ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 957618 全員に公開 ハイキング比良山系

白滝山・蓬莱山(伊藤新道〜オトワ池・長池〜小女郎ヶ池〜小女郎谷)

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー field8us
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き: 京都バス10系統朽木学校行き
出町柳駅前 (7:45) → 坊村 (8:41)

帰り: JR湖西線
蓬莱 (16:27) → 京都 (16:57)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
1時間16分
合計
7時間12分
S坊村08:4709:11三ノ滝09:16伊藤新道出合09:1709:42わさび大滝09:4809:51わさび天井滝09:5510:27白滝山10:3310:39オトワ池10:4112:15レストランどんぐりハウス12:36打見山13:0113:16蓬莱山13:3413:51小女郎峠13:55小女郎ヶ池13:5914:02小女郎峠14:0315:06薬師ノ滝15:1515:21薬師ノ滝道登山口15:36東屋の休憩所(薬師滝コース)15:59蓬莱駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
伊藤新道: ワサビ大滝を右岸から巻く道が分かりにくく、私は支沢を直登してしまいましたがもっと大きく巻く道がありました。

長池からの送電線巡視路: 黒い階段が無いところは踏み跡が分かりづらい。テープの目印に注意

小女郎谷: 上流部は荒れ気味

写真

坊村から明王谷の林道に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坊村から明王谷の林道に入ります
1
ここから白滝山へ向かう伊藤新道がスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから白滝山へ向かう伊藤新道がスタート
1
苔むした岩が美しい沢沿いを登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした岩が美しい沢沿いを登ります
1
ワサビ大滝。ここの右岸を巻く道が分かりにくかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ大滝。ここの右岸を巻く道が分かりにくかったです
2
さらに登るとワサビ天井滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに登るとワサビ天井滝
3
沢を離れてうんざりするような九十九折れの登山道を登り切ると白滝山山頂です。展望は無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を離れてうんざりするような九十九折れの登山道を登り切ると白滝山山頂です。展望は無し
1
ここから池めぐりの道は明るくてよい雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから池めぐりの道は明るくてよい雰囲気
1
まずオトワ池。静寂に包まれています。イモリとアメンボがたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずオトワ池。静寂に包まれています。イモリとアメンボがたくさん
3
池だったところが干上がったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池だったところが干上がったのかな?
2
真っ赤な実は何でしょうか。秋らしくて良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤な実は何でしょうか。秋らしくて良い
3
長池です。撮れませんでしたがトンボが産卵していました。残念ながら、池は元の大きさの半分ぐらいに縮小している模様
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長池です。撮れませんでしたがトンボが産卵していました。残念ながら、池は元の大きさの半分ぐらいに縮小している模様
2
オトワ池・長池以外にも名の無い池がいくつかありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトワ池・長池以外にも名の無い池がいくつかありました
2
長池の裏を通る送電線の巡視路を通って汁谷へ向かいます。最初に巡視路に合流したときに逆方向へ進んでしまい時間ロス。他にも、巡視路が鉄塔を掠めるようについていて鉄塔まで行ってしまうとアウトだったり、ちょっと分かりにくい道でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長池の裏を通る送電線の巡視路を通って汁谷へ向かいます。最初に巡視路に合流したときに逆方向へ進んでしまい時間ロス。他にも、巡視路が鉄塔を掠めるようについていて鉄塔まで行ってしまうとアウトだったり、ちょっと分かりにくい道でした
1
ジャガ谷。ここから尾根一つ越えると汁谷です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャガ谷。ここから尾根一つ越えると汁谷です
1
汁谷から登っていくとすぐに琵琶湖バレイの施設が出てきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汁谷から登っていくとすぐに琵琶湖バレイの施設が出てきます
1
暑い舗装道を登っていくと…初めて来ましたがこんなに賑わっているんですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑い舗装道を登っていくと…初めて来ましたがこんなに賑わっているんですね
1
琵琶湖が眼下に広がります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖が眼下に広がります
2
噂の琵琶湖テラス、行列ができていました。コーヒーだけでもと思ったのですが、ここで時間が経ち過ぎると小女郎ヶ池まで行く気が無くなってロープウェイの誘惑に負けそう…なのでまたの機会にして外で昼食
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の琵琶湖テラス、行列ができていました。コーヒーだけでもと思ったのですが、ここで時間が経ち過ぎると小女郎ヶ池まで行く気が無くなってロープウェイの誘惑に負けそう…なのでまたの機会にして外で昼食
1
場所が場所なのであまりありがたみがなさそうな七体地蔵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所が場所なのであまりありがたみがなさそうな七体地蔵
1
スキー場の単調な登りを登り切って蓬莱山山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場の単調な登りを登り切って蓬莱山山頂です
1
小女郎ヶ池方面。それらしきものが見えていますが、いざ歩を進めるとなかなかたどり着かないパターン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小女郎ヶ池方面。それらしきものが見えていますが、いざ歩を進めるとなかなかたどり着かないパターン
2
風さえもっと吹いていれば最高だった笹原の尾根道。たくさんの登山者とすれ違いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風さえもっと吹いていれば最高だった笹原の尾根道。たくさんの登山者とすれ違いました
3
左には琵琶湖の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左には琵琶湖の展望
2
小女郎峠。池までピストンします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小女郎峠。池までピストンします
2
小女郎ヶ池。ここは明るくて広々とした感じですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小女郎ヶ池。ここは明るくて広々とした感じですね
1
踵を返して下山します。池巡りは大成功
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踵を返して下山します。池巡りは大成功
1
あとは谷沿いを下るのみ。多少ガレて歩きにくいところもありましたが、最大の難所は登山道に堂々と鎮座する野○…急峻な場所だったとはいえ、もうちょっと隠したり埋める努力をお願いします…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは谷沿いを下るのみ。多少ガレて歩きにくいところもありましたが、最大の難所は登山道に堂々と鎮座する野○…急峻な場所だったとはいえ、もうちょっと隠したり埋める努力をお願いします…
2
薬師ノ滝。ひんやりした空気が心地良かったのでちょっと休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師ノ滝。ひんやりした空気が心地良かったのでちょっと休憩
3
棚田を横に見ながら舗装道を蓬莱駅まで歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚田を横に見ながら舗装道を蓬莱駅まで歩きます
1
比良山系を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良山系を振り返る
1

感想/記録

週末ハイキングを始めてほぼ1年、しつこく歩いていた地元京都の山を離れてついに比良デビューとなりました(といっても10年ほど前に一回武奈ヶ岳に登っているのですが)。
地図を眺めていると白滝山から森山岳へ続くなだらかな高原状の尾根に点在する池が気になって、せっかくなので小女郎ヶ池も含めた池巡りのコースにしてみました。どの池もなかなか趣があって紅葉の時期とか、或いはガスのかかっているときに訪れても良さそうな感じでした。
今後は比良や高島トレイルあたりの山にも少しずつ足をのばしていきたいと思います。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/6
投稿数: 88
2016/9/12 19:59
 こんばんは field8usさん
昨日、長池〜汁谷間でお会いしたものです。
あのルートで人に会うとは思っていませんでした(^^;;
本当に静かなルートでしたね。
その日は蓬莱山をぐるっと周回して擂鉢山経由でまた坊村に下山しました。
登録日: 2016/1/10
投稿数: 19
2016/9/12 21:17
 Re: こんばんは field8usさん
こんばんは、ヤマレコユーザーの方でしたか!
あのルートでは一人しか会わなかったので間違いないですね。琵琶湖バレイの喧騒とのギャップがすごかったです。
それにしてもあっという間に置いていかれたのでずいぶん健脚な方だなあと思っていたのですが、山行記録をちょっと拝見して納得しました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ