ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953631 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

蓬莱峡(しるべ岩BS〜蓬莱峡BS〜蓬莱峡)【北六甲、兵庫県】

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー otoh
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
● 今回の移動
自宅=宝塚=しるべ岩BS〜蓬莱峡BS〜蓬莱峡〜座頭谷BS=宝塚=自宅

● 登山口へのアクセス
○「蓬莱峡」バス停
・県道51号線を走る阪急バスで、宝塚から12分。付近に駐車場はない。
・バス停からは金網の隙間より下降する踏み跡があるので、それに従って降りていくと、ブルートレイン置き場の奥に降り立つ。そこから道路をやや下降すると、右側に折り返し気味に下降する蓬莱峡へのルート入り口がある
・蓬莱峡〜座頭谷へは、岩場を抜けていくと行けるのだが、今回は闇雲であったため、発見することが できなかった


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間19分
休憩
29分
合計
1時間48分
Sスタート地点12:3213:12屏風岩13:4114:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
● コースタイム
しるべ岩バス停(BS)1233 ― 座頭谷入口 1239 ― 県道へ戻り着く 1248 ― 蓬莱峡BS 1307 ― 下の沢筋 1313/昼/1332 ― 蓬莱峡入口 1344 ― 屏風岩左手の岩肌 1350 ― 屏風岩の脇から奥へ ― 最奥の河原 1417 ― 座頭谷BS 1440

● 行動時間
2:07
コース状況/
危険箇所等
○蓬莱峡BS〜蓬莱峡
・踏み跡としてはしっかりしているが、バス停以降の案内表示は全くない

○蓬莱峡入口から先
・渡渉点含め、特段の案内はない
・屏風岩の周囲には、沢奥を含め、ロッククライミングのための方々の設備等が散見されるが、道標等は認められなかった

その他周辺情報●買う、食べる
・宝塚駅付近、生瀬駅付近にはコンビニ、飲食店等多数あり

●日帰り温泉
・宝塚温泉などにも日帰りサービスはあるかも知れないが、確認できていない
・宝塚市付近には、スーパー銭湯等は多数あり
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

「しるべ岩」でバスを降りた。しかし、蓬莱峡に立ち寄るならば、この先のバス停「蓬莱峡」などが望ましいようだ【しるべ岩BS〜蓬莱峡BS】
2016年09月03日 12:33撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「しるべ岩」でバスを降りた。しかし、蓬莱峡に立ち寄るならば、この先のバス停「蓬莱峡」などが望ましいようだ【しるべ岩BS〜蓬莱峡BS】
2
「万里の長城」などと呼ばれている、大多田川と座頭谷にかかる橋。奥には大平山付近も見えている【しるべ岩BS〜蓬莱峡BS】
2016年09月03日 12:33撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「万里の長城」などと呼ばれている、大多田川と座頭谷にかかる橋。奥には大平山付近も見えている【しるべ岩BS〜蓬莱峡BS】
3
橋を渡ると、座頭谷右岸の道に続いている。蓬莱峡への行き方がわからず、またバス道へと戻る【しるべ岩BS〜蓬莱峡BS】
2016年09月03日 12:39撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると、座頭谷右岸の道に続いている。蓬莱峡への行き方がわからず、またバス道へと戻る【しるべ岩BS〜蓬莱峡BS】
蓬莱峡を目指して県道を歩き、蓬莱峡バス停まで上がってきた【しるべ岩BS〜蓬莱峡BS】
2016年09月03日 13:07撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱峡を目指して県道を歩き、蓬莱峡バス停まで上がってきた【しるべ岩BS〜蓬莱峡BS】
バス停裏の金網には切れ目があり、ここから一気に下降する踏み跡がある【蓬莱峡BSにて】
2016年09月03日 13:08撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停裏の金網には切れ目があり、ここから一気に下降する踏み跡がある【蓬莱峡BSにて】
沢筋でお昼を食べてから、沢を下降。舗装路に出て振り返ると木には赤い印がつけてあった【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
2016年09月03日 13:41撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋でお昼を食べてから、沢を下降。舗装路に出て振り返ると木には赤い印がつけてあった【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
1
舗装路の広場の様子。貨車やタンクがある【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
2016年09月03日 13:42撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路の広場の様子。貨車やタンクがある【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
そこからは、屏風岩とその背後の岩峰群が見えている。屏風岩にはクライミングの集団が見える【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
2016年09月03日 13:43撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからは、屏風岩とその背後の岩峰群が見えている。屏風岩にはクライミングの集団が見える【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
3
屏風岩を拡大【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
2016年09月03日 13:43撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩を拡大【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
1
更に進むと、ブルートレインがあった【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
2016年09月03日 13:44撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に進むと、ブルートレインがあった【蓬莱峡BS〜蓬莱峡入口】
1
そのすぐ脇に蓬莱峡への下降路【蓬莱峡入口にて】
2016年09月03日 13:45撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのすぐ脇に蓬莱峡への下降路【蓬莱峡入口にて】
屏風岩左手の岩峰群【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 13:48撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩左手の岩峰群【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
4
その拡大1【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 13:49撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その拡大1【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
3
その拡大2。手前の岩は、先鋭形。よく残っている【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 13:49撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その拡大2。手前の岩は、先鋭形。よく残っている【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2
先鋭岩を拡大【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 13:51撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先鋭岩を拡大【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2
元の拡大3【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 13:50撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元の拡大3【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2
元の拡大4。水流の跡が見えている。滝になるのであろうか【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 13:52撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元の拡大4。水流の跡が見えている。滝になるのであろうか【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
1
先ほどの岩峰群と屏風岩の間を奥へと進む【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 13:56撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの岩峰群と屏風岩の間を奥へと進む【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
よく見えると、テープの印付けがある【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 13:56撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見えると、テープの印付けがある【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
1
鋭鋒は続く【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 14:01撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋭鋒は続く【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2
ちょうど剣山の辺りか【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 14:02撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど剣山の辺りか【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
1
これも「鎧積」の仲間か【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 14:03撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも「鎧積」の仲間か【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
1
古い堰堤を荒々しい岩峰が取り囲む【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 14:06撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い堰堤を荒々しい岩峰が取り囲む【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
1
剣山と思う岩峰。おどろおどろしい【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 14:08撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山と思う岩峰。おどろおどろしい【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
3
また石積み堰堤【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 14:08撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また石積み堰堤【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
更に続く【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
2016年09月03日 14:11撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に続く【蓬莱峡入口〜蓬莱峡最奥部】
1
最奥部の広場に出た。ここからは明確な沢はなく、斜面に囲まれている。藪漕ぎは夏にはふさわしくないので、これにて終了【蓬莱峡最奥部にて】
2016年09月03日 14:15撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最奥部の広場に出た。ここからは明確な沢はなく、斜面に囲まれている。藪漕ぎは夏にはふさわしくないので、これにて終了【蓬莱峡最奥部にて】
やや沢らしい一つを見る【蓬莱峡最奥部にて】
2016年09月03日 14:17撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや沢らしい一つを見る【蓬莱峡最奥部にて】
1
帰りに、屏風岩付近を見る。ここにも登る人影が【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
2016年09月03日 14:33撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに、屏風岩付近を見る。ここにも登る人影が【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
1
ロッククライマーのトイレが仮設されている【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
2016年09月03日 14:34撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッククライマーのトイレが仮設されている【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
蓬莱峡を振り返って一枚【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
2016年09月03日 14:39撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱峡を振り返って一枚【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
2
舗装路を急ぐと、入口付近には、猿の門番?【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
2016年09月03日 14:39撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を急ぐと、入口付近には、猿の門番?【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
1
柵を出たら、バス停は目の前。しかし、すでにバスのタイヤがアスファルトを噛む音が響いている。さあ、急げ【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】
2016年09月03日 14:40撮影 by ,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵を出たら、バス停は目の前。しかし、すでにバスのタイヤがアスファルトを噛む音が響いている。さあ、急げ【蓬莱峡最奥部〜座頭谷BS】

感想/記録
by otoh

 平日が忙しすぎるのと週末の天気不安もあって、なかなかまともな山行きに及ぶことができない。
 今日も、夏場の行き先としてはちょっとどうかとも思う蓬莱峡へ。
 知ったかぶりで「しるべ岩」にてバスを降りる。しかし、万里の長城とも呼ばれる橋を渡るも座頭谷への道しか見つからない。ちょうど河原で遊んでいた親子連れに聞いてみたものの、お父さんもよくわからないとのこと。仕方がないので、バス道に戻って、蓬莱峡バス停から進入することに。
 バス道に戻り、宝塚方面へと県道を歩いて行くと、「座頭谷」バス停付近の柵の先に入っていく人が見える。おそらく蓬莱峡へと向かう人であろうが、果たして柵の内側へと進入していいものかがわからない。「進入禁止」の文字はなさそうだが。とりあえず、怪しいことはせず、次のバス停を目指す。しかし、ちょうど県道もつづら折りとなっており、たいそう次が遠い。
 ようやく着いた「蓬莱峡」バス停からは、一気に下降する踏み跡がある。これをずんずん降りていくが、どこで河原に降りるべきかがよくわからない。国土地理院地図で“屏風岩”と記されている辺りで河原に出るが、とうてい屏風岩があるような広さではない。とりあえずは昼食を摂ることにした。
 そこからは一旦下降側へと進んでみると、他の記録で見たブルートレインが見えてきた。ようやく“蓬莱峡入口”を発見し、そちらへと進む。
 渡渉の後に、蓬莱峡らしい、もろい岩峰群を発見。ようやくの感がただよう。
屏風岩の脇をかすめ、座頭谷の背面となる沢を遡る。どこかで座頭谷へと連絡しているはずだがと思いつつ進むが、急峻な壁に囲まれた最奥で行き止まってしまった。道は発見できず。
 そこからの帰りはバス時間もあって大慌て。休みなくせっせと進んで、バス停に着く頃にはすでにバスが姿を現した。
 帰ってから調べたら、入口の屏風岩左手の岩峰群から越えていくようであった。再度行ってみないと行けないようだ。

訪問者数:218人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

渡渉 右岸 藪漕ぎ 堰堤 山行 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ