ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954548 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

焼岳 〜中の湯登山口から +動画

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー kimicha, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 沢渡から釜トンネル信号を左折、間も無く右折レーン(直進は安房トンネル)、右折してヘアピンカーブをいくつか進むと中の湯旅館を通過して、登山口。登山口は進行方向右手にあり、駐車場は左。駐車場がいっぱいなら路肩に停めることになりますが、落石の危険もあり、お勧めはできないとの事です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間59分
休憩
1時間36分
合計
6時間35分
S新中の湯登山口05:5907:051972mピーク07:25広場07:3307:37下堀沢出会08:49焼岳(北峰)10:0511:12下堀沢出会11:1311:16広場11:2711:451972mピーク12:34新中の湯登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3週間前に左足の関節をくじいたので、下山はだいぶ慎重にしました。
コース状況/
危険箇所等
 登山届は中の湯旅館で預かっているという事ですが、登山口からはだいぶ下るため、出すのは難しいです。他にコンパスか電子申請という看板がありますが、自分はコンパスで出しました。Docomoは受信可能でした。
その他周辺情報 屋外トイレは沢渡の足湯のところが最終かもしれません。少し手前なら風穴の里、安曇地区村の駅など。コース上にはトイレがありません。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口より前穂高
2016年09月03日 06:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口より前穂高
朝日が射します
2016年09月03日 07:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が射します
広場から山頂
2016年09月03日 07:30撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場から山頂
1
霞沢岳
2016年09月03日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳
1
噴煙が上がってます
2016年09月03日 08:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴煙が上がってます
1
南峰の上にトンビ?
2016年09月03日 08:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰の上にトンビ?
クロマメ、シラタマ
2016年09月03日 08:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロマメ、シラタマ
正賀池と向こうに山頂
2016年09月03日 08:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正賀池と向こうに山頂
1
登りのルート
2016年09月03日 08:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りのルート
山頂と穂高連峰
2016年09月03日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂と穂高連峰
2
山頂から噴火口
2016年09月03日 08:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から噴火口
槍・穂高、上高地
2016年09月03日 09:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂高、上高地
3
新穂高ロープウェイ
2016年09月03日 09:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高ロープウェイ
河童橋付近
2016年09月03日 09:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋付近
槍ヶ岳が見え隠れ
2016年09月03日 09:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳が見え隠れ
2
だいぶ雲が増えてきました
2016年09月03日 09:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ雲が増えてきました
1
笠ヶ岳、山頂を形取ったような雲
2016年09月03日 09:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳、山頂を形取ったような雲
裏銀座方面
2016年09月03日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀座方面
1
大正池
2016年09月03日 09:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大正池
1
東の峰からパノラマ
2016年09月03日 09:57撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の峰からパノラマ
2
焼岳小屋方面
2016年09月03日 09:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳小屋方面
東峰の上、広く、作業している方も
2016年09月03日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰の上、広く、作業している方も
干上がった池と苔
2016年09月03日 10:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
干上がった池と苔
田代池
2016年09月03日 10:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田代池
火口のところの岩、ミニラ?名前がありそうです
2016年09月03日 10:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口のところの岩、ミニラ?名前がありそうです
1
だいぶ下りました
2016年09月03日 11:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下りました
1
広場より
2016年09月03日 11:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場より
オオカメノキもすっかり秋
2016年09月03日 12:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキもすっかり秋
登山口
2016年09月03日 12:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
再び前穂高
2016年09月03日 12:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び前穂高

感想/記録





 8年ぶりの焼岳。いつも、9月になってしまい、比較的好天に恵まれる?

 早く出たつもりも、駐車場はすでにいっぱいで、路肩も埋まっており、少し下った路肩に駐車。初めは広葉樹、間も無く針葉樹の急登。こんなはずではなかったと、思うほどの急登。前回天気が良かったので、つらいことは忘れているようです。

 蒸し暑く、汗が吹き出る。樹林のピークを越えて下ると、次第になだらかになってきました。しばらくいくと中間値の広場に到着。山頂が良く見える。青空が濃い。ナナカマドが色づいている、でも枯れてもいるような...

 間も無く、下堀沢の淵に出遭い、ここに沿って登る。ここにも、木のはしごがかかる。後ろに、霞沢岳が姿を表します。クロマメ、シラタマなど秋の気配を感じながら、硫黄ガスの噴き出す火口鞍部へ向かって登る。

 吊尾根状の鞍部からは、火口湖と噴火口が見える。焼岳小屋からのルートと合流するところから、北峰山頂へ岩をよじ登る。山頂は広い。確か、上高地のビジターセンターの望遠鏡から見えるはず。かなりの盛況。シャッターをお願いして記念撮影後、早いお昼ご飯。硫黄ガスがかなり臭う。東風で、山頂へなびいている。

 山頂からは穂高岳、一方槍は雲の中に見え隠れ。西の笠ヶ岳は山頂だけがガス。乗鞍は見えず。同定できませんが、裏銀座方面はよく晴れている。上高地の谷は良く見える。河童橋から、我々もみえているはず。大正池がエメラルドグリーンに輝いてました。

 帰る前に、東峰に上がってみる。水蒸気が吹き出る穴があちこちにある。手を近づけると熱い。赤茶けたピークの向こうは案外広く、何か測定器具を設置している人々が。干上がった池もあり、苔の水玉模様が見えました。

 今日は、3週間前に挫いて腫れた左足のリハビリも兼ねて。下りには余計時間がかかる。広場で休憩後、長い樹林の下りを進む。

 登りの人も徐々にまばらになるものの、昼過ぎても登ってくる若者も。

 広葉樹の林に変わるとまもなく、ひっくり返った目印の車。間も無く登山口に到着。車は少し減っている様子。早速コンパスに下山届。

 予想以上に早く下山でき、帰宅も早かったので欠席の予定の研修に出席できました。

 夕方、相方共々頭痛。二人揃っての症状に、火山ガスを疑って調べてみると、二酸化炭素に遅発性の頭痛症状の記載がありました。山頂での長期の滞在は禁物と書いてありました。景色がいいときは特に長居してしまうので注意ですね。自分は軽い喘息もあるのですが、これは前もって吸入薬を吸っていたので、今回は平気でした。
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ