ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954590 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

針ノ木岳 立山・劔を間近に見る

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー nob-RX200t, その他メンバー3人
天候晴れ→曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇沢有料第1駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間24分
休憩
1時間59分
合計
11時間23分
S扇沢駅05:4907:05大沢小屋07:0609:58針ノ木小屋10:2011:15針ノ木岳12:3313:16針ノ木小屋13:3316:09大沢小屋16:1017:11扇沢駅17:12扇沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口は工事用車両?ゲートの左手
2016年09月03日 05:53撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口は工事用車両?ゲートの左手
1
大沢小屋
2016年09月03日 07:04撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢小屋
日本三大雪渓・・・
2016年09月03日 08:04撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本三大雪渓・・・
ここを渡ると軽い鎖場
2016年09月03日 08:15撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡ると軽い鎖場
残雪 最上部
2016年09月03日 08:29撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪 最上部
ガスの中から突然針ノ木小屋
2016年09月03日 09:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中から突然針ノ木小屋
この雲と競争だった
2016年09月03日 11:03撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雲と競争だった
ギリギリ
2016年09月03日 11:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギリギリ
2
冷たい水のありがたいこと
2016年09月03日 14:21撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷たい水のありがたいこと
1
鎖場
2016年09月03日 14:47撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場

感想/記録

同僚4人、前日22時すぎに出発。2時すぎに扇沢駐車場着。下の無料駐車場は混んでいたが、最上部の有料駐車場はガラガラで一安心。
多人数あるある、5時出発予定が1時間近く遅れ…。起床時はガスが立ち込め不安だったが、出発のころにはほぼガスもとれて意気揚々。
しかし、山に入ったと思ったら道路に出て、の繰り返し。道路の終点ではトンネルに目が行って登山道入口に気が付かない…。
ここからが本番。遠めに沢の音を聞きながら森の中を進む。大沢小屋は管理人さんがおらず休憩できなかった。その後は何度か沢渡りをしながら進む。きれな山の水に何度も触れることができ、本当に気持ちいい。本来雪渓があるだろう箇所は沢の左右、少し高い所を進むがザレていて登りにくい。最初の残雪を見て少し登ると、ちょっとした鎖場。ここを登り切ると左手に大きめの残雪が見える。時間が経つにつれ、下からガスが湧いてきて、針ノ木小屋までは白い世界に…向こうは大丈夫か。また小屋直下は九十九折でザレザレ、かつすれ違いも一苦労な道。体力的には辛くないが精神的に辛い。
針ノ木小屋に着くと視界は開けたが、完全な晴天ではなく、雲の間からいくつか山が見える。少々急がないと立山・劔が見えなくなるかもしれないと休憩もそこそこに山頂へ。案の定、山頂へ向かう左手からは立山側へ勢いよく雲が流れていく。登ってきた右手は完全な白い世界。
なんとか登頂。すぐに立山・劔を探すが雲で見えない。下に黒部湖は見える。数分後、幸運にも雲の切れ目から立山、劔を3度見ることができた。昼飯も含め、1時間以上山頂でゆっくりしたが、そのあとは黒部湖がうっすら見えるだけだった。
今日も日帰り。出発時間の遅れが効いてくる。下りは急ぐしかない。針ノ木小屋でバッチをゲットして下山。視界10mのガスへ突入。下りは膝にくるため思ったよりペースが上がらない。それでも登りのときに目星をつけていたきれいな沢の周りで休憩。ここで膝も大分復活しペースアップ。なんとか予定通りの時間に降りることができた。
多人数で、ペース差や体力差があるため、予定通りにいかないことは想定していたが、出発時間を守るのは気を付ければできること。前倒しはOKでも遅れはNG。みんなが今後の教訓として活かしてくれるだろう。
訪問者数:339人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 鎖場 雪渓 ザレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ