ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955392 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

岳沢から周回(ジャンダルム、奥穂高岳)

日程 2016年09月02日(金) 〜 2016年09月03日(土)
メンバー namy, その他メンバー1人
天候1日目:晴れ 2日目:晴れ時々霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡第二駐車場 2日間で1200円
行き 沢渡第二駐車場から上高地 定額料金:4200円
帰り 上高地から沢渡第二駐車場 定額料金:4200円

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間47分
休憩
3分
合計
2時間50分
S上高地バスターミナル11:4511:52河童橋11:5512:10岳沢湿原・岳沢登山口14:35岳沢小屋
2日目
山行
9時間0分
休憩
3時間20分
合計
12時間20分
岳沢小屋04:0006:05天狗のコル06:3007:55ジャンダルム08:1009:20穂高岳09:4510:50吊り尾根 最低コル11:1511:30紀美子平11:4013:05岳沢小屋14:4516:00岳沢湿原・岳沢登山口16:20上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

上高地バスターミナル
登山届とトイレは写真の左側にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナル
登山届とトイレは写真の左側にあります。
河童橋から穂高岳
稜線が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋から穂高岳
稜線が見えています。
1
ススキと穂高
今回の山行、夏の花はもう咲いていませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキと穂高
今回の山行、夏の花はもう咲いていませんでした。
水がとても綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水がとても綺麗です。
岳沢登山口、ここからスタートします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢登山口、ここからスタートします。
1
この日は真夏の陽気だったので、これは助かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は真夏の陽気だったので、これは助かります。
1
岳沢小屋のテント場では、ナナカマドの赤い実がお出迎え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋のテント場では、ナナカマドの赤い実がお出迎え
1
2日目、天狗沢の途中から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目、天狗沢の途中から
1
岩が乾いているので問題ありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が乾いているので問題ありません。
ブロッケン現象
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケン現象
1
ジャンダルムが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムが見えてきました。
1
ジャンダルム山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム山頂
3
ジャンダルムから奥穂高岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルムから奥穂高岳
1
霧とジャンダルム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧とジャンダルム
1
ロバの耳とジャンダルム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳とジャンダルム
1
馬の背に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背に向かいます。
1
馬の背過ぎて振り返り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背過ぎて振り返り
1
奥穂高岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂
1
これから向かう吊り尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう吊り尾根
1
テント場に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場に戻ってきました。
下山しての河童橋から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しての河童橋から

感想/記録
by namy

何度か計画していたジャンダルム登頂、ようやく実現しました。
岳沢小屋から天狗沢経由の周回プランです。

テント場は小屋から少し登った所にあります。途中水場があるのですが、2日目は枯れていました。

2日目、テント場を後にして、小屋のトイレに寄って天狗沢に向かいます。
お花畑を過ぎると、浮き石のガレ場や足を置くと崩れる場所があり、慎重に進みます。
天狗のコルで小休止、ここからジャンダルムへは岩場の登りです。岩も乾いていて問題なく進めました。途中奥穂高岳から西穂高へ縦走する人とすれ違いますが、団体がいないせいか、待ち時間はほとんどありませんでした。
そして、ジャンダルム初登頂、天気も良く、最高の眺望です。

ジャンダルムから奥穂高までは、ロバの耳と馬の背の核心部を通ります。
全てにおいて、足場、手掛かりがあるため、慎重に進めば問題ありません。
個人的な見解ですが、馬の背のナイフリッジは、戸隠山の蟻の戸渡りよりも広く感じました。

無事に奥穂高岳に到着、記念撮影して、吊り尾根に向かいます。
天狗のコル〜奥穂高岳までは、登山者が多くないせいか、岩の種類のせいか分かりませんが、靴のフリクションが効くので滑ることはありませんでしたが、奥穂高岳から吊り尾根、重太郎新道は岩が滑りました。

遠くに見える紀美子平は人が多かったため、吊り尾根の最低コル辺りで早い昼食、前穂高岳はパスして、重太郎新道を下ります。稜線では感じなかった暑さが、重太郎新道に入ると苦しい位の暑さに変わり、ハイドレーションのアクエリアスもぬるくなり、かなりばてました。
岳沢小屋でアイスクリームとポカリスエットでクールダウン、テントを撤収して下山しました。
訪問者数:244人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ