ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954369 全員に公開 ハイキング甲信越

ヌクビ沢〜巻機山

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー sptaka
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜坂P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間27分
休憩
31分
合計
12時間58分
S桜坂駐車場05:1105:43割引沢出合05:4407:09ヌクビ沢出合07:1711:43割引岳11:4912:26御機屋(巻機山山頂の標)12:38巻機山13:12牛ヶ岳13:1414:09巻機山14:19御機屋(巻機山山頂の標)14:2014:42巻機山避難小屋14:4414:57ニセ巻機山14:5916:186合目16:2517:025合目17:0318:03桜坂駐車場18:0418:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行動時間 13時間
標高範囲 700m〜1900m
合計登行 1500m
山で会った人 上り5人 以降100人
森林限界 井戸尾根 1600mで疎林展望
山の快適さ 名山は想像以上に客多い
日帰り温泉 金城の湯
露天 なし
コンビニ 早川にあり

写真

割引の河原
2016年09月03日 05:54撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割引の河原
こんな滝出てきて
2016年09月03日 06:40撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな滝出てきて
後続一人
2016年09月03日 06:50撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続一人
天狗岩というのが、いつも大きく
2016年09月03日 07:02撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩というのが、いつも大きく
ヌクビに入って
2016年09月03日 08:08撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌクビに入って
1
振り返って大源太
2016年09月03日 09:09撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って大源太
1
その向こうに似たような足拍子
2016年09月03日 10:50撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その向こうに似たような足拍子
1700mでようやく沢から離れて
2016年09月03日 11:12撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1700mでようやく沢から離れて
1
涼しそうな稜線に出る。向こう巻機本峰
2016年09月03日 11:42撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼しそうな稜線に出る。向こう巻機本峰
2
割引頂上
2016年09月03日 11:50撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割引頂上
1
左牛ヶ岳、右巻機
2016年09月03日 11:50撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左牛ヶ岳、右巻機
2
稜線すぐ脇に池などたくさんあり、巻機山の高層湿原
2016年09月03日 12:39撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線すぐ脇に池などたくさんあり、巻機山の高層湿原
1
朝日への稜線分岐
2016年09月03日 12:54撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日への稜線分岐
超えると矢木沢ダム見えてくる
2016年09月03日 12:54撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
超えると矢木沢ダム見えてくる
下津川の尾根が右に分岐
2016年09月03日 12:55撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下津川の尾根が右に分岐
越後駒と中ノ岳
2016年09月03日 13:15撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後駒と中ノ岳
牛ヶ岳頂上と向こう分岐方面
2016年09月03日 13:17撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛ヶ岳頂上と向こう分岐方面
1
避難小屋周辺にテント場あるんだね
2016年09月03日 14:48撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋周辺にテント場あるんだね
3
カール底テント場と向こう本峰
2016年09月03日 14:49撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カール底テント場と向こう本峰
2
下りから天狗岩と登ったヌクビ沢(右
2016年09月03日 16:25撮影 by EX-ZR410 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りから天狗岩と登ったヌクビ沢(右
3

感想/記録
by sptaka

グレートサミッツ国内編 NO179
 ヌクビ沢〜巻機山
 久しぶりに晴れた、熱波も終わってウィンターへシーズンインが近い。9月はオープン戦みたいだから、夏の巻機山に初めて行く。どうせなら登ってないヌクビ沢コースから行く、一般ルートだ。
 100台くらいマイカーが桜坂辺りに止まっている。5時に早めの出発、なんと目の前に4人組が同じコースに入るようで、安心んな気持ち。井戸尾根コースを分けて、割引沢に降りていく。
 それでも私、草鞋なんて持ってきたんですよ、ジャブジャブを登山靴は嫌でね。ところが割引沢横断したら藪の中の道。ジャブジャブはなかったですね。少し先で開けてきたと思ったら、スラブの豪快な滝が目の前に。登山道とはいっても何だかプレッシャーあり。その脇の簡単草付き辺りをトラバースして、いよいよ鎖で岩をへつっていく。一ヶ所コケヌルヌルの鎖でちょっと緊張。前の連中もゆっくりになっていた。
 スラブの滝辺りの乾いた岩をピタピタと歩いて行くと、こんなの登山道でいいのかと思うと同時に若い頃に沢登りたくさんやったこと思い出す。その先で一瞬登山道見失ったときも少々焦ったが。手入れはされているのだが、何だか客も少ない不明瞭なところもあり。単独の若い兄ちゃんに抜かされた。
 豪快な核心部を抜けて、スタートまだ2時間だけど、割引ヌクビの分岐点に出た。もちろんヌクビに行くが、次回は割引と思ったけど。
 そこからも長かった。延々と巻道上下があるし、沢に降りるとまたまた上下も激しくて、細い流れだから濡れないけど、沢は尾根の倍のストレスがある。3月にここを2度滑ったことがあるが、下りと登りは大違い。その落差がたまらん。だんだん上流雰囲気気になって、それでも1700mまで登っても水が流れているし、そこから崖のような急登から小尾根にでて稜線へ。6時間もかかりましたよ。でも楽しいなあ。この道下り禁止なのは理由ありだね。
 稜線からはまずは割引の頂上へ。この山三角で分かり易くて、次に巻機へ。どうも地図と実際の頂上がずれている気がするのだが、引き続き牛ヶ岳へ。ここまで来る人も多いよねえ。木道ポコポコ歩いて行くと、朝日への分岐稜線に出て、ああ上越国境に出るんだと。その先下津川への稜線も向こうに踏み跡見えるのに、分岐がなくて、その稜線もさらに分けて突き当りが牛ヶ岳だった。眼下の大兜は、花崗岩の乱立でこの山一体何なんだと思うよねえ。
 そうそう本峰の登りからは、振り返って大源太は好きな山だけど、その向こうに似たような足拍子も見えて、そこ行ったことないけど、はまるなあ、こんな景色に感動していると。
牛ヶ岳は割引岳から見ると一番大きく見える山だよねえ。何だかこの辺に3時間もいたよ。戻りで国境分岐のベンチでも昼寝したし。さっさと下るの惜しい気になった。いよいよ客がいなくなった頃に下山。すぐ下の避難小屋辺り宿泊組も多くて、幕営もやっていたね。巻機カール底ののどかなところだよ。水は米子沢に汲みにいくらしい。
下山で井戸尾根を夏に下るのも初めてで、井戸の壁はどんなかと思ったけど、斜めに緩斜面ゆらゆら下っていただけで、夏はそこは壁じゃなかったね。井戸の壁とは冬の用語だったのかも。沢登って名山の頂上に行くというのもいいよね、ただし一般道がある道に限るが。

訪問者数:351人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ