ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953635 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳(天狗岳・硫黄岳)【登山口:桜平】

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山tomtan, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜平駐車場を利用
6時過ぎの段階で駐車場は満杯で、ちょっと下がった路肩に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
2時間15分
合計
8時間7分
S桜平08:0308:24夏沢鉱泉08:3008:57オーレン小屋09:0509:42箕冠山09:53根石岳09:5810:07白砂新道入口10:22東天狗岳10:3010:47天狗岳11:2911:43東天狗岳11:4512:03白砂新道入口12:13根石岳12:2012:49夏沢峠13:0013:49硫黄岳14:0814:27赤岩の頭14:3415:09オーレン小屋15:2415:51夏沢鉱泉15:5616:10桜平16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

桜平
出発です。だいぶ、陽が高くなってしまいました。
2016年09月03日 08:03撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平
出発です。だいぶ、陽が高くなってしまいました。
夏沢鉱泉
林道を歩いて、20分ほどで到着です。
2016年09月03日 08:24撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢鉱泉
林道を歩いて、20分ほどで到着です。
きのこ01
2016年09月03日 08:41撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのこ01
1
オーレン小屋への登山道
歩きやすい登山道が続きます。
2016年09月03日 08:44撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋への登山道
歩きやすい登山道が続きます。
1
オーレン小屋
オーレン小屋に到着です。天気もとても良いようです。
2016年09月03日 08:57撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋
オーレン小屋に到着です。天気もとても良いようです。
1
箕冠山 頂上
オーレン小屋からなだらかな登りを歩いて、すぐに到着です。でも、展望はありません。
2016年09月03日 09:42撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山 頂上
オーレン小屋からなだらかな登りを歩いて、すぐに到着です。でも、展望はありません。
根石山荘
箕冠山を下るとすぐに視界が開けて、根石岳が目の前に。奥には天狗岳が顔をのぞかせます。
2016年09月03日 09:45撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石山荘
箕冠山を下るとすぐに視界が開けて、根石岳が目の前に。奥には天狗岳が顔をのぞかせます。
3
根石山荘
コマクサなどの保護のためにルートが制限されています。
2016年09月03日 09:47撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石山荘
コマクサなどの保護のためにルートが制限されています。
根石岳
根石岳まで直登で、あっという間です。
2016年09月03日 09:53撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳
根石岳まで直登で、あっという間です。
白砂新道分岐
東天狗岳を仰ぎます。頂上にいる人が見えています。結構います。
2016年09月03日 10:07撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐
東天狗岳を仰ぎます。頂上にいる人が見えています。結構います。
白砂新道分岐
緑と青と白のコントラストがとてもきれいです。
2016年09月03日 10:08撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐
緑と青と白のコントラストがとてもきれいです。
1
東天狗岳への登山道
天狗岳の西と東。何度見ても美しいです。
2016年09月03日 10:14撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳への登山道
天狗岳の西と東。何度見ても美しいです。
3
東天狗岳 頂上
狭い頂上は、たくさんの人でごった返しています。ちょっと休憩して、西天狗岳を目指します。
2016年09月03日 10:23撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳 頂上
狭い頂上は、たくさんの人でごった返しています。ちょっと休憩して、西天狗岳を目指します。
1
天狗岳鞍部
東天狗岳を下り、鞍部に到着しました。ここから登り返します。
2016年09月03日 10:37撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳鞍部
東天狗岳を下り、鞍部に到着しました。ここから登り返します。
西天狗岳 頂上
こちらは少しすいているでしょうか。
2016年09月03日 10:47撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳 頂上
こちらは少しすいているでしょうか。
1
西天狗岳 頂上
東天狗岳を振り返ります。ここで昼食です。
2016年09月03日 10:49撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳 頂上
東天狗岳を振り返ります。ここで昼食です。
2
西天狗岳 頂上
これまで雲の中だった硫黄岳が姿を現しました。
2016年09月03日 11:29撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳 頂上
これまで雲の中だった硫黄岳が姿を現しました。
2
西天狗岳 頂上
これから東天狗岳に戻ります。
2016年09月03日 11:29撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳 頂上
これから東天狗岳に戻ります。
1
天狗岳鞍部
相変わらず、東天狗岳の頂上は混みあっています。
2016年09月03日 11:35撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳鞍部
相変わらず、東天狗岳の頂上は混みあっています。
東天狗岳 頂上
戻ってきました。ここから夏沢峠を目指します。
2016年09月03日 11:43撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳 頂上
戻ってきました。ここから夏沢峠を目指します。
1
東天狗岳 頂上
先ほどまでは、北方面はガスっていましたが、麦草峠あたりまでは見渡せるようになってきました。
2016年09月03日 11:45撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳 頂上
先ほどまでは、北方面はガスっていましたが、麦草峠あたりまでは見渡せるようになってきました。
1
東天狗岳 頂上
にゅうですね。
2016年09月03日 11:45撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳 頂上
にゅうですね。
夏沢峠への登山道
硫黄岳は依然ガスの中です。あそこまで行けるでしょうか。
2016年09月03日 11:53撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠への登山道
硫黄岳は依然ガスの中です。あそこまで行けるでしょうか。
夏沢峠への登山道
本沢温泉が見えています。
2016年09月03日 11:57撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠への登山道
本沢温泉が見えています。
夏沢峠への登山道
天狗岳の美しい吊り尾根です。
2016年09月03日 12:08撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠への登山道
天狗岳の美しい吊り尾根です。
3
夏沢峠への登山道
根石岳まで戻ってきました。どんどん先に行きます。
2016年09月03日 12:14撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠への登山道
根石岳まで戻ってきました。どんどん先に行きます。
1
夏沢峠
夏沢峠に到着です。ここで、娘と相談し、硫黄岳を目指すことに。
2016年09月03日 12:48撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠
夏沢峠に到着です。ここで、娘と相談し、硫黄岳を目指すことに。
1
硫黄岳への登山道
森林限界を抜けて、再度天狗岳が見える高さまで登ってきました。
2016年09月03日 13:12撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登山道
森林限界を抜けて、再度天狗岳が見える高さまで登ってきました。
3
硫黄岳への登山道
あそこまで行けば頂上です。空が青い!!!
2016年09月03日 13:26撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登山道
あそこまで行けば頂上です。空が青い!!!
2
硫黄岳への登山道
峰の松目には一度行ってみたい。
2016年09月03日 13:26撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登山道
峰の松目には一度行ってみたい。
1
硫黄岳への登山道
爆裂火口も見えるようになってきました。
2016年09月03日 13:35撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登山道
爆裂火口も見えるようになってきました。
2
硫黄岳への登山道
本沢温泉の露天風呂が見えています。何人か、入っていますね。
2016年09月03日 13:40撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登山道
本沢温泉の露天風呂が見えています。何人か、入っていますね。
1
硫黄岳への登山道
かなりの迫力です。
2016年09月03日 13:42撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登山道
かなりの迫力です。
1
硫黄岳への登山道
振り返ると天狗岳もしっかりと見えています。
2016年09月03日 13:42撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登山道
振り返ると天狗岳もしっかりと見えています。
2
硫黄岳 頂上
頂上に着いた時には、とてもいい天気になっていました。赤岳の雄姿を見たい!!
2016年09月03日 13:48撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳 頂上
頂上に着いた時には、とてもいい天気になっていました。赤岳の雄姿を見たい!!
3
硫黄岳 頂上
頂上に到着です。ここ最近は、硫黄岳で天気に恵まれていないので、久しぶりの好展望です。
2016年09月03日 13:49撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳 頂上
頂上に到着です。ここ最近は、硫黄岳で天気に恵まれていないので、久しぶりの好展望です。
2
硫黄岳 頂上
何度見てもド迫力。
2016年09月03日 13:52撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳 頂上
何度見てもド迫力。
2
硫黄岳 頂上
残念、赤岳にガスがかかっています。でも、ここまで見れれば上出来です。
2016年09月03日 13:53撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳 頂上
残念、赤岳にガスがかかっています。でも、ここまで見れれば上出来です。
3
硫黄岳 頂上
行者小屋のテントも見えますね。行者小屋でテント泊をして、夕焼けに染まる横岳を見たい。
2016年09月03日 13:54撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳 頂上
行者小屋のテントも見えますね。行者小屋でテント泊をして、夕焼けに染まる横岳を見たい。
硫黄岳 頂上
天狗岳です。
2016年09月03日 14:07撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳 頂上
天狗岳です。
1
赤岩の頭
赤岩の頭まで下りてきました。
2016年09月03日 14:21撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
赤岩の頭まで下りてきました。
赤岩の頭
なんと赤岳のガスが消えて、赤岳、阿弥陀岳、横岳のすべてが揃いました。
2016年09月03日 14:31撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
なんと赤岳のガスが消えて、赤岳、阿弥陀岳、横岳のすべてが揃いました。
5
赤岩の頭
赤岳のアップです。
2016年09月03日 14:28撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
赤岳のアップです。
3
赤岩の頭
今回は天候に恵まれました。幸せです。
2016年09月03日 14:31撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
今回は天候に恵まれました。幸せです。
4
赤岩の頭
展望を十分に楽しんで、下山を開始します。
2016年09月03日 14:34撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
展望を十分に楽しんで、下山を開始します。
2
きのこ02
2016年09月03日 14:48撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのこ02
1
きのこ03
2016年09月03日 14:55撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのこ03
2
きのこ04
2016年09月03日 14:55撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのこ04
1
きのこ05
2016年09月03日 15:03撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのこ05
1
桜平
無事、下山しました。
2016年09月03日 16:10撮影 by PENTAX K-r , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜平
無事、下山しました。
撮影機材:

感想/記録
by tomtan

今回は娘との山行です。
久しぶりの山行なので、コースの変更がしやすい桜平からオーレン小屋に入るルートを選び、天狗岳、できれば硫黄岳まで登るという計画でした。

桜平には6時30分ごろに到着しましたが、駐車場はすでに満車で、少し下った路肩に車を停めました。しかし、私の寝不足で、少々そこで仮眠をとるつもりが、出発が8時に。
かなり陽が高くなってから歩き始め、夏沢鉱泉、オーレン小屋と順調に通過していきます。
オーレン小屋から箕冠山への緩やかな登りも快調にこなしていき、箕冠山を下ったところから、アルペン的な展望が開け、テンションはクライマックスに。
やはり根石岳から見る天狗岳はとても美しいです。百名山に入ってもいいくらい、だと私個人は思っています。

東天狗岳は、狭い頂上にたくさんの人がごった返していて、ちょっと休憩して、西天狗岳に向かいました。
西天狗岳の頂上で、景色をおかずに昼食をとり、娘にどうするか聞いたら、硫黄岳まで行けそうだ、とのことなので、とりあえずは夏沢峠まで行くことにしました。
来た道を、東天狗岳、根石岳、箕冠山と登り返し、夏沢峠に到着し、硫黄岳に登ることになりました。

硫黄岳に登り始めると、それまでガスに隠れていた硫黄岳の頂上が晴れあがって、ガスが全くなくなり、赤岳や阿弥陀岳の展望を期待させつつ、登っていきました。

硫黄岳の頂上に立つと、残念ながら赤岳にガスがかかっていましたが、申し分ない展望で、ここ2回ほどの硫黄岳山行では、展望が全くなかったので、とても楽しむことができました。
しかも、オーレン小屋への下りのために、赤岩の頭まで下りた時に、赤岳のガスが消えて、横岳、赤岳、阿弥陀岳の三山を並んで見ることできました。

今回の山行は、本当に天候に恵まれ、気候も良く、八ヶ岳を満喫することができました。
また、かなりの行程になったにも関わらず、娘がしっかりと歩く姿を見て、成長を感じるとともに、アルプスでもしっかり歩けるだろうと思いました。

とても楽しい山行でした。
訪問者数:368人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ