました。
2016年09月03日 10:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き過ぎました。
園地→三ツ釜の滝→ネジレの滝コースに合流してしまいました。
2016年09月03日 10:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
園地→三ツ釜の滝→ネジレの滝コースに合流してしまいました。
少し戻って尾根末端。赤と黄のテープあり。(但しこの先にはなし)
2016年09月03日 10:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻って尾根末端。赤と黄のテープあり。(但しこの先にはなし)
はじめは真っ直ぐな尾根を進みます。
2016年09月03日 10:11撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめは真っ直ぐな尾根を進みます。
美林。
2016年09月03日 10:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美林。
明瞭。
2016年09月03日 10:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭。
岩の始まり。
2016年09月03日 10:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の始まり。
近づきます。
2016年09月03日 10:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づきます。
尾根上に長い岩。適当なところで右側に乗越します。
2016年09月03日 10:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上に長い岩。適当なところで右側に乗越します。
岩が点在。
2016年09月03日 10:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が点在。
尾根左の急崖。左の灌木は垂直に立っていたので画面を合わせました。奥に見える立ち木から崖下の斜度が想像つくと思います。前回はおそらくこの崖下から尾根上に辿り着いたと思います。
2016年09月03日 10:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根左の急崖。左の灌木は垂直に立っていたので画面を合わせました。奥に見える立ち木から崖下の斜度が想像つくと思います。前回はおそらくこの崖下から尾根上に辿り着いたと思います。
以降、踏み跡は消え、複雑な谷に急斜面、疎林にザレた足元と、不安定な地形が続き、ルートがとれません。
2016年09月03日 10:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以降、踏み跡は消え、複雑な谷に急斜面、疎林にザレた足元と、不安定な地形が続き、ルートがとれません。
写真を撮りながらも事後キャプション不可なほど、特徴なく曖昧な印象の地形、よって踏み跡がないと彷徨してしまいます。
2016年09月03日 10:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を撮りながらも事後キャプション不可なほど、特徴なく曖昧な印象の地形、よって踏み跡がないと彷徨してしまいます。
少し特徴ある三股の木。(左手前)
2016年09月03日 10:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し特徴ある三股の木。(左手前)
写真は一致しませんが、AL740m前後の尾根に到達し撤退。下りは危険なので途中まで20mダブルロープで下降。
2016年09月03日 10:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真は一致しませんが、AL740m前後の尾根に到達し撤退。下りは危険なので途中まで20mダブルロープで下降。
一か所、斜面を薄くトラバースする踏み跡?に気づきますが、下りで進み過ぎると急崖地に突き当たってしまい、無理に進むと危険です。(正しくは中ほどで傾斜方向で下降。)
2016年09月03日 11:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一か所、斜面を薄くトラバースする踏み跡?に気づきますが、下りで進み過ぎると急崖地に突き当たってしまい、無理に進むと危険です。(正しくは中ほどで傾斜方向で下降。)
下り。
2016年09月03日 11:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り。
迷い込みそうな谷。
2016年09月03日 11:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迷い込みそうな谷。
下りでは左全域に海沢谷の沢音がするので、どこからでも降りれそうな錯覚に。
2016年09月03日 11:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りでは左全域に海沢谷の沢音がするので、どこからでも降りれそうな錯覚に。

感想/記録

天候読みと残暑疲れから当初の木曽駒を瑞牆山に変え、さらに遠出は気乗りがしなくなりナーバスだったのですが、「そうだ!井戸沢尾根リベンジだ」と発起し、海沢林道へと向かいました。
標高差100余m、行動時間2h、挙句、再び撤退の結果でしたが、やはり予想以上に厳しいルートだということがわかり、心の整理もでき満足です。
9月残り3週末は信州へ向かい、秋からはまた奥多摩のプチバリ探しかと思います。
訪問者数:141人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ