ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955039 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

双六〜三俣蓮華〜鷲羽〜水晶岳  晴天絶景!

日程 2016年09月01日(木) 〜 2016年09月03日(土)
メンバー chikah
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
木曜日のam3:30に駐車場到着。
すでに満車だったが、スペースを見つけてなんとか駐車。
下山時の土曜日は8割がたの埋まりよう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間42分
休憩
1時間36分
合計
11時間18分
S新穂高登山指導センター05:5707:09わさび平小屋07:1307:39小池新道入口08:25秩父沢出合08:3008:55チボ岩09:19イタドリが原09:2509:59シシウドヶ原10:0310:50鏡平山荘11:2212:22弓折乗越12:2613:33双六小屋13:5514:09双六岳巻道分岐14:59双六岳15:0715:29中道分岐15:53丸山15:5916:25三俣蓮華岳16:3016:43双六岳巻道分岐17:15三俣蓮華テント場
2日目
山行
7時間23分
休憩
1時間54分
合計
9時間17分
三俣蓮華テント場05:4106:55鷲羽岳07:1707:50ワリモ岳08:05ワリモ北分岐08:1108:51水晶小屋08:5809:33水晶岳09:5310:28水晶小屋10:5111:19ワリモ北分岐11:2311:31岩苔乗越11:3612:13祖父岳12:2713:12岩苔乗越13:2514:21黒部川水源地標14:58三俣蓮華テント場
3日目
山行
7時間38分
休憩
1時間11分
合計
8時間49分
三俣蓮華テント場05:4006:14双六巻道分岐(巻道ルートへ)06:1808:07双六小屋09:17弓折乗越09:2309:59鏡平山荘10:3611:14シシウドヶ原11:1811:38イタドリが原11:4312:11秩父沢出合12:2213:01小池新道入口13:22わさび平小屋13:2614:29新穂高登山指導センターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水晶岳付近の岩場を注意すれば、特に危険と思われるところはなかったです。
その他周辺情報お風呂:中崎山荘奥飛騨の湯 \800
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

150台超過の駐車場から
スタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
150台超過の駐車場から
スタート
秩父沢〜空青いわぁ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父沢〜空青いわぁ♪
イタドリヶ原
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタドリヶ原
鏡平まで500m。
嬉しいお知らせだ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平まで500m。
嬉しいお知らせだ♪
1
鏡池到着で槍の登場。
お世話になります
ヽ(^。^)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池到着で槍の登場。
お世話になります
ヽ(^。^)ノ
2
槍をクローズアップ。
いいぞぉ、槍&小槍♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍をクローズアップ。
いいぞぉ、槍&小槍♪
2
西鎌尾根。
いつか歩くぞ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西鎌尾根。
いつか歩くぞ!
弓折から双六への稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折から双六への稜線。
1
野イチゴが沢山実っていた。食べ頃です〜甘かったよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野イチゴが沢山実っていた。食べ頃です〜甘かったよ。
1
双六岳と樅沢岳の鞍部。
鷲羽が顔を出した♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳と樅沢岳の鞍部。
鷲羽が顔を出した♪
2
双六小屋。テン場はまだ混み合ってなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋。テン場はまだ混み合ってなかった。
1
本日の幕営地となる三俣蓮華は鷲羽の麓。
近いような、遠いような。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の幕営地となる三俣蓮華は鷲羽の麓。
近いような、遠いような。
チングルマを撮ったのに、奥の岩が気なる。
ゴリさんがいたとは・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマを撮ったのに、奥の岩が気なる。
ゴリさんがいたとは・・・。
2
双六岳手前の広尾根。
丸い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳手前の広尾根。
丸い。
1
双六岳到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳到着。
3
次なるピークは丸山だ。
えらく遠くに感じるなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次なるピークは丸山だ。
えらく遠くに感じるなぁ。
中道との合流点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道との合流点。
疲労した脚に追い打ちをかける丸山の登り。もうひと頑張りだ。丸山ピークには標識がなかった。見落としたかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲労した脚に追い打ちをかける丸山の登り。もうひと頑張りだ。丸山ピークには標識がなかった。見落としたかな?
丸山を越え三俣蓮華岳へ。
えらく遠いような・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山を越え三俣蓮華岳へ。
えらく遠いような・・・。
三俣蓮華岳の1つ目のニセピークを越え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳の1つ目のニセピークを越え。
2つ目のニセピークを越えれば三俣蓮華岳。
鷲羽が近くなってきた♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目のニセピークを越えれば三俣蓮華岳。
鷲羽が近くなってきた♪
三俣蓮華岳到着。
反り返っちゃってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳到着。
反り返っちゃってます。
3
ゴツゴツした急下りを降りれば、もうすぐ本日の幕営地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴツゴツした急下りを降りれば、もうすぐ本日の幕営地。
三俣山荘まであともう少し。よく歩きましたなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘まであともう少し。よく歩きましたなぁ。
2日目〜
一日の始まりの空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目〜
一日の始まりの空。
麓から見上げる鷲羽は なだらかに見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓から見上げる鷲羽は なだらかに見える。
2
左を向けば祖父岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を向けば祖父岳。
右を向けば槍・穂高。
雄大だ。ヽ(^。^)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右を向けば槍・穂高。
雄大だ。ヽ(^。^)ノ
1
鷲羽山頂を見上げる。
もう少しだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽山頂を見上げる。
もう少しだ。
鷲羽山頂到着!
本日も晴天なり♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽山頂到着!
本日も晴天なり♪
1
水晶への稜線が北へと延びる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶への稜線が北へと延びる。
1
野口五郎・三ツ岳の稜線。
双耳峰の鹿島槍も。
でっかい景色だ!(^。^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎・三ツ岳の稜線。
双耳峰の鹿島槍も。
でっかい景色だ!(^。^)
鷲羽に登らなきゃ見られない、鷲羽池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽に登らなきゃ見られない、鷲羽池。
3
富士山も見えたぁ〜
ヽ(^。^)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見えたぁ〜
ヽ(^。^)ノ
さぁ、水晶へ出発だ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、水晶へ出発だ♪
どこがルートだワリモ岳?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこがルートだワリモ岳?
よっしゃ、次は水晶だ!
ヽ(^。^)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よっしゃ、次は水晶だ!
ヽ(^。^)ノ
2
ワリモ分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ分岐。
歩いてきた道を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返る。
2
水晶小屋より野口五郎〜三ツ岳。
歩いてみたいなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋より野口五郎〜三ツ岳。
歩いてみたいなぁ。
1
水晶山頂を見上げる。
もうすぐ、もうすぐ♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶山頂を見上げる。
もうすぐ、もうすぐ♪
水晶岳到着!
黒部五郎バック♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳到着!
黒部五郎バック♪
1
笠ヶ岳バック♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳バック♪
2
天気良好。
まだ富士山も見える♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気良好。
まだ富士山も見える♪
東から見る薬師岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東から見る薬師岳。
歩いて来た道♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて来た道♪
2
水晶岳たる所以。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳たる所以。
3
ワリモ分岐から岩苔乗越へ。
祖父岳へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ分岐から岩苔乗越へ。
祖父岳へ向かう。
西からのワリモと鷲羽。
黒部源流へと流れる裾野。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西からのワリモと鷲羽。
黒部源流へと流れる裾野。
祖父岳へとぽくぽく歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳へとぽくぽく歩く。
小さいな起伏を幾つか越えれば…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さいな起伏を幾つか越えれば…
祖父岳到着!
広い山頂。
気持ちいい〜(≧∇≦)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳到着!
広い山頂。
気持ちいい〜(≧∇≦)
1
秘境 雲ノ平。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秘境 雲ノ平。
足元を横断するライチョウ。この天気でライチョウに会えるとは。かわいいなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元を横断するライチョウ。この天気でライチョウに会えるとは。かわいいなぁ。
7
パトロールか?
日向ぼっこか?
遠くへと思いを馳せる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パトロールか?
日向ぼっこか?
遠くへと思いを馳せる。
4
オコジョ!!(≧∇≦)
カメラ目線だ。
なんともキュート(≧∇≦)
白い胸毛はふわっふわっ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オコジョ!!(≧∇≦)
カメラ目線だ。
なんともキュート(≧∇≦)
白い胸毛はふわっふわっ。
17
岩苔乗越に戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩苔乗越に戻る。
黒部源流沿いを降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部源流沿いを降りる。
1
3日目〜
静かな夜明け。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目〜
静かな夜明け。
今日も良き天気です♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も良き天気です♪
3
帰路は巻道ルートへ。
稜線ルートを見上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は巻道ルートへ。
稜線ルートを見上げる。
2
また来るよ〜( ´ ▽ ` )ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来るよ〜( ´ ▽ ` )ノ
2

感想/記録
by chikah

この天気は逃せない。
意気込んでの鷲羽・水晶岳山歩きです。

こちら方面で終始天気が良かったのは初めて。
行き交う人達と挨拶を交わす。
「良い天気になりそうですね〜」みんな気持ちは一緒なんだろうな。

弓折岳を抜けると一気に景色が広がる。
360度 山、山、山だ。
今回は三俣山荘まで稜線ルートを歩いてみた。
双六山荘から見上げてすぐの山が双六のピークだとずっと思っていた。
さらに奥だったのか。
山頂はこんもり丸く、広尾根なのでガスが立ち込めると迷いそう。
寝不足の体に後半のアップダウンは応えたが、進むごとに
見え隠れする様々な山を眺めているととても癒された。
景色の変化を楽しみながら、ちょっと興奮気味な1日目の山歩きだった。

2日目は鷲羽〜水晶〜祖父岳だ。
鷲羽は真下から見ると緩やかな山に見える。
山頂に到着すると360度の展望!
これが、見たかったのだよ〜ヽ(^。^)ノ
先日の山登りでは見られなかった富士山も薄らと見える。
ほんと、来てよかったわぁ。
ワリモ岳手前から眺める水晶は遥か遠くに見える。
続く稜線は絶景を眺めながらの贅沢ルート。
水晶が近づくにつれ、岩場の険しげなディテールがあらわになる。
手前の岩場をトラバースで回り込んで頂上に向うようだ。
切り立っていたけれど、それほど恐怖感はなかった。
ところどころ、岩肌が日差しを浴びてキラキラ光っている。
ほんとに水晶なんだぁとマジマジと地面を眺めた。
水晶の山頂も最高の展望!ヽ(^。^)ノ
赤牛岳の稜線の先に立山、黒部ダムもちょこっと見える。
いい眺めだ。登りくなる山が満載だ。

雲ノ平を上から見ようと祖父岳に向った。
祖父岳を下山中、足元にライチョウがあらわた。
メスで体が少し小さかったのでまだ子供かもしれない。
私のすぐ目の前をゆっくり横断していく。
こんな天気の良い日にこんなにのんびりさんで いいのかライチョウ。
かわいいじゃないかライチョウ。ヽ(^。^)ノ
ちょっと心配になるほどのおっとりさんだった。

そしてなんと、そこから少し進んだ岩陰にオコジョを発見!
オコジョを間近で見るのは初めてで、鼻息が荒くなってしまう。
岩になったつもりで微動だにせず、オコジョのいた付近をじっと見つめる。
岩の隙間からちょこちょこ顔を出して様子を窺うオコジョ・・・かわいいなぁ。
「モグラたたき」のオコジョバージョンだ。
好奇心旺盛なようだ。丸っこい目が愛らしい。
写真が撮れたら良いなぁ程度にある一点にピントをあわせつつ観察していたら、
キュートな姿を披露してくれた。
サービスショットいただきました!ヽ(^。^)ノ
コミカルなと1羽と1匹の出会いに疲れも吹っ飛んでしまった。

今回の山歩きも、少しの時間だが色々な人とお話する機会があった。
山の名前を教えていただいたり、登った山のお話を聞いたり。
全部ひっくるめて、いい山歩きでした!!(≧∇≦)
訪問者数:311人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/17
投稿数: 94
2016/9/7 22:20
 お疲れ様でした
私も同じ日に同じようなルートを歩いていましたよ〜。
3日間とも快晴で良かったですね!
登録日: 2013/10/16
投稿数: 24
2016/9/7 23:04
 Re: お疲れ様でした
はい!とても良い天気でした。
日差しは厳しかったですが、ひんやりした風が吹き込んできて登山日和でした。
同じルートを歩かれてたとは。
ご挨拶させていただいてたかもしれませんね。
登録日: 2013/11/5
投稿数: 68
2016/9/9 21:03
 ライチョウにオコジョ!
羨ましい。
鷲羽、水晶、祖父では楽しいひと時を有難うございました。
祖父の帰りのこんないいことがあったんですね。
こちらは黒部源流への激下りに往生しましたのに。

それにしても秋山ならではの大展望素晴らしかったですね。
富士山がバッチリ大きく写っているのにはびっくりしました。
私も新しいパソコンが到着し、期限があるヤマレコをようやくアップできました。
デジ一なのにズームの限界で富士はうっすらです。

なお、ブログの方が写真の画素数が多く綺麗に見えるのですが、何しろ前回の白馬〜朝日岳が先のアップで、こちらはその次になり遅くなりますが機会があればご覧ください。

これからも楽しい山旅をお楽しみください。
オジンも頑張ります。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 24
2016/9/11 8:19
 Re: ライチョウにオコジョ!
こんにちは、yamatake01さん。
その節はこちらこそ楽しいひと時をありがとうございました。
今回の山歩きで一番お馴染みさんでした。
そうなんです!yamatake01さんが黒部源流への激下りに苦労されている時に
私はのんきにオコジョ達と戯れておったのですよ。かわいかったな〜 へへへ。

祖父岳からの画像は雲ノ平のすばらしさが撮れておりませんでした
しかし、雲ノ平方面へ向かう小さな人影はyamatake01さんなのです。
ズームして見てみてください。

笠ヶ岳へのルートは楽しまれたでしょうか?
ヤマレコ拝見致しますね。
HPへのアップも楽しみにしております。

無雪期はアルプス付近をぽくぽく歩いております。
またお会いできると楽しいですね。
これからの紅葉シーズン、yamatake01さんも山歩きをお楽しみくださいね〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ