ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 958158 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳〜鎌ヶ岳 ↑腰越峠↓馬の背尾根

日程 2016年09月09日(金) [日帰り]
メンバー SardaNiwa
天候曇り のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は旧鈴鹿スカイライン上(中道・表道・武平峠など)に多数あり。
湯の山バス停近く、川鹿橋の奥の駐車スペース(10台くらい)を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
55分
合計
7時間25分
S湯の山パーキングセンター06:2006:22寿亭06:35蒼滝不動06:3606:55御在所岳裏道国道入口06:5607:30藤内小屋07:3508:40腰越峠08:4409:15きのこ岩09:2109:24青岳09:30石門09:36国見岳09:4510:09国見峠10:22御在所山 一等三角点10:2310:25御在所岳10:3010:33御在所山 一等三角点10:35御在所岳10:42天指岩10:4311:00武平峠11:0211:37鎌ヶ岳11:5111:57岳峠12:10尾根分岐12:20カズラ谷分岐12:26白ハゲ13:00湯ノ峰13:0413:30馬の背尾根登山口13:3213:41寿亭13:44三交湯の山温泉バス停13:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは中道・表道・武平峠など各登山口にあります。

《湯の山温泉〜腰越峠〜国見岳》
藤内小屋までは御在所岳の裏道です。ここから先も分岐点に道標があり迷うことはないと思います。ただ登山道が荒れているので注意しました。

《国見岳〜御在所岳〜武平峠〜鎌ヶ岳》
県境尾根(縦走路)で問題なく歩けます。国見岳から国見尾根の先で一か所迷いやすい所があります。ややガスが出てたので踏み跡通りでなくトラロープを目安に歩きました。
鎌ヶ岳の直下はガレた急登です。巻道もあります。

《鎌ヶ岳〜馬の背尾根〜湯の山温泉》
この道も分岐点に道標があります。
白ハゲの砂ザレの急斜面はちょっと注意した方が良いでしょう。
湯の峰までは尾根なりで間違えやすい分岐にはトラロープが張られてます。その先で尾根を左にそれますが、ここは小さな赤丸があるだけ、前回は見過ごして真っすぐに下りて難儀しました。今回は間違えず無事に山岳寺にたどり着けました。
その他周辺情報下山後は片山温泉を利用しました。受付でモンベルカードを提示すると100円引き+タオルプレゼント
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

湯の山の温泉街を歩きます。
2016年09月09日 06:21撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の山の温泉街を歩きます。
1
一合目です。
2016年09月09日 06:29撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一合目です。
蒼滝不動です。
2016年09月09日 06:36撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒼滝不動です。
蒼滝です。
2016年09月09日 06:50撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒼滝です。
2
裏道の登山口です。
2016年09月09日 06:56撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏道の登山口です。
御在所岳・中道への分岐点です。
2016年09月09日 07:23撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳・中道への分岐点です。
藤内小屋です。
2016年09月09日 07:32撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋です。
直進すれば裏道・藤内壁。橋を渡ると国見尾根・岳不動です。
2016年09月09日 07:33撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進すれば裏道・藤内壁。橋を渡ると国見尾根・岳不動です。
腰越峠が見えてきました。
2016年09月09日 08:41撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰越峠が見えてきました。
腰越峠です。
2016年09月09日 08:42撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰越峠です。
1
キノコ岩です。
2016年09月09日 09:18撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ岩です。
2
県境稜線にでました。ここから快適な縦走路です。
2016年09月09日 09:22撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境稜線にでました。ここから快適な縦走路です。
青岳です。
2016年09月09日 09:24撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青岳です。
国見岳です。
2016年09月09日 09:36撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳です。
この先、国見峠方向で迷いやすいです。気を付けました。
2016年09月09日 09:55撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、国見峠方向で迷いやすいです。気を付けました。
御在所岳です。中央部分に見える窪地?を直登しました。
2016年09月09日 10:01撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳です。中央部分に見える窪地?を直登しました。
国見峠です。ここを愛知川方向に少し下ります。
2016年09月09日 10:09撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見峠です。ここを愛知川方向に少し下ります。
この分岐で右側の踏み跡をたどります。
2016年09月09日 10:11撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐で右側の踏み跡をたどります。
真っすぐに上ります。
2016年09月09日 10:11撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っすぐに上ります。
上りきると御在所のスキー場に出ます。
2016年09月09日 10:19撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上りきると御在所のスキー場に出ます。
1
御在所岳に到着しました。
2016年09月09日 10:23撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳に到着しました。
1
望湖台です。曇りがちで琵琶湖は見えませんでした。
2016年09月09日 10:25撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望湖台です。曇りがちで琵琶湖は見えませんでした。
次は鎌ヶ岳です。
2016年09月09日 10:43撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は鎌ヶ岳です。
武平峠です。
2016年09月09日 11:02撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠です。
鎌ヶ岳の頂上直下は岩がゴロゴロで急登です。
2016年09月09日 11:34撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳の頂上直下は岩がゴロゴロで急登です。
鎌ヶ岳に到着しました。
2016年09月09日 11:38撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳に到着しました。
3
岳峠まで急降下です。
2016年09月09日 11:52撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳峠まで急降下です。
岳峠です。この分岐は左折します。
2016年09月09日 11:57撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳峠です。この分岐は左折します。
ここは直進しました。
2016年09月09日 12:10撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは直進しました。
白ハゲです。ザレ場の急坂です。慎重に通過しました。
2016年09月09日 12:19撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ハゲです。ザレ場の急坂です。慎重に通過しました。
馬の背尾根は左です。右は雲母へ行きます。
2016年09月09日 12:26撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背尾根は左です。右は雲母へ行きます。
御在所岳とロープウェイです。
2016年09月09日 12:30撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳とロープウェイです。
湯の峰です。
2016年09月09日 13:03撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の峰です。
明瞭な踏み跡があり、迷いそうな分岐にトラロープが張られてかしたが、ここは要注意。前回はテープを見落として直進して難儀しました。左に尾根を外れるのが正解です。
2016年09月09日 13:17撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭な踏み跡があり、迷いそうな分岐にトラロープが張られてかしたが、ここは要注意。前回はテープを見落として直進して難儀しました。左に尾根を外れるのが正解です。
三岳寺の展望台です。
2016年09月09日 13:32撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三岳寺の展望台です。
馬の背尾根の登山口に出ました。
2016年09月09日 13:42撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背尾根の登山口に出ました。
駐車スペースに戻りました。
2016年09月09日 13:49撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースに戻りました。
下山後は片山温泉に立ち寄りました。
モンベルカード提示で100円引き(500円)+タオル
2016年09月09日 14:03撮影 by F11C, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は片山温泉に立ち寄りました。
モンベルカード提示で100円引き(500円)+タオル

感想/記録

久しぶりに鈴鹿の山を腰越峠〜国見岳〜御在所岳〜鎌ヶ岳〜馬の背尾根とミニ縦走しました。
台風一過で快晴を期待して家を出ましたが、東名阪を走りながら見た鈴鹿の山並みは雲のなか。湯の山温泉に到着時点でどんより曇り空(-_-;)。テンション低めで歩きだしました。
御在所岳・裏道を1合目から歩き始めたのは初めででした。
歩いていると徐々に雲が薄くなり腰越峠では青空も見えはじめて足取りが軽くなりました。県境の縦走路に出るころには青空、でも風が強く、それも少しヒンヤリです。季節は夏から秋へ移りつつあるようです。
訪問者数:285人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ