ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955654 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鋸岳 第一高点(釜無川ルートをテント泊で往復)

日程 2016年09月03日(土) 〜 2016年09月04日(日)
メンバー abek3, その他メンバー2人
天候9/3 晴れ、後曇り
9/4 晴れ、後曇り、午後一時小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
釜無川林道ゲート前スペースに車を数台程度駐車可。
工事用車両が入らない、土日で行きました。
ゲートから2名は徒歩、1名は自転車。自転車は途中から押歩き。最後は徒歩に追いつかれました。
林道の下りは前半がダートで傾斜が急。後半は緩やかになって舗装路なので自転車の威力発揮。ただ、前半ダートで前ブレーキが破損。後半は後ろブレーキだけで下山。自転車の使用に注意が必要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間43分
休憩
0分
合計
2時間43分
S釜無川ゲート13:0215:45ログハウス(小屋)
2日目
山行
9時間38分
休憩
1時間28分
合計
11時間6分
ログハウス(小屋)05:2406:05富士川源流碑06:1406:54横岳峠08:58三角点ピーク09:0509:41角兵衛沢ノ頭10:04鋸岳10:3010:45角兵衛沢ノ頭11:15三角点ピーク11:2312:37横岳峠12:4213:09富士川源流碑13:1213:41ログハウス(小屋)14:1116:30釜無川ゲート16:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道はペンキマーク、テープ等が豊富で道迷いの心配はほとんどない。
とにかく急坂が多く体力勝負の山。三角点ピークから第一高点までは岩場、ガレ場があり、片側切れ落ちているので慎重に。クサリ、梯子等はない。(必要ない程度)
その他周辺情報登山後の温泉は近くの道の駅「信州蔦木宿」(600円)

写真

釜無川ゲート前。ゲートが2重に閉まっている時は作業休止中。左のプレハブ小屋前から左側に沿って道有り。
2016年09月03日 12:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜無川ゲート前。ゲートが2重に閉まっている時は作業休止中。左のプレハブ小屋前から左側に沿って道有り。
本日は土曜日なので駐車多し。午後に来たので、丁度一台分空いていました。
2016年09月03日 12:56撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は土曜日なので駐車多し。午後に来たので、丁度一台分空いていました。
左の箱を登山ボックスと思って、登山計画書を入れましたが違ったようです。「釜無保勝会」の入山ノートでした。翌日、下山してから登山計画書を回収。
2016年09月03日 12:56撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の箱を登山ボックスと思って、登山計画書を入れましたが違ったようです。「釜無保勝会」の入山ノートでした。翌日、下山してから登山計画書を回収。
メンバーの一人は自転車で、残り二人は徒歩でスタート。
2016年09月03日 13:03撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メンバーの一人は自転車で、残り二人は徒歩でスタート。
500m毎の表示を励みに歩きます。4Km先からは道がダートに、傾斜も急に。
2016年09月03日 14:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
500m毎の表示を励みに歩きます。4Km先からは道がダートに、傾斜も急に。
最初は二人でおしゃべりしながら。後半は疲れて黙々と。荷物が重い・・。(正確には、酒とツマミが)
2016年09月03日 14:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は二人でおしゃべりしながら。後半は疲れて黙々と。荷物が重い・・。(正確には、酒とツマミが)
1
9.0Kmで自転車の姿が見える。登りでは自転車の効果は薄い。
2016年09月03日 15:39撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9.0Kmで自転車の姿が見える。登りでは自転車の効果は薄い。
ログハウス到着。先着のテント2張り。本日鋸に登ってからテント泊のお二人でした。
2016年09月03日 15:46撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ログハウス到着。先着のテント2張り。本日鋸に登ってからテント泊のお二人でした。
ログハウスの上は立入禁止の看板あり。長い間、使用された形跡無し。下は避難所として使用可の表示有り。
2016年09月03日 16:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ログハウスの上は立入禁止の看板あり。長い間、使用された形跡無し。下は避難所として使用可の表示有り。
我々のテントは大きいので軒先に入らず。ログハウス前を借用しました。後は宴会〜〜。
2016年09月03日 16:14撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我々のテントは大きいので軒先に入らず。ログハウス前を借用しました。後は宴会〜〜。
2
翌日、明るくなってから出発。ルートは明瞭。
一名体調不良(呑み過ぎ?)でベースキャンプを守る事に。
2016年09月04日 05:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日、明るくなってから出発。ルートは明瞭。
一名体調不良(呑み過ぎ?)でベースキャンプを守る事に。
2
40分ほどで富士川水源。ここで水を補給。
2016年09月04日 06:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40分ほどで富士川水源。ここで水を補給。
1
源流のイメージとは異なり、岩の間からどばどば流れていました。冷たくて美味しい。
2016年09月04日 06:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流のイメージとは異なり、岩の間からどばどば流れていました。冷たくて美味しい。
2
急登が続きます。所どころにロープあり。
2016年09月04日 06:33撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続きます。所どころにロープあり。
横岳峠に到着。テント場に良さそうですが、ここまで担ぎ上げるのが大変そう。
2016年09月04日 06:54撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳峠に到着。テント場に良さそうですが、ここまで担ぎ上げるのが大変そう。
1
三角点ピークへの登りで仙丈ヶ岳が見えて来る。急登で疲れた体に一服の清涼。
2016年09月04日 07:14撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点ピークへの登りで仙丈ヶ岳が見えて来る。急登で疲れた体に一服の清涼。
1
北岳の形がカッコ良い。
2016年09月04日 07:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の形がカッコ良い。
5
とにかく続く急登。前方から陽が差して、光の中へ進むよう。
2016年09月04日 07:20撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく続く急登。前方から陽が差して、光の中へ進むよう。
6
仙丈ヶ岳がクッキリ。南アルプス林道も見えています。
2016年09月04日 08:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳がクッキリ。南アルプス林道も見えています。
1
やがて鋸岳第一高点が見えてきます。奥には第二高点も。
2016年09月04日 08:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて鋸岳第一高点が見えてきます。奥には第二高点も。
6
第一高点アップ。凄い切り立ちようです。この後、山頂に登山者一名発見。甲斐駒方面から来たようです。山頂では会わず。
2016年09月04日 08:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一高点アップ。凄い切り立ちようです。この後、山頂に登山者一名発見。甲斐駒方面から来たようです。山頂では会わず。
2
三角点ピークの分岐到着。編笠山へ道は続いています。三角点探すも見つからず。とりあえず、鋸岳へ向かいます。ここから念のため、ヘルメット着用。
2016年09月04日 08:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点ピークの分岐到着。編笠山へ道は続いています。三角点探すも見つからず。とりあえず、鋸岳へ向かいます。ここから念のため、ヘルメット着用。
八ヶ岳方面も雲がわいています。
2016年09月04日 09:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面も雲がわいています。
1
鋸岳にもガスが流れて来ました。待って〜。
2016年09月04日 09:15撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳にもガスが流れて来ました。待って〜。
2
三角点ピークから鋸岳まで、何回かアップダウンがあります。なかなか近づかない。
2016年09月04日 09:17撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点ピークから鋸岳まで、何回かアップダウンがあります。なかなか近づかない。
角兵衛沢のガレ。踏み跡付いていますが、昇り降りは大変そう。
2016年09月04日 09:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角兵衛沢のガレ。踏み跡付いていますが、昇り降りは大変そう。
1
こんな岩場ですが、手掛かり足掛かりもあり注意すれば大丈夫。
2016年09月04日 09:51撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩場ですが、手掛かり足掛かりもあり注意すれば大丈夫。
ようやく山頂着。誰も居ない貸切状態。
2016年09月04日 10:04撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂着。誰も居ない貸切状態。
2
みるみるガスが掛かって、展望が消えて行く。
2016年09月04日 10:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みるみるガスが掛かって、展望が消えて行く。
3
とにかく証拠写真をタイマーで。
2016年09月04日 10:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく証拠写真をタイマーで。
9
時々ガスが流れて少し見える程度。第二高点方面は険しそうでした。甲斐駒見えないのが残念。
2016年09月04日 10:10撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々ガスが流れて少し見える程度。第二高点方面は険しそうでした。甲斐駒見えないのが残念。
山頂に30分ほど滞在して、再び三角点ピークに戻ります。
2016年09月04日 11:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に30分ほど滞在して、再び三角点ピークに戻ります。
三角点ピークに戻って、登りで見つけられなかった三角点を再び探索。
2016年09月04日 11:15撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点ピークに戻って、登りで見つけられなかった三角点を再び探索。
見つけました。編笠山ルート方向で途中の左に分岐あり。見つけ難いです。
2016年09月04日 11:20撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見つけました。編笠山ルート方向で途中の左に分岐あり。見つけ難いです。
相方のアイフォン借りて、GPSで追いかけて行くとドンピシャで三角点に到達。凄い精度。
2016年09月04日 11:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相方のアイフォン借りて、GPSで追いかけて行くとドンピシャで三角点に到達。凄い精度。
1
下りは木の根が滑ります。もう一度富士川水源に立ち寄って、持ち帰り用の水を確保。
2016年09月04日 13:03撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは木の根が滑ります。もう一度富士川水源に立ち寄って、持ち帰り用の水を確保。
9月なので花は少な目。こちらはキツリフネ。
2016年09月04日 13:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9月なので花は少な目。こちらはキツリフネ。
1
タカネビランジ 。
2016年09月04日 13:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジ 。
4
無事、ログハウスへ到着。テント撤収して帰ります。
2016年09月04日 13:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、ログハウスへ到着。テント撤収して帰ります。
自転車が先に出発。道半ばで悲劇が。半分降りた所で前ブレーキ破損、転倒。何とか下まで行きましたが、被害甚大だったようです。
2016年09月04日 14:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自転車が先に出発。道半ばで悲劇が。半分降りた所で前ブレーキ破損、転倒。何とか下まで行きましたが、被害甚大だったようです。
1
歩きの二人も出発。
2016年09月04日 14:12撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きの二人も出発。
林道脇ではでかいフジアザミがたくさん咲いていました。
2016年09月04日 14:20撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇ではでかいフジアザミがたくさん咲いていました。
1
途中で一時雨が降ってきましたが、直ぐに止みました。
2016年09月04日 15:35撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で一時雨が降ってきましたが、直ぐに止みました。
無事、ゲートへ戻って来ました。お疲れ〜。
2016年09月04日 16:29撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、ゲートへ戻って来ました。お疲れ〜。
1
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 数年前から鋸岳を狙っていたが、技術的に一番容易な釜無川ルートは長い林道歩きが問題。9.2Kmの林道を自転車使って日帰りのレコは良く見る。しかし、自転車利用も道が急坂でダートのためリスクはある。

 一人で林道歩きは嫌なので、仲間を誘ってテント泊とした。2日掛かるが、林道は楽しいおしゃべりタイムになるはず。テン泊で宴会も良い。ということで三人集まってスタート。

 一人は自転車で行ってみたいとのことで、先行した。しかし、後半は押歩き。結局、終点直前で徒歩組に追いつかれた。翌日の林道帰りも先行して下って行った。確かに早く着いたが、急坂の途中で前ブレーキが破損して転倒。自転車前部を損傷するわで、被害甚大。自転車利用は慎重に。

 林道歩き組も、前半は楽しく喋っていたが、後半は疲れてダンマリ気味。宴会用の荷が重すぎたと反省。ただ、ログハウス前のテント場では三人で大いに盛り上がった。

 この日登っていた登山者は8名ほど、17時頃に降りてきた年配4人組は12時間掛かり、これから林道を降りて行くのだと疲れた表情で話していた。18時過ぎに降りてきた2人組は登る前にテントを張っていった。こちらも疲れた様子でテントに戻っていった。とにかく、この山の日帰りはきつそうである。体力勝負の山といった感じ。

 翌日は明るくなってから出発。前夜飲み過ぎたのか、一名は体調不良でテント番となった。道は明瞭で、標識こそほとんど無いが、ペンキ、テープは沢山あってルートは判り易い。ただ、ひたすら急坂が続く。富士川水源の美味しい水を補給して一息つくと、また急坂。横岳峠で少し平坦部が出て来るが、直ぐに急坂再開。

 三角点ピークへの登りも急坂続き。倒木も多く乗り越え、迂回に手間取る。時々木々の間から見える仙丈ケ岳、北岳の展望が救いになる。上部に近づくと鋸岳も見えて来る。俄然ファイトは湧くが急坂は続く。

 ようやく三角点ピークに到着。休憩がてら、ここにある三角点を探すがなかなか見つからない。仕方ないので、下山時に再調査として出発する。
 
 三角点ピークから鋸岳(第一高点)まで標高差は80mほどだが、途中に数個のピークがあって、この登り下りで時間と体力が掛かる。だんだんガスが出て来て焦るが、ここは安全第一。

 角兵衛沢のコルを過ぎると、山頂まで後少し。ようやく到達した鋸岳山頂は、ガスに巻かれて展望は少し。時々ガスが流れる隙間から周辺が見える程度。仙丈ヶ岳や北岳、間ノ岳は登る途中で見えたから良かったが、甲斐駒が見れなかったのが残念だった。

 30分ほどで山頂を後に、慎重に下る。三角点ピークで再度三角点探し。今度はアイフォンのGPSでたどってみると一発で探りあてた。目視で探していた時に気付かなかった左への脇道があり、その直ぐ先に三角点は鎮座していた。

 後はテント場まで無事に降りるだけ。ただ、急坂では木の根で滑って2度ほど尻もちをついた。疲れた足にはキツイ坂である。富士川水源の水場で持ち帰り用の水を補給。少し、花を見る余裕も出て来てテント場に帰着。

 テント撤収して下りの林道を辿る。途中少し雨が降ったが、たいしたことにはならず、終点に着く頃には止んでいた。道の駅信州蔦木宿まで車で戻って、ここで解散した。

 当初予想通り、体力勝負の山。林道歩きと急坂、山頂近くのガレ場が核心部だが、一番印象に残ったのはやっぱり林道歩きだった。もう一度歩く気にはならないです。とにかく鋸岳山頂に立てて良かった。
訪問者数:333人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/15
投稿数: 913
2016/9/6 20:00
 お疲れ様でした〜
林道長いですよね
でも、鋸の頂に立った時は満足感はしっかりでした
人も少なく、しっかり山歩きできますよね
帰りの自転車、当方もジェットコースタ―状態でした
(元サイクリング部の技術でなんとか下まで行きましたが、後ろタイヤはダートで跳ねまくってました)
何はともあれ、体力の勝負の山、ご苦労様でした
登録日: 2014/4/14
投稿数: 95
2016/9/6 20:24
 Re: お疲れ様でした〜
台風が停滞したので、天気は何とか持ちました。
鋸岳の山頂にも立て、展望もそこそこ楽しめたので満足です。
林道は予想通りに大変でした。距離もありますが、標高差も大きいですね。
とにかく、念願達成出来て嬉しいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ