ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954456 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

木曽御嶽山五の池小屋泊・摩利支天山・継子岳 

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー sima(CL), その他メンバー1人
天候3日:晴れ、ガス 4日:快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
御岳ロープウェイ駅駐車場(ガラガラでした)
往復運賃2,600円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
48分
合計
6時間37分
Sスタート地点08:1208:46飯森高原駅08:4708:54行場山荘09:55女人堂10:51石室山荘10:5511:04覚明堂 登山指導所・避難小屋11:0611:09二ノ池・頂上・黒沢口分岐11:1011:21二ノ池本館11:2211:39賽ノ河原11:4011:57三ノ池乗越12:0312:19摩利支天乗越12:2112:33摩利支天山12:4912:59摩利支天乗越13:39五の池小屋13:40飛騨頂上13:5013:57五の池小屋14:20継子岳14:2414:49五の池小屋G
日帰り
山行
3時間6分
休憩
13分
合計
3時間19分
飛騨頂上06:2706:35巻道の三ノ池分岐06:53摩利支天乗越06:5407:03三ノ池乗越07:0407:13賽ノ河原07:1407:30二ノ池本館07:3107:44二ノ池・頂上・黒沢口分岐07:48覚明堂 登山指導所・避難小屋07:4908:47女人堂08:5509:38行場山荘09:46飯森高原駅
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準的なコースタイムで歩きました。
コース状況/
危険箇所等
山小屋の従業員が登山道整備を行っているそうです。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

鹿ノ瀬駅の花壇きれい。
2016年09月03日 08:16撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿ノ瀬駅の花壇きれい。
行場小屋で中の湯登山口のコースに合流。
2016年09月03日 08:51撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行場小屋で中の湯登山口のコースに合流。
慰霊登山を取材する報道陣が先を急いでいた。
2016年09月03日 09:29撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慰霊登山を取材する報道陣が先を急いでいた。
後姿の方が小寺さん。
2016年09月03日 09:40撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後姿の方が小寺さん。
女人堂を上から見たところ
2016年09月03日 09:58撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女人堂を上から見たところ
中央奥が継子岳。右が継子曲。
2016年09月03日 09:58撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥が継子岳。右が継子曲。
このような石像があちこちにあった。
2016年09月03日 09:59撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような石像があちこちにあった。
1
鐘もある。
2016年09月03日 10:14撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘もある。
1
取材陣はここまで。
2016年09月03日 10:31撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取材陣はここまで。
火山灰が流されずに残っていた。
2016年09月03日 10:34撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山灰が流されずに残っていた。
9合目石室(営業していた)。
2016年09月03日 10:43撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目石室(営業していた)。
二の池到着。池側は立ち入り禁止。
登山道は6月28日から通行できるようになった。
2016年09月03日 11:10撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池到着。池側は立ち入り禁止。
登山道は6月28日から通行できるようになった。
サイノ河原に向かう。
2016年09月03日 11:21撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サイノ河原に向かう。
サイノ河原。広々としている。
2016年09月03日 11:33撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サイノ河原。広々としている。
クロマメノキ。
2016年09月03日 11:36撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロマメノキ。
三の池きれい。
2016年09月03日 11:46撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の池きれい。
中央左が剣ヶ峰。2年前の9月27日の噴火により犠牲者が出た。
2016年09月03日 12:17撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央左が剣ヶ峰。2年前の9月27日の噴火により犠牲者が出た。
摩利支天にちょっと寄り道。
2016年09月03日 12:17撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天にちょっと寄り道。
継母岳(踏み跡が見える)
2016年09月03日 12:17撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継母岳(踏み跡が見える)
摩利支天山頂。登山道はカルデラ壁(内側)を縫うようにつけてあった。
2016年09月03日 12:33撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山頂。登山道はカルデラ壁(内側)を縫うようにつけてあった。
トウヤクリンドウはまだ頑張っていた。
2016年09月03日 12:54撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウはまだ頑張っていた。
今日の宿、五の池小屋が見えた。
2016年09月03日 13:18撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の宿、五の池小屋が見えた。
三の池
2016年09月03日 13:19撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の池
1
右側の青っぽい建物は新館。
2016年09月03日 13:24撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の青っぽい建物は新館。
1
頭を何度もぶつけた。「桜」の1.2.3側の梯子を上ったところにある「羽子板(建築用語)」のネジが長く出ていて危険。
2016年09月03日 13:34撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭を何度もぶつけた。「桜」の1.2.3側の梯子を上ったところにある「羽子板(建築用語)」のネジが長く出ていて危険。
継子岳に向かう途中にある石門。
2016年09月03日 13:59撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳に向かう途中にある石門。
四の池。幻の滝の源流。
2016年09月03日 14:01撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四の池。幻の滝の源流。
1
イワギキョウはまだ頑張っている。
2016年09月03日 14:04撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウはまだ頑張っている。
1
振り返る。少しガスがあってよく見えない。
2016年09月03日 14:12撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。少しガスがあってよく見えない。
大自然の不思議。思わず手を合わせた。(何の願をかけたかって?)





2016年09月03日 14:13撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大自然の不思議。思わず手を合わせた。(何の願をかけたかって?)





継子岳頂上。
2016年09月03日 14:18撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳頂上。
帰りにまた撮る。天然に起立している岩だけではなく工作したものもあったのでバ○アグラ岩と命名。
2016年09月03日 14:28撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りにまた撮る。天然に起立している岩だけではなく工作したものもあったのでバ○アグラ岩と命名。
1
コマクサは力尽きたか。
2016年09月03日 14:45撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサは力尽きたか。
日向ぼっこしながら缶ビール500円x4本
2016年09月03日 15:02撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向ぼっこしながら缶ビール500円x4本
3
新しくてしゃれた小屋で食事も良い。
2016年09月03日 16:23撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しくてしゃれた小屋で食事も良い。
小屋の真ん前(摩利支天乗越)
2016年09月04日 05:24撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の真ん前(摩利支天乗越)
台風がそれて最高の日の出を見た。
2016年09月04日 05:25撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台風がそれて最高の日の出を見た。
2
富士山が見えた。
2016年09月04日 06:24撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えた。
八ヶ岳、中央アルプス、南アルプス
2016年09月04日 06:24撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳、中央アルプス、南アルプス
乗越まで標高差120m。
2016年09月04日 06:30撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越まで標高差120m。
笠ケ岳の左が薬師と黒部五郎(重なっている)、右が剱岳。(カシミール3Dで確認)
2016年09月04日 06:35撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ケ岳の左が薬師と黒部五郎(重なっている)、右が剱岳。(カシミール3Dで確認)
槍ヶ岳、穂高連峰。
2016年09月04日 06:35撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳、穂高連峰。
五の池小屋サヨウナラ。
2016年09月04日 06:35撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋サヨウナラ。
1
両側が高くなっていて富士山のようだ。左が剣が峰。
2016年09月04日 06:48撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両側が高くなっていて富士山のようだ。左が剣が峰。
北岳、間ノ岳と富士山
2016年09月04日 06:50撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳と富士山
1
これで見納め、三の池
2016年09月04日 07:00撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで見納め、三の池
1
サイノ河原と摩利支天
2016年09月04日 07:15撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サイノ河原と摩利支天
1
剣ヶ峰と二の池。
2016年09月04日 07:28撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰と二の池。
右側に乗鞍が見える。下山するのが勿体ないほどの展望。
2016年09月04日 07:41撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に乗鞍が見える。下山するのが勿体ないほどの展望。
9合目石室あたりは急坂だが案外歩きやすい。
2016年09月04日 08:09撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目石室あたりは急坂だが案外歩きやすい。
1
山頂小屋か?
2016年09月04日 08:38撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋か?
1
登山道は基本直登。体力次第でドンドン高度を稼げる。
2016年09月04日 08:39撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は基本直登。体力次第でドンドン高度を稼げる。
赤い実をつけたナナカマド。
2016年09月04日 08:45撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い実をつけたナナカマド。
1
恵那・中津川から来たというご婦人の「もう少し弾けた表情を・・・」という注文に応えてみた。
2016年09月04日 08:51撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵那・中津川から来たというご婦人の「もう少し弾けた表情を・・・」という注文に応えてみた。
2
撮影機材:

感想/記録
by sima

6月28日から二の池が通行できるようになったので五の池小屋に泊まって摩利支天山と継子岳に登りました。
御嶽山は北部の方が雰囲気が良くて、今度は濁河温泉コースで登りたいと思いました。
訪問者数:295人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ