ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 956087 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

有明山(中房から往復)

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー kamuishiri
天候曇り/ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中房駐車場満車につき有明荘から500mほど下に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
28分
合計
6時間53分
Sスタート地点07:1407:29有明荘07:3210:34有明山分岐10:3510:58有明神社10:5911:02有明山11:2411:28有明神社11:46有明山分岐11:4714:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
有明荘下 0658-0714
有明荘 0730
1750m付近 0820-30?
1850m付近? カメラをなくす
高度計読み1975 0928-42
高度計読み2150 1023-31
有明神社 1058-59
有明山 1102-24
高度計読み1950 1219-30
高度計読み1575 1314-24
三段の滝分岐 1329
三段の滝 1334
たる沢の滝 1343
有明荘下 1359-05
コース状況/
危険箇所等
整備は良いが、クサリ場等多く、全般に険しい。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ

写真

登ったと思えば下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ったと思えば下る
1
どのみち展望には恵まれなさそうな山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どのみち展望には恵まれなさそうな山
山頂へはこの写真だと右から入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へはこの写真だと右から入る
2
この写真からだと裏から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真からだと裏から
1
シラタマノキ多数。ゴゼンタチバナ、マイヅルソウも実をつけていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラタマノキ多数。ゴゼンタチバナ、マイヅルソウも実をつけていた
下山にかかる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山にかかる
シラタマノキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラタマノキ
避雷針兼用の鳥居らしいが、金属製でなくてはならないのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避雷針兼用の鳥居らしいが、金属製でなくてはならないのか?
ヤマハハコ、あとはミヤマアキノキリンソウがあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ、あとはミヤマアキノキリンソウがあった
タル沢の滝。こっちのほうが見ごたえあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タル沢の滝。こっちのほうが見ごたえあった。
1

感想/記録

妙高あたりが天気も良くちょうど良いかと思ったが、やっぱり暑いかもなどと考え、
標高はさらに低いが日陰が多そうだというだけの理由で、行った人が
みな面白くないと言う、この山をチョイスした。
翌日天気が悪いから駐車場もそんなに混んでいないだろうというもくろみは
完全に外れ、空きはなし。有明荘から500mほども戻ってやっと駐車。
有明山へは、中房第三駐車場の奥から入る。登山届入れ有り(プライバシー配慮)。
三段の滝分岐を過ぎると急登。湿度は高いし、一月以上も山行間隔が開いて
いるせいもあるが、滝のように汗をかく。1ピッチ目で帰ろうかと思ったほど。
(そもそも山行間隔が開いたのも体調が悪いためなのだが)
無心になって登れば楽だ、と無心を心がける。
標高1800mを過ぎたあたりから尾根東側の巻き道が多くなり、クサリ場も現れる。
最初のクサリ場を過ぎたところ、まず地形図の紛失に気付く。地形図は
予備があるので戻るまでもないと思ったが、カメラもない。さすがに戻って探す。
が、見つかったのは地形図のみ。無心になりすぎたか(泣き笑い)。
その後もクサリ場は断続的に出てくる。難所というほどではないが、足元が
切れ落ちている場所は多い。それよりも、細かいアップダウンが多く、時間の割に
高度が稼げないのがつらい。
コースタイム維持が精一杯で有明神社着。山頂へは裏を回って3分位。
シラタマノキが目についた。
どうせガスなのでその先はやめて戻る。戻りながら少しは注意して探したが、
カメラはやっぱりなし。
最近、その一代前のカメラで撮った写真を見なおしてみて、(分かってはいたものの)
画像の差(古いほうが良い)にちょっとがっくり来た。それで拗ねて姿を消したか...
(しかし、最近の防水カメラは結局、みんな屈曲光学系...)

下りのせいか、時間の経過のせいか、少し元気が出てきたので、三段の滝を回って
戻る。たる沢の滝というその下の滝のほうが良かった。こちらからだと
第二駐車場に出る。
訪問者数:322人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ