ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953932 全員に公開 ハイキング東海

恵那山(ヘロヘロ登山)

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー KITAROU
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黒井沢登山口駐車場利用
 中津川ICから国道19号を経て国道363号を川上方面に進みます。
 途中恵那神社方面に左折し、恵那神社への分岐を左に分け林道を直進。10祖進めば登山口につきます。
 注意して見れば要所要所に案内板があります。
 林道は狭く舗装はされていますが荒れていますので注意が必要です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
55分
合計
7時間40分
S黒井沢コース登山口07:0008:30野熊ノ池避難小屋08:30野熊の池10:30恵那山頂避難小屋11:1011:20恵那山一等三角点11:3011:40恵那山頂避難小屋13:10野熊の池13:1514:40黒井沢コース登山口14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
黒井沢登山口〜野熊の池避難小屋
 初めは林道を歩き、その後小さい沢を何度か渡渉し、ザレた道や石のゴロゴロした所などを登っていきます。
 避難小屋は登山道を少し入った所にあります。野熊の池近くにベンチもありますので休憩にはいい所です。
野熊の池避難小屋〜山頂小屋
 笹の生い茂る斜面をジグザグに登っていくと尾根道に出ます。ここまで歩き始めてから2時間程ですが、標高はすでに2000m近くになっています。
 この間危険な個所や迷いやすいところはありません。
 大きな石がゴロゴロして歩きにくい、アップダウンの続く尾根道を進んでいけば山頂小屋です。
 危険な所はありませんが、斜面を巻いたコースですので注意は必要です。また、結構体力を消耗します。
山頂小屋〜恵那山神社(三角点)
 ひと上りで着きます。

写真

登山道への分岐
よく見ると看板があります。
2016年09月03日 15:11撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道への分岐
よく見ると看板があります。
20台は停められそうな駐車場
2016年09月03日 06:57撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20台は停められそうな駐車場
登山ポスト(バス停?)
2016年09月03日 06:57撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポスト(バス停?)
登山道入口
2016年09月03日 07:01撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口
小さな沢を何度か渡渉します。
場所によってはコースが分かりにくい所がありますので、赤テープを確認してください。
2016年09月03日 07:24撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな沢を何度か渡渉します。
場所によってはコースが分かりにくい所がありますので、赤テープを確認してください。
小さな沢ですがこの石の下にイワナが潜んでいました。
2016年09月03日 14:22撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな沢ですがこの石の下にイワナが潜んでいました。
1
クールダウンスポット
2016年09月03日 07:52撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クールダウンスポット
歩きにくい道
2016年09月03日 08:22撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きにくい道
1
野熊の池避難小屋
新しそうです
2016年09月03日 08:34撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野熊の池避難小屋
新しそうです
1
野熊の池
この池は湧き水で出来ているようです。
2016年09月03日 13:15撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野熊の池
この池は湧き水で出来ているようです。
1
池のほとりのベンチ
2016年09月03日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池のほとりのベンチ
笹薮を分け入るように歩きます
2016年09月03日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹薮を分け入るように歩きます
1
尾根道に出ると景色が広がりますが、ほとんどは林の中ですので僅かなシャッターチャンスです(雲をかぶった南アルプスの山々)
2016年09月03日 09:06撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道に出ると景色が広がりますが、ほとんどは林の中ですので僅かなシャッターチャンスです(雲をかぶった南アルプスの山々)
シラタマノキ
2016年09月03日 09:16撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラタマノキ
御嶽山でしょうか?
2016年09月03日 09:21撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山でしょうか?
大川入山かな
2016年09月03日 09:21撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大川入山かな
こんな道が続きます
2016年09月03日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道が続きます
山頂小屋の後方にある四乃宮(この辺が最高高度地点でしょうか?)
2016年09月03日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋の後方にある四乃宮(この辺が最高高度地点でしょうか?)
1
山頂小屋(無人です)
2016年09月03日 11:11撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋(無人です)
1
三角点
2016年09月03日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
山頂です
2016年09月03日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂です
1
山頂には展望台もありましたが、あいにくの天気(周りが曇ってきた)で何も見えませんでした。
2016年09月03日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には展望台もありましたが、あいにくの天気(周りが曇ってきた)で何も見えませんでした。
恵那神社近くにあるウエストン公園
前宮登山道は9月26日まで通行止めだそうです。
2016年09月03日 15:13撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵那神社近くにあるウエストン公園
前宮登山道は9月26日まで通行止めだそうです。
1
撮影機材:

感想/記録

 恵那山には4つの登山口があってこの黒井沢登山口はその中でも所要時間が少ないとの情報。しかし、見るものによって5時間だったり8時間だったりしていたが、登り4時間下り3時間程度と高をくくっていた。
 実際標高差は1000m程で、山頂でも2100m程度の山なのでそれほどではないと気安く登り始めた。
 実際道はしっかりしていて迷うところもなく、それほどの急登が続いているわけでもないが、上りの所要時間の半分でほぼ山頂と同じ高度まで上がり、その後の尾根道は歩きにくい石のゴロゴロしたアップダウンの多いコースであり、最初は快調に飛ばしていたものの山頂小屋につく頃には疲労困憊の状態だった。
 そんな状態だったので下りも一向にペースが上がらず、コースタイムをオーバーしてしまった。
 空木岳の時よりもヘロヘロのなって帰ってきたのだが、これは山のせいなのか自分の体調のせいなのかよくわからない。もしかしたら、夏休み期間中の乱れた生活による脂肪の蓄積のせいなのかもしれない。
 しかし、名古屋から2時間もかからない百名山としては今後も別の登山口から登ってみたい。
訪問者数:330人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ