ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 956581 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

マイナールートで登る両神山 /尾ノ内ルート

日程 2016年09月06日(火) [日帰り]
メンバー ARAQ
天候曇り時々晴れ
16時頃から雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾ノ内自然ふれいあい館の駐車スペース
水場、トイレ、飲料の自動販売機あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間46分
休憩
3時間29分
合計
12時間15分
S尾ノ内ふれあい館06:5407:31山の神08:55油滝09:3210:44龍頭神社奥宮11:1211:44東岳12:2812:43前東岳の岩場12:51両神山13:1713:25前東岳の岩場13:38東岳13:4114:00龍頭神社奥宮14:1914:29西岳14:3714:39行蔵峠14:4915:14八丁峠15:3516:40大岩16:4418:31坂本18:47尾ノ内渓谷入口18:5119:03尾ノ内ふれあい館19:0819:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【尾ノ沢ルート】
油滝までは沢沿いのコース、登山者が少ないせいか結構荒れている。
渡渉、崩落跡、ルートが不明瞭のところ、滑りやすい岩場あり一般ルートとしては難易度高い

油滝から龍頭神社奥ノ院までは破線コース
500m強の急登、後半はクサリ(一部ハリガネ)場が続く。全体的に足場悪く、滑りやすい岩場あり

【八丁ルート】
龍頭神社奥ノ院から両神山山頂と下山で八丁峠まで
八丁ルートは東岳から西岳・行蔵峠までの区間は、クサリ場のアップダウンが繰り返される。

【大岩経由の坂本ルート(大岩で林道にエスケープ】
八丁峠から大岩
途中、八丁トンネルへのルートから分岐、ジグザグの斜面を下る。後半は沢沿いを何度か渡渉を繰り返す。ルート不明瞭の箇所や、崩落跡のザレ・ガレがあるので注意

大岩から坂本、尾ノ内自然ふれいあい館まで
15時くらいから降り始めた雨で、沢の水量が増えてきたため沢沿いで坂本に至るルートでの下山をあきらめ、大岩で林道にエスケープ
林道から国道299号線をへて約10km、2時間30分の車道歩き
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1 35L
ストック 1
水筒 2 2L+1L
ヘッドランプ 1 単4×3
ナイフ 1
コンパス 1
地図 1 山と高原地図
ライター 1
食糧
携行食
帽子 1
グローブ 1
個人装備品
数量
備考
レインウェア 1
フリース 1
タオル 1
GPS 1
ファーストエイドキット 1
予備電池 1 単3/単4
エマージェンシーシート 1
ツェルト 1
ゴミ袋 2
携帯電話 1
健康保険証/運転免許証

写真

6時50分、スタートは尾ノ内自然ふれあい館から
2016年09月06日 06:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時50分、スタートは尾ノ内自然ふれあい館から
2
キレイなログハウスの横を抜けて
2016年09月06日 06:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイなログハウスの横を抜けて
すぐに吊り橋
2016年09月06日 06:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに吊り橋
3
左手には滝
2016年09月06日 06:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には滝
4
尾ノ内沢沿いを進む
2016年09月06日 07:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾ノ内沢沿いを進む
1
一昨日の台風の影響か、水量が多く
岩の濡れていて滑る
2016年09月06日 07:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一昨日の台風の影響か、水量が多く
岩の濡れていて滑る
3
踏み跡薄いが、リボンを目印に進む
2016年09月06日 07:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡薄いが、リボンを目印に進む
2
山の神
ここまでが通常ルート?
2016年09月06日 07:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神
ここまでが通常ルート?
山の神で安全登山を祈願
2016年09月06日 07:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神で安全登山を祈願
さらに渡渉を繰り返し沢沿いを進む
2016年09月06日 07:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに渡渉を繰り返し沢沿いを進む
3
大きな岩でルートが分断されるが、
2016年09月06日 07:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩でルートが分断されるが、
1
裏側に回り込むと目印のリボンあり
2016年09月06日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏側に回り込むと目印のリボンあり
3
右岸、左岸を行ったり来たり
2016年09月06日 07:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸、左岸を行ったり来たり
1
キギノ沢との合流点
キギノ沢に入り込まないように注意!
2016年09月06日 08:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キギノ沢との合流点
キギノ沢に入り込まないように注意!
2
石垣が積んである場所が目印
上流に向かって右側の沢沿いに進む
2016年09月06日 08:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣が積んである場所が目印
上流に向かって右側の沢沿いに進む
1
しばらく進むと滝が見えてくる
2016年09月06日 08:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと滝が見えてくる
岩場をクサリを伝ってトラバース
この岩がスタンスが少ないうえ滑る
落ちると前の写真の滝壺、要注意!
2016年09月06日 08:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場をクサリを伝ってトラバース
この岩がスタンスが少ないうえ滑る
落ちると前の写真の滝壺、要注意!
4
さらに沢沿いのガレ場を登ると
2016年09月06日 08:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに沢沿いのガレ場を登ると
油滝に到着
2016年09月06日 08:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油滝に到着
油滝
ここで滝を見ながら小休止
2016年09月06日 09:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油滝
ここで滝を見ながら小休止
7
油滝を過ぎると急登の始まり
2016年09月06日 09:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油滝を過ぎると急登の始まり
前半はジグザクに登り高度を上げていく
2016年09月06日 09:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前半はジグザクに登り高度を上げていく
木々の隙間から西岳方面
ピークは雲に隠れている
2016年09月06日 09:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の隙間から西岳方面
ピークは雲に隠れている
八日見山道の標識
日本武尊の東征で8日間見ながら進んだとか
「ようかみ」から「りょうかみ」?
2016年09月06日 09:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八日見山道の標識
日本武尊の東征で8日間見ながら進んだとか
「ようかみ」から「りょうかみ」?
1
滑りやすく足場が悪い斜面
2016年09月06日 10:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りやすく足場が悪い斜面
後半の急登
木の根を手掛かりに登っていく
2016年09月06日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半の急登
木の根を手掛かりに登っていく
ハリガネ(?)場の急登
2016年09月06日 10:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハリガネ(?)場の急登
1
クサリはあるが足元が狭い、滑る、不安定
通過に神経を使う
2016年09月06日 10:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリはあるが足元が狭い、滑る、不安定
通過に神経を使う
後半の長いクサリ場
登って
2016年09月06日 10:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半の長いクサリ場
登って
2
まだ続く
2016年09月06日 11:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ続く
1
20分以上クサリ場続きやっとピークが見えてくる
2016年09月06日 11:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分以上クサリ場続きやっとピークが見えてくる
1
龍頭神社奥ノ院に到着
気持ち的にはここがゴール
2016年09月06日 11:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍頭神社奥ノ院に到着
気持ち的にはここがゴール
4
祠の裏の看板は倒木に隠れている
かなりハードなコースだった
下りは使いたくない
2016年09月06日 11:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠の裏の看板は倒木に隠れている
かなりハードなコースだった
下りは使いたくない
2
ここまでで既におなか一杯という感じだったが
一応山頂を目指す
2016年09月06日 11:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでで既におなか一杯という感じだったが
一応山頂を目指す
2
八丁ルートのクサリ場
2016年09月06日 11:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁ルートのクサリ場
1
東岳
ここまで結構疲労困憊
昼食と長めの休憩
2016年09月06日 11:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳
ここまで結構疲労困憊
昼食と長めの休憩
3
東岳を過ぎるとアップダウンが少なくなり
2016年09月06日 12:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳を過ぎるとアップダウンが少なくなり
山頂直下のクサリを登り
2016年09月06日 12:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のクサリを登り
1
13時、山頂の到着
2016年09月06日 12:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時、山頂の到着
6
今回は山頂はおまけ的な感じ
休憩そこそこに下山開始
2016年09月06日 12:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は山頂はおまけ的な感じ
休憩そこそこに下山開始
4
東岳を過ぎて
2016年09月06日 13:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳を過ぎて
1
西岳との間のクサリのアップダウン
2016年09月06日 14:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳との間のクサリのアップダウン
今回の八丁尾根はおまけなので写真が少ない
2016年09月06日 14:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の八丁尾根はおまけなので写真が少ない
行蔵峠を越えて
2016年09月06日 14:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行蔵峠を越えて
2
八丁峠に到着
2016年09月06日 15:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠に到着
1
八丁トンネルに向かう途中
大岩方面への分岐
2016年09月06日 15:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁トンネルに向かう途中
大岩方面への分岐
大岩方面へは斜面をジグザグに下る
2016年09月06日 15:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩方面へは斜面をジグザグに下る
16時頃から雨が降り出す
時折強く降り、足場は滑りやすい
2016年09月06日 16:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16時頃から雨が降り出す
時折強く降り、足場は滑りやすい
1
途中、レインウェアの着用や、ルートを探すのに時間がかかったり大岩に着いたのは区間CTをオーバーし16時40分
2016年09月06日 16:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、レインウェアの着用や、ルートを探すのに時間がかかったり大岩に着いたのは区間CTをオーバーし16時40分
1
雨で沢の水量が増えてきたので、初めてのルートということもあり近くの林道にエスケープ
沢沿いに坂本に出るルートは諦め車道を進む
2016年09月06日 16:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨で沢の水量が増えてきたので、初めてのルートということもあり近くの林道にエスケープ
沢沿いに坂本に出るルートは諦め車道を進む
1
299号線との合流点
林道のゲートが締まっているが、八丁トンネルへのルートは車両通行止め?
2016年09月06日 17:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
299号線との合流点
林道のゲートが締まっているが、八丁トンネルへのルートは車両通行止め?
299号線の九十九折を延々歩いていく
18時過ぎに沢沿いのルートと合流、CT60分のところ車道迂回で100分、この後駐車場まで更に1時間近くかかる
2016年09月06日 18:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
299号線の九十九折を延々歩いていく
18時過ぎに沢沿いのルートと合流、CT60分のところ車道迂回で100分、この後駐車場まで更に1時間近くかかる
3
撮影機材:

感想/記録
by ARAQ

最近、少しハマっているマイナールートの山行
前回の両神山は梵天尾根を歩き、先日は谷川岳の中芝新道
人の少ない(いない)ルートを黙々と歩くのが何となく楽しい

今回は両神山の尾ノ内ルートにチャレンジ
前半の沢沿いのルート、後半の急登と長いクサリ(ハリガネ)場

破線ルートを含むだけあってなかなかハードなコース
紅葉時期にのんびり歩くにはいいのかもしれないが、台風後では沢の水量は多いし、足元も濡れていて滑りやすい
体力的にも精神的にも疲れた

Mっ気のある人にはいいかもしれないが、普通の人にはオススメできない
特に下りで利用する場合は要注意か
倒木で下りルートの入り口が塞がれていたが...

尾ノ内ルート終点の龍頭神社奥ノ院に到着した時点で、今回は気持ち的にゴールという感じだったが、ついでという感じで両神山の山頂を踏む
下山は八丁ルート、名物のクサリ場の登降を繰り返し、八丁峠へ

今回の下山は大岩経由で坂本に至るルートを予定
しかしながら途中から雨が降り出し、時折雨脚が強くなることも
滑りやすいルートに、沢の水量が増えてきたため、大岩で近くを通る林道にエスケープ
沢沿いのルートを諦め、車道を通って下山することに

ただ沢沿いコースでCT60分のところ、九十九折の車道を下ってきたため100分と1.5倍以上の時間がかかる
さらに駐車場までは先があり、結局車道歩きで10km、2時間30分以上になってしまった

駐車場に着いたのは19時過ぎ、反省が必要な時間だが、荒天によるエスケープ、その結果の迂回と考えればやむを得ないか...

これからの紅葉シーズン
人混みとは無縁のマイナールート歩きが一番楽しい時期だろう
いろいろとプランを考えてみよう
訪問者数:618人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ