ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 957457 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

赤子谷右俣

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー hanamaru123
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間31分
休憩
0分
合計
3時間31分
S生瀬駅09:2612:15岩倉山12:27塩尾寺12:57阪急宝塚駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

JR生瀬駅よりスタート。コープで飲料、食料調達し、コープ横の道に入ります。
2016年09月10日 09:36撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR生瀬駅よりスタート。コープで飲料、食料調達し、コープ横の道に入ります。
今日は住宅街を抜け、赤子谷に向かいます。
2016年09月10日 09:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は住宅街を抜け、赤子谷に向かいます。
住宅街奥の階段を進み・・・
2016年09月10日 09:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅街奥の階段を進み・・・
立入禁止と書かれている横を抜け、右側の道を進みます。
2016年09月10日 09:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立入禁止と書かれている横を抜け、右側の道を進みます。
「この道かな?」って疑いながら進むと、
2016年09月10日 09:50撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「この道かな?」って疑いながら進むと、
1
家庭菜園場に出ました。この時点で道間違っていましたが、この時は気付かず。
2016年09月10日 09:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家庭菜園場に出ました。この時点で道間違っていましたが、この時は気付かず。
1
尾根道らしき所に迷い込みますが、鉄塔用の作業用だったらしく、鉄塔の所で道が途絶えます。
2016年09月10日 09:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道らしき所に迷い込みますが、鉄塔用の作業用だったらしく、鉄塔の所で道が途絶えます。
迷った挙句、住宅街の下のほうに逆戻り。
2016年09月10日 10:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迷った挙句、住宅街の下のほうに逆戻り。
1
再度立入禁止の所を越え、少し進んだところで左に入る道を発見。赤子谷は入るまで全く標識がなく、苦労します。
2016年09月10日 10:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度立入禁止の所を越え、少し進んだところで左に入る道を発見。赤子谷は入るまで全く標識がなく、苦労します。
やっと赤子谷に合流。
2016年09月10日 10:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと赤子谷に合流。
どちらに行くか決めかねてましたが、結局右俣に進みます。
2016年09月10日 10:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どちらに行くか決めかねてましたが、結局右俣に進みます。
右俣の方向が、両谷の間の尾根道を指していたので、まずはそこを登ります。右俣の谷が見えますが、テントらしきものが張ってあります。
2016年09月10日 10:37撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣の方向が、両谷の間の尾根道を指していたので、まずはそこを登ります。右俣の谷が見えますが、テントらしきものが張ってあります。
このまま尾根道を進むのか?と心配になりましたが、堰堤部分で谷に降りれました。
2016年09月10日 10:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま尾根道を進むのか?と心配になりましたが、堰堤部分で谷に降りれました。
古い堰堤を越えます。
2016年09月10日 10:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い堰堤を越えます。
右俣は滝はなく、なだらかながら荒れ気味の道がほとんどです。
2016年09月10日 10:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣は滝はなく、なだらかながら荒れ気味の道がほとんどです。
谷の中心に、謎の建造物です。それにしてもしっかり組まれた石垣です。誰が作ったの?
2016年09月10日 10:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の中心に、謎の建造物です。それにしてもしっかり組まれた石垣です。誰が作ったの?
1
また古い堰堤が出てきました。どっち越えたっけ。
2016年09月10日 10:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また古い堰堤が出てきました。どっち越えたっけ。
荒れているため、道が途切れている箇所も多く、ルート見つけるのが大変です。赤テープが便りです。
2016年09月10日 10:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れているため、道が途切れている箇所も多く、ルート見つけるのが大変です。赤テープが便りです。
急に広い河原に出てきました。ここで休憩です。
2016年09月10日 10:51撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に広い河原に出てきました。ここで休憩です。
ホットココアを飲んで、ゆっくりしました。
2016年09月10日 11:03撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホットココアを飲んで、ゆっくりしました。
涼もうかと沢に足を入れましたが、冷たすぎて1分も入っていれませんでした。谷はひんやりして、寒いくらいです。
2016年09月10日 11:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼もうかと沢に足を入れましたが、冷たすぎて1分も入っていれませんでした。谷はひんやりして、寒いくらいです。
2
休憩した場所を再度撮影。いい場所でした。
2016年09月10日 11:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩した場所を再度撮影。いい場所でした。
後半になると、見応えのある箇所が増えてきます。
2016年09月10日 11:30撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半になると、見応えのある箇所が増えてきます。
この堰堤は右から越えます。
2016年09月10日 11:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この堰堤は右から越えます。
堰堤越えて、高巻けそうだったけど、変なロープに引き寄せられ、谷に下ります。
2016年09月10日 11:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤越えて、高巻けそうだったけど、変なロープに引き寄せられ、谷に下ります。
ルートをよく見失いますが、じっくり探すと見つかります。
2016年09月10日 11:37撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートをよく見失いますが、じっくり探すと見つかります。
上流はなかなか良い雰囲気。思った以上に水量もありました。
2016年09月10日 11:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流はなかなか良い雰囲気。思った以上に水量もありました。
1
水量かなり少なくなりましたが、まだ沢沿いを進みます。
2016年09月10日 11:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量かなり少なくなりましたが、まだ沢沿いを進みます。
赤テープが頼りです。
2016年09月10日 11:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープが頼りです。
ケルン。ここは左に進みます。
2016年09月10日 11:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルン。ここは左に進みます。
わずかながら水が流れてます。これ以降は沢を離れます。
2016年09月10日 11:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかながら水が流れてます。これ以降は沢を離れます。
縦走路合流までの最後の登りは、道がほんとに分かりにくい。藪が多いわけでなく、さほど険しいわけでもないので、どこを進んでも縦走路にはつけそう。
2016年09月10日 11:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路合流までの最後の登りは、道がほんとに分かりにくい。藪が多いわけでなく、さほど険しいわけでもないので、どこを進んでも縦走路にはつけそう。
やっと縦走路に合流。
2016年09月10日 12:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと縦走路に合流。
振り返ると、標識が。道は合っていたようだ。最高峰目指す予定だったが、疲れたので宝塚へ向かいます。
2016年09月10日 12:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、標識が。道は合っていたようだ。最高峰目指す予定だったが、疲れたので宝塚へ向かいます。
赤子谷左俣分岐近くに、こんな展望ポイントを見つけました。
2016年09月10日 12:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤子谷左俣分岐近くに、こんな展望ポイントを見つけました。
塩尾寺を越え、舗装路を下ります。以前から気になっていた、ショートカットできそうな登山道を進んでみることに。
2016年09月10日 12:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩尾寺を越え、舗装路を下ります。以前から気になっていた、ショートカットできそうな登山道を進んでみることに。
道は明瞭ながら、なかなか険しい下りです。
2016年09月10日 12:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は明瞭ながら、なかなか険しい下りです。
川に到着。奥にはもう住宅地が見えてます。右に進み、さらに下ります。
2016年09月10日 12:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川に到着。奥にはもう住宅地が見えてます。右に進み、さらに下ります。
住宅地の端に出ました。
2016年09月10日 12:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅地の端に出ました。
そして縦走路に合流。市街地の、最後の川沿いの道です。思った以上のショートカットでした。
2016年09月10日 12:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして縦走路に合流。市街地の、最後の川沿いの道です。思った以上のショートカットでした。

感想/記録

ずっと気になっていた、赤子谷の右俣のほうへ行ってきました。見所いっぱいの左俣と違い、荒れた沢道を淡々と進むような道でしたが、険しい部分はほとんどなく、道さえ分かれば難なく歩けます。
左俣と比べると見劣りしますが、六甲山の他の谷道と比べると、かなり楽しめる方に入るんじゃないでしょうか。
訪問者数:124人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ