ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955533 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

雨の天城山 万二郎・万三郎岳周回

日程 2016年09月04日(日) [日帰り]
メンバー kotakky, その他メンバー1人
天候雨のち曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天城高原ゴルフ場手前に大駐車場あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
1時間2分
合計
5時間48分
S登山口(天城高原駐車場)09:2009:40四辻09:4410:43万二郎岳10:5811:19馬の背11:45石楠立12:20万三郎岳13:0313:12万三郎岳下分岐13:52涸沢分岐点14:38101ポスト15:08四辻15:08天城高原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
いたる所に道標が整備されている
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

雨の駐車場  
広い駐車場には我が車1台のみ  
雨衣を着込んで登山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の駐車場  
広い駐車場には我が車1台のみ  
雨衣を着込んで登山開始
はじめはこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめはこんな感じ
ヒメシャラの大木 
迫力がある 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラの大木 
迫力がある 
1
四辻分岐  
万二郎岳に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四辻分岐  
万二郎岳に向かう
自然林の中を緩やかに登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林の中を緩やかに登る
ハナホウキタケ  
雨に濡れて綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナホウキタケ  
雨に濡れて綺麗
1
こんな道標がたくさんある  
万二郎岳まであと200m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道標がたくさんある  
万二郎岳まであと200m
階段が崩れ登りにくい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が崩れ登りにくい
1
万二郎岳  
ガスに巻かれ静かな山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎岳  
ガスに巻かれ静かな山頂
2
山頂にはヤマトリカブトの花が咲き始め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはヤマトリカブトの花が咲き始め
滑りやすい岩混じりの道を下り万三郎岳へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りやすい岩混じりの道を下り万三郎岳へ
アセビに生えたチシオタケ  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビに生えたチシオタケ  
1
アセビのトンネルを行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビのトンネルを行く
アセビのトンネルを抜けるとブナの稜線となった  
ガスに巻かれ幻想的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビのトンネルを抜けるとブナの稜線となった  
ガスに巻かれ幻想的
エンシュウハグマ  
東海地方にしか咲かないキク科の花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンシュウハグマ  
東海地方にしか咲かないキク科の花
1
今度はシャクナゲのトンネル  
初夏には綺麗な花が咲くけど今は葉っぱだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はシャクナゲのトンネル  
初夏には綺麗な花が咲くけど今は葉っぱだけ
万三郎岳まであと200m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳まであと200m
万三郎岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎岳山頂
1
味のある標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
味のある標識
2
ここは一等三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは一等三角点
1
何と、青空が出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何と、青空が出てきた
1
日も差し始めた縦走路を下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日も差し始めた縦走路を下山
キノコも多い  
これはヒラタケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコも多い  
これはヒラタケ
1
ツキヨタケ幼菌  
猛毒キノコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツキヨタケ幼菌  
猛毒キノコ
ヌメリツバタケ  
食べたことがあるがあまり美味しくない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌメリツバタケ  
食べたことがあるがあまり美味しくない
2
縦走路からの下降点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路からの下降点
こちらも階段が崩れもはや邪魔でしかない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも階段が崩れもはや邪魔でしかない
下りが終わり、トラバース道が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りが終わり、トラバース道が続く
涸沢分岐だが、分岐方向はロープが張ってあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢分岐だが、分岐方向はロープが張ってあった
延々と続くトラバース道  
そろそろ飽きてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
延々と続くトラバース道  
そろそろ飽きてきた
やっと四辻に戻る  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと四辻に戻る  
再びヒメシャラの大木と対面  
今度は晴れていて朝とは違う雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びヒメシャラの大木と対面  
今度は晴れていて朝とは違う雰囲気
2
無事下山したが晴れて蒸し暑い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山したが晴れて蒸し暑い
おつかれさまでした! 
本当に疲れた・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おつかれさまでした! 
本当に疲れた・・・
1
駐車場からは万三郎岳が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からは万三郎岳が見えた
1

感想/記録

天城登山を計画したものの天気予報は雨。現地に行って判断しようと天城高原ゴルフ場下の駐車場まで来たがやっぱり雨。それも強い。
少し待ってダメなら撤退、と思っていたら20分ほどで小降りになった。ゴルファーも雨ん中で頑張って球を打ってるし、それじゃあこっちも行って見っか・・。

ということで、雨衣を着込み登山開始。

ぬかるんだ道や滑りやすい岩、木階段などを徐々に登っていく。四辻を過ぎ、植林から自然林に変わるとコケや樹皮が映えて雨ならではの光景。
ひと登りで万二郎岳に到着。先客が一人いたのみで静かだった。雨も霧雨に変わり、幻想的な雰囲気。
ここから稜線歩きとなる。一旦大きく下ってから、小さなアップダウンを繰り返していく。アセビのトンネルを過ぎるとブナが現れ深山の雰囲気。
霧が立ち込めたブナの稜線は幻想的な雰囲気で、この天気ならではの風景。
最後にググっと急登すれば、そこが最高峰、万三郎岳の山頂だった。
一等三角点の割には展望はないが、関東や上信越の山とはまた違った雰囲気で雨でも来てよかった。
昼飯を食っていると、雨も上がり、青空も見え始めたので下山。
薄日が差し込む道を下る。下降点分岐で縦走路を外れ、急降下。木の土止めの階段では土が流され、丸太だけが浮いて歩きづらい。
下り終わると四辻まで戻る道を歩く。この道は山腹をトラバースするように付けられている。はじじめのうちは楽チンだと歩いていたが、変化のない風景が延々と続き、日差しも出てきて蒸し暑い。若干のアップダウンも疲れる。1時間以上黙々と歩き、やっと四辻に着いた。
そこからはひと歩きして無事登山口に戻った。

登りは雨、下りは晴れだったが、今日の天城山は雨のほうが楽しかった。



訪問者数:206人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ