ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 957514 全員に公開 ハイキング京都・北摂

小学1年生と毘沙門山から雨石山(まで行けなかった)

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山takeru3, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小原自然公園の広場
無料です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間48分
休憩
0分
合計
5時間48分
Sスタート地点12:0814:09毘沙門山17:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道案内は最低限しかありません。
その他周辺情報コンビニが近くにあります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ

写真

ここは展望台?
分岐点から直ぐの場所で、お昼にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは展望台?
分岐点から直ぐの場所で、お昼にしました。
一応、鎖の柵がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、鎖の柵がありました。
歩きにくくはありません。
楽しい冒険の始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きにくくはありません。
楽しい冒険の始まりです。
1
息子たちでも、どんどん進んでいけます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息子たちでも、どんどん進んでいけます。
テープも標識もありませんが、
踏みあとはあり、不安はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープも標識もありませんが、
踏みあとはあり、不安はありませんでした。
すたすた元気に登っていきます。
日差しも遮られて、快適です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すたすた元気に登っていきます。
日差しも遮られて、快適です。
尾根に到着、どうやら雨石山は右のようです。
少し休憩です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に到着、どうやら雨石山は右のようです。
少し休憩です。
1
尾根を軽快に歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を軽快に歩きます。
毘沙門山に到着、
しかし、景色は開けていないので、次に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毘沙門山に到着、
しかし、景色は開けていないので、次に進みます。
鉄塔のところで、やっと視界が開けてきました。
景色が良いと、歩くのも楽しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔のところで、やっと視界が開けてきました。
景色が良いと、歩くのも楽しいです。
晴れて少し暑くなって来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れて少し暑くなって来ました。
鉄塔の間から、里が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の間から、里が見えます。
このあたり(多紀連山のちかく)は岩場が多くて、
楽しめます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり(多紀連山のちかく)は岩場が多くて、
楽しめます。
1年生の娘も、頭と体を一杯使って進んでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年生の娘も、頭と体を一杯使って進んでいきます。
だいぶ慣れてきたようです。
後ろから追いかけるほうが、落ちないか心配です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ慣れてきたようです。
後ろから追いかけるほうが、落ちないか心配です。
1
どんどん進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん進みます。
景色は最高です。
2016年09月10日 14:44撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色は最高です。
15時、岩尾峰。
雨石山まで行きたかったのですが、
息子の提案で引き返すことにします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時、岩尾峰。
雨石山まで行きたかったのですが、
息子の提案で引き返すことにします。
遠くに多紀連山が見えます。
次は、御嶽に登ろう。
2016年09月10日 14:49撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに多紀連山が見えます。
次は、御嶽に登ろう。
帰り道は、鉄塔の下にテープがあったので、
そこを下山することにします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道は、鉄塔の下にテープがあったので、
そこを下山することにします。
今思うと、関電のメンテナンス用の道でしょうか?
登山道ではないのですが、景色はよいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今思うと、関電のメンテナンス用の道でしょうか?
登山道ではないのですが、景色はよいです。
心地よいアップダウンがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心地よいアップダウンがあります。
鉄塔が見えてきました。
この辺で、少し方向が違う気がします。
嫌な予感です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔が見えてきました。
この辺で、少し方向が違う気がします。
嫌な予感です。
とりあえず、看板があるので、矢印の方向に下山してみます。
まだ、15:30。気持ちには余裕があります。
2016年09月10日 15:33撮影 by Nexus 5, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、看板があるので、矢印の方向に下山してみます。
まだ、15:30。気持ちには余裕があります。
道迷いその1。
今見ると、行くな!と枝が置かれているのに気づかない。
しかも、この先には飲み物のガラスの瓶も落ちてるし。
でも、道が急になくなります・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道迷いその1。
今見ると、行くな!と枝が置かれているのに気づかない。
しかも、この先には飲み物のガラスの瓶も落ちてるし。
でも、道が急になくなります・・・・
間違いに気づき、先ほどのところまで戻ってきて、
左に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違いに気づき、先ほどのところまで戻ってきて、
左に下ります。
矢印の看板を見つけたので、このまま下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印の看板を見つけたので、このまま下ります。
道迷いその2。
橋が見えて、ついついわたってしまいました。
方角は間違っていないと思ったのでどんどん進んでしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道迷いその2。
橋が見えて、ついついわたってしまいました。
方角は間違っていないと思ったのでどんどん進んでしまいました。
この坂は急すぎる。
でも、間違いに気づかない。
階段があるからつい登ってしまう。
結構進んで、崖に到着。
長らくテープも看板も見ていないことに気が付くのが遅い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この坂は急すぎる。
でも、間違いに気づかない。
階段があるからつい登ってしまう。
結構進んで、崖に到着。
長らくテープも看板も見ていないことに気が付くのが遅い。
道迷いその3。
ああぁあぁぁぁ。崖です。
夕日がきれいです。
やばいです。17時を過ぎてしまいました。

結構うろうろしました。
でも、少し寒くなってきました。
とりあえず、チョコレートを食べて、
最後に見つけたテープまで戻ることにします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道迷いその3。
ああぁあぁぁぁ。崖です。
夕日がきれいです。
やばいです。17時を過ぎてしまいました。

結構うろうろしました。
でも、少し寒くなってきました。
とりあえず、チョコレートを食べて、
最後に見つけたテープまで戻ることにします。
このテープを見落としてはいけません。
わざわざ、違う色で長く巻いてくれていたのに。

直進方向の踏みあとがきれいで、ついつい進んでしまいました。
ここの右下に、崖ですが、テープが続いています。
下ると、滝(一の滝かな?)にでます。
薄暗くてよくわかりませんでしたが、
助かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このテープを見落としてはいけません。
わざわざ、違う色で長く巻いてくれていたのに。

直進方向の踏みあとがきれいで、ついつい進んでしまいました。
ここの右下に、崖ですが、テープが続いています。
下ると、滝(一の滝かな?)にでます。
薄暗くてよくわかりませんでしたが、
助かりました。

感想/記録

ヤマレコアプリで、道を確認しながらのハイキング。
メジャーな山では無く、人に会うこともありませんでした。
登りとは別ルートで下りたいと思い、
テープを頼りに下山。
途中でテープを何度か見失い、道迷い。
日暮れが迫り、正直言って焦りました。
慣れは怖いです。
訪問者数:82人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道迷い
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ