ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 955929 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳日帰り 〜連投登山その2〜

日程 2016年09月04日(日) [日帰り]
メンバー Yama-Koni
天候晴れのち曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は午前8時到着には満車で路肩にも車が停まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
1時間2分
合計
5時間7分
S新中の湯登山口08:3309:361972mピーク09:3709:55広場10:0110:05下堀沢出会10:0611:13焼岳(北峰)12:0612:43下堀沢出会12:47広場12:4813:011972mピーク13:40新中の湯登山口13:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

焼岳登山スタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳登山スタート
いきなりの急登
心がすこし折れそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急登
心がすこし折れそう
森の中を歩きます
もう少し心が折れそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の中を歩きます
もう少し心が折れそう
焼岳発見!
発見と同時にすこし元気に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳発見!
発見と同時にすこし元気に
ちょっとしたはしごが数ヶ所あります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとしたはしごが数ヶ所あります
少しずつ山頂が近づいていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ山頂が近づいていきます
1
火山ガスがもくもく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山ガスがもくもく
1
少し離れたところで
ガスがもくもく
温泉たまごが食べたくなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し離れたところで
ガスがもくもく
温泉たまごが食べたくなる
穂高連峰や上高地が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰や上高地が見えます
天気が予報では下り坂なので
早々に下山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が予報では下り坂なので
早々に下山開始
下りは楽です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは楽です
木々が少しずつ秋色へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々が少しずつ秋色へ
森に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森に入ります
ほんとに下りは楽です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとに下りは楽です
登山口まで帰還
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで帰還

感想/記録

前日の四阿山登山に続き、本日は北アルプスの焼岳へ。上高地から登るコースもあるそうですが、比較的初心者向けの新中の湯コースにて山頂を目指します。8時ごろ登山口に到着しましたが、既に車が沢山駐車していました。いざ登山を始めると森の中かつ急登を歩き続けます。事前にヤマレコユーザーさんの登山記録も拝見しましたが、やはりその通りできつかったです。心が折れそうになりながらも焼岳が見渡せる広場へ到着。ここからは森を抜けて日差しが思いっきり照りつけて暑かったですが山頂が見えるとやる気が出ます。木のハシゴ風を通ったり、ガレ場を通ったり、少しずつ山頂が近づいてきていることを実感。火山ガスが吹き出ている横を通り無事に山頂到着となりました。
山頂ではまだ天気が良かったため槍ヶ岳や穂高連峰が見えたり、雲に隠れたり
していました。そして上高地もはっきり見えました。軽くおにぎりを食べてすぐに下山します。短時間の滞在ということでとても名残惜しかったのですが、当日は昼前後から雨の予報が出ていた為、止むを得ず的な感じです。
帰りも登った道を下ります。なぜか下りは歩きやすく思っていたよりも早く下山できました。特に森に入ってからは登りと大違いで、あっという間に登山口まで帰ってきました。思いのほか早い時間帯に帰還したので、上高地へ行こうと決意し、車でさわんどナショナルパークゲートに向かいました。
訪問者数:47人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ