ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954871 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

早川尾根【AKU友と静寂のトレイルを満喫】

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー peak315, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
芦安第2駐車場 22:50着で駐車率 約80%
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間22分
休憩
2時間17分
合計
9時間39分
S北沢峠06:5507:05長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)07:1009:23栗沢山09:4710:34アサヨ峰10:5510:55西南尾根 道迷い11:2011:50ミヨシノ頭12:50早川尾根小屋13:5213:12広河原峠15:37広河原峠入口15:52広河原・吊り橋分岐15:54広河原インフォメーションセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■25年来の大切な山スキーの友人技瓩隼灰好ーではなく3年ぶりの登山で南アルプス・早川尾根を歩いてきました。驚いたことに、私が2011年から愛用しているAKUの登山靴(ヴァーディゴGTX)を友人技瓩盥愼していて、二人お揃いの靴での登山となりました。

■3日 前夜、芦安市営駐車場で仮眠し、始発のバスで広河原へ。北沢峠行きのバスへの乗り換えもスムーズで予定より20分ほど早く北沢峠に着いた。夏山シーズンも終わったはずだが、早朝の芦安も、広河原も北沢峠も多くの登山者で溢れていた。
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)前で水補給、トイレ、身支度を整えて出発。仙水峠への道と分かれ栗沢山への登山道へ入ると、これまでの喧騒がウソのように静かな樹林帯の登りとなる。標高2500m付近の北側が開けた地点からは甲斐駒ケ岳と駒津峰の展望が楽しめ足を止めた。栗沢山山頂に着く頃には雲も湧きはじめてきたが摩利支天を抱いた甲斐駒ケ岳の雄姿は見飽きることがなかった。
早川尾根の最高点となっているアサヨ峰はガスの中で視界はなかった。山頂の西側に回り込んで小休止としたが、ガスと西側に回り込んだことで迂闊にも南西に派生した尾根に細々と残っている踏み跡に入り込んでしまった。一瞬のガスの切れ間から方向が違うことに気づき山頂の東側にある正規のルートに戻ることが出来たが、20分以上のタイムロスとなってしまった。
※昭文社の地図にも「→この尾根に入り込まぬよう注意」とあったが見落としていた。(2人とも大いに反省)
小さなピークのアップダウンを繰り返し早川尾根小屋に到着。この頃にはガスも切れ青空が拡がり日差しも強くなり、木陰を選んで遅めの昼食タイムとした。無人化された早川尾根小屋だが、水場も近くにあり室内も整理されていて使用には全く問題がなさそうだ。
早川尾根小屋を後にして、途中1回の休憩を挟み林道に降り立った。

■北沢峠からアサヨ峰ピストンのパーティー(いずれも単独)を除くと、縦走中にすれ違い、および同方向へ向かうパーティーはわずか3パーティーで、静かな山歩きを満喫しました。
コース状況/
危険箇所等
アサヨ峰から南西の尾根に入り込まないこと
その他周辺情報■登山届⇒長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)に提出
■温泉 山渓園 
 7月〜10月 11時〜18時 400円 木曜休み 055-288-2117
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

2016年9月3日 9時の天気図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016年9月3日 9時の天気図
偶然、二人ともAKUの登山靴(ヴァーディゴGTX)でした
2016年09月03日 10:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偶然、二人ともAKUの登山靴(ヴァーディゴGTX)でした
2
北沢峠に到着
2016年09月03日 06:56撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠に到着
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)前で出発準備
2016年09月03日 07:08撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)前で出発準備
栗沢山2500m付近から駒津峰と甲斐駒ヶ岳
2016年09月03日 08:50撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山2500m付近から駒津峰と甲斐駒ヶ岳
1
栗沢山2600m付近を登るI氏
2016年09月03日 09:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山2600m付近を登るI氏
栗沢山山頂にて
2016年09月03日 09:34撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山山頂にて
かろうじて仙丈ケ岳の山頂が見えた
2016年09月03日 09:36撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かろうじて仙丈ケ岳の山頂が見えた
甲斐駒ヶ岳と摩利支天
2016年09月03日 09:41撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳と摩利支天
2
雲が増えてきました
2016年09月03日 09:43撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が増えてきました
アサヨ峰はガスの中
2016年09月03日 10:34撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨ峰はガスの中
ロッククライマーだったI氏
2016年09月03日 11:35撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッククライマーだったI氏
1
これから辿る稜線
2016年09月03日 11:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから辿る稜線
よくある構図ですが・・・
2016年09月03日 12:22撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よくある構図ですが・・・
彼方に仙塩尾根が見えました
2016年09月03日 12:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彼方に仙塩尾根が見えました
1
靴が同じだけでなくジップシャツの色まで同じでした
(早川尾根小屋前で)
2016年09月03日 13:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴が同じだけでなくジップシャツの色まで同じでした
(早川尾根小屋前で)
3
ん・・・綺麗だけど 毒キノコ?
2016年09月03日 14:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん・・・綺麗だけど 毒キノコ?
広河原峠の古い標識
2016年09月03日 14:12撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原峠の古い標識
広河原から北岳が(今日初めて)見えました
2016年09月03日 15:52撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から北岳が(今日初めて)見えました
訪問者数:271人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ