ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955782 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走飯豊山

飯豊山(ダイクラ尾根登り 梶川峰下り)

日程 2016年09月03日(土) 〜 2016年09月04日(日)
メンバー aburage-og3
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長岡市から国道351・290・113と通過し飯豊山荘付近の登山口駐車場まで約3時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間9分
休憩
1時間29分
合計
11時間38分
S飯豊山荘上駐車場04:4204:59温身平05:0005:27桧山沢吊橋05:3507:49休場ノ峰07:5211:08宝珠山13:30飯豊山13:5214:08駒形山14:0914:59御西岳15:0015:05御西岳避難小屋15:5616:12御西避難小屋水場16:1416:20御西岳避難小屋
2日目
山行
7時間45分
休憩
1時間4分
合計
8時間49分
御西岳避難小屋05:0205:58御手洗ノ池06:0307:04烏帽子岳07:25梅花皮岳07:2707:42梅花皮小屋08:2108:45北股岳09:32門内岳09:3309:36門内小屋09:3709:37門内岳10:08扇ノ地神10:1110:43梶川峰10:4412:26湯沢峰12:3813:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
万歩計 3日18,250歩 4日23,000歩

歩行距離 3日10km 4日12km
コース状況/
危険箇所等
熊出没情報 !!!
烏帽子岳北側斜面、登山道の下約300m付近にいました。(登山道には真新しいウンチが有りました。)

ダイクラ尾根は急登の登り返しだらけ ワイル度8
梶川峰下り後半から急登 ワイル度6.5
その他周辺情報新潟県からの最後のコンビニは関川の国道113と290号線の合流付近にセブンイレブンとセーブオン?
それを過ぎると小国のファミマまで行き過ぎなければいけません、行き過ぎました。(;_;)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ
備考 初日は登り尾西小屋まで 使用した水、ハイドレーション2.5ℓ・ドリンクゼリー1本
2日目 ハイドレーション3ℓ カイラギ小屋の水場で2杯 五郎清水でも2杯
フルーツジュース1本

写真

スタートします。
2016年09月03日 04:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートします。
吊り橋 どこにも捕まらずに渡りましたが揺れに合わせて歩くのは大変です(-_-;)
2016年09月03日 05:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋 どこにも捕まらずに渡りましたが揺れに合わせて歩くのは大変です(-_-;)
1
こんなのは 当たり前でした。
2016年09月03日 05:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのは 当たり前でした。
2
長坂清水付近 調査不足でダイクラ尾根には水場無いと思っていました。
ネットにて検索し確認しましたが今回、水が出ていたかは不明です。
2016年09月03日 06:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長坂清水付近 調査不足でダイクラ尾根には水場無いと思っていました。
ネットにて検索し確認しましたが今回、水が出ていたかは不明です。
普段なら登る岩の上ですが今回はパス(´・ω・`)
2016年09月03日 08:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段なら登る岩の上ですが今回はパス(´・ω・`)
1
リンドウ
2016年09月03日 08:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ
1
帰り道に通ります
2016年09月03日 10:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道に通ります
2
宝珠山の肩は道標が有りましたが宝珠山には無く、よく解からずに通過 (^^;
2016年09月03日 10:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝珠山の肩は道標が有りましたが宝珠山には無く、よく解からずに通過 (^^;
振り返って宝珠山
2016年09月03日 12:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って宝珠山
2
光の筋が映り込みました。
2016年09月03日 13:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光の筋が映り込みました。
飯豊山にもう少しですが、中々進みません _| ̄|○
2016年09月03日 13:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊山にもう少しですが、中々進みません _| ̄|○
3
飯豊山に到着しました、長かった。( `ー´)ノ

山頂には男性が3人休息中と宝珠山の手前で追い抜かれたレデースのお二人が記念撮影をしていました。
2016年09月03日 13:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊山に到着しました、長かった。( `ー´)ノ

山頂には男性が3人休息中と宝珠山の手前で追い抜かれたレデースのお二人が記念撮影をしていました。
3
御西小屋が見えました
2016年09月03日 14:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御西小屋が見えました
御西小屋の水場はこの先
テント設営後、水を汲みにサンダルで行ったら足の裏が痛かった。(;_;)
2016年09月03日 15:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御西小屋の水場はこの先
テント設営後、水を汲みにサンダルで行ったら足の裏が痛かった。(;_;)
今夜のお宿から大日岳方向を望むがガス
2016年09月03日 16:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今夜のお宿から大日岳方向を望むがガス
3
御西小屋にてビール2本購入しました。
足りない分は持参したウヰスキーを御西水で水割りにして頂きましたテントサミットの皆さんと一緒に宴会
 ヽ(^。^)ノ
2016年09月03日 16:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御西小屋にてビール2本購入しました。
足りない分は持参したウヰスキーを御西水で水割りにして頂きましたテントサミットの皆さんと一緒に宴会
 ヽ(^。^)ノ
2
サミットの皆さん
右から仙台の瞬足ボウイ、ダイクラ尾根を5時間で登ったそうです。
右から2番目は埼玉の単独登山女子 冬はBCボーダー、テント設営1番。
3番目は小屋番さんキノコ採りの仙人、沢山の差し入れご馳走さまでした。
1番左は静岡県の長距離・長時間ハイカーさん20時間歩く事が当たり前のような方。
2016年09月03日 18:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サミットの皆さん
右から仙台の瞬足ボウイ、ダイクラ尾根を5時間で登ったそうです。
右から2番目は埼玉の単独登山女子 冬はBCボーダー、テント設営1番。
3番目は小屋番さんキノコ採りの仙人、沢山の差し入れご馳走さまでした。
1番左は静岡県の長距離・長時間ハイカーさん20時間歩く事が当たり前のような方。
8
ガスの中を御西小屋をスタートします。
大日岳で御来光の予定がこのガスではダメなのと体力的にも厳しく、次回に持ち越します。
まってろ大日岳必ずいくから(^_^;)
2016年09月04日 05:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中を御西小屋をスタートします。
大日岳で御来光の予定がこのガスではダメなのと体力的にも厳しく、次回に持ち越します。
まってろ大日岳必ずいくから(^_^;)
1
朝日は雲の中
2016年09月04日 05:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日は雲の中
1
天狗の庭
2016年09月04日 05:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の庭
溢れ出る雲
2016年09月04日 05:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溢れ出る雲
3
先は長い
2016年09月04日 05:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先は長い
1
尾根から昇る朝日と滝雲
2016年09月04日 05:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から昇る朝日と滝雲
4
御手洗の池
2016年09月04日 05:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御手洗の池
2
いつも登っている粟ヶ岳 だと思いますが自信なし
(´・ω・`)
2016年09月04日 06:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも登っている粟ヶ岳 だと思いますが自信なし
(´・ω・`)
門内小屋が見えているのか?
2016年09月04日 06:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門内小屋が見えているのか?
1
烏帽子岳の手前
真ん中に 熊いますが解りますか?
2016年09月04日 06:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の手前
真ん中に 熊いますが解りますか?
2
烏帽子岳
2016年09月04日 07:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳
梅花皮小屋
2016年09月04日 07:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅花皮小屋
2
梅花皮岳
2016年09月04日 07:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅花皮岳
梅花皮小屋まであと少し
2016年09月04日 07:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅花皮小屋まであと少し
2
梅花皮小屋の水場に立ち寄り給水
2016年09月04日 07:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅花皮小屋の水場に立ち寄り給水
1
ここで朝ご飯、バナナはのちほど
2016年09月04日 08:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで朝ご飯、バナナはのちほど
1
これが 石ころび沢か そのうちに来てみたい。
2016年09月04日 08:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが 石ころび沢か そのうちに来てみたい。
2
梶川峰が少し近付いた
2016年09月04日 08:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梶川峰が少し近付いた
北股岳も湯ノ平から登ってみたい
2016年09月04日 08:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股岳も湯ノ平から登ってみたい
右は二王子岳 中央遠くに弥彦山
2016年09月04日 09:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右は二王子岳 中央遠くに弥彦山
1
門内岳
2016年09月04日 09:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門内岳
門内岳避難小屋
ここで仙台の瞬足ボウイに追いつかれる1時間も後にスタートしたそうです。ここまでで8人抜きだそうです。
すっげー
2016年09月04日 09:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門内岳避難小屋
ここで仙台の瞬足ボウイに追いつかれる1時間も後にスタートしたそうです。ここまでで8人抜きだそうです。
すっげー
門内岳避難小屋のテン場
2016年09月04日 09:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門内岳避難小屋のテン場
分岐点があと少し
2016年09月04日 09:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点があと少し
扇の地紙分岐点
2016年09月04日 10:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇の地紙分岐点
扇の地紙で休憩 最後の1本
2016年09月04日 10:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇の地紙で休憩 最後の1本
1
胎内へ下りる峰
2016年09月04日 10:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内へ下りる峰
1
扇の地紙を振り返る
2016年09月04日 10:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇の地紙を振り返る
1
ダイクラ尾根を見るとやはりキツイのよ
2016年09月04日 10:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイクラ尾根を見るとやはりキツイのよ
4
やはり水場は行かなければ
2016年09月04日 11:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり水場は行かなければ
沢水ですが、有り難い。
2016年09月04日 11:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢水ですが、有り難い。
2
滝見には寄らずに左へ下ります。
2016年09月04日 11:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見には寄らずに左へ下ります。
ここまでくると最後の急登でが待ち構えています
2016年09月04日 12:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでくると最後の急登でが待ち構えています
1
ここはロープないと厳しいな
2016年09月04日 13:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはロープないと厳しいな
2
帰り着きました。
今日も長かった。
2016年09月04日 13:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り着きました。
今日も長かった。
3

感想/記録

今年に入り初めてのテン泊に行きました。飯豊山をダイクラ尾根から登り大日岳まで行って御西小屋でテント泊まり翌日は梶川峰を下山する計画をたてて準備していました。
睡眠時間2時間で長岡を出発、国道290号線を走り関川の国道113号線に合流、この正面にヤマザキデーリーが地図にはあったが確認できず国道を左に曲がるとセブンイレブンがあるが遠回りになるので右に曲がりセーブオン?を発見したが勘違いをして通過したそれを過ぎると小国のファミリーマート 小国小坂町店まで行き過ぎなければいけません。(;_;)
買い出しをして戻り飯豊山荘さきの駐車場に着き林道封鎖ゲートふきんに駐車、4時スタートのつもりが40分遅れでスタート暫くダート林道てくてく歩く林道終点付近で登り口?発見案内看板がないので先に進み終点から登る直ぐに先程の道?と思われるに合流、吊り橋まで川沿いを歩く、ゆらゆら揺れる吊り橋は掴まったほうが歩きやすかったかも知れなかった。
ここから急登が始まる。
休場ノ峰までははサクッと行けるつもりだったが登り始めで後続の人にサクッと抜かれP926m手前で先輩に抜かれ今日は良く抜かれあるなア〜なんか変だな〜と思いつつも止まっている先輩に追いつき少し会話、休場ノ峰は後どれくらいとか水場がどうとか休場ノ峰まではまだ半分、ここで先輩に確認休まないのであれば先に行ってもらうつもりだが休むそうなので先を行く、どうせ先で又抜かれあるだろうと思っていたが追いつかれる事はなかった。
ダイクラ尾根は某雑誌の日本の名急登100の21位にランクされていて標高差1540m平均斜度12.8度だそうで23位の越後駒ケ岳(十二平登山口)とよく似た印象をうけるが圧倒的に距離が長い休場ノ峰に着いた時にはテントを背負ってきた事を後悔しはじめていた(-_-;)
確か休場ノ峰の手前でテン場で一緒になった仙台の瞬足ボウイに抜かれていた、本当に今日は足が重い、でも良く考えるとザックの重さが普段と違うそして多忙で睡眠時間が足りていない・・・眠くて眠くてザックを下ろし少し寝ようとしてみるが、そうすると眠れない。
休場ノ峰を過ぎると密な等高線は変わらないが登り返しが増えてきて更なる追い打ちをかけてくる、登っては下りを繰り返すが標高は上がらず、そんな所でchee2005さんに追いつかれる、しばらくは先行するも女性陣に追いつかれことに焦りを感じてペースを上げようと頑張ったら足攣りの前兆が始まりドーピングと休憩を余儀なくされた。ここで完全に抜かれ追いつくことは出来なかった、飯豊山に着いたのは彼女達の20分であった。
山頂には彼女達のほかに男性が3人、私はザックを下ろして記念撮影をしてお昼ゴハン稲荷寿司を頂く、彼女達は本山小屋に降りて行った私は御西小屋に向かう。
この先の稜線はダイクラ尾根に比べれば穏やかで歩きやすいが疲れのピークを過ぎ足取りは最悪だった。
ようやく御西小屋着いたのは15時をまわっていた、さぞ繁盛しているかと思いきや今日は空いているとの事、小屋に泊まるように勧められるが、せっかくのテントが無駄になるからと五百円を払いテン場に向かう、此方もユルユルでまだ2張りだ、ツエルトは瞬足ボウイか?もう1張りは赤色のダンロップ 声を掛け隣に設営する風が吹いていやらしい大天井で風やられた事を思い出す。張り終わりサンダルのまま水場へ水汲みに行く瞬足ボウイが汲んでいる登りのタイムを聞くと6時間を切ったそうだ、もう健脚を通り越して変態の域だ。
テン場はもう1張り増えて4張りで打ち止めのようだビールを飲みながらボウイと話しているとダンロップの単独登山女子も加わり宴会が始まる最後に静岡の男性も参加する、しばらくすると小屋番さん登場 差し入れを下さるヽ(^。^)ノ
楽しい時間を過ごしました。
就寝・・・風でテントが揺れうるさくて熟睡出来ず が 頑張って寝てみる(=_=)

さて翌日

朝3時トイレに起きると星が出ていたシメタ 大日岳に行くぞっと準備をしてテントから出たらガスガス_| ̄|○
しばらく様子見るが諦めてテント片付け始めたらピークハンター静岡氏が大日岳に向かったが私は今度来るときのため取っておくことにして下山することにした。
5時テン場を後にするガスは晴れそうにない、軽いアップダウンの尾根を天狗の庭・御手洗の池と進み烏帽子岳が近づいてきたガイド登山らしき若い男性と御夫人3人のパーティーとすれ違いそれから暫くのち、真新しい熊のウンチとかじられた草の後を発見(◎_◎;)
恐る恐る周りを見渡したら300mほど離れた斜面の下で動くものが (゜◇゜;)!!!
向こうもこちらに気付いたようだが食事を続けている。今回の遭遇は距離もありカメラも有るので目いっぱいズームして撮影したが黒い点のようにしか写らず残念です。しばらくは戻ってこないか心配で後ろばかり振り返って歩ていた烏帽子岳を下りはじて気にならなくなり普通に歩く梅花皮岳までの道中にも落し物があったが新鮮ではなかったので余り心配せずに歩けた腹が減ったので梅花皮山荘で朝ご飯にする水場で水を調達しラーメンとフランクフルトとも茹でして頂くデザートはパウチに入ったフルーツミックス。バナナとフルーツジュースはダウンヒル開始まで取っておこう。
(^^♪
北股岳への登りを開始する、足を止めた後のスタートは何時も辛い何とか北股岳に到着、ここは近いうちに加治川ダムから上がってみたいと調査中です。門内岳の登りの途中から背後に迫る人の気配 きっと仙台の瞬足ボウイだろう、門内岳で少し待つが来ないので門内避難小屋で待つと案の定ボウイだった私の1時間後にスタートして、ここまで8人抜き 呆れて言葉にならず(´・ω・`)
本人曰くコースタイムの半分の時間で歩くそうだ後は明るくなる前にはスタートしないとも・・・ここで少し話をして先に行ってもらう後ろから見ていたが足取りが軽いULスタイルではあるが、もし同じスタイルでも私には無理だろうと思う(もう15歳若くても(>_<))アッ という間に梶川峰を下って行くのが遠くから見えた梶川峰の分岐を右に曲がるとすぐに開けた景色の休憩ポイントがあり此処で大休憩バナナとフルーツジュースを頂きもうこの先ザックは降ろさないつもりでいたが・・・
再スタート、広く緩やかな下りで楽勝に見えたが段々ときつくなり後ろ向きにならないと下りずらい所が沢山出てきた、そのうちに前方に人の気配を感じて暫くするとザックを下ろして休む2人連れ、なんと其処は水場の入り口でした。水の心配はなかったが後学のため行ってみます、沢に降りる寸前が結構デンジャス(; ・`д・´)
もし、これを読んで行く人で足がクタクタだったらチョロチョロの流れの辺りで溜まりを掘って汲んだほうが無難と思います。
前出の二人組に先に下りることを断って下ります、この先は更に厳しく重いザックと疲れた足で下りなのに休み休みとなりました。ようやく湯沢峰の道標の地点に着いて、梶川峰の分岐で、この先ザックは降ろさないつもりでしたが2度目の大休憩を取らないではいられない疲れでした。ここは(^^♪ 
アイスコーヒーでコヒーブレイク(*^^)v
川のせせらぎが聞こえてくると木の根の尾根くだりで引っかかっての転倒に気を付けたため更に遅くなりました、人の話し声聞こえて駐車時がと飯豊山荘が見えたとき着いたと思いましたが、もう一下り・・・いつもそう(;_;)
何とか14時前に車に着きました。(^_^;)
その後、飯豊山荘で汗を流し帰宅しました。

今回は反省点の多い山行になりました。

つまらん レポートを最後まで見てくれた方に感謝します。

訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/7
投稿数: 243
2016/9/11 22:18
 お疲れ様でした(^_^)
私も同じルートをたどり、同じ人とすれ違い、同じホカホカのものを見つけて歩きましたので、あの日を思い出しながら楽しく読ませていただきました。

私もオウイン、やりたいんです。この秋にやれるかなぁ。もしかしてまたバッタリ?

お近くですから、きっとどこかでお会いできると思います。その時はまたよろしくお願いします♪
登録日: 2013/12/12
投稿数: 165
2016/9/12 5:52
 Re: お疲れ様でした(^_^)
いやはや、本当にお疲れ様でした。
ダイクラ尾根を登り切って見えた飯豊連峰、達成感が有りました。1週間たった今は大日へどう行こうかとか、何処から登ろうかなど考えています。
北アルプスも行きたいし・・・
またお会い出来るといいですね。
登録日: 2007/10/14
投稿数: 1076
2016/9/12 21:52
 テン泊デビュー、おめでとうございます。
テン泊デビューが飯豊山、それもダイグラ尾根とはかっこいいですね
私も名急登100の21位「ダイクラ尾根」いつか行きたいと思ってますが
ワイル度8とは本当にキツそうですね。
ちなみにザックの重量は何キロぐらいだったのですか?

熊さんはビックリでしたね
登録日: 2013/12/12
投稿数: 165
2016/9/12 23:22
 Re: テン泊デビュー、おめでとうございます。
ごたごた続きで準備不足と睡眠不足での山行で、あげくに居眠り歩行まで
ザックは計りませんでしたが、おそらく18坩未隼廚い泙后担ぎ方が悪く両肩を少し擦りむきました。
私の技量でテン泊装備だと体調が良くても後1時間詰めるのが関の山、日帰り縦走には距離が長く、また機会があったら小屋泊まりでなるべく軽くして行ってみたいかなと思います。
pac
登録日: 2013/2/8
投稿数: 1
2016/9/15 22:57
 埼玉の単独女子です(笑)
こんばんは〜
いや〜、楽しいサミットでしたねありがとうございました!
梶川尾根はホントに足がガクガクになりました〜。天狗の庭付近の熊の糞!登山道に堂々としてあったやつですよね?!いましたか〜。。。
私が通った時は少し表面が乾燥していたので数時間前の物かと思いましたがやはり・・・
御西のテン場のサミットが楽しかったので、次の日の門内避難小屋泊での真っ暗闇の中の独りご飯はギャップがあり寂しくなりました(笑)
登録日: 2013/12/12
投稿数: 165
2016/9/16 5:51
 Re: 埼玉の単独女子です(笑)
お疲れ様でした

サミット、 良かったですね〜

門内避難小屋は貸し切り?でした(^_^;)
梶川尾根の下りは最後の最後が厳しい

テン泊初心者 なので、毎回、試行錯誤です

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ