ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 957881 全員に公開 ハイキング中央アルプス

木曽駒ヶ岳/宝剣岳 【久々の晴れ!…やっと山に行けました】

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー papibancarbonio6, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
 7時到着時点で菅の台の駐車場は満車、黒川平に誘導されました。ここからバスとロープウェイで千畳敷に向かいますが、臨時便がどんどん出ていて、ストレスなく千畳敷に上がれました。また、バスは係の方が連絡を取り合い、席を空けて菅の台から上がってくるので、1,2本待てば座れます。
 黒川平の駐車場は600円/1回、千畳敷までの往復は3,900円で、駐車場代も運賃も菅の台からと同じです。

<バス,ロープウェイの運賃/ダイヤ>
  https://www.chuo-alps.com/fare/

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間25分
休憩
2時間7分
合計
5時間32分
S千畳敷駅08:5109:38乗越浄土09:41宝剣山荘09:4910:01中岳10:12(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘10:24木曽駒ヶ岳11:0411:15馬ノ背分岐11:1611:25(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:42宝剣山荘12:3212:45宝剣岳13:0313:42三ノ沢分岐13:5213:55サギダルの頭14:00極楽平14:23千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 人気のコースなので、迷うようなところはありません。宝剣岳の登降を除いては、危険な箇所もありません。

 宝剣岳の登降はクサリの掛かった岩場が連続します。高度感タップリのところもあり、岩場経験のない方だけの縦走はオススメしません。特に南側(三ノ沢分岐側)の方が危険度は高いです。少しでも安全に宝剣岳を目指すならば、宝剣山荘側から荷を小さくしてピストンするのが吉です。
 個人的には、宝剣岳(北側)<槍の穂先<宝剣岳(南側)です。
その他周辺情報 こまくさの湯が混んでいたので、露天こぶしの湯↓に寄りました。こちらの方が少し小じんまりしてます。
   https://www.chuo-alps.com/family/kobushi/
 バス・ロープウェイの乗車券半券で、50円引きになります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

今日は天気だー
2016年09月10日 08:49撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は天気だー
4
南アも全山見えてます
2016年09月10日 08:55撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アも全山見えてます
6
剣ヶ池は涸れてました
2016年09月10日 08:57撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ池は涸れてました
11
ほんのり秋色
2016年09月10日 08:58撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんのり秋色
9
先ずは乗越浄土へ
八丁坂は 人、人、人
2016年09月10日 09:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは乗越浄土へ
八丁坂は 人、人、人
7
だいぶ登ってきました
2016年09月10日 09:27撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきました
空木が見えてきました
2016年09月10日 09:35撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木が見えてきました
3
宝剣山荘に到着
三ノ沢と天狗岩
2016年09月10日 09:47撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣山荘に到着
三ノ沢と天狗岩
2
中岳への登りから振り返る
宝剣の右奥に空木と南駒
2016年09月10日 10:00撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳への登りから振り返る
宝剣の右奥に空木と南駒
4
御嶽も良く見えてます
2016年09月10日 10:03撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽も良く見えてます
4
中岳からの木曽駒
2016年09月10日 10:05撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳からの木曽駒
2
木曽駒山頂へ
2016年09月10日 10:28撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂へ
7
木曽駒山頂から
宝剣と空木,南駒
2016年09月10日 10:42撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂から
宝剣と空木,南駒
5
木曽駒山頂から
ピラミダルな三ノ沢岳
2016年09月10日 10:42撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂から
ピラミダルな三ノ沢岳
4
木曽駒山頂から
麦草と御嶽
2016年09月10日 10:38撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂から
麦草と御嶽
4
木曽駒山頂から
北ア
乗鞍と槍穂
2016年09月10日 10:37撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂から
北ア
乗鞍と槍穂
1
見上げると秋
2016年09月10日 11:08撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると秋
8
中岳トラバースルートからの三ノ沢岳
カッコいいですね
2016年09月10日 11:31撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳トラバースルートからの三ノ沢岳
カッコいいですね
3
宝剣山荘前でお昼の後、宝剣岳へ
2016年09月10日 12:53撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣山荘前でお昼の後、宝剣岳へ
3
宝剣山頂
2016年09月10日 12:55撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣山頂
8
宝剣から三ノ沢分岐へ
下ります
2016年09月10日 13:13撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣から三ノ沢分岐へ
下ります
4
登ります
2016年09月10日 13:28撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ります
1
トラバースです
2016年09月10日 13:40撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースです
6
三ノ沢分岐から
今日登った三つのピークを振り返る
2016年09月10日 13:43撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢分岐から
今日登った三つのピークを振り返る
3
千畳敷に下ります
ガスが出てきました
2016年09月10日 14:14撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷に下ります
ガスが出てきました
最後にガスが切れて姿を現してくれました
2016年09月10日 14:34撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後にガスが切れて姿を現してくれました
9
撮影機材:

感想/記録

 5月の白砂山に続き、20歳代の3人と木曽駒,宝剣に登ってきました。今年はこれまであまり天気に恵まれなかったのですが、今回は秋空のもと山を満喫できました。

 単独だと始発バス狙いで登山口に入るのですが、メンバーの都合等を考慮した結果かなり遅いスタートとなってしまいました。ま、今日は行程もさほど長くないので慌てる必要もなく、千畳敷圏谷が大きく眺められる剣ヶ池経由で乗越浄土を目指しますが、残念ながら剣ヶ池は涸れていて今ひとつテンションは上がりませんでした。加えて八丁坂の行列を見ると更にテンションは下がってしまうところですが、それを補って余りある好天に恵まれ、気持ち良く八丁坂を登って行け一時間弱で宝剣山荘に到着です。
 宝剣山荘裏手で三ノ沢岳や御嶽山を眺めながら小休止の後、木曽駒目指して歩き始めます。ゆったりした稜線を周りのペースに合わせて進み、30分ちょいで木曽駒に到着、ここで周りの山々を若いメンバーに教えたりしながら景色を楽しみ暫し過ごし、そのままピストンするのではなく、将棋頭山方面にちょっと下りて折り返し、木曽駒と中岳を巻いて宝剣山荘に戻って山荘前の大きな岩に腰かけてお昼にしました。

 充分休憩を取って宝剣岳に取り付きます。私以外の3人は殆ど岩場経験がないので、宝剣岳までで手古摺りそうなら引き返して乗越浄土経由で下りることも考えていましたが、そんなに危なっかしくもなく登って行けたので、宝剣岳山頂で写真休憩の後、計画通り三ノ沢分岐の方へ向かいました。岩場としてはこちらの方が難度が高いので、途中で「ダマされた」などとブツブツ言うメンバーもいましたが、ちょっとのアドバイスでまずまず岩場をこなし、無事三ノ沢分岐に下り立つことが出来ました。

 三ノ沢分岐で息を整えた後、極楽平から千畳敷に下ります。流石にこの時間帯になると伊那側からガスが上がってきて眺めはなくなってしまいましたが、ほんの少し色づいた木々の中をサクサク下って千畳敷に到着です。千畳敷ではロープウェイに行列ができていましたが、並んでる間ガスが取れて再び千畳敷圏谷が姿を現してくれました。
 名残惜しいですが今回の山行はこれでおしまいです。次回は雪のある季節に訪れてみたいですね(その時は単独行に戻りそうですが)。

 今年はこのメンバーで7月に至仏を計画していましたが、天気に恵まれず延び延びになっています。このメンバー構成は天気運が悪いのかとも思っていましたが、どうやら今回の好天でそうではなさ気と判ったので、気を取り直して紅葉シーズンに至仏を目指そうかと思案中です。


訪問者数:269人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/17
投稿数: 32
2016/9/17 22:54
 天気の良い日でしたね
 このところずっと登山には今一つな天気でしたが、この日は良い天気でしたね。
私も中央アルプスは来週あたりに実施予定であったのですが、どうも天気が駄目そうです。秋本番になるとロープウエイが混雑しますしね。
 papibanさん良い時に若い衆を連れていかれましたね。これなら満足されているでしょう。次の至仏山は紅葉と青空のコントラストが楽しめるといいですね。
 こちらは、中央アルプスが楽しめるような安定した秋空を待ちわびているところです。でもロープウエイが混雑してくるとほかの山に変更してしまうだろうなあ。
登録日: 2012/5/5
投稿数: 180
2016/9/19 0:44
 Re: 天気の良い日でしたね
写敏さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

今夏はいつ梅雨が明けたのかもハッキリせず、グズグズした天気が続いてましたよね。8月頭の北アも今ひとつでしたし、その後も雨天中止が二度ほどありました。
今回同行した若いのは、天気に恵まれないと山の楽しさより辛さが先に立って、続かない恐れもあったりする山を始めたばかりの連中なので、今回の山行は満足してくれたことと思ってます。

今回登ったルートは、ある意味バスとロープウェイが核心部かもしれません。合間のこの季節でさえバンバン臨時便が出てたので、梅雨明けと紅葉のハイシーズンの休日はTDL並みになると容易に想像されます。平日を狙うか早立ちで少しでもピークを外さないと、ここで歩く以上に体力を消耗しそうです。
とても良い山なので、上手くタイミングを計って登って下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ