ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 956662 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中国山地西部

桜尾山 (956m) 岡山・鳥取県境のプチ藪分水嶺 (岡山県加茂町)

日程 2016年09月07日(水) [日帰り]
メンバー yamaya(CL), mo-san(SL), その他メンバー4人
天候曇り 時々 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●乗用車
・鳥取自動車道の智頭ICで降りて国道53号を南下。智頭東SGから
 県道6号線を西に走って物見峠へ向かうが、峠手前の舗装工事で
 全止め(〜9月11日)となる。
・止む無く国道53に戻って南西へ大きく迂回し、県道295号線を
 北上して工事中の物見峠をようやく越える。
Ⓟ駐車場 
・物見奥集落上部の県道脇に駐車スペースがあります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

◆所要時間 3時間30分 ●歩行距離 4.8Km ▲総上昇量 460m
 11:10 物見奥Ⓟ
 12:50 桜尾山(さくらおうざん)
     「掘κ見峠(ものみとうげ)△956.26m」 〜13:25
 13:45 902mPK
 14:40 物見奥Ⓟ
コース状況/
危険箇所等
▲山行概要
・ルート上には、定まった登路も目印も無く、ひたすらプチ藪の
 急登を強いられる薮マニア向きのルートです。
仝道から谷川沿いの林道を進み、最初の分岐から杉植林のミツ
 マタ群落を分けて踏み跡を追い、適当なとこから急なプチ薮の
 根に乗って高度を上げます。
県境稜線に乗り、右へ進むと建設省の大きな反射板が現れ、茅
 の茂みを右に巻いて反射板の裏に出ると、草叢に苔むした三等
 三角標石が埋まっていました。
H深揚弔硫爾燃擇靴ぅ薀鵐船織ぅ爐鮟え、県境の分水嶺を南西
 へ向かい、902mPKから厄介な地形の桧植林の尾根を下ります
 が、踏み跡も無くルートを修正しながら急な坂を降下します。
と根の末端から谷止工の堰堤に出て、ようやく往路の林道に合
 流しました

写真

ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート詳細図(クリック→元サイズ→拡大)
3
物見奥集落上部の県道6号線沿いの路肩Ⓟを出発
2016年09月07日 21:25撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見奥集落上部の県道6号線沿いの路肩Ⓟを出発
2
駐車地から少し下った田圃脇の谷川に沿って入山します
2016年09月07日 11:23撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地から少し下った田圃脇の谷川に沿って入山します
1
石垣に囲まれた林道を上がります
2016年09月07日 11:29撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣に囲まれた林道を上がります
1
最初の分岐からミツマタ群落の僅かな踏み跡を辿って植林の山腹を登って行きます
2016年09月07日 11:34撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の分岐からミツマタ群落の僅かな踏み跡を辿って植林の山腹を登って行きます
杉植林を抜けると自然林が現れますが延々と急登が続きます
2016年09月07日 12:05撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉植林を抜けると自然林が現れますが延々と急登が続きます
笹を分けて猛暑の急登に耐えます
2016年09月07日 12:25撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹を分けて猛暑の急登に耐えます
岩場をクリヤーすると稜線は近い
2016年09月07日 12:35撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場をクリヤーすると稜線は近い
久しぶりに踏み込んだマイナーな県境分水嶺
2016年09月07日 12:52撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに踏み込んだマイナーな県境分水嶺
山頂に立つ桜尾山反射板
2016年09月07日 12:58撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に立つ桜尾山反射板
1
山頂反射板の東側に埋まる桜尾山の三等三角点
2016年09月07日 12:56撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂反射板の東側に埋まる桜尾山の三等三角点
2
訪れるマニアも稀な三等三角点標石「掘κ見峠△956.26m」
2016年09月07日 12:56撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
訪れるマニアも稀な三等三角点標石「掘κ見峠△956.26m」
1
薮に囲まれた桜尾山の山頂で定番の記念写真〜♪
2016年09月08日 08:50撮影 by TG-615 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薮に囲まれた桜尾山の山頂で定番の記念写真〜♪
1
しばらく点検されていない鳥取県側の「宇波山国有林標石」
2016年09月07日 13:34撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく点検されていない鳥取県側の「宇波山国有林標石」
県境尾根の下山分岐へ向かいます
2016年09月07日 13:44撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根の下山分岐へ向かいます
国調の赤プラ杭から小尾根を下ります
2016年09月07日 13:51撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国調の赤プラ杭から小尾根を下ります
下山尾根も急坂の連続でした
2016年09月07日 13:56撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山尾根も急坂の連続でした
枯れた松の古木がわびしい
2016年09月07日 14:17撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れた松の古木がわびしい
堰堤(谷止工:平成21年度)に降りてきました
2016年09月07日 14:35撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤(谷止工:平成21年度)に降りてきました
往路の林道から県道に出ます
2016年09月07日 14:46撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路の林道から県道に出ます
駐車地へ無事に戻ってきました
2016年09月07日 14:47撮影 by COOLPIX S9700 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地へ無事に戻ってきました
1

感想/記録
by yamaya

【感想・コメント】
・この山域は、大部分が植林の高木に覆われて展望は期待で
 きませんが、稜線近くには自然林や笹原があり、秘境の趣が
 残っています。
・尾根にはケモノ道や薄い踏み跡もあり、プチ藪に続く国土調
 査の赤プラ杭を追って容易に山頂へ到達できますが、頂上の
 薮の中に場違いな反射板が建っており幻滅します。
・猛暑のこの時期は、大汗をかきながら厳しい急登を強いられ
 るので、あまりお勧めできません。

【▲山名由来:桜尾山(さくらおうざん)・別称:宇波山】
・古昔は天然の櫻樹全体に満ち・・櫻尾山の名ある所以なり
・別称:宇波山(うなみやま)☆鳥取県側の「宇波山国有林」
 として名が残る。。

訪問者数:179人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ