ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 957432 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

越前岳(愛鷹山)

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー kesunonshi
天候はれのちくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
愛鷹山登山口から細い道を入り山神社駐車場に駐車しました。6:00で先行車3台。下山時(13:00)では十数台程度。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間0分
合計
6時間30分
S須山愛鷹登山口06:3007:00愛鷹山荘07:10富士見峠07:20黒岳展望広場07:30黒岳07:4008:00富士見峠08:30鋸岳展望台08:4009:10富士見台09:2009:40愛鷹山10:1010:40高場所尾根への分岐11:10呼子岳11:10割石峠13:00須山愛鷹登山口13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
割石峠から沢沿いを下る下山ルート。よく注意してルートを辿る必要があります。リボンを見逃さないこと。また所々小さなケルンがあり助かります。
その他周辺情報登山口周辺にはお店等はありません。県道で入手しておく必要があります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テーピング 膝サポータ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

富士見峠での富士山展望です。ここから黒岳までは富士山もよく見えましたが、それっきりであとは雲布団を被りっぱなしでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠での富士山展望です。ここから黒岳までは富士山もよく見えましたが、それっきりであとは雲布団を被りっぱなしでした。
4
立派なスギの木が3本くらいあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なスギの木が3本くらいあります。
黒岳からの展望です。くっきり見えていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳からの展望です。くっきり見えていました。
7
黒岳山頂です。人っこ一人いない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳山頂です。人っこ一人いない。
鋸岳展望台からの展望です。ここらが愛鷹山の核心部になるのでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳展望台からの展望です。ここらが愛鷹山の核心部になるのでしょう。
2
越前岳からも富士山を展望できるようですがこの程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越前岳からも富士山を展望できるようですがこの程度。
越前岳山頂です。十里木から登ってこられる方も多かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越前岳山頂です。十里木から登ってこられる方も多かったです。
1
呼子岳山頂のお地蔵さまです。越前岳からは少しアップダウンがあります。こちらに回れる方は少ないかもしれません。人がほぼいませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
呼子岳山頂のお地蔵さまです。越前岳からは少しアップダウンがあります。こちらに回れる方は少ないかもしれません。人がほぼいませんでした。
峠からの下山道。これがなかなか大変でした。これでもかっというくらいの岩。スピードを出すのは不可です。また流木が散在し腐りまたは湿っており足を載せると確実に滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠からの下山道。これがなかなか大変でした。これでもかっというくらいの岩。スピードを出すのは不可です。また流木が散在し腐りまたは湿っており足を載せると確実に滑ります。
割石峠からの展望です。間からは遠くはは沼津(?)市街を遠望することができます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割石峠からの展望です。間からは遠くはは沼津(?)市街を遠望することができます。
4
下山道は林道にでるまではほぼこんなかんじ。リボン、ケルンを目印に注意深くルートを辿る必要があります。沢の両側は愛鷹ブナの林で癒されます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道は林道にでるまではほぼこんなかんじ。リボン、ケルンを目印に注意深くルートを辿る必要があります。沢の両側は愛鷹ブナの林で癒されます。
1
ブナ林の風景。新緑ではないととはいえ、なかなかの美しい緑でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林の風景。新緑ではないととはいえ、なかなかの美しい緑でした。
このようなケルンがポイントポイントに作られており、ルートを辿るうえで非常に助かります。実際何回かは(水はない川を)渡河する必要もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このようなケルンがポイントポイントに作られており、ルートを辿るうえで非常に助かります。実際何回かは(水はない川を)渡河する必要もあります。
2
大沢堰堤近くの渡河地点です。BBQでもできそうな広い河原。石を渡る必要があります。増水したら大変でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢堰堤近くの渡河地点です。BBQでもできそうな広い河原。石を渡る必要があります。増水したら大変でしょう。
1
山神社から黒岳経由のルートとしました。下部はスギ・ヒノキの林でうっそうとしています。また当日は暑くて湿度も高くて体力的にしんどかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山神社から黒岳経由のルートとしました。下部はスギ・ヒノキの林でうっそうとしています。また当日は暑くて湿度も高くて体力的にしんどかったです。

感想/記録

湿度が高く非常に暑かったです。リュックもサブバッグも含めて上から下までずぶ濡れ状態でした。富士山は展望できたのでは最初だけでもよかったと思います。大部分は曇りでしたし富士山も雲の中でした。ルートについては、富士見峠から黒岳への尾根がブロードで踏み跡や登山道に注意すること。越前岳〜割石峠までは尾根が結構狭いこと。割石峠からの沢下りでルートを注意深く辿ること。これら以外は登山道は明瞭で全体的に歩きやすい登山道です。
訪問者数:318人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ケルン 林道 スギ ブナ 堰堤 ヒノキ 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ