ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955391 全員に公開 ハイキング東海

大洞の頭からニゴリ谷

日程 2016年09月04日(日) [日帰り]
メンバー dedeppo5
天候尾根hは終日霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間15分
休憩
25分
合計
7時間40分
S大河原橋07:0908:54白滝山09:45大洞の頭10:20鎌尾根5峰10:3111:22尾根分岐11:2711:32岳峠11:3714:44稲ヶ谷登山口14:4814:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

大河原橋手前の広場に駐車(1台は、稻ヶ谷駐車場にでぽ)。この橋が大河原橋。元越谷林道へ入る。
2016年09月04日 07:08撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大河原橋手前の広場に駐車(1台は、稻ヶ谷駐車場にでぽ)。この橋が大河原橋。元越谷林道へ入る。
1
10分もしないでゲートは閉鎖されて居る。
2016年09月04日 07:15撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分もしないでゲートは閉鎖されて居る。
1
道を横切ってコーンを置いてあり、工事中のようだ。
2016年09月04日 07:15撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を横切ってコーンを置いてあり、工事中のようだ。
1
ヤマビル地帯にいよいよ入ります。
本日のメンバーは4人。昨日もヤマビルに献血したと[言う人も居たが、ヤマビル生息地入りも怯むことはない。
2016年09月04日 07:26撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマビル地帯にいよいよ入ります。
本日のメンバーは4人。昨日もヤマビルに献血したと[言う人も居たが、ヤマビル生息地入りも怯むことはない。
4
この杉林が登山口。ここから、仏ノ谷右岸へ取り付きます。
2016年09月04日 07:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この杉林が登山口。ここから、仏ノ谷右岸へ取り付きます。
杉林の斜面を横切り、稜線に出た処でヒルチェックをするも、老眼者には、服装の色に紛れたヒルは見えず、ヨシヨシと安心する。
2016年09月04日 08:01撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の斜面を横切り、稜線に出た処でヒルチェックをするも、老眼者には、服装の色に紛れたヒルは見えず、ヨシヨシと安心する。
2
雑木林になると登山気分
2016年09月04日 08:30撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑木林になると登山気分
2
尾根道は風も通るので、気分も爽快。
2016年09月04日 08:45撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道は風も通るので、気分も爽快。
駐車場からおよそ100分。白滝山である。眺望は全く無いのが残念。
2016年09月04日 08:53撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からおよそ100分。白滝山である。眺望は全く無いのが残念。
1
更に50分程で大洞の頭に到着。展望も多少ある。湿度100%の霧雨。汗と雨露で体はほぼびしょ濡れだが、発汗するので、水分は常に補給し、県境尾根に向かう。
2016年09月04日 09:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に50分程で大洞の頭に到着。展望も多少ある。湿度100%の霧雨。汗と雨露で体はほぼびしょ濡れだが、発汗するので、水分は常に補給し、県境尾根に向かう。
1
霧雨が蜘蛛の巣に留まって、まるで「蜘蛛の華」
2016年09月04日 10:15撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧雨が蜘蛛の巣に留まって、まるで「蜘蛛の華」
2
県境の分岐、西端尾根まで来たが鎌ヶ岳は全く見えないが、鎌尾根にむかう。
2016年09月04日 10:31撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境の分岐、西端尾根まで来たが鎌ヶ岳は全く見えないが、鎌尾根にむかう。
2
5分も歩かないで、登山道に立ちはだかる衝立岩。
東側廻りは止められて居り
2016年09月04日 10:35撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分も歩かないで、登山道に立ちはだかる衝立岩。
東側廻りは止められて居り
2
正規の西廻り(鎖場)で、鎌ヶ岳に向かう。
2016年09月04日 10:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正規の西廻り(鎖場)で、鎌ヶ岳に向かう。
衝立岩からおよそ10分。ガスってなければ、この岩の上が、鎌ヶ岳・御在所・雨乞岳を眺めるビューポイントであるが、今日は何も見えず。
2016年09月04日 10:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衝立岩からおよそ10分。ガスってなければ、この岩の上が、鎌ヶ岳・御在所・雨乞岳を眺めるビューポイントであるが、今日は何も見えず。
1
だが、鎌尾根を更に進む。この霧中に鎌のピークを踏んでも何ら感激はないだろうとのことで、登頂は諦める。
2016年09月04日 11:05撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だが、鎌尾根を更に進む。この霧中に鎌のピークを踏んでも何ら感激はないだろうとのことで、登頂は諦める。
鎌のピークを直前にしてニゴリ谷へ直行。
2016年09月04日 11:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌のピークを直前にしてニゴリ谷へ直行。
1
尾根直下は、広く、谷芯も無いので、登山道の目印も探せない。ゴロゴロする岩だらけを縫いながら、谷芯を探し乍ら下る。獣道らしき踏み跡もなく、浮き石の多いところである。
2016年09月04日 11:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根直下は、広く、谷芯も無いので、登山道の目印も探せない。ゴロゴロする岩だらけを縫いながら、谷芯を探し乍ら下る。獣道らしき踏み跡もなく、浮き石の多いところである。
1
標高950m辺りまで下りて来ると、谷芯がしっかりして来、旧いテープも確認出来る。
2016年09月04日 11:52撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高950m辺りまで下りて来ると、谷芯がしっかりして来、旧いテープも確認出来る。
1
下るにつれ、明るい沢となるが、短足の私には非常に辛い徒渉も始まる。
2016年09月04日 12:47撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るにつれ、明るい沢となるが、短足の私には非常に辛い徒渉も始まる。
1
両岸に見られる滝。私には、徒渉に関わる水量が気懸かり。
2016年09月04日 12:47撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両岸に見られる滝。私には、徒渉に関わる水量が気懸かり。
1
この程度なら、下流の水量も知れてるだろうと、安心して、滝見物もする。
2016年09月04日 13:06撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この程度なら、下流の水量も知れてるだろうと、安心して、滝見物もする。
1
それにしても、ニゴリ谷の徒渉繰り返しは数十回。コンパスの長い人との徒渉ポイントの違いを、イヤと言う程知らされる(徒渉に時間が掛かる)。
2016年09月04日 13:30撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても、ニゴリ谷の徒渉繰り返しは数十回。コンパスの長い人との徒渉ポイントの違いを、イヤと言う程知らされる(徒渉に時間が掛かる)。
1
この先が谷歩きの終点。靴の水没も無く来たが、渇水期でないと私には不向き。沢靴なら、納涼に、楽しいかも。
2016年09月04日 14:27撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先が谷歩きの終点。靴の水没も無く来たが、渇水期でないと私には不向き。沢靴なら、納涼に、楽しいかも。
2
後ろのガードレールを跨ぐと丸木作りのハシゴが設置してあり、ここが登山口となって居る。デポした稻ヶ谷の駐車場は目の前。
2016年09月04日 14:39撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろのガードレールを跨ぐと丸木作りのハシゴが設置してあり、ここが登山口となって居る。デポした稻ヶ谷の駐車場は目の前。
はい、着きました。ここが稲ケ谷登山口で、我々以外の駐車は、今日は無かった(鎌尾根以外、登山者との遭遇も無し)。
大河原橋広場に戻り、着替えてヒルチェックする。4人とも脚周りに潜んでは居たが、一人は首筋に一匹、もう一人は足首に2匹が吸い付いていた。私は、リュックは地面に置かず、白いパンツを尺取りするヒルはスプレー撃退してたので、今日も被害はなし。(50歩百歩なのに、被害者からは、年寄りの血は不味いんだよの声も上がるが、皆陽気にThe end)
2016年09月04日 14:42撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、着きました。ここが稲ケ谷登山口で、我々以外の駐車は、今日は無かった(鎌尾根以外、登山者との遭遇も無し)。
大河原橋広場に戻り、着替えてヒルチェックする。4人とも脚周りに潜んでは居たが、一人は首筋に一匹、もう一人は足首に2匹が吸い付いていた。私は、リュックは地面に置かず、白いパンツを尺取りするヒルはスプレー撃退してたので、今日も被害はなし。(50歩百歩なのに、被害者からは、年寄りの血は不味いんだよの声も上がるが、皆陽気にThe end)
6
撮影機材:

感想/記録

今回も、リーダーと滋賀の方との凸凹コンビが、下見したルートのトレースに同行した。

今日は、台風の影響もあって、天気に恵まれ無かったので、尾根歩きの楽しみは半減したが、未踏の地ながら、距離も短く、尾根を繋ぐルート探索も、また、楽しそうなエーリアーと感じた。

徒渉はあるが、河原を吹き抜ける風は、どんな紅葉を観せて呉れるだろうか?希望の膨らむ地でもある。
訪問者数:218人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ