ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955473 全員に公開 ハイキング奥秩父

金峰山

日程 2016年09月04日(日) [日帰り]
メンバー miraipapa, その他メンバー1人
天候くもり時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
瑞牆山荘の無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
54分
合計
7時間46分
S県営無料駐車場08:2008:21みずがき山荘08:2809:00富士見平小屋09:50大日小屋10:14大日岩11:12砂払の頭12:08五丈石12:14金峰山12:2012:23五丈石12:4413:15大日岩14:55富士見平小屋15:1516:00みずがき山荘16:06県営無料駐車場16:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大日岩と稜線にクサリあり(高度感なし)
砂払いの頭⇔金峰山山頂:ゴロゴロした岩稜帯は一部歩きにくい
その他周辺情報増富温泉「増富の湯」(瑞牆山荘前に割引券のボックスがあります)
低温の浴槽があり、長時間入れます。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

元気いっぱいの留学生。富士山の前に1回はチェックしておかないと、と初心者向きではありませんが金峰山へ。
2016年09月04日 08:28撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元気いっぱいの留学生。富士山の前に1回はチェックしておかないと、と初心者向きではありませんが金峰山へ。
4
さっすが、フルマラソンもこなすスポーツウーマン。早くておじさんは、ついていけません。
2016年09月04日 08:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっすが、フルマラソンもこなすスポーツウーマン。早くておじさんは、ついていけません。
清水平
2016年09月04日 09:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水平
初めてのクサリ場
2016年09月04日 10:07撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてのクサリ場
2
しがみつかないところがいいセンスしてまっすね。
2016年09月04日 11:27撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しがみつかないところがいいセンスしてまっすね。
4
途中で靴擦れ。半べそかきながらも...コースタイムを切って五丈石に到着。
2016年09月04日 12:08撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で靴擦れ。半べそかきながらも...コースタイムを切って五丈石に到着。
山頂。ガスで何も見えず....。
2016年09月04日 12:17撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。ガスで何も見えず....。
3
帰りは少し視界が回復。
2016年09月04日 13:14撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは少し視界が回復。
1
高尾山しか登ったことがない割には健闘だね。
来週は富士山かしらん?
2016年09月04日 14:27撮影 by M02, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山しか登ったことがない割には健闘だね。
来週は富士山かしらん?
3

感想/記録

夏休み前の飲み会で
「富士山連れて行ってあげる」
と、酔っぱらった勢いで約束してしまったので、タイからの留学生富士山に連れていくことになってしまいました。

20代後半の彼女は日ごろからランニングをしており、フルマラソンも5時間
だか、6時間だか忘れましたが、何回かは完走を果たしているとのこと。
体力はありそうですが、山登りは高尾山だけという経験で、果たして弾丸富士登山行けるでしょうか?

テストの意味で選んだのが金峰山。
靴もおろしたてだし、山でのスタミナなども未知数なので、標高差もさほど変わらないし、ちょうどいいかな?

************************

瑞牆山荘から、富士見小屋までは彼女が先頭に。
さすがに若いし、気力も充実しているらしく、かなりのペースで進んでいきます。
こちらは、序盤だし...とペースを上げずに、ちょっとゆっくり目について行きます。
「先生、ダイジョブ?」
とちょっと離れると声をかけられる始末。
(そんな、ストライドで登ったら足に来るよ....)
内心は心配しています。

富士見小屋までは30分となかなかのペース。ここでの休憩も短時間でOKとのこと。
さすが。

ここからは私が先頭に進みましたが、稜線からトラバースに移ったあたりから彼女がペースダウン。
「右のくるぶしが痛い!」
靴を脱がせると、登山用の厚手の靴下ではなく、すごく短い丈の5本指ソックス。くるぶしまでしかないソックスですので、ここが当たって痛みが出ているようです。
ばんそうこうを4枚貼って、ティッシュペーパーを当てて....、それでも痛いので挙句の果てには
「靴を脱いで、ソックスで登る」
と主張。
とても日本人が考えつかないワイルドな対応をしようとします。

何とかなだめ、靴ひもを緩めに絞めて、ついてきてもらいます。

この日はあまり天候が良くないせいか、追い越す人も、追い越される人もなく、我々のペースで登ることができましたが、かなり時間をロスすることとなってしましました。

道中は軽いガスの中で、稜線に出ても、眺望は得られません。

それでも4時間10分のコースタイムを切って五丈石へ到着。

あとは、ゆっくりとしたペースでの下山となりました。

本人はかなり負けず嫌いなようで
「靴が当たったから遅かっただけで、足は疲れていない。
靴さえ合えば、問題ない。」

本当に今シーズン富士山に登れるのでしょうか?
訪問者数:253人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ