ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953882 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

戸隠山(regさん。蟻の戸渡に挑む)

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー yama-ari(CL), reg(食事)
天候■戸隠山 11:35 晴れ 23℃ 風速3〜4m(体感)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高妻山登山者無料駐車場に駐車。朝の7時段階で満車状態。一台分のスペースをみつけて、駐車する。奥社駐車場近辺(料金400〜600円)は、まだロープが張られて、閉まっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間6分
休憩
2時間4分
合計
7時間10分
S戸隠牧場入口07:3508:14随神門08:25戸隠神社奥社08:3609:55蟻の戸渡10:1910:27八方睨11:2411:35戸隠山11:3812:15九頭龍山12:2613:14一不動(避難小屋)13:26帯岩13:4414:21ゲート14:28弥勒尾根コース分岐14:36戸隠牧場入口14:41戸隠キャンプ場14:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○戸隠神社奥宮からは、急登。百軒長屋からはクサリ場の連続。ヘルメットがあったほうがよい。
○蟻の戸渡は、巻道があるので、そこも利用可能(恐怖症の方はこちらがお勧め)。蟻の戸渡と蟻の刃渡の間で、いったんクサリで下部を巻いて核心部を回避できる。ただ、刃渡は渡らなければならない。ただ、刃渡の方が跨げるので、断然安心して前に進める。
○八方睨〜一不動の間は、アップダウンの連続。コースタイム以上に疲れる。
その他周辺情報神告げ温泉。このあたりではここしか温泉はない。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 携帯食 水2.0L

写真

(お願い。中島みゆきの「地上の星」を頭で演奏しながら、田口トモロヲ風に、お読みください)
ついに、その日はやってきた。高所恐怖症のregが戸隠山に挑む日。その男は、1年間、私からいつ「蟻の戸渡りいくよ」といわれるのか、死刑執行をおびえ続ける囚人のような生活を送ってきた。男は、無言のまま、満車状態の高妻山登山者無料駐車場を後にする。
2016年09月03日 07:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(お願い。中島みゆきの「地上の星」を頭で演奏しながら、田口トモロヲ風に、お読みください)
ついに、その日はやってきた。高所恐怖症のregが戸隠山に挑む日。その男は、1年間、私からいつ「蟻の戸渡りいくよ」といわれるのか、死刑執行をおびえ続ける囚人のような生活を送ってきた。男は、無言のまま、満車状態の高妻山登山者無料駐車場を後にする。
2
戸隠キャンプ場から、戸隠山を臨む男。撮影班は、天気を気にしていたが、彼にはそれは関係ない様子。
2016年09月03日 07:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠キャンプ場から、戸隠山を臨む男。撮影班は、天気を気にしていたが、彼にはそれは関係ない様子。
3
ささやきの小路から戸隠方面へ。
2016年09月03日 07:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ささやきの小路から戸隠方面へ。
1
ささやきの小路を進む男は、すこしうな垂れて歩を進めているようにも見えた。
2016年09月03日 08:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ささやきの小路を進む男は、すこしうな垂れて歩を進めているようにも見えた。
1
戸隠神社の奥社へと通じる道。いよいよ聖域へと入っていく男。
2016年09月03日 08:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠神社の奥社へと通じる道。いよいよ聖域へと入っていく男。
2
戸隠神社奥社。男は蟻の戸渡を無事渡れることを、願った。
2016年09月03日 08:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠神社奥社。男は蟻の戸渡を無事渡れることを、願った。
1
戸隠神社からは、急登。得意とする急登だが、いつもと違って、ペースが上がらない。体ではない、心がそうさせているのか。
2016年09月03日 08:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠神社からは、急登。得意とする急登だが、いつもと違って、ペースが上がらない。体ではない、心がそうさせているのか。
2
戸隠山の雲がとれ、舞台の準備は整いつつあるようだ。
2016年09月03日 08:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠山の雲がとれ、舞台の準備は整いつつあるようだ。
1
百軒長屋を通過。
2016年09月03日 09:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百軒長屋を通過。
1
百軒長屋からは、クサリ場のオンパレードだが、いつのように男は難なくこなす。「登りは岩しか見えないから大丈夫!」だとか。
2016年09月03日 09:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百軒長屋からは、クサリ場のオンパレードだが、いつのように男は難なくこなす。「登りは岩しか見えないから大丈夫!」だとか。
2
最後の大きなクサリ場を登る男。
2016年09月03日 10:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の大きなクサリ場を登る男。
3
いよいよ、蟻の戸渡の前へ。男は、真の男になれるのか!!
2016年09月03日 10:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、蟻の戸渡の前へ。男は、真の男になれるのか!!
2
田中陽希さんが、200名山で一番怖かったと述べた蟻の戸渡。先に撮影班が渡ったが、これはやばい!! 「下の巻道をつかった方がいい!! regさんは絶対無理!!」と叫ぶが早いか、遅いか。男は無言でトライを始める。
2016年09月03日 10:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田中陽希さんが、200名山で一番怖かったと述べた蟻の戸渡。先に撮影班が渡ったが、これはやばい!! 「下の巻道をつかった方がいい!! regさんは絶対無理!!」と叫ぶが早いか、遅いか。男は無言でトライを始める。
5
この1年かけて、車道の白線をつかいながら、周りを見ない訓練をしてきた男。自分の前の30兩茲世韻鬚澆弔瓩董⊂しずつ前に進む!! 決して、周りを見ない。
2016年09月03日 10:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この1年かけて、車道の白線をつかいながら、周りを見ない訓練をしてきた男。自分の前の30兩茲世韻鬚澆弔瓩董⊂しずつ前に進む!! 決して、周りを見ない。
6
蟻の戸渡制覇!! ここからは、クサリで下を巻いて、次なる蟻の刃渡りへ。
2016年09月03日 10:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟻の戸渡制覇!! ここからは、クサリで下を巻いて、次なる蟻の刃渡りへ。
1
蟻の刃渡。さらに集中力を高めて、自分の前のみを見つめる男。決して周りを見ない!! そして、刃渡もついに完遂!!
2016年09月03日 10:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟻の刃渡。さらに集中力を高めて、自分の前のみを見つめる男。決して周りを見ない!! そして、刃渡もついに完遂!!
5
八方睨にたとりつくと、ようやく男にも景色を見る余裕が。西岳を臨む。戸隠以上の難関の山へ「決していくことはない」とつぶやく。
2016年09月03日 11:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方睨にたとりつくと、ようやく男にも景色を見る余裕が。西岳を臨む。戸隠以上の難関の山へ「決していくことはない」とつぶやく。
1
終始ガスに包まれていた、高妻山も姿を見せる。男を祝福するかのように。
2016年09月03日 11:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終始ガスに包まれていた、高妻山も姿を見せる。男を祝福するかのように。
2
飯縄山もガスがとれ、秋天の景色を男にプレゼントする。
2016年09月03日 11:21撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄山もガスがとれ、秋天の景色を男にプレゼントする。
3
ここで、戸隠名物!?のそばラーメンを作る男。小麦の麺ではなくて、そばが入ったラーメン。
2016年09月03日 10:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、戸隠名物!?のそばラーメンを作る男。小麦の麺ではなくて、そばが入ったラーメン。
4
八方睨から戸隠山の山頂へと向かう途中に見えた、蟻の戸渡と刃渡。男は、「あんな崖になっていたんだ」と、初めてその怖さを語る。男は、まったく景色をみていなかったようだ。
2016年09月03日 11:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方睨から戸隠山の山頂へと向かう途中に見えた、蟻の戸渡と刃渡。男は、「あんな崖になっていたんだ」と、初めてその怖さを語る。男は、まったく景色をみていなかったようだ。
6
八方睨から15分で戸隠山山頂。
2016年09月03日 11:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方睨から15分で戸隠山山頂。
3
山頂からの高妻山。
2016年09月03日 11:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの高妻山。
3
九頭龍山の向うに黒姫山も見える。
2016年09月03日 11:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九頭龍山の向うに黒姫山も見える。
2
右側が絶壁の登山道を進む男。「見なければ怖くない、怖くない」。「下を見ない」作戦を完全に自分のものにしたようだ。
2016年09月03日 11:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側が絶壁の登山道を進む男。「見なければ怖くない、怖くない」。「下を見ない」作戦を完全に自分のものにしたようだ。
3
ハクサンイチゲ?、ヒナイチゲ? 花の名前はわからないが、心の余裕か、登山道の周りの花にも目線をやれるようになってきた。
2016年09月03日 11:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ?、ヒナイチゲ? 花の名前はわからないが、心の余裕か、登山道の周りの花にも目線をやれるようになってきた。
1
これはリンドウだろうか。たくさん咲いていた。
2016年09月03日 11:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはリンドウだろうか。たくさん咲いていた。
1
九頭龍山が近くなってきた。なんどもあるアップダウンに、距離以上の疲労感を感じる。
2016年09月03日 12:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九頭龍山が近くなってきた。なんどもあるアップダウンに、距離以上の疲労感を感じる。
2
一年前に登った黒姫山。そのときガスガスだったその山も、今日は綺麗に見える。右奥には斑尾山。
2016年09月03日 12:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一年前に登った黒姫山。そのときガスガスだったその山も、今日は綺麗に見える。右奥には斑尾山。
5
ようやく一不動避難小屋に到着した。
2016年09月03日 13:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく一不動避難小屋に到着した。
1
一不動から牧場方面へと下山途中の氷清水。冷たい水に、これまでの疲れを癒す。
2016年09月03日 13:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一不動から牧場方面へと下山途中の氷清水。冷たい水に、これまでの疲れを癒す。
2
帯岩のトラバース。難なくこなす。
2016年09月03日 13:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帯岩のトラバース。難なくこなす。
1
不動滝が静かに囁く。regよくやった、と。
2016年09月03日 13:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝が静かに囁く。regよくやった、と。
3
ついに牧場に降りてきた。牧場を歩く男は、軽快に歩を進めているように見えた。男は、やっと戸隠から解放されたのだ! おめでとうreg。ありがとう戸隠山。<完>
2016年09月03日 14:29撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに牧場に降りてきた。牧場を歩く男は、軽快に歩を進めているように見えた。男は、やっと戸隠から解放されたのだ! おめでとうreg。ありがとう戸隠山。<完>
3

感想/記録

■regさん。蟻の戸渡に挑む
 男の名は、reg。彼は落ちそうな場所や、高い所を苦手をする、いわゆる高所恐怖症。男にとって、恐怖感のある岩登りの山は鬼門である。剱岳、鶏冠山(西沢渓谷近く)を制してきた男も、戸隠だけは、かたくなに拒否してきた。

<鶏冠山・甲武信ヶ岳(ビッグ4への挑戦。山梨100名山)2015年08月02日(日) [日帰り] >
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-690147.html

 しかし、男には、北信五岳を制するという野望がある。どうしても、戸隠を乗り越えなければならなかった。一年前から、幾度と候補に挙がって、消えてきた戸隠山。いよいよその日がやってきた。
 男は、一年前から、戸隠にまつわるいろんなビデオをみて、研究を重ねてきた。イメージトレーニングだ。最初、平均台くらいの幅しかないと思っていた蟻の戸渡も、そこで40~60センチあることを知った。また、周りをみず、目の前だけに集中するという視界調整能力も身に付けた。車道を歩くたび、白線を蟻の戸渡にして、練習を重ねてきたのだ。
 男が、蟻の戸渡の手前に来たとき、迷いはなかった。彼には「巻く」という選択肢は、なかった。いや、体がすでに「蟻の戸渡り仕様」になっていたと、いうべきか。「戸渡りを渡る」ということ以外、できなかったかもしれない。
 蟻の戸渡を渡る男の顔は、人生をかけた真剣な表情だった。撮影班が思わず、シャッターを押すことをためらうほどであった。ただ、ただ、目の前だけを見つめ、すこしずつ、すこしずつ、前へと進んでいった。
 渡り終えた後、男は「怖くなかった」といった。山の上部から、蟻の戸渡の全貌を見たとき「あんな、崖になっていたんだ」とつぶやいた。ほんの20数分であった蟻の戸渡の時間は、男にとって、まったくの異世界への修行であったのだろう。肉体は戸隠に置きながら、神々に抱かれた世界へと魂は旅していた。
 戸隠を制覇した男は、やっと戸隠の呪縛から解放された。幸せそうだった。明日から、次なる呪縛、鋸岳が男にまとわりつくこととなるとは、つゆ知らず。

感想/記録
by reg

戸隠の温泉「神告げの湯」に、一昨年行ったときに
「そばラーメン」というメニューを見つけました。
もし戸隠に行くことがあれば、これを作ろうとずっと決めていました。

ところが、今回「神告げの湯」に行ったら、そのメニューが消えていました。

というわけで、「そばラーメン」の味はご想像がつくかと思います。
けっしておいしくないわけではないのですけれどね。


そば味噌ラーメン 男2人分
<材料>
レンジでチンするそば 3食分
味噌ラーメンのスープ(市販) 3食分
もやし 1袋
青ねぎ たくさん
市販のチャーシュー 4枚

<前日準備>
なし

<山で>
1 お湯900mlを沸かす。
2 もやしをゆでる。
3 味噌ラーメンスープを溶かす。
4 そばをあたためて、トッピング。
訪問者数:367人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2096
2016/9/5 20:18
 なんか生温いの〜
yama-ariさん
regさん   コンばんはpaper

たぶんオッサンからのコメント待っていた事でしょう!
regさん yama-ariさんに遊ばれているぞ!
たまには、怒れ!ガンバ
なぜ、yama-ariさんが戸渡りしている写真を撮らなかったか?
まさに、ariの戸渡りギャグ出来たのに不思議
あー大きい事言っているので立って渡ったことでしょうな〜
また、ルートですがまさかの一般ルート
戸隠山を右折では無く、左折してほしかっいたのー
オッサンは無理だがね〜(笑)

まーいずれにせよ regさん頑張った!
次は妙義山だな
reg
登録日: 2013/4/15
投稿数: 178
2016/9/5 20:30
 ariの戸渡り!
ariの戸渡りなんて思いつきませんでした。
さすがは、Kazuhagi さん!

妙義山は、Kazuhagi さんのレコを見てから、絶対にダメな山確定です。
Kazuhagi さんだって、「初心者は行っちゃダメ」って書いてましたよね。

yama-ariさんのおかげで、戸隠に登れたことを感謝しています。
結構優しいんですよ。
蟻の戸渡りのところだけは先行して調査し、
「絶対無理だから、まいといでー。」って教えてくれました。
その一言で、よけいこわくなったのも事実なのですが、
ここまで来て巻いて、それで落ちちゃったら悲しいので、突破しました。
よつんばいで、目の前だけ見てたら怖さは半減しました。

ちなみに、最初に「下を見ちゃダメ」って教えてくれたのは、
Kazuhagi さんですよ。
登録日: 2011/8/26
投稿数: 2004
2016/9/5 21:11
 たくましさ
yama-ariさん、regさん、こんばんは

久々にストーリー風のレコ、楽しみました。
車道の白線は事実かどうか知る由もありませんが、
無事の戸隠、おめでとうございます。
regさんも前だけを見て進むたくましさが出てきましたね。

次はいよいよ鋸岳ですか!
戸隠とは全く違ったタイプですが、落石に気を付けて行ってきてください。
reg
登録日: 2013/4/15
投稿数: 178
2016/9/5 21:19
 Re: たくましさ
みなさまに育てていただいています(笑)。
ご声援に感謝です。

車道の白線は事実です。
平均台を使って周りを見ない練習をしようかとも考えていました。

鋸はいつになるかわかりませんが、そのときが来たら頑張ります。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ