ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955520 全員に公開 ハイキング鳥海山

夜行バスで日帰り鳥海山(鉾立口ピストン)

日程 2016年09月02日(金) [日帰り]
メンバー kitaka
天候晴れ のち くもり
アクセス
利用交通機関
電車バス
ドリーム鳥海(夜行バス)で象潟駅〜象潟駅から乗り合いバス(鳥海ブルーライナー)で鉾立口まで。帰りは象潟駅までブルーライナー→電車。
乗り合いバスは前日17時までの予約制です(あとから変更は可能)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間31分
休憩
55分
合計
9時間26分
S鉾立06:5408:00賽の河原08:0108:41御浜小屋08:4409:01御田ヶ原09:12御田ヶ原分岐09:35七五三掛09:3611:08御室11:1111:31鳥海山11:5612:19御室12:2913:49七五三掛13:5014:08御田ヶ原分岐14:19御田ヶ原14:2014:33御浜小屋14:57賽の河原15:0316:09鉾立16:1316:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されており、危険個所はありません。(新山を除く)

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

東京駅からドリーム鳥海で、5時くらいに象潟駅に到着。
乗り合いバスが6時くらいなので、1時間くらい待ちます。
朝焼けがきれいでした。線路のはるか向こうに今日登る鳥海山が。
2016年09月02日 05:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京駅からドリーム鳥海で、5時くらいに象潟駅に到着。
乗り合いバスが6時くらいなので、1時間くらい待ちます。
朝焼けがきれいでした。線路のはるか向こうに今日登る鳥海山が。
1
バス停の売店の裏側に登山口があります。ここで登山届も出せました。
2016年09月02日 06:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停の売店の裏側に登山口があります。ここで登山届も出せました。
1
最初は舗装された階段
2016年09月02日 07:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は舗装された階段
しばらく登ると展望台があります。日本海がきれいです。
2016年09月02日 07:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登ると展望台があります。日本海がきれいです。
1
これから登る鳥海山もはるか向こうに見えます。
2016年09月02日 07:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る鳥海山もはるか向こうに見えます。
2
しばらく歩くと秋田と山形の県境に。
裾野が広い山なのが実感できます。
2016年09月02日 07:28撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと秋田と山形の県境に。
裾野が広い山なのが実感できます。
1
振り返ると、水平線がずいぶん高くに見えます。
2016年09月02日 07:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、水平線がずいぶん高くに見えます。
1
向かう先はこっち。よく整備されていて、歩きやすいです。
2016年09月02日 07:58撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かう先はこっち。よく整備されていて、歩きやすいです。
1
賽の河原につきました。ここまできつい傾斜もなく、さくさく進みます。
2016年09月02日 08:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原につきました。ここまできつい傾斜もなく、さくさく進みます。
もうお花はほとんどありませんでしたが、りんどうなど秋らしい花がちらほら咲いていました。これは何かわからなかったやつ。
2016年09月02日 08:31撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうお花はほとんどありませんでしたが、りんどうなど秋らしい花がちらほら咲いていました。これは何かわからなかったやつ。
1
賽の河原からひとのぼりすると、丘の上に御浜小屋が見えてきました。
2016年09月02日 08:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原からひとのぼりすると、丘の上に御浜小屋が見えてきました。
ハクサンフウロもなんとなく秋っぽい色合いに。
2016年09月02日 08:40撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロもなんとなく秋っぽい色合いに。
2
御浜小屋は小さめの小屋でした。水が500円くらいだったな。
2016年09月02日 08:45撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御浜小屋は小さめの小屋でした。水が500円くらいだったな。
小屋の裏側あたりから、しばらく鳥海湖(鳥ノ海)が拝めます。ぽこんとした鍋森がかわいい。
2016年09月02日 08:58撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の裏側あたりから、しばらく鳥海湖(鳥ノ海)が拝めます。ぽこんとした鍋森がかわいい。
5
行く先の山頂にはちょっと雲がかかってきました。
2016年09月02日 09:01撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く先の山頂にはちょっと雲がかかってきました。
御田ケ原につきました。
信仰の山らしく、あちこちに祠があります。
2016年09月02日 09:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田ケ原につきました。
信仰の山らしく、あちこちに祠があります。
1
ハクサンイチゲがわずかに咲き残っていました。
2016年09月02日 09:04撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲがわずかに咲き残っていました。
3
来た方向。ここまで下ってきて、またゆるやかに登ります。
2016年09月02日 09:05撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た方向。ここまで下ってきて、またゆるやかに登ります。
1
八丁坂。花のシーズンは一面お花畑だそうですが、いまは一面の緑。
2016年09月02日 09:19撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁坂。花のシーズンは一面お花畑だそうですが、いまは一面の緑。
なだらかなので気づきにくいですが、来た道を振り返ると、上ったり下ったりしてずいぶん遠くまできました。
2016年09月02日 09:19撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかなので気づきにくいですが、来た道を振り返ると、上ったり下ったりしてずいぶん遠くまできました。
1
ここの木道は新しそうでした。
木道を登って、外輪山ルートとの分岐に進みます。
2016年09月02日 09:34撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの木道は新しそうでした。
木道を登って、外輪山ルートとの分岐に進みます。
ここにも小さな祠がありました。
2016年09月02日 09:34撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも小さな祠がありました。
エゾオヤマリンドウがたくさん咲いていました。
2016年09月02日 09:35撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾオヤマリンドウがたくさん咲いていました。
1
外輪山と千蛇谷ルートの分岐。
外輪山のほうが眺めはよさそうですが、時間と体力の都合で千蛇谷ルートへ。
2016年09月02日 09:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山と千蛇谷ルートの分岐。
外輪山のほうが眺めはよさそうですが、時間と体力の都合で千蛇谷ルートへ。
とはいえ、ハシゴがあったりするのでやや注意。
2016年09月02日 09:44撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とはいえ、ハシゴがあったりするのでやや注意。
しばらく進むと雪渓に行き当たります。岩場を降りて、雪渓を渡ってまた岩場を登って登山道へ。このルートだと気を遣うのはここくらいでした。
2016年09月02日 09:53撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと雪渓に行き当たります。岩場を降りて、雪渓を渡ってまた岩場を登って登山道へ。このルートだと気を遣うのはここくらいでした。
1
雪渓からの眺め。
2016年09月02日 09:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓からの眺め。
2
慎重に渡り終えます。
来た方角の日本海は、だいぶ雲が出てきて水平線が見えなくなってきました。
2016年09月02日 09:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に渡り終えます。
来た方角の日本海は、だいぶ雲が出てきて水平線が見えなくなってきました。
1
山頂もだいぶ近づいてきました。
2016年09月02日 10:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂もだいぶ近づいてきました。
アザミロード。きれいだけど地味に痛い。
2016年09月02日 10:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アザミロード。きれいだけど地味に痛い。
ここから一合ごとに標識があります。歩きやすい道ですが、ひたすら登るのと、2000m超えてくるのでだんだん辛くなってきます。
2016年09月02日 11:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一合ごとに標識があります。歩きやすい道ですが、ひたすら登るのと、2000m超えてくるのでだんだん辛くなってきます。
がんばって登りきると、右手に御室、左手に新山が。
拡大すると登ってる人が見えます。
新山はガレキの山みたいな岩山なので、最初は楽しかったのですが、ふとした瞬間に下を見たら高度感に怖くなりました。見ない方がいいですね…。
いったん登って、胎内巡りのように細い谷間のようなところに下って、また上って、やっと山頂です。
2016年09月02日 11:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がんばって登りきると、右手に御室、左手に新山が。
拡大すると登ってる人が見えます。
新山はガレキの山みたいな岩山なので、最初は楽しかったのですが、ふとした瞬間に下を見たら高度感に怖くなりました。見ない方がいいですね…。
いったん登って、胎内巡りのように細い谷間のようなところに下って、また上って、やっと山頂です。
3
山頂に到着!
山頂は六畳一間のごとく狭いです!ゆずりあって写真撮影していました。
ここに至るまでは怖すぎて写真を撮れませんでした。。
2016年09月02日 11:46撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着!
山頂は六畳一間のごとく狭いです!ゆずりあって写真撮影していました。
ここに至るまでは怖すぎて写真を撮れませんでした。。
6
海と雲海と岩山と。
2016年09月02日 11:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海と雲海と岩山と。
4
七高山方面。拡大すると登っている人が見えます。
2016年09月02日 11:46撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山方面。拡大すると登っている人が見えます。
2
再び下って、行きとは違うルートで帰ってみることにしました。
2016年09月02日 11:52撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び下って、行きとは違うルートで帰ってみることにしました。
2
胎内巡り中。中には祠がありました。
ここを出ると雪渓の残る御室小屋の裏側に出ますが、赤っぽい崩れやすい石の山で、行きよりはるかに怖かったです。素直にピストンしとけばよかった。
2016年09月02日 11:54撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内巡り中。中には祠がありました。
ここを出ると雪渓の残る御室小屋の裏側に出ますが、赤っぽい崩れやすい石の山で、行きよりはるかに怖かったです。素直にピストンしとけばよかった。
2
雪渓のそばは涼しいのか、イワブクロが群生していました。ふわふわ。
なお新山の標準コースタイムは30分ですが、2倍くらいかかりました(^^;)
2016年09月02日 12:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓のそばは涼しいのか、イワブクロが群生していました。ふわふわ。
なお新山の標準コースタイムは30分ですが、2倍くらいかかりました(^^;)
2
帰りはもくもくとガスが出てきました。
2016年09月02日 12:28撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはもくもくとガスが出てきました。
うろこ雲がきれいです。
このあと空は一面真っ白で、夕方ごろにまた晴れてきました。
後で地元の方に尋ねると、午後になって空気が温まって雲がわいてきて、夜はまた沈むので、昼間はいつも雲がかかっているそうです。
2016年09月02日 12:28撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うろこ雲がきれいです。
このあと空は一面真っ白で、夕方ごろにまた晴れてきました。
後で地元の方に尋ねると、午後になって空気が温まって雲がわいてきて、夜はまた沈むので、昼間はいつも雲がかかっているそうです。
2
夕方にはよく晴れて、日本海に沈む夕日が見えました^^
2016年09月02日 17:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方にはよく晴れて、日本海に沈む夕日が見えました^^
5
撮影機材:

感想/記録
by kitaka

ずっと行きたかったけど、なかなかバスがとれなくて先延ばしにしていた鳥海山。
ようやくバスが空いてきたころには、花の時期は終わっていました(^^;
とはいえ、快晴の稜線歩きはとても気持ちよかったです。いつまでも歩いていたいような道でした。
七高山に足を延ばしたり、外輪山コースに行ったりするとさらに時間がかかるので、今度は一泊か二泊して、のんびり楽しみたいと思います。
訪問者数:248人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

花畑
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ