ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955541 全員に公開 ハイキング道東・知床

斜里岳・清岳荘から新道をピストン

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー dzr
天候曇り→小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清岳荘前に駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
22分
合計
5時間2分
S清岳荘 登山口05:4906:00旧清岳荘 登山口06:36下二股06:4007:26熊見峠07:56上二股08:32斜里岳08:4709:15上二股09:42熊見峠10:11下二股10:1410:39旧清岳荘 登山口10:51清岳荘 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・台風の影響か、川が増水しています。靴が濡れるのは覚悟した方が良いでしょう。この日は、せいぜい脛くらいまででしたが、台風きた直後は股下くらいまで増水していたそうです。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

清岳荘。帰りに山バッチ購入。今年は雨が多く、ゲートクローズ
が何回もあったそう。川も増水してなかなか大変。
2016年09月03日 05:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清岳荘。帰りに山バッチ購入。今年は雨が多く、ゲートクローズ
が何回もあったそう。川も増水してなかなか大変。
登山届けの横に神棚。
2016年09月03日 05:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届けの横に神棚。
ここから本格的な山道開始。
2016年09月03日 06:00撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本格的な山道開始。
しばらく沢沿いを歩く。
2016年09月03日 06:01撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく沢沿いを歩く。
いきなり渡渉。あれ?ここってそういう山だっけ?
石を跳んで渡るのは無理と判断し、ここは靴を脱いで渡った。が、あとから意味無いと分かる。
2016年09月03日 06:07撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり渡渉。あれ?ここってそういう山だっけ?
石を跳んで渡るのは無理と判断し、ここは靴を脱いで渡った。が、あとから意味無いと分かる。
沢沿いを歩いたり、何度も沢を渡ったりで、靴がどんどん濡れていく。去年の幌尻を思い出す。
2016年09月03日 06:17撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩いたり、何度も沢を渡ったりで、靴がどんどん濡れていく。去年の幌尻を思い出す。
下二股。新道と旧道に分岐。旧道はどう考えても沢歩きになりそうなので、新道を行く。実際、あとから聞いたらずっと沢歩きのような状態だったようです。
2016年09月03日 06:36撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下二股。新道と旧道に分岐。旧道はどう考えても沢歩きになりそうなので、新道を行く。実際、あとから聞いたらずっと沢歩きのような状態だったようです。
旧道は最初はこんな感じで急登。途中から尾根歩き。
2016年09月03日 07:05撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道は最初はこんな感じで急登。途中から尾根歩き。
尾根まで出たがガスって先が見えない・・・
2016年09月03日 07:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根まで出たがガスって先が見えない・・・
熊見峠。熊が出ないことを祈るばかり。
2016年09月03日 07:26撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊見峠。熊が出ないことを祈るばかり。
1
携帯トイレブース。
2016年09月03日 07:55撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
携帯トイレブース。
1
上二又。合流してからの道が沢になってるんですが・・・。ちなみにこの水は旧道に流れこんでます。つまり、旧道はずっと沢。
2016年09月03日 07:56撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上二又。合流してからの道が沢になってるんですが・・・。ちなみにこの水は旧道に流れこんでます。つまり、旧道はずっと沢。
胸突き八丁までは、こんな感じ。ここまで出来る限り靴が濡れないようにがんばってきたが、無理だと判断し、靴で突っ込む。
2016年09月03日 07:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突き八丁までは、こんな感じ。ここまで出来る限り靴が濡れないようにがんばってきたが、無理だと判断し、靴で突っ込む。
胸突き八丁。この名称、あちこちの山にあるね。
2016年09月03日 08:12撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突き八丁。この名称、あちこちの山にあるね。
尾根まではきつい登り。
2016年09月03日 08:14撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根まではきつい登り。
尾根から先がガスで見えない。頂上どこ?
2016年09月03日 08:18撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から先がガスで見えない。頂上どこ?
斜里岳神社。
2016年09月03日 08:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜里岳神社。
1
斜里岳頂上。頂上で奇跡的に青空出た〜。
2016年09月03日 08:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜里岳頂上。頂上で奇跡的に青空出た〜。
2

感想/記録
by dzr

 北海道遠征2座目。
実は、あまり下調べしてこなかったので、渡渉とかあるとか知らなかった。
ハイカットブーツなら、何とかギリギリ濡れないで歩けたかもしれないが、今回はトレラン用の靴で来たので、ぜんぜん無理。途中からは濡れるのを諦めて、安全第一で水の中を突き進んだ。

全体的にテクニカルな山で、昨日の雌阿寒岳とはまったく違う山だった。
景色はダメだったが、面白い山だと思った。

帰りに清岳荘で、小屋の方にお話を聞いてみると、8月は台風&大雨で林道のゲートが閉じたり、川が増水し、渡渉するときに股下まで水に浸からないといけなかったりと、なかなか大変らしい。
この日は、数日雨が止んだのでマシな方とのことでしたが、それでも脛くらいまでは水に浸からないと渡渉できなかった(例年だとくるぶしくらいまでらしい→ハイカットブーツなら濡れなくていけそう)。

下山の最後で雨に降られたが、山頂で青空拝めたし、良しとしよう。
訪問者数:167人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ