ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954041 全員に公開 ハイキング北アメリカ

カナディアンロッキー100劼領

日程 2016年08月28日(日) 〜 2016年09月01日(木)
メンバー orochi
天候8月28日:晴れ時々曇り(夜:小雨)
8月29日:曇りのち晴れ(夜:雷雨)
8月30日:快晴のち晴れ(夜:雷雨)
8月31日:快晴
9月1日:曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 飛行機
成田空港〜カルガリー国際空港:Air Canadaによる直行便
https://beta.aircanada.com/jp/en/aco/home.html
カルガリー国際空港〜Banff、Lake Louise〜カルガリー国際空港:Brewster Banff Airport Express
http://www.brewster.ca/transportation/brewster-banff-airport-express/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

(概ね1時間あたり10〜15分休憩)
8月28日(日)
6:20 Bnaff Alpine Centre - 8:10 Mount Norquay Ski Area - 11:20 Cockscomb Campground - 14:15 Mystic Junction - 15:00 Mystic Valley Campground
8月29日(月)
7:35 Mystic Valley Campground - 8:00 Mystic Lake - 9:35 Mystic Pass - 11:45 Larry's Campground - 14:25 Johnston Creek Campground - 14:45 Luellen Lake Campground
8月30日(火)
8:10 Luellen Lake Campground - 8:20 Johnston Creek Campground - 10:05 Badger Pass Junction - 11:40 Palsatilla Pass - 13:45 Wildflower Campground - 16:40 Baker Lake Campground
8月31日(水)
7:50 Baker Lake Campground - 10:00 Skoki Lodge - 10:45 Lake Merlin - 12:00 Skoki Lodge - 13:20 Deception Pass - 14:20 Hidden Lake Campground (このあとHidden Lakeへ。往復約40分。)
9月1日(木)
8:25 Hidden Lake Campground - 9:55 Fish Creek Parking Lot - 10:25 Lake Louise Visitor Centre
コース状況/
危険箇所等
基本的に整備された登山道です。ただし、いくつか注意が必要な点があります。
・入山地点のMount Norquay Ski Areaから3日目のテン場Baker Lake Campgroundまでの約60劼枠鷯錣某佑両ないエリアで、馬に乗ったグループに一度出会った以外、人間に会いませんでした。何かあっても助けは来ません。
・1日目のForty Mile Creek沿いの道は泥が激しく、転倒しないようにするのに神経を使います。また、下流部で2か所ほどトレイルが消失している箇所があり、崩壊地をへつり気味に進んだりしました。
・3日目のBaker Creek上流部の標高1920m付近は湿地帯で、道がかなり錯綜しています。誤った踏み跡に一度引き込まれ、20分程度ロスしました。
・グリズリーやブラックベアの生息地のため、食べ物をテントに入れるのは厳禁!料理するとき以外は、テント場の外れに設置されたワイヤーに食料を吊るしておきます。
その他周辺情報入山に必要な手続き等は本文に書きました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]
2016年09月の天気図 [pdf]

写真

Air Canadaの機内食(朝)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Air Canadaの機内食(朝)
2
Calgary国際空港の荷物受け取り場所。カルガリーの歴史や文化にちなんだ展示品が中央に配置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Calgary国際空港の荷物受け取り場所。カルガリーの歴史や文化にちなんだ展示品が中央に配置されています。
1
Banffに到着です!奥に見えるのがCascade Mountain
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Banffに到着です!奥に見えるのがCascade Mountain
1
メインストリート。この日は雷雨になりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインストリート。この日は雷雨になりました
2
こちらはSulpher Mountain。東側の崖が凄い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはSulpher Mountain。東側の崖が凄い。
2
Monod Sports。ここでガス缶とストーブ(かなり小さめの2個)を購入。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Monod Sports。ここでガス缶とストーブ(かなり小さめの2個)を購入。
2
ホステル”Banff Alpine Centre”。ドミトリー形式の4人部屋で、カナダ人、フランス人、アメリカ人の3人と一緒に泊まった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホステル”Banff Alpine Centre”。ドミトリー形式の4人部屋で、カナダ人、フランス人、アメリカ人の3人と一緒に泊まった。
3
いよいよ出発!Banff Alpine Centreから歩き始めます。車は無いので登山口までしばらく車道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ出発!Banff Alpine Centreから歩き始めます。車は無いので登山口までしばらく車道歩き。
1
Mount Norquayスキーエリアを目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mount Norquayスキーエリアを目指します
1
VIA鉄道の踏切。エイリアンみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
VIA鉄道の踏切。エイリアンみたい。
1
Transcanada Highwayを横切ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Transcanada Highwayを横切ります。
2
長いつづら折りの車道を歩いた後、殺風景な夏のスキー場からトレイルが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いつづら折りの車道を歩いた後、殺風景な夏のスキー場からトレイルが始まる。
1
朝ごはんに買ったサンドイッチ。$8くらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝ごはんに買ったサンドイッチ。$8くらい。
2
最初は非常に歩きやすい道。緩やかに下っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は非常に歩きやすい道。緩やかに下っていく。
1
沢の手前の分岐を左に折れ、Forty Mile Connector Trailに入ると突如トレイルが消失!半信半疑で左側を進んでいくと、再びトレイルが現れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の手前の分岐を左に折れ、Forty Mile Connector Trailに入ると突如トレイルが消失!半信半疑で左側を進んでいくと、再びトレイルが現れた。
2
再び歩きやすい道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び歩きやすい道。
1
Forty Mile Creekに沿って進んでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Forty Mile Creekに沿って進んでいきます。
1
あちらこちらでみかけた高山植物(?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらこちらでみかけた高山植物(?)
2
再びトレイル消失。右岸崩壊個所を進んでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びトレイル消失。右岸崩壊個所を進んでいきます。
2
ここで左岸に渡ります。橋の手前で左からトレイルが合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで左岸に渡ります。橋の手前で左からトレイルが合流。
1
Forty Mile Creek Trailはこんなドロドロの場所が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Forty Mile Creek Trailはこんなドロドロの場所が多い。
2
雷鳥にも似てますが何でしょう・・・?あまり逃げませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥にも似てますが何でしょう・・・?あまり逃げませんでした。
2
青空が多くなってきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が多くなってきた!
1
雲の切れ間からMount Fifiが顔を覗かせる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の切れ間からMount Fifiが顔を覗かせる。
1
Mount Fifi(手前)とMount Louis(奥)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mount Fifi(手前)とMount Louis(奥)
2
段々と周囲の岩壁が見えるようになってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々と周囲の岩壁が見えるようになってきた
1
カエルがいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエルがいました
2
水はさすがに美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水はさすがに美しい
2
視界は無いけど晴れて気持ちが良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界は無いけど晴れて気持ちが良い。
1
こういう木は日本には無いなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう木は日本には無いなあ。
2
地面はこんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地面はこんな感じです。
2
振り返るとこんな山が見えていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな山が見えていた。
2
だんだん開けてきます♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん開けてきます♪
1
Mystic Junctionが近づき風景が急に変わってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mystic Junctionが近づき風景が急に変わってきます。
1
これから行く方向を眺める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く方向を眺める
3
Mystic Junction付近にこんな小屋がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mystic Junction付近にこんな小屋がありました。
2
トレイルで良くみかけたキノコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイルで良くみかけたキノコ
2
Vermilion Rangeの山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Vermilion Rangeの山々
1
鋭鋒が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋭鋒が見える
1
初日のテン場"Mystic Valley Campground"
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日のテン場"Mystic Valley Campground"
1
こんな感じでテント設営。平坦で張りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じでテント設営。平坦で張りやすい。
2
カフェオレをいただく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カフェオレをいただく。
2
山々に囲まれたとても良いテン場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山々に囲まれたとても良いテン場です。
1
熊対策で食料関係の荷物はこのようにワイヤーで吊るしておきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊対策で食料関係の荷物はこのようにワイヤーで吊るしておきます。
3
Mystic Valleyの朝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mystic Valleyの朝
2
荷物をデポし、Mystic Lakeへside trip♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物をデポし、Mystic Lakeへside trip♪
1
沼地を渡ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼地を渡ると・・・
1
Mystic Lake登場!神秘的な色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mystic Lake登場!神秘的な色です。
4
とりあえず自撮り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず自撮り
2
荷物の場所まで戻り、Mystic Passへと向かう。(Pass=乗越)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷物の場所まで戻り、Mystic Passへと向かう。(Pass=乗越)
1
左にも岩壁。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左にも岩壁。
1
来し方を臨む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来し方を臨む
2
Mystic Passに着きました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mystic Passに着きました!
Johnston Creekに向かってこれから5劼曚媛爾蠅泙
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Johnston Creekに向かってこれから5劼曚媛爾蠅泙
1
遥か向こうにHelena Ridgeと思しき山々が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か向こうにHelena Ridgeと思しき山々が見えます
1
名も無い駿峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名も無い駿峰
1
こういう明るい森が好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう明るい森が好きです。
1
見かける橋は全てこのように片側のみガードが付いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見かける橋は全てこのように片側のみガードが付いていました。
もうちょいでJohnston Creek
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょいでJohnston Creek
Johnston Creekに着いたところで太鼓せんべいを食します(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Johnston Creekに着いたところで太鼓せんべいを食します(笑)
1
一瞬通行止めかと思って焦りましたが、開閉式のゲートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬通行止めかと思って焦りましたが、開閉式のゲートです。
良い天気です。そよ風が気持ちいい♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気です。そよ風が気持ちいい♪
Helena Ridgeの山々が対岸に迫ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Helena Ridgeの山々が対岸に迫ります
Johnston Creekを渡り、本日のテン場"Luellen Lake Campground"に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Johnston Creekを渡り、本日のテン場"Luellen Lake Campground"に向かう。
着きました!Luellen Lakeです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました!Luellen Lakeです!
1
ここで幕営できるのはなんとも贅沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで幕営できるのはなんとも贅沢
1
エメラルドグリーン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エメラルドグリーン
2
湖のほとりで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖のほとりで
1
この印より下流側では釣り禁止のよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この印より下流側では釣り禁止のよう
空が青い〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が青い〜〜
本日の食事はカルボナーラとオニオンスープ。軽量化のため全てフリーズドライ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の食事はカルボナーラとオニオンスープ。軽量化のため全てフリーズドライ。
1
テン場で読むためCalgary国際空港で買いました〜 トレッキングにぴったり?!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場で読むためCalgary国際空港で買いました〜 トレッキングにぴったり?!
1
モルゲンロート!素晴らしい!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート!素晴らしい!!
2
鏡のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡のようです。
3
夜は一時雷雨になりましたが、朝は最高の天気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜は一時雷雨になりましたが、朝は最高の天気。
Johnston Creekに沿って進んでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Johnston Creekに沿って進んでいきます。
1
急に展望が出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に展望が出てきます。
1
左手に延々と岩壁が連なります。これぞカナディアンロッキー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に延々と岩壁が連なります。これぞカナディアンロッキー。
2
Johnston Creekで休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Johnston Creekで休憩
Johnston Creek左岸へ。この辺りは少々藪っぽいところも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Johnston Creek左岸へ。この辺りは少々藪っぽいところも。
1
先住民の住居跡のようなものがありましたが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先住民の住居跡のようなものがありましたが・・・
2
ひたすらこんな風景の中を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすらこんな風景の中を進みます
1
右側のピークがPalsatilla Mountain。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側のピークがPalsatilla Mountain。
1
こんな景色の中でも食べるものは普段と同じ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな景色の中でも食べるものは普段と同じ(笑)
1
長い時間をかけてここに来て本当に良かったと思える風景です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い時間をかけてここに来て本当に良かったと思える風景です
1
進んでも進んでも人に会いません。独り黙々と進んでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んでも進んでも人に会いません。独り黙々と進んでいきます。
1
Johnston Creek上流部の小滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Johnston Creek上流部の小滝
一つのハイライト、Palsatilla Passに近づいてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つのハイライト、Palsatilla Passに近づいてきました。
1
森林限界付近。平和な草原が広がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界付近。平和な草原が広がります。
1
Jonston Creek源頭部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jonston Creek源頭部
高山植物もたくさん☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山植物もたくさん☆
2
振り返ると延々と谷が続いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると延々と谷が続いています
1
こちらも高山植物
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも高山植物
このようなガレ場を少し登ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このようなガレ場を少し登ると・・・
どどーん!Palsatilla Passからの風景です!!スケールがでかすぎて写真で表現しきれません!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どどーん!Palsatilla Passからの風景です!!スケールがでかすぎて写真で表現しきれません!
3
しかしあと4時間くらいで一番奥に見えるピークの麓まで行く予定にしているのだが・・・大丈夫なのか???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしあと4時間くらいで一番奥に見えるピークの麓まで行く予定にしているのだが・・・大丈夫なのか???
1
とにかく進みましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく進みましょう。
2
紺碧の水をたたえています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紺碧の水をたたえています。
1
ここからしばらく樹林帯の急な下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらく樹林帯の急な下り
相変わらず花が彩を与えてくれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず花が彩を与えてくれます
再び沢に降りてきました。Wildflower Creekです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び沢に降りてきました。Wildflower Creekです。
Baker Creekへの合流点より少し手前あたり。この辺は道が錯綜して分かりにくかった。小さなケルンが目印です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Baker Creekへの合流点より少し手前あたり。この辺は道が錯綜して分かりにくかった。小さなケルンが目印です。
振り返る。もはやどこのピークか分かりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。もはやどこのピークか分かりません。
赤い実が生っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い実が生っていました。
また平和な森の中を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また平和な森の中を進みます。
渡渉点ですが、、、この木は少し無茶ぶりです(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉点ですが、、、この木は少し無茶ぶりです(笑)
Baker Creekに沿って登っていきます。ちょっと疲れてきた。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Baker Creekに沿って登っていきます。ちょっと疲れてきた。。。
Anzhozoan Mountainの絶壁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Anzhozoan Mountainの絶壁
1
振り返るとピラミダルなピークが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとピラミダルなピークが見えます。
このあたりから湿地帯。ドロドロの箇所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから湿地帯。ドロドロの箇所もあります。
Tilted Mountain(大概の山は地層が傾いているのに、なんであえてこの名前にしたんだろう・・・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Tilted Mountain(大概の山は地層が傾いているのに、なんであえてこの名前にしたんだろう・・・)
1
ひらけて気持ちが良いところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひらけて気持ちが良いところ。
このまま無事にテント場に着くかと思われたが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま無事にテント場に着くかと思われたが・・・
この辺りは沢が分流し道も錯綜して分かりにくい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは沢が分流し道も錯綜して分かりにくい。
ここは失敗した!右手に踏み跡が伸びるが、左手の沼地の向こうに赤テープがあり、こちらに渡らなければならない。右のルートに引き込まれたが、その後踏み跡はさらに分岐を重ね、全て右手の森の中に消失した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは失敗した!右手に踏み跡が伸びるが、左手の沼地の向こうに赤テープがあり、こちらに渡らなければならない。右のルートに引き込まれたが、その後踏み跡はさらに分岐を重ね、全て右手の森の中に消失した。
Fossil Mountain。これもピラミダルでカッコイイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Fossil Mountain。これもピラミダルでカッコイイ。
森の中の斜面を登りきり、再び平坦地へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の中の斜面を登りきり、再び平坦地へ。
荒野をFossil Mountainの方面に進んでいく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒野をFossil Mountainの方面に進んでいく
1
ここを辿ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを辿ってきました
1
Baker Lakeへの分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Baker Lakeへの分岐。
Baker Lake Campgroundに着きました。ここまで1人のハイカーにも会いませんでしたが、久々に人を見ました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Baker Lake Campgroundに着きました。ここまで1人のハイカーにも会いませんでしたが、久々に人を見ました!
2
夕ご飯を作る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕ご飯を作る
Baker Lake。広い湖です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Baker Lake。広い湖です。
右奥に見えるのがPtarmigan Peak
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に見えるのがPtarmigan Peak
1
こちらはBrachiopod Mountain
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはBrachiopod Mountain
湖畔を彩る花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖畔を彩る花
1
Fossil Mountainのモルゲンロート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Fossil Mountainのモルゲンロート
1
今日もまた清々しい朝です。でも、昨夜は酷い雷雨でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もまた清々しい朝です。でも、昨夜は酷い雷雨でした。
1
何枚も写真を撮ってしまいます(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何枚も写真を撮ってしまいます(^^;
1
これからFossil Mountainを反時計回りに周回します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからFossil Mountainを反時計回りに周回します。
1
おおっ、幻想的だ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ、幻想的だ!
絵画のような風景とはこのことか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絵画のような風景とはこのことか
1
Anthozoan MountainとBrachiopod Mountain
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Anthozoan MountainとBrachiopod Mountain
2
谷にはまだ朝日が届きません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷にはまだ朝日が届きません。
行く手にはCyclone Mountainが見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手にはCyclone Mountainが見える
2
谷にも朝がやってきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷にも朝がやってきた!
1
今回はJones Passに向けて左の道に進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はJones Passに向けて左の道に進みます
Fossil Mountainの東斜面をトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Fossil Mountainの東斜面をトラバース
どーんとSkoki Mountainが登場!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どーんとSkoki Mountainが登場!
1
Jones Pass 付近から。正面に見えるのがWall of Jerichoの東端。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jones Pass 付近から。正面に見えるのがWall of Jerichoの東端。
1
湿原が輝いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原が輝いています
Ptarmigan Peak北面に張り付く氷河
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Ptarmigan Peak北面に張り付く氷河
2
Skoki Lodge。こういうところにも泊まってみたいなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Skoki Lodge。こういうところにも泊まってみたいなあ。
1
Lake Merlinを目指してWall of Jerichoの下の崩壊地をトラバース。あまり長居はしたくない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Lake Merlinを目指してWall of Jerichoの下の崩壊地をトラバース。あまり長居はしたくない。
マーモット出現!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーモット出現!
1
ひょうきんな顔立ちです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょうきんな顔立ちです
1
ここを通過してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを通過してきました。
Skoki Valleyの景観
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Skoki Valleyの景観
1
Lake Merlinの下にあるCastilleja Lake。こちらも美しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Lake Merlinの下にあるCastilleja Lake。こちらも美しい!
1
ルンゼ状を登った先には・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼ状を登った先には・・・
1
Lake Merlin & Mount Richardson!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Lake Merlin & Mount Richardson!
3
Mount Richardsonの山頂付近はたっぷりの氷河に覆われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mount Richardsonの山頂付近はたっぷりの氷河に覆われています。
1
この湖は絶壁に囲まれています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この湖は絶壁に囲まれています
20分ほど降り口が分からなくなり右往左往。このケルンを見落とさないように!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分ほど降り口が分からなくなり右往左往。このケルンを見落とさないように!
ちゃんと「壁」が作られています♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃんと「壁」が作られています♪
これからDeception Passへ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからDeception Passへ向かいます
今度は子供のマーモット(?)が現れました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は子供のマーモット(?)が現れました!
1
このあとすぐに穴に引っ込んでしまいました(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあとすぐに穴に引っ込んでしまいました(^^;
2
こちらから来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから来ました
1
Pika Peak及びPtarmigan Peak北壁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Pika Peak及びPtarmigan Peak北壁
1
そして北壁の下にはSkoki Lakes。宝石のような美しさ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして北壁の下にはSkoki Lakes。宝石のような美しさ。
1
ゆるやかに高度を上げます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるやかに高度を上げます
もうすぐでDeception Pass
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐでDeception Pass
Deception Passから。これまた凄い!左手の山はRedoubt Mountain。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Deception Passから。これまた凄い!左手の山はRedoubt Mountain。
1
昨日泊まったBaker Lakeへ通じる道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日泊まったBaker Lakeへ通じる道
1
青々としたPtarmigan Lake
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青々としたPtarmigan Lake
2
最後のテン場"Hidden Lake Campground"。湖のそばにあるのかと思いましたが、大分下のほうでした。荷物を置いてHidden Lakeへ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のテン場"Hidden Lake Campground"。湖のそばにあるのかと思いましたが、大分下のほうでした。荷物を置いてHidden Lakeへ〜
Hidden Lakeへ向かう道で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Hidden Lakeへ向かう道で
ここまで来ればもう安心です(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ればもう安心です(^^)
2
テン場に戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場に戻ります
最後の夕飯はカレー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の夕飯はカレー
1
とても歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても歩きやすい
1
このあたりから見える山は分厚い氷河を纏っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから見える山は分厚い氷河を纏っています
1
神々しさを感じます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神々しさを感じます
樹林帯をてくてくと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯をてくてくと
最後まで楽しませてくれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後まで楽しませてくれます
Fish Creek Parking。普通はここまで車で入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Fish Creek Parking。普通はここまで車で入ります。
だだっぴろい車道を引き続き下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だだっぴろい車道を引き続き下っていきます。
着いたあ〜〜!Lake Louise!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着いたあ〜〜!Lake Louise!!
Visitor Centreにて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Visitor Centreにて
氷河やカナディアンロッキーの成り立ちに関する説明が丁寧に書かれていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷河やカナディアンロッキーの成り立ちに関する説明が丁寧に書かれていました。
Mountain RestaurantでMountain Burger ($17)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Mountain RestaurantでMountain Burger ($17)
1
Lake Louise Alpine Centre。今日はここに宿泊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Lake Louise Alpine Centre。今日はここに宿泊。
街にはあちらこちらに花が咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街にはあちらこちらに花が咲いています。
Bow Riverの流れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Bow Riverの流れ
1
カナダ人とフランス人と自分の3人で泊まりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カナダ人とフランス人と自分の3人で泊まりました
ホステルのレストランにて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホステルのレストランにて
さよなら、カナダ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよなら、カナダ。

感想/記録
by orochi

タイトルには入れていないが、今回のコースは"Sawback Trail"と呼ばれるトレッキングルートに少々オプションルートを加えたコースである。Brian Patton & Bart Robinsonによるカナダでは有名らしいガイドブック"Canadian Rockies Trail Guide"を読んで、今回のトレイルの存在を知った。

バンフとレイク・ルイーズというカナディアンロッキーの二大観光地を結ぶルートだが、テント装備で何日も歩くことになるためか、このトレイルを歩く人はかなり少ないようだ(なお、邦人による記録は見たことが無い)

入山にあたっては、こちらのページ:
http://www.pc.gc.ca/eng/pn-np/ab/banff/activ/randonee-backpacking/permis-pass.aspx
にあるとおり、国立公園への入園パスと、テント場の予約が必要となる。入園パスは1年間有効なDiscovery Passを事前に購入した。キャンプ場の予約が少々問題で、Banff Visitor Centreに電話するか、直接現地で申し込むこととなる。7月〜8月は特に人気があり、事前に予約することが推奨されていたため、前もって予約しようとしたが、電話してもオペレータにつながらなかったり、話が出来ても別の番号を紹介されてそこにかけてもすぐにつながらなかったり、またメールも試みたが、エラーメッセージではじき返されたりと何だかんだあり、結局キャンプ場の予約が出来ていない状況で出発する羽目になった。
満杯になっていないかドキドキしながらBanff Visitre Centerに行くと、幸いまだ開いているとの事で、すんなり予約ができ一安心。(4泊で$50.9)

食糧は全て日本から持ち込んだ。軽量化のため、栄養価は多少偏るが、全てフリーズドライ+行動食とした。

ガス缶は飛行機に持ち込めないため、Banffの登山用品店Monod Sports:
https://www.monodsports.com/
で入山の前日に購入した。

地図は、こちら↓のシリーズの"Banff South"及び"Banff North"を事前に購入した。
https://shop.nationalgeographic.com/product/maps/trail-maps/national-parks/900-banff-south--banff-and-kootenay-national-parks--trail-map

入山前と下山後の宿は、口コミで評価が高かったBanff Alpine Centre及びLake Louise Alpine Centreのドミトリー形式の部屋を事前に予約した。
http://www.hihostels.ca/westerncanada/332/HI-Banff_Alpine_Centre.hostel
http://www.hihostels.ca/westerncanada/359/HI-Lake_Louise_Alpine_Centre.hostel

それでは、山行記録へ。

----------------------------------
8月28日(日)
まだ薄暗い中、同じ部屋に泊まっていたアメリカ人のM(彼のみ起きていた)に小声で挨拶し、Banff Alpine Centreを発つ。

昨日はかなり雨が降り、周囲の山々はまだガスで覆われている。

車があれば入山地点のMount Norquay Ski Areaまで入れるが、今回はここまで約6劼鮹検垢畔發い討い。トランスカナダ・ハイウェイを越えた後、つづら折りの車道が延々と続き、精神的にきつい。

入山地点は夏のスキー場とあり殺風景だ。だだっぴろいスキー場を一人熊鈴をチリンチリン鳴らしながら進んでいく。あちらこちらにグリズリーへの注意を喚起する看板が立てられている。

入山地点から少し入ったところで、カルガリー国際空港で買ったサンドイッチを食し、腹を満たす。

しばらくはForty Mile Creekに向かって、歩きやすい登山道を下っていく。

Forty Mile Creekまで下り、右にElk Lakeに至る道を分けて左に折れると、突如トレイルが消失・・・

しばらく道を探したが、川沿いに進むしかなさそうなので半信半疑で少し進むと、再び右岸にトレイルが現れ一安心。(地図では入山地点から2本トレイルが描かれており、今回は下のトレイルを進んだが、上のトレイルを進むのが正解だったのかもしれない。)

周囲の苔むした小道をしばらく進むと(崩壊個所はもう1箇所あり、こちらは右岸をへつるように進んだ)、橋がかけられ左岸に渡るところで左からもう1本のトレイルが合流する。

ここからはひたすらForty Mile Creekに沿って進む。特に下流部は景色がほとんどなく、またぬかるみがかなりひどい。馬が通る道にもなっており、馬糞が大量に落ちていた。(途中で、馬に乗った3人グループに一度だけ会った。(観光なのか何なのか良く分からないが・・・))

それでも、Cockscomb Campgroundあたりからは、雲の切れ間からMount FifiやMount Louisの絶壁を望むことが出来、迫力に圧倒される。

Mystic Junctionが近づくと雰囲気が急に変化し、前方や背後に雄大なカナディアンロッキーの山並みを臨むことが出来るようになる。そして、分岐を過ぎると、これまで死角になっていたForty Mile Creek左岸の山脈を一望できるようになり、一気にテンションが上がる。

そうこうしているうちに、今夜のテン場"Mystic Valley Campground"へ到着。周囲を荒々しい岩壁を持つ山に囲まれ、涸沢のロッキーバージョンのようだ。

このあたりのテン場はどこもそうだが、熊対策のため、幕営場所と食事場所が離れており、さらに食糧関係の荷物はテントに入れることは厳禁で、これを吊るしておくためのポールがさらに別の離れた場所に設置されている。

テントを張り、フリーズドライのエビピラフを食べ、初日を終了した。
夜は少し雨が降った。

8月29日(月)
今朝もあまり天気が宜しくない。出発するとすぐに雨がぱらついてきたが、それほど強い雨ではない。

Mystic Passに向かう前に、side tripとしてザックをデポしてMystic Lakeへ向かう。何の気なしに行った湖だったが、周囲を絶壁に囲まれ、エメラルドグリーンの水を湛えたMystic Lakeはなかなか神秘的で美しかった。

さて、Mystic Passへ向かうと、途中で森林限界を超え、一気に視界が開けてくる。天気も回復傾向だ。

緩やかな勾配を登り上げたMystic Passは予想以上に良かった。前にも後ろにも雄大な谷が広がり、その遥か向こうに鋸の歯のようなロッキーの峰々が連なっているのが見える。

山頂を踏まないトレッキングにおいて、Pass=乗越は、間違いなくハイライトだ。
写真をたくさん撮り、Johnston Creekへ向けて下っていく。

途中で右側に見える名前すらない尖峰が槍ヶ岳のようで格好良い。

Johnston Creekへ至ることにはすっかり天気が回復。あまり景色は望めないが、気分よく進んでいく。

たまにぬかるみがあるが、Forty Mile Creek沿いの道のそれほどひどくは無い。

大分足が疲れてきたころ、Johnston Campgroundに至る。今夜の幕営地はここから沢を右岸に渡って1kmほど行ったところにあるLuellen Lake Campgroundだ。

Johnston Creekで水を満タンにし、テン場に向かう。

これまた何気なく選んだキャンプ場だったが、Luellen Lakeは素晴らしい場所だった。今まで泊まった幕営地の中で3本の指には入るだろう。

ご飯を作って食べてもまだまだ時間があるので、写真を撮ったり、時間つぶしのためにカルガリー国際空港で買った"Wild" by Cheryl Strayedを読んだりして過ごす。

なんせカナダの午後は長い。サマータイムが適用されているうえに、高緯度にあるため、9時近くまで明かるいのだ。

しかし、疲れているため、そこまで起きていることは出来ず、8時前には就寝した。
夜はまた雨が降った。

8月30日(火)
今日は朝から快晴だ。

引き続きJohnston Creekの上流に向かって歩いていくが、昨日とは違い、周囲の山々が見渡せるようになる。

山と言っても巨大な岩壁が屏風のように連なっている感じで、日本では絶対に見ることが出来ない景観だ。標高自体は八ヶ岳程度なのだが、とてもそうとは思えないような迫力だ。

さらに進むと、谷底は湿原状を呈し、非常に快適。まさに思い描いていたカナディアンロッキーのイメージそのものだ!

道は歩きやすいが、濡れた草が左右から覆いかぶさっており、服がびしょびしょになった。だが、それも太陽の高度が上がるとともに、簡単に乾いてしまった。

Palsatilla Passに近づくと、やがて森林限界を超え、高山植物の咲き乱れる登山道をそよ風に吹かれながら登っていく。最後は荒涼としたガレ場となり、これを登りつめるとPalsatilla Pass。

Palsatilla Passからの光景は、Sawback Trailの象徴かもしれない。前にも後ろにも、信じられないほど広大な谷が広がり、谷の左右は激しく傾斜した地層をむき出しにしたロッキーの山々が囲んでいる。そして、行く先に見える紺碧の水を湛えたWildflower Lakeが、ひときわ目を引く。

長居したいところだが、今日の行程はまだ10劼發△襪里如△匹海泙任眤海トレイルを、また下っていく。

Wildflower Lakeを過ぎると樹林帯の中の比較的傾斜の急な道を下っていく。その後、道はWildflower Creekに沿うようになる。

標高2000付近の右岸から沢が合流する地点は踏み跡が錯綜している。小さなケルンが目印で、見落とさないように慎重に進む。

Baker Creekの合流点から再び登り。この頃になるとかなり足が疲れてくる。

標高1980m付近はまた湿原状となり、結構ぬかるんでいる。そしてこのあと樹林帯の急斜に取り付くのだが、この手前で踏み跡がかなり錯綜しており、誤った右に伸びる踏み跡に引き込まれてしまった。少し進むと踏み跡はさらに分岐を重ね、やがて森の中に消失した。

写真にも掲載したが、少し戻ったとこにある泥沼の向こうに赤テープがあり、こちらに渡るのが正解。20分程度ロスしたが何とかトレイルに復帰し、この後は分かりやすい樹林帯の道を登り、やがてBake Creek源頭部の広大な平原状に飛び出した。

目前に聳えるピラミダルなFossil Mountainが印象的だ。

あとは本日の幕営地、Baker Lake Campgroundを目指すのみ。途中で現れる分岐を左に入り、少しだけ樹林の中を登ると、左手に人の姿が見え、ここがキャンプ場であると分かった。

登山道入口から60辧⊇蕕瓩謄魯ぅーに会った。

8月31日(水)
未明は激しい雷雨となり、怖いくらいだった。しかし、夜が明けて起きるとまたもや快晴!運が良い。

今日の幕営地のHidden Lake Campgroundまで最短で行けば6劼曚匹世、それだと短すぎるので、Fossil Mountainを反時計回りに周回し、さらにLake Merlinのside tripを付け加えることにする。これで大体20劼らい。

出発してすぐに見える右手の谷は、低く霧に覆われ、さながら新たな湖が誕生したかのようだ。

Jones Passあたりまで回り込むと、Ptarmigan Peakの北面に張り付く氷河が目に飛び込んでくる。これでもかこれでもかというくらい、新たな風景を見せてくれるのがこのSawback Trailだ。

趣のあるSkoki Lodgeを過ぎ、少々行くとLake Merlinへの分岐。
ザックは分岐を少し入ったあたりに書置きとともにデポしておく。

"I'll be back here by 13:30 31 Aug."

Lake MerlinへはWall of Jerichoの下部の不安定なガレ場のトラバースが主体。歩きやすいがあまり長居はしたくない場所だ。

ちなみに、途中でマーモットの写真を撮ることに成功!

Lake Merlinは岩壁に囲まれているが、トレイルはうまい具合に弱点のルンゼ状につけられており、難なく湖のほとりにたどり着くことが出来る。(ただし、注意しないと降り口が分からなくなる可能性がある。これまたケルンが目印だが、自分は見失ってしまい、20分くらい右往左往した。)

この湖がまた何とも素晴らしかった。奥には3000m峰のMount Richardsonが聳え、その山頂はケーキに載せたクリームのようにこんもりと氷河に覆われている。まるで絵葉書の中の世界だ。

しばらくゆっくりしたあと元来た道を引き返し、ザックを回収し、今度はDeception Passへ向かって進んでゆく。ひたすらだらだら坂が続き、ゆっくりと高度を上げていく。右手に見えるSkoki Lakesは、翡翠色とでも表現したら良いのだろうか、宝石のように美しい色をした2つの湖によって成り立っている。

長い坂を登るとようやくDeception Pass。眼下には碧いPtarmigan Lakeが横たわり、その後ろには重厚感のあるRedoubt Mountainが鎮座している。

いや、写真撮影ポイントがあまりにも多く困ってしまう(笑)

陽光を反射する眩しい水面を眺めながら、Hidden Lake Campgroundへ向かう。この辺りまで来ると、ちょくちょくハイカーとすれ違うようになる。おそらくLake Louiseから日帰りか1泊で来ているのだろう。

Hidden Lake Campgroundはメインのトレイルのすぐ近くにある。もっと湖に近いところにあるのかと思っていたが・・・(ちなみにキャンプ地で会った男性も、全く同じように思っていたとの事^^;)

とにかくまずはテントを張って、例のごとく食料をワイヤーに吊るし、1kmほど上流にある湖に最低限の装備で向かう。

たしかに美しい湖だったが、ここまでで見てきたものが凄すぎたためか、イマイチ感動に乏しい汗 なんか人工的な浮きみたいのも浮いていたし・・・

まあでも、ここまでくればもうなにも不安要素はないので、しばらくのんびりしていく。

最後の夕飯は定番のカレーを食べた。

9月1日(木)
今日は下山のみで気が楽。晴れているが若干雲が多い。

道幅もあり非常に歩きやすい道が、下界に近いことを感じさせる。
遠方には、本格的に氷河に覆われた山々を見渡せる。でも今回の旅ではそこまでは行かない。

やがて登山道は車の通れる砂利道となり、時折砂埃を巻きあげながらキャンピングカーを引いた車や大型トラックが横を通過していく。Fish Creek Parking Lotには多くの車が止まっており、これから登山するための準備をしているようだった。

この先は道幅が40mくらいあるんじゃないかという車道になり、最後は再びトランスカナダ・ハイウェイを越えて、最終目的地レイク・ルイーズへ到着した。

----------------------------------
昨年の同じ時期に初の海外トレッキングとしてオーストラリア タスマニアのトレッキングルート「オーバーランドトラック」を歩き、日本とは全く違う景観に感動したが、今回のSawback Trailはそれを上回る素晴らしいコースだったと思う。

どこまでも連なる激しく切り立った山々、苔むした森林、神秘的な山岳湖、湿原、氷河、高山植物・・・風景は目まぐるしく変化し、カナディアンロッキーの魅力を存分に感じることができた。

また、特に前半非常に人が少ないことに驚いた。ロッキーの広大さゆえかもしれない。大自然の中にいることを実感できるが、何かあってもまず助けを呼べないというリスクでもある。

トレイルを歩いたことのほか、ドミトリー形式のホステルに初めて宿泊し、(決してそんなに英語はできないけれど)色々な国の人と話せたのも楽しかった。レイク・ルイーズでは、フランス人とアメリカ人と一緒になり、「グリズリートーク」で盛り上がった(笑)

また機会があれば、無数に存在するカナディアンロッキーのトレイルのどこかを歩いてみたい、と思わせる5日間だった。
訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/2/20
投稿数: 531
2016/11/18 0:45
 レイクルイーズですか
大黒茂谷でコメントさせていただきました。
懐かしいです、25年くらい前にLake Louise、Mt Assiniboineにトレッキングに行きました。
100kmも歩いたのですか、良かったですね
登録日: 2013/3/21
投稿数: 25
2016/11/18 18:21
 Re: レイクルイーズですか
Mt RobsonやMt Assinibineなど色々なプランを考えましたが、なるべく長く歩けること、入山口・下山口が離れていること、公共交通機関で行けることなど諸々を考え、Sawback Trailに落ち着きました。
結局Lake Louise自体も見ていないですし、広大なカナディアンロッキーには見どころがいくらでもあるので、またいつか訪れる機会があることを楽しみにしています。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ