ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 957065 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

夜の高尾山口駅〜陣馬山往復

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー Nao3180
天候くもり。
ほどほど風があり涼しかった。
アクセス
利用交通機関
電車
行き:新宿22:36発の京王線 京王八王子行き特急。北野で23:13発高尾山口行き各駅に乗り替え、高尾山口に23:
26着。
帰り:高尾山口5:51発の準特急で新宿まで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
19分
休憩
0分
合計
19分
S高尾山口駅23:3923:41高尾山・清滝駅23:58宿泊地G
日帰り
山行
5時間0分
休憩
19分
合計
5時間19分
00:18高尾山00:2500:30もみじ台00:3100:45一丁平00:4600:57城山01:08小仏峠01:1001:32景信山02:07底沢峠02:13明王峠02:17奈良子峠02:1802:24富士小屋山02:26南郷山02:37陣馬山02:3802:55南郷山02:56富士小屋山03:02奈良子峠03:11底沢峠03:50景信山04:06小仏峠04:21城山04:2204:30一丁平04:3104:48もみじ台04:4904:55高尾山04:5805:26琵琶滝05:36高尾山・清滝駅05:37ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■日をまたぐとコースタイムの計算が何かおかしくなりますね…。実際は休憩も込みのトータルで5時間57分のはず。
■今回「ヤマレコMAP」を試しに使用してみましたが、序盤でGPSをロストし上手くログが取れませんでした。山行記録のログは併用していたsuunto ambit2Rのgpxデータを使用。
コース状況/
危険箇所等
城山〜小仏峠、景信山〜陣馬山の区間で所々泥濘や、スリップしやすい斜面あり。ナイトランでは特にスリップからの転倒に注意されたし。(←そういう自分が2回転倒している。)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル 熊鈴 虫除け

写真

真夜中の高尾山口駅よりスタート。
なお今回の山行では、キャンペーンとは関係なく個人的にヤマレコMAPをテストで使って見ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真夜中の高尾山口駅よりスタート。
なお今回の山行では、キャンペーンとは関係なく個人的にヤマレコMAPをテストで使って見ます。
2
ケーブルカー清滝駅をパス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカー清滝駅をパス。
1
今回も6号路から入山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も6号路から入山。
1
高尾山口駅から40分位で高尾山山頂着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山口駅から40分位で高尾山山頂着。
1
高尾山頂より都心方面の夜景。
ヘッデンの光量が落ちてきているようだったので、休憩を兼ねてバッテリー交換。そりゃそうだ、前々回の甲斐駒で夜中使った電池そのまんまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山頂より都心方面の夜景。
ヘッデンの光量が落ちてきているようだったので、休憩を兼ねてバッテリー交換。そりゃそうだ、前々回の甲斐駒で夜中使った電池そのまんまでした。
1
小仏城山。天狗様と夜景。
ここで、ヤマレコMAPが序盤でGPSをロストしていて、ログがとれていないことが判明。再度GPSを捕捉しようとしたが何故か上手く行かない。時間の無駄だし、まあ、もういいや。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仏城山。天狗様と夜景。
ここで、ヤマレコMAPが序盤でGPSをロストしていて、ログがとれていないことが判明。再度GPSを捕捉しようとしたが何故か上手く行かない。時間の無駄だし、まあ、もういいや。
3
小仏峠。
狸たち、こんな配置・向きだっけ?夜の間ひとりでに動いてたりして(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仏峠。
狸たち、こんな配置・向きだっけ?夜の間ひとりでに動いてたりして(笑)
2
景信山。茶屋の広場辺りからの夜景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景信山。茶屋の広場辺りからの夜景。
1
景信山からの夜景、アングルを変えて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景信山からの夜景、アングルを変えて。
4
陣馬山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬山山頂。
4
陣馬山からの夜景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬山からの夜景。
1
陣馬山山頂のベンチにて、腹減ったので菓子パンとオレンジジュースで夜食休憩。ジェルだけだと腹持ち悪いし悲しくなるんで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣馬山山頂のベンチにて、腹減ったので菓子パンとオレンジジュースで夜食休憩。ジェルだけだと腹持ち悪いし悲しくなるんで。
4
復路の景信山からの夜景。相変わらず美しいが、陣馬からここまでの復路で実は2回転んだんで(苦笑)、テンションはかなり低い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の景信山からの夜景。相変わらず美しいが、陣馬からここまでの復路で実は2回転んだんで(苦笑)、テンションはかなり低い。
3
復路小仏峠。狸たち、動いてないよね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路小仏峠。狸たち、動いてないよね?
2
復路小仏城山。かき氷食べたい…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路小仏城山。かき氷食べたい…。
1
天狗様、もうバテバテです〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗様、もうバテバテです〜。
1
高尾山まで戻って来ました。この直前の、もみじ台の登り返しがキツかった…。
展望台より、富士も丹沢も雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山まで戻って来ました。この直前の、もみじ台の登り返しがキツかった…。
展望台より、富士も丹沢も雲の中。
3
5時になってもまだ薄暗い。大分日の出が遅くなって来ましたね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時になってもまだ薄暗い。大分日の出が遅くなって来ましたね。
1
山頂よりまもなく夜明けの都心方面。ススキも入れて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂よりまもなく夜明けの都心方面。ススキも入れて。
1
帰りも6号路。
「暗い中、岩岩の沢沿いの下りは危ないかなぁ」と思ったが、結局馴染みの6号路を選択。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りも6号路。
「暗い中、岩岩の沢沿いの下りは危ないかなぁ」と思ったが、結局馴染みの6号路を選択。
1
まだ暗いので慎重に慎重に下る。
往路の登りと復路の下りがほぼ同じタイムだった(笑)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ暗いので慎重に慎重に下る。
往路の登りと復路の下りがほぼ同じタイムだった(笑)。
1
タマアジサイがまだ咲いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマアジサイがまだ咲いている。
1
下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しました。
1
高尾山口駅に戻る。
夜間でスピードを出せない局面も多かったが、往復で5時間57分とは…。もっと走り込まないとね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾山口駅に戻る。
夜間でスピードを出せない局面も多かったが、往復で5時間57分とは…。もっと走り込まないとね。
1
11分後の急行で帰りましょう。急いで後片付けと着替えをば。
帰ったら家族サービスです。
お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11分後の急行で帰りましょう。急いで後片付けと着替えをば。
帰ったら家族サービスです。
お疲れ様でした。
7

感想/記録

前回の山行から2週間経過。身体に山の刺激を入れておきたくなったので、またしてもナイトランで高尾山〜陣馬山の往復をやって来ました。

今年の秋冬でやりたい山行の計画を5つほど作ったのですが、計画5つ中3つがまたしても「終電で最寄り駅に行きそのまま登山口まで数km走る。前半はナイトハイク」という変態奇行登山。
それを想定し、近場でのトレーニング山行も積極的にナイトランをやっていこうと思っています。
まあ、本命の山行にいく許可を嫁から取り付けるため、また当面週末の日中は家族サービスに当てるという事情も(苦笑)。

久々の夜高尾。普段はまず人に会わないのですが、今回は高尾〜陣馬の縦走路で(夜中としては)結構な数の方に会いました。3組のランナー、ソロのハイカーの方2人、記憶している限り計10人。
ハセツネやUTMFなど名だたる大会が近いからナイトラン対策?あるいはSWに長距離山行を計画してのトレーニングでしょうか?
いつもソロでのナイトランは概して寂しいものですが、同じ山域で多くの人がトレーニングに励んでいると思うと心強い♪夜の怖さも感じず、気候もちょうど良い涼しさで、心地よく陣馬山まで走る。高尾、城山、景信、陣馬、各山頂から見る夜景もとても綺麗でした。
が、復路の景信山までの道で何でもない所でスリップし、2回も転んでテンションダウン↘
今回も絞まりません。

なお今回、「ヤマレコMAP」を初めて使用してみました。自分的にアプリの使い勝手や、電池持ちへの影響などテストしてみようかと考えていたのですが、序盤でGPSをロストし、しかも暫くそれに気づかなかったりと、今一評価になりませんでした。ただし、GPSの不調はアプリ単体の問題とは言い切れない部分もあるので、アプリとしてどうかとの評価を下すのは保留としておきます。
地図アプリとしては、山と高原地図アプリをよく使っているのですが、自分が行く予定のコース中にバリルートや登山道扱いされていない林道などを含んでいたりすると、途端に情報が少なく取りつきや分岐が分からなかったりします。また、町中から登山口まで走る!という山行も多い僕は、高頻度で登山道にたどり着く前に麓で迷います(笑)
ですので、国土地理院地図にみんなの足跡や自分の山行計画のルートを重ねて、かつオフラインで使えるのはかなり便利では!?と期待していたんですが、残念です。
自分はログをとることや山行記録作成をサポートしてくれる事より、純粋に地図アプリとして使いたかったので、「何度も来ているから地図を見なくても全然平気」な場所でのテストがそもそも無意味だったかも(笑)。
まあ、今回は評価は保留ということで、どこぞのトレーニング山行でまたテストしてみようと思います。
訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ