ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 957727 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

三頭山からオツネノ泣坂を下る★ 富士山頂〜雲取山の線つなぎ(その2)

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー WeeklyClim
天候晴れ、曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:武蔵五日市駅〜都民の森 バス
帰り:深山橋バス停〜奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

先週は(1)をつなげたので今日は(3)です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週は(1)をつなげたので今日は(3)です。
5
バス停長蛇の列。 武蔵五日市駅9時発のバスは3台出ました。 直行でないので、数馬で都民の森行きに乗り換えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停長蛇の列。 武蔵五日市駅9時発のバスは3台出ました。 直行でないので、数馬で都民の森行きに乗り換えます。
3
バス到着し10:27ようやく遅いスタート。ここは3回目です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス到着し10:27ようやく遅いスタート。ここは3回目です。
1
毒草 ムラサキツリフネソウ(紫釣舟)
ヘリナル酸を含み多食すると胃腸炎、嘔吐などの症状が現れます・・だそうです。たくさん咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毒草 ムラサキツリフネソウ(紫釣舟)
ヘリナル酸を含み多食すると胃腸炎、嘔吐などの症状が現れます・・だそうです。たくさん咲いていました。
9
さっそく貫禄の木・・と思ったら・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっそく貫禄の木・・と思ったら・・
6
第一位のトチノキでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一位のトチノキでした。
1
22度ですが登るにつれ汗がじっとりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22度ですが登るにつれ汗がじっとりです。
鞘口峠にいくはずがトラバースルートに入ってしまい・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞘口峠にいくはずがトラバースルートに入ってしまい・・
回廊の路を歩いていたので・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回廊の路を歩いていたので・・
尾根に復帰するため方向変更。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に復帰するため方向変更。
ブナの路へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの路へ。
癒しの木ブナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しの木ブナ。
5
ネームプレートがないと分からないので助かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネームプレートがないと分からないので助かります。
今日は東峰・中央峰はパスして西峰だけなので、「三頭」でなく「一頭」です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は東峰・中央峰はパスして西峰だけなので、「三頭」でなく「一頭」です。
1
西峰直前の階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰直前の階段。
大勢が休憩中でした。さすが人気の山・・というか気軽なハイキングコース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大勢が休憩中でした。さすが人気の山・・というか気軽なハイキングコース。
6
北側、雲がかかって遠望なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側、雲がかかって遠望なし。
1
こちらはほとんど見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはほとんど見えず。
さて北へ下ります。最初は急過ぎることもなく進み、大きな露岩が現れ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて北へ下ります。最初は急過ぎることもなく進み、大きな露岩が現れ・・
1
振り返るとミニ切通しのよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとミニ切通しのよう。
1
鶴峠分岐。多摩川でなく「玉川」になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴峠分岐。多摩川でなく「玉川」になっています。
パンケーキのような巨大きのこ。ここは急斜面で・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パンケーキのような巨大きのこ。ここは急斜面で・・
8
ロープあり。ここも「ツネの泣坂」の一部らしいがどこからどこまでなのか良く分からなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープあり。ここも「ツネの泣坂」の一部らしいがどこからどこまでなのか良く分からなかった。
急下りが終わると急登り。根っこの雰囲気が良いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急下りが終わると急登り。根っこの雰囲気が良いですね。
1
花がないのできのこです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花がないのできのこです。
1
傘がひらくと筋模様が鮮やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傘がひらくと筋模様が鮮やか。
8
ヌカザス山への登りで立派な木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス山への登りで立派な木。
2
根の張り方が存在感抜群でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の張り方が存在感抜群でした。
4
やせ尾根風のアップダウンが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根風のアップダウンが続きます。
1
そしてヌカザス山直前の分岐。ここはムロクボ尾根へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてヌカザス山直前の分岐。ここはムロクボ尾根へ。
赤玉2つの近くには・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤玉2つの近くには・・
6
白玉・いぼいぼ付きがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白玉・いぼいぼ付きがありました。
4
さて今日のハイライト? おツネの泣坂の最大の急下り。ザレた斜面で足がかりほとんどなし。下りはロープに頼った方が安全。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて今日のハイライト? おツネの泣坂の最大の急下り。ザレた斜面で足がかりほとんどなし。下りはロープに頼った方が安全。
1
ひとたび滑るとずっと下まで一気に行きそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとたび滑るとずっと下まで一気に行きそうです。
2
ツネの泣坂は読めるけどその下は不明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツネの泣坂は読めるけどその下は不明。
1
急下り一旦終わって普通の尾根歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急下り一旦終わって普通の尾根歩き。
1
作業用との区別はテープが付いている場所でもだいたい分かりますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業用との区別はテープが付いている場所でもだいたい分かりますね。
これも巨大だった。この近くには・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも巨大だった。この近くには・・
5
さきの白玉・いぼいぼ付きが開いたものかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さきの白玉・いぼいぼ付きが開いたものかな?
1
違う種類も出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
違う種類も出てきた。
1
さらにはサンゴ礁のようなものも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにはサンゴ礁のようなものも。
5
奥多摩湖の表示が現れますが全く湖は見えません。冬なら葉っぱが落ちて見えるかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩湖の表示が現れますが全く湖は見えません。冬なら葉っぱが落ちて見えるかな。
展望ないまま尾根が終わる直前に「丸山尾根」なる表示。「丸山」という山が途中にある(あった)のかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望ないまま尾根が終わる直前に「丸山尾根」なる表示。「丸山」という山が途中にある(あった)のかな?
そしてすぐに尾根は終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてすぐに尾根は終了。
やっと奥多摩湖が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと奥多摩湖が見えました。
7

感想/記録

先週に続いて富士山と雲取山の赤線つなぎの山歩き(その2)です。

三頭山は3回目なのでこれまでと違うルートにしようとは思っていたものの、地図見ずに漫然と歩いていたらサイグチ峠を通らずに回廊の路に入っており、ずいぶんトラバースが長いな・・というのは当たり前でした。

ちょっと遠回りでしたがそれでも距離は短いので山頂着はほぼ12時で軽く昼食。 ところがどんどん汗が冷えてきて寒いと感じるほどになったので、早々に食べ終わって下り始めました。

最初のロープがある急坂はヌカザス山の少し前で、ここからアップダウンがあってヌカザス山です。

ヌカザス山から分岐するおツネの泣坂と呼ばれる場所はザレた滑り台のようで、ロープがなかったら怖いくらいでした。登りならなんとかなるかもしれませんが、下りは滑りだしたら制御不能な雰囲気だったので、しっかりロープにすがってしまいました。

予想外に緊張する場面もあって、あっさり終わるかも・・という見通しは外れました。
訪問者数:165人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/10/17
投稿数: 8
2016/9/11 10:01
 こんにちは
昨日は同じ位の時間に歩いてたのかな?ゴンザス尾根のツネ泣き坂も急で登りでは使いたくないなぁ。赤いキノコは同じ写真ですかね♪
登録日: 2011/5/28
投稿数: 223
2016/9/11 14:32
 Re: こんにちは
どうもこんにちは、 washikunさん

私の方が少し後を歩いていたようですね。
キノコはヌカザス山の手前だとすると同じものだと思いますが、下りは花がほとんどないし眺望も悪いのでキノコくらしか写すものがなかったですね。
あと、ヌカザス山付近までに行く間で登ってくる人が結構いたのは意外でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ