ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 957926 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

【福岡】荒平山から油山

日程 2016年09月10日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山jigsaw, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは西鉄バス3番系統「早良高校行き」、谷バス停下車。
帰りは地下鉄七隈線梅林駅利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
40分
合計
5時間56分
S谷バス停11:4012:40荒平山12:5314:17油山14:4417:36梅林駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
いくら近くの気軽に行ける山とはいえ、スタート時刻がお昼前は遅すぎた。
娘が下りが苦手なので、下りは本当に時間がかかる。
コース状況/
危険箇所等
荒平山山頂直下は登りも下りも補助ロープ有りの急坂。
荒平山から油山への登りも補助ロープ有りの急登多め。
油山から梅林へのルートは基本的にダラダラ歩くだけだが、旋削された箇所は歩きづらい。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

西鉄バス谷バス停下車。バス停から少し戻るように車道を進み、右に曲がって集落の中を道なりに登っていく。
2016年09月10日 11:39撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西鉄バス谷バス停下車。バス停から少し戻るように車道を進み、右に曲がって集落の中を道なりに登っていく。
1
すぐに集落は途切れ、沢沿いの遊歩道っぽい道になる。
2016年09月10日 11:44撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに集落は途切れ、沢沿いの遊歩道っぽい道になる。
ヒガンバナが咲き始めていた。もう秋っすな。
2016年09月10日 11:44撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒガンバナが咲き始めていた。もう秋っすな。
2
咲き始めのヒガンバナの群落。
2016年09月10日 11:46撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き始めのヒガンバナの群落。
遊歩道はあっという間に終わり、簡易舗装された林道を登っていく。
2016年09月10日 11:54撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道はあっという間に終わり、簡易舗装された林道を登っていく。
2
マムシソウも実をつけてきた。
2016年09月10日 12:05撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシソウも実をつけてきた。
途中、何かの石碑があった。荒平城主自刃の地というが、九州の戦国時代はよくわからないので、有り難みが全くわからない。
2016年09月10日 12:06撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、何かの石碑があった。荒平城主自刃の地というが、九州の戦国時代はよくわからないので、有り難みが全くわからない。
林道の終点まで来たら登山道。最初は苔むした沢沿いの道を登っていく。
2016年09月10日 12:12撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点まで来たら登山道。最初は苔むした沢沿いの道を登っていく。
1
沢を離れて階段状の道を登っていく。この登りは結構キツいし、長い。稜線に出るまで延々と続く。
2016年09月10日 12:23撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を離れて階段状の道を登っていく。この登りは結構キツいし、長い。稜線に出るまで延々と続く。
1
稜線に出ると分岐がいくつか。1/25000地図にある道と全く違う場所に道がつけられている上に踏み跡も錯綜しているので、戸惑うが、丹念にピンクリボンを拾っていけば何とか。
2016年09月10日 12:39撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると分岐がいくつか。1/25000地図にある道と全く違う場所に道がつけられている上に踏み跡も錯綜しているので、戸惑うが、丹念にピンクリボンを拾っていけば何とか。
1
急坂をこなすと「荒平城本丸跡」の石碑がある荒平山(395m)の山頂に出る。結構広いが、展望は無し。
2016年09月10日 12:48撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂をこなすと「荒平城本丸跡」の石碑がある荒平山(395m)の山頂に出る。結構広いが、展望は無し。
1
荒平山の山頂から下りだす。山頂直下にアメリカヤマゴボウの群落があった。毒なので注意しましょう。
2016年09月10日 12:55撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒平山の山頂から下りだす。山頂直下にアメリカヤマゴボウの群落があった。毒なので注意しましょう。
荒平山からの下りは滑りやすく急。ロープが張られた急坂が続く。
2016年09月10日 13:20撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒平山からの下りは滑りやすく急。ロープが張られた急坂が続く。
鞍部からの登り返しもロープの張られた急登。
2016年09月10日 13:37撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部からの登り返しもロープの張られた急登。
1
まだまだ急登が続く。
2016年09月10日 13:48撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ急登が続く。
でかい岩がゴロゴロしてくると山頂は近い。
2016年09月10日 14:03撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でかい岩がゴロゴロしてくると山頂は近い。
油山(597m)の山頂に着く。お約束の「ヤマノススメ」のあおいちゃんと記念撮影。
2016年09月10日 14:29撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油山(597m)の山頂に着く。お約束の「ヤマノススメ」のあおいちゃんと記念撮影。
1
山頂からは北側だけが切り開かれているが、霞んでいて展望は全く利かず。何とか海岸線が視認できるくらいだった。
2016年09月10日 14:26撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは北側だけが切り開かれているが、霞んでいて展望は全く利かず。何とか海岸線が視認できるくらいだった。
2
山頂に着いたのが14時過ぎだったので、山頂にはほとんど人がいなかった。
2016年09月10日 14:42撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着いたのが14時過ぎだったので、山頂にはほとんど人がいなかった。
1
下りは梅林駅を目指して一気に下る。基本的には緩やかなアップダウンが続く歩きやすい道。
2016年09月10日 14:43撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは梅林駅を目指して一気に下る。基本的には緩やかなアップダウンが続く歩きやすい道。
所々、旋削された谷底みたいになっている場所があって、そこは滑りやすくて注意が必要だった。娘は狭くて滑りやすいこともあって、かなり難儀していた。
2016年09月10日 15:22撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々、旋削された谷底みたいになっている場所があって、そこは滑りやすくて注意が必要だった。娘は狭くて滑りやすいこともあって、かなり難儀していた。
2
油山十六景の一つ妙見岩。
2016年09月10日 15:40撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油山十六景の一つ妙見岩。
1
下りの道も全く展望が無いが、途中二箇所だけちらりと福岡市街の一部が見える場所がある。この写真はそれの下の方。福岡タワーの見え方からして、だいぶ下ってきたのがわかる。
2016年09月10日 17:02撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの道も全く展望が無いが、途中二箇所だけちらりと福岡市街の一部が見える場所がある。この写真はそれの下の方。福岡タワーの見え方からして、だいぶ下ってきたのがわかる。
1
ちょっとした広場みたいになっている場所で登山道は終了。あとはこの標高差約40mのこの階段を駆け下りれば住宅街に出る。住宅街に出たら右に曲がって都市高速に出くわしたら左に曲がれば梅林駅。
2016年09月10日 17:21撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした広場みたいになっている場所で登山道は終了。あとはこの標高差約40mのこの階段を駆け下りれば住宅街に出る。住宅街に出たら右に曲がって都市高速に出くわしたら左に曲がれば梅林駅。
1
撮影機材:

感想/記録
by jigsaw

曇天で風もあったせいか、さほど暑くもなく、9月上旬に低山に登ったとは思えないほど爽やかだった。
油山って娘の小学校の社会の授業でも出てくるくらい親しまれているから、もっとヌルい山かと思っていたけど、予想よりもハードな山だった。特に荒平山からのコースは結構タフ。
荒平山周辺は地形図にある道が全くあてにならない。途中ですれ違ったおばちゃんが「この辺は道が昔とぜんぜん違う」と言っていたけれど、そういうことなのかなあ?
訪問者数:116人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 マムシ 林道 タワ クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ