ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955238 全員に公開 沢登り奥武蔵

奥武蔵 白谷沢

日程 2016年09月04日(日) [日帰り]
メンバー tsm
天候曇り時々晴れ
朝方は入間市の我が家周辺は雨でしたが、9時過ぎには上がったので、出発しました。
遡行中は青空も見え、寒くなく、水温もそんなには低くなかったので、気持ち良かったですが、終了点に着いた途端に蒸してげんなりすることになりました。
アクセス
利用交通機関
電車バス
西武池袋線飯能駅より国際興業バス2番乗り場より「さわらびの湯」バス停下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
28分
合計
3時間52分
Sさわらびの湯11:2811:35さわらびの湯バス停11:52白谷沢登山口12:2014:58白谷沢登山口15:13さわらびの湯バス停15:20さわらびの湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
朝起きると雨でしたので、なかなか踏ん切りがつかず、テレビ東京の「日本の昔ばなし」を視て、近所のドラッグストアで処分品の菓子パンをゲットしてから家を出ました。
おかげで、飯能10:30発のバスになり、出発がこんな時間になっています。
GPS用スマホをザックの奥の方に厳重に仕舞ってしまったため、コースのログはかなり不正確です。
折角なので、帰りは十数年ぶりにさわらびの湯に浸かって帰ってきました。
コース状況/
危険箇所等
降雨後だったためか、水量が多かったように思えます。
下降路はしっかり整備されていましたが、一部崩壊がしているところがあり、注意が必要です。
その他周辺情報さわらびの湯:¥800-/3時間
さわらびの湯限定ヤマノススメ手拭¥540-(入浴者限定価格・入浴証明書付)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー タイツ グローブ 日よけ帽子 着替え ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ヘルメット 渓流シューズ

写真

入渓点です。
2016年09月04日 12:22撮影 by COOLPIX S32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓点です。
1
昼食場所に居た蛙君です。
2016年09月04日 13:33撮影 by COOLPIX S32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食場所に居た蛙君です。
1
いい雰囲気です。
2016年09月04日 13:44撮影 by COOLPIX S32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい雰囲気です。
2
道標上に乗っているのが、落ちていたボトルです。
中には茶色い液体が入っていましたが、すべて捨て、沢の水でしたが、中をきれいに洗って置いておきました。
2016年09月04日 13:57撮影 by COOLPIX S32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標上に乗っているのが、落ちていたボトルです。
中には茶色い液体が入っていましたが、すべて捨て、沢の水でしたが、中をきれいに洗って置いておきました。
1
白孔雀の滝です。
記憶に有った高さの倍くらいあり、ちょっとビビりました。
この滝を登って遡行を終え、登山道を下りました。
2016年09月04日 14:14撮影 by COOLPIX S32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白孔雀の滝です。
記憶に有った高さの倍くらいあり、ちょっとビビりました。
この滝を登って遡行を終え、登山道を下りました。
1
帰りの車道脇に咲いていました。
もうこんな季節になってきました。
2016年09月04日 15:12撮影 by COOLPIX S32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの車道脇に咲いていました。
もうこんな季節になってきました。
撮影機材:

感想/記録
by tsm

独身時代はこの沢にはよく行っていたのですが、結婚してからは行っていなかったので(並行するコースは女房とハイキングはしたことがありましたが)、10年以上ぶりの遡行になりました。
渓相をすっかり忘れてしまっていて、とても新鮮な気持ちで登れました。
(ただし、こんなにも登る力が落ちているんだとの新たな気持ちも目覚めました。
数年ぶりに落ちましたから・・・・)

途中、日本語が上手な外人さん(在日外国人の方と思われる)がいるパーティを追い越しましたが、クールジャパンを楽しんで頂けていた様で嬉しかったです。

途中で落とし物の保温ボトルを拾ったのですが持ち帰らず、道標上に置いてきましたので、心当たりのある方は回収に行ってください。
(誰かに持ち去られている恐れはありますが)
訪問者数:188人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ